2chXBLAオラタン初心者向け攻略wiki

システムなど

CPU戦

状況別対策

使用機体別攻略

キャラ別対策




2chスレテンプレ等



リンク


グリスボック


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

機体解説

重量級のように見えて、防御力と機動性は中量級。
射撃能力が非常に高く、手数の多さではNo.1だが、有効にバラまけるようになるには少し練習が必要。
その辺りは重量級らしい癖の強さがある機体。

ミサイルと爆風だらけ。
拘束時間の短いスライディング攻撃と、誘導性と弾数とゲージ消費に優れたミサイルを主体に
手数で押して行く。
下の技を全て習得しないと、ただの砲台、ただの的。
これらを使いこなしてやっと脱候補生と言っても過言ではない。
重量機体のクセに覚えることが多くて面倒くさいが、愛で乗り切ろう。

地上ダッシュは全方向それなり。
空中ダッシュは微妙。ただし空中での通常移動は意外に速い。
ダッシュ攻撃よりスライディング攻撃の方が全般的に性能が良い。

近接はダブルロックオン距離もリーチも短いので自分から狙っていくのは向いていない。
高速近接やガードリバーサルによる迎撃力は高い。

ある程度使いこなせてくると障害物を越える技の数々による弾幕を張れる上にある程度の地上
機動力を有した重機体に化けてくれる。
なるまでは難しいが、「テムジンなんか飾りです」と言わしめる性能は確実に備えている。

基礎スキル

DOI-2ダッシュ

立ち&しゃがみ左ターボ攻撃の入力直後、
左ターボボタンは押したまま行きたい方向にレバーを倒す事で、硬直をキャンセルして即ダッシュできる。

またダッシュ攻撃やスライディング攻撃後の立ち止まる瞬間はしゃがみ攻撃全般でキャンセル出来る。

前者一点のみをDOI-2ダッシュと呼ぶことも、
以上二点を組み合わせて
「ダッシュ(スラ)攻撃後の硬直を しゃがみLT攻撃でキャンセルして その硬直を更にキャンセルして即ダッシュする」
事をDOI-2ダッシュと呼ぶこともある。
これにより、弾幕を撒き散らしながら絶え間なく走り続けることができる。グリスボックは特に生命線。
基本的な操作をマスターして中~上級者を目指すなら、どうしても押さえておきたいテクニック。

ハンドルネームDOI-2さんという人が使い始めたのが全国に広まったことからこの名で呼ばれる。

ダッシュ攻撃の硬直キャンセルは主に性能の高いコケミサ(cLTCW)を使うのが一般的。

ジャンプ漕ぎ

TS使用
右方向に移動するなら[9-9]→[6-6]→[9-9]→…と斜め前半漕ぎ入力。重要なのは左右のスティックを同じタイミングで入力させること。旋回を入れたい場合は、[9-9]→[6-6]→[3-9]→[6-6]→[9-9]と入力し、[3-9]入力の時にターボボタンを押して、ターボ半旋回とする。[3-9]入力の時間で旋回量の調節。
下降時に[6-4]入力で漕ぎ保存となり高速で降りられる。これは2段ジャンプからのジャンプ漕ぎをしてから[6-4]入力をしてみると分かりやすい。しゃがみ入力で早く降りてしまうと、マラカスが到達しておらずスペのしゃがみ鎌やドルのバーナーの餌食になってしまうことがあるので、相手によってはしゃがみ入力をせずに漕ぎ続けてタイミングをずらしましょう。
PAD使用

主要攻撃解説

コケミサ(cLTCW)

距離350位まではめちゃめちゃ追尾する。威力は控えめだが当たるとだいたいコケる。
壁裏からも可能。
HCでゲージ消費半減。
前述のDOI-2ダッシュに組み込むと凶悪、にしてグリスボックの基本。
ダウン後は斜め前スラRWなどで追い打ち。

姫路(コケミサ~旋回キャンセル~コケミサ~旋回キャンセル…)

コケミサを連続して出す。
距離にもよるが避けづらい。

cCW

トリガー両離しor右残しHCで4本1セット、トリガー両残しor左残しHCで4本2セットの射出。ゲージ消費の面でHCが優秀なので使うならHCで。
歩きRWからしゃがみCWを入力し、トリガーを連射するとスライド状態で3セットの射出。その場からも高速連打で3セットが出るが、入力タイミングが難しい。

斜め前スラRW、横スラRW

撃ち始めてから停止するまでの時間が短く、移動しつつ敵機を牽制&捕捉するのに使える。
ゲージ消費も小さくどんどん撃っていける。
DOI-2ダッシュに組み込むと凶悪、にして基本中の基本。
斜め前は威力が高いためダウン追い打ちにも。

斜め前は弾速と威力に優れ、軸合わせから硬直狙いにも使う。
横は弾速の遅い分裂弾を発射。動作時間が長いため、時間あたりの攻撃の密度は落ちる。

前スラRW

弾速に優れた弾を連射。斜め前と似ているが、こちらは2×3と弾数が多く、相手をダウンさせやすい。
軸合わせ・硬直取りに便利。ゲージ消費注意。

ダブルナパーム(Wナパ)

歩きLW二回入力→即しゃがみ入力(レバー6-4)
擬音で表すと「カカグッ」。
または、歩きLW→しゃがみ入力(レバー6-4)→LW。
LW入力は連打でも可。
歩きナパームとしゃがみナパームの両方が連続して出る。
ゲージ消費は歩きLWの分のみ。
基本スキル。
なお、
歩きLW二回入力→歩きRW入力→即しゃがみ入力(レバー6-4)
擬音で表すと「カカカグッ」。
で、歩きナパームとしゃがみナパームとしゃがみRWが連続して出せる。

cRTLW

複数のナパームとボムが発生。
ボムの爆風の中からは置きグレが発射される。
これを撃った後にJRTCWでお手軽多重時間差攻撃。

JRTCW

12本の誘導ミサイルを左右前方に発射。
ゲージほぼ全消費。
ハーフキャンセルで弾速が変わるが、ゲージ消費は変わらない。
ジャンプ攻撃の上正面に撃たないので距離が近いと無意味。400m以遠あたりが有効範囲だろう。
バラバラのタイミングで敵機に到達する。CPUは全然避けられない。

JLTCW(マラカス)

バウンドしながら相手に向かっていく爆弾を4個発射。敵機に近づくと爆発する。
ゲージ消費が非常に小さい。
即効性は無いが、暫く場に残るので移動が制限される為鬱陶しい。
爆風はダウンさせやすい性質も持つ。

スペシネフのしゃがみ羽・しゃがみ釘、ドルドレイのしゃがみピロピロで落とされないように注意。

巨大ICBM・核(しゃがみ+スペシャルボタン)

巨大なミサイルを上空に向けて放つ。
ミサイルは高空に到達した後、敵に向き直り緩やかに追尾していく。追尾は弱い。
地面や壁、弾や爆風に当たると巨大な爆発を起こし、これは自身もダメージを受けるので注意。
逆に壁や爆風を利用して発射即爆発させる事も出来る。
その場合、起き上がり無敵でもない限り当然自爆する。
1試合1回のみ。

cRTCWや前スラCWで小型のICBMも発射可能。こちらは爆発も控えめ。
使う場合は巨大ICBM・核(しゃがみ+スペシャルボタン)と時間差で出して事故確率を上げるといいだろう。

ターボRW近接

ダウン追いうちに使える。

高速近接

LTRW→各種近接入力。
LTRW→レフトターボタン離しでRW近接を高速で出すことができる。
両ターボRW(実質LTRW)→レフトターボボタン離しでRW近接を高速で出すことができる。

マシンガンモーション後、踏み込みモーションをすっ飛ばしてその場で腕を振る。
これらから即、ガードリバーサルを出すことで連続ヒット狙いや非ヒット時のフォローが出来る。

ナパミサ


LW→RTRW or RTCW or CW

ライデン、シュタインボックで言う高速レーザーのミサイル版。
しかし、この2機より非常にやりやすく
ナパームが出た後にミサイルが予備行動無しで出せて
ある程度タイミングが融通利くのでミサイルを隠し撃つ事もできる。
しかし、RTRW RTCWは発射後は隙があるので使用する際は決めて撃とう。

空中後ダッシュLW

空中からナパーム弾を1個放り投げるだけだが、
爆風の攻撃判定が妙に大きく近距離の地上を走ってると回避し辛い。
ダメージが少ない上に撃った後は無防備なので、最後のトドメなどに。

JRTRW/JLTRW

最後のトドメなどに。

LTCW

遠距離の追い討ちに。

CW

立った状態からハーフキャンセルで左を残して2発撃つ。すると2発目が異様な追尾性能になる。射出の際は隙だらけなので、コケミサを撃つなどしてから出そう。

横ダッシュRW・斜め後ろスラRW

ルーチンのアクセント、相手の硬直取りなどに。

斜め前スラLW

回答性能○。壁の向こうの敵に。

斜め後ろダッシュLW

ゲージ消費が極端に少ないナパーム。相殺性能は低め。

後ろスラRW(LW)

弾速の遅いミサイルを射出。LWの場合は射出後しばらくして加速。相手の起き上がりにマラカスを撒いた後などに出す。着地取りにも。

(c)LTRW(LW)
各種硬直キャンセルに。しゃがみの場合、姿勢が低くなるので相手の近接攻撃などをかわしながら攻撃することもできる。

更新履歴

取得中です。