魔法のアイテム > ポーション

ポーション Potions


表:ポーション
下級 中級 上級 呪文レベル 術者レベル
01~20 0レベル 1レベル
21~60 01~20 1レベル 1レベル
61~100 21~60 01~20 2レベル 3レベル
61~100 21~100 3レベル 5レベル

ポーションの価格
呪文レベル ウィザード、クレリック、ドルイド ソーサラー バード パラディン、レンジャー
0レベル 25gp 25gp 25gp
1レベル 50gp 50gp 50gp 50gp
2レベル 300gp 400gp 400gp 400gp
3レベル 750gp 900gp 1,050gp 1,050gp

 ポーションとは、飲むことで効果をあらわす魔法の液体である。魔法のオイル(油)もポーションと同様のものだが、飲むのではなく、塗ることで効果をあらわす。ポーションやオイルはいずれも1度しか使えない。これらは発動時間が1分未満で、1体以上のクリーチャーまたは物体を対象とする、レベルが3までの呪文の効果を複製する。ポーションの市価は(呪文のレベル×作成者の術者レベル×50)gpに等しい。ポーションに物質要素コストがある場合、そのコストが基本価格と作成のためのコストに加えられる。『ポーションの市価』表には、作成可能な最低術者レベルで作成されたポーションの参考価格が呪文を発動できるクラスごとに書かれている。呪文の中には、術者が違えば呪文レベルが変わってくるものもあることに注意すること。その種の呪文のレベルは、ポーションを作成する術者によって決まる。
 ポーションはちょうど、飲んだ者に対して発動された呪文のようなものである。ポーションを飲むキャラクターは効果について何も決定を下すことはない。決定はポーションを作成した術者がすでに下しているのである。ポーションを飲む者はその効果の事実上の対象であり、かつ、その効果の術者でもある(ポーションには術者レベルが示してあるが、それでも、飲んだ者が効果をコントロールするのだ)。
 オイルの場合、塗った者が事実上の術者となり、塗られた物体が目標となる。
 外見的特徴:典型的なポーションやオイルは、1オンス(約30cc)の液体を、きっちりしまる栓のついた陶器やガラスの小ビンに収めたもの。栓をした容器の大きさは普通、幅1インチ以下、高さ2インチ以下である。小ビンはAC13、1ヒット・ポイント、硬度1で、破壊DCは12である。小ビンには1オンスの液体が入る。
 ポーションの識別:通常の方法に加えて、PCたちは見つけた容器の1本1本を味見してみて、味覚に基づいた〈知覚〉判定で中の液体の性質を探ることもできる。この判定のDCは(15+そのポーションの呪文レベル)に等しい。ただし、稀少なポーションや珍しいポーションに関しては、DCがもっと高くなるかもしれない。
 起動:ポーションを飲んだり、オイルを塗ったりするのに格別の技術は必要ない。栓を抜いてポーションを飲むか、オイルを塗るかするだけのことである。ポーションやオイルの使用には、以下のルールが適用される。
 1本のポーションを飲んだり、1本のオイルを塗ったりするのは、1標準アクションである。ポーションやオイルの効果は即座に表れる。ポーションやオイルの使用は機会攻撃を誘発する。敵は使用したキャラクターに対してではなくポーションやオイルの容器に対して機会攻撃を行なってもよい。こうした攻撃に成功して容器を破壊すると、キャラクターがポーションを飲んだり、オイルを塗ったりするのを食い止めることができる。
 クリーチャーがポーションやオイルを使うには、ポーションを飲むことができたり、オイルを塗ることができたりしなければならない。このため、非実体クリーチャーはポーションやオイルを使うことができない。
 実体クリーチャーならばみなポーションを服用できる。ポーションは飲む必要がある。実体クリーチャーならばみなオイルを使用できる。
 気絶状態のクリーチャーの喉にそっと少しずつポーションを流しこみ、慎重に飲ませることもできる。これは1全ラウンド・アクションである。これと同様、気絶状態のクリーチャーに1本のオイルを塗布するのも1全ラウンド・アクションを要する。