2chXBLAオラタン初心者向け攻略wiki

システムなど

CPU戦

状況別対策

使用機体別攻略

キャラ別対策




2chスレテンプレ等



リンク


フェイイェン対スペシネフ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

基本方針

常に高速で移動しながら、見てから避けにくい攻撃をいくつも備えるスペシネフは、
ノーマル状態のフェイのスピードでは追いつきにくいだけでなく
ほとんどの弾が素直な直線軌道であるこちらの射撃武装は、その効果の大半を失ったも同然となる。
かといって無理に追いつこうとすればするほど相手の弾が避けにくくなるという、
まさに天敵といっていい機体だろう。

基本的に中距離以上からの射撃はまず通らないため、必然的に近距離でダメージを稼ぎ、
あとは距離を離しつつ迎撃体制に持ち込むのが、勝つためのパターンとなる。

近距離攻め

スペシネフが最も恐れるパターンは、近距離で追い詰められてしまうことだ。
地上スピードが尋常ではない分、その他の機動力・防御力といった面は低いため、
「飛ぶしかない状況」、「ガードするしかない状況」をとても嫌う。
よっていかにその状況に追い込むかを目指すことになる。

とにかくまずは接近しなければならないが、基本的に地上の前・斜め前ダッシュ旋回を使い、
相手の未来位置に先回りするようにすると追いつきやすい。
しかしこの動きは、相手が何気なく出した弾に突っ込んでしまいやすい。
そこで、相手の真正面のラインに乗ってしまったと思ったら即ジャンプ、や、
地上ダッシュのかわりに空中斜め前ダッシュを使うことで、
飛んでいる間はほとんどの攻撃を避けることができるため、うまく組み合わせたい。

スペシネフはある程度接近されると、精神的に耐えられなくなり、こちらを転倒させるために
わりと適当に「斜め前スライディング鎌」を撃ってくるタイプが多い。
これは上下の判定が大きいため、とっさのジャンプでは回避できない。
こちらから鎌を誘う気持ちで構え、いつでもダッシュで避けられるようにしておこう。
ちなみにこの鎌に対し反撃はかなり厳しいので、まずは回避に専念したい。

ダブルロックオン間合い(距離109.9以内)まで接近したら、あとは近接と前ダッシュRWの2択で攻める。
やみくもにCW近接で突っ込むと前述の「斜め鎌」を食らいやすくなるので
CW近接の踏み込み途中にQSへ移行して様子を見るなど、相手の出方を窺ってみよう。
 → ガードを構えたり、ジャンプで逃げたりされた場合は前ダッシュRWのチャンス。
 → ダッシュしているならそのままCW近接を振り切ってもよし、QS近接やGRも有効になる。
 → ダッシュ攻撃が来ると位置によっては厳しくなるが、QSで避けることができれば歩きRWなどが当たる。
これら大まかな3パターンはいずれも、見てから反応して対処を変える、というのはまず無理なので
何度か相手のクセを見抜いた上での対応であったり、ある程度は読み合いとなる部分である。

近接を一発でも決めることができればかなり有利になるので、時間をかけてじっくり攻めよう。
ちなみにリードされているときは、当然この項の戦法で逆転を狙わなければならない。

回避・迎撃体制

ある程度リードしたら、基本的には守りに入るほうが安定する。
「ある程度」というのは状況にもよるが、「斜め鎌→追い討ちダメージ」以上が理想。
最低でも「小玉(スペシネフのLW)→追い討ちダメージ」以上はリードしないと厳しい。

スペシネフの狙いは、小玉(LW)・大玉(RTLW)をいくつも放ってこちらのミスを待ちつつ、
こちらの着地(ジャンプキャンセル含む)に合わせて斜め鎌を狙うパターンが多い。
完全に回避しきる方針ではなく、基本は回避に徹し、無理につっこんできたところに攻撃を重ねる、
いわゆる迎撃戦法が有効となる。

小玉は立ちLTLWもしくは歩きLWを当てると、大玉はしゃがみLWを当てると相殺することができる。
なるべく、玉がステージを回り始めるまえに処理しておくことが望ましい。
その際はこちらの各種LW発射時を狙われないよう、相手の動きを見ながら発射したい。

鎌系はとっさのジャンプで避けることができないため、いつ撃たれても当たらないような軌道で、
地上ダッシュをなるべく持続させる必要がある。
鎌の当たり方としては、着地に食らう、攻撃中に食らう、回避不能なまでに密着されて食らう、
のいずれかが多いため、なるべくジャンプキャンセルを減らす、
(とくにジャンプキャンセルしたくなる場面では少し待ってみるなど)
当たる見込みのないところでむやみに攻撃しない、密着する直前でGRなどで潰しておく、
などの対処を心がけたい。

また、殺人スライディング(前スライディングCWの特攻)に注意。
スペシネフの正面に立ったと思った瞬間、ジャンプで対応しないと間に合わない場合が多い。
こちらは鎌系と逆で地上で回避することは困難なため、2択になりやすく厳しい。
相手のLWゲージが少ないとき(=殺スラを出してもLWゲージの消費が少ない)は特に警戒したい。
逆にこちらの体力ゲージが100%のときは、食らうと49%でハイパー化するため、撃たれにくいだろう。

スペシネフは空前ダッシュRWや空横ダッシュ鎌など、硬直を取る武装にも優れており、
こちらのうかつなダッシュ攻撃は、回避されてしまった場合ほぼ確実に反撃を受けてしまう。
相手はこちらのダッシュ攻撃を誘っている、くらいの意識で臨もう。

これらの回避要領が分かってくると、こちらの攻撃を出せる場面が見えてくるはず。
歩きLW、歩きRW(3発程度)、GRなどが牽制として機能する。
QS近接を振ると見せかけて前ダッシュRWなどは、迎撃時も有効だ。

更新履歴

取得中です。