UM > 魔法を体得する

魔法を体得する  Mastering Magic


はじめに Introduction

 誰であれ呪文の使い手になることはできる。君が本を開き勉強に打ち込むなら、おそらくはまずまずのウィザードになることができる。君がその体と魂を神に捧げるなら――多様な選択肢があるのに、なぜそうしないのだろうか?――、君は自らの神の(そして君自身の)正しさに対して単に信心を持ったことにより、魔法の力が自らに授けられたことに気づくだろう。オラクルは自らの同意なしに選択され、ずっとさまよい続けるレンジャーは魔法の技と罠を取り上げ、ドルイドは自然の意志とつながり、ソーサラーは戯れの過ぎた先祖からの怪しい贈り物としてその能力を獲得し、バードは芸能と芸術に魔法の閃きを見出す。パスファインダー・ロールプレイング・ゲームにおいて魔法はどこにでもあり、かなりの規模を持つ町や都市の有力者たちはその袖に1つや2つの呪文を持っている。
 しかしそれらは魔法に触れる手段を持った通常の人々だ。基本的なヘッジ・ウィザードは輝く剣を作り出す小さな生物を作り出し、打ち砕かれた骸骨を癒す能力を持つ神官は自らの集まりに打ち勝とうとするいかなる教会でも必要不可欠な存在だ。しかしそのような日常的な呪文の使い手が伝説級だと言うことはほとんどない。その代わりに英雄や伝説として記憶に刻まれた魔法使いは――単純な魔法の技術者や商売人というよりも――それらと同じ技術を行いそれらを積み重ね、はるかに捕らえどころのない知識を探し求め強大な力を持つ新しい呪文を作り出す。最も偉大なるものが彼ら自身に名前をつけることは、深遠なる実践を伴う。それらの強力な技が平凡な実践者と達人の境界を生み出している。
 この章には自らの技術に磨きをかけた魔法の技を持つ真の神官を助け、単純な呪文と下級の術者の制限を超越させるいくつかの新しい追加ルールと指針が示されている。人造の作成、来訪者の束縛などのゲーム内のシステムに加えて、この章では術者にのみ効果を及ぼす“呪文障害”という新しい危険な状態を導入する。さらにプレイヤーとゲーム・マスターの双方に向けて、パスファインダー・ロールプレイング・ゲームに向けた新しい呪文をデザインする方法と、呪文をデザインする際にバランスを取り始めに考えておかなければならないことについてその詳細を述べる――作られた新しい呪文がゲーム盤を打ち壊すことのないように。
 主要な項目と追加システムは以降に記載されたとおり、本章でまとめられている。

呪文障害 Spellblights

 呪文の使い手が通常の人が理解できない奇妙で普通でない能力をもつのとちょうど同じように、彼らが感染しやすい固有の病気も存在する。呪文障害は呪文の使い手や擬似呪文能力を使用することのできるクリーチャーにのみ効果を及ぼす特別な呪いであり、取り除くのが極めて難しく、犠牲者の魔法の使用を大いに妨げる不幸な状態を負うことになる(幸運にも、これらの呪いには呪いを受けた術者が優位に立つために使用することができる、利益のある側面を持つものも見つかっている)。呪文障害は上級と下級のカテゴリに分割され、血涙症――犠牲者が呪文を発動するたびに目から出血する状態――のようなグロテスクな状態や、位相障害や呪文中毒のように穏やかだがずっと不便な効果も含まれている。

呪文決闘 Spell Duels

 2人の技量の高い呪文の使い手がその手を上げるとき、結果は常に眼を見張るものか見るものを恐れさせるものになる。しかし名誉におけるあらゆる問題が、通常の戦い方に制限のない戦場で決着するというわけではない。この目的を達成するために文明化された術者の多くは(特に魔法大学、軍隊、その他戦闘員が相手を殺すことを後悔するかもしれない状況や、自らの勝利がただ技術のみによるものだと証明する必要がある場合など)呪文決闘として知られる、高度に儀式化された戦闘形式を使用してこのような問題にけりを付ける。

来訪者の拘束 Binding Outsiders

 熟練の域に達した秘術使いや神学の奇跡の働き手が自らの力を示すために、従者として力ある来訪者を招来し束縛するよりもよい方法はなんだろうか? この章はまず束縛する一般的な注釈で始まり、その後アクァナ・アイオーンからショグティー・クリフォトまで個々の来訪者の種類ごとの忠誠を守る手助けとなる様々な贈り物や助力の情報が記載されている。

人造の作成と修正 Building and Modifying Constructs

 重々しく動くゴーレムや不恰好な自律する作業机などよりも、人造ははるかに多い。自立させる魔法の内部的な機能を解除するためにそれらの命を充てるものは、人造に力を注ぎ込むためにいくつかの新しい能力を持っている。新しい物体自律能力を費用のかけ方、修正方法、特定の人造を治す方法を学ぶのだ。あるいはより複雑な修正法の深みに身を投じよ。特技を得られる頭脳をゴーレムに与え、鎧としてゴーレムを着こみ、ゴーレムの目を通してものを見、ゴーレムを守る刻印をその額に刻み、打ち壊された時に攻撃したものを死に至らしめる液体を撒き散らすためにゴーレムの手足を爆弾に変えることができるようになる。

新しい使い魔 New Familiars

 特色のある呪文の使い手には特色のある使い魔がふさわしい。この章ではブルーリングド・オクトパスやドンキー・ラットからキング・クラブや極めて一般的なピッグ(豚)まで、新しく特に見分けのつく使い魔をいくつか掲載した。

呪文書 Spellbooks

 すべての学究の実践と同様に、ウィザードや学術的な方法に従った秘術の術者は巨人の肩に立つことで偉大なる力を獲得する。この章で述べられていることは宝物として秘術の冒険者の前に置かれたり、学究的試練の要素として探し出されたりするよう準備された幾つかの固有の呪文書である。呪文リストと個々の本における主題説明の要約に加えて、これらのまとめは予め準備された儀式が含まれている――この利益は、呪文の使い手が問題になっているこの呪文書を使用して呪文を準備する際に獲得することができる。しかし気をつけることだ。これらの書物に書き込んだ呪文の使い手の全てが侵入者に自らの仕事を奪われることをよしとしているわけではない。呪文書の中には覗き見からそのページを守るために危険な防御術を施されたものもあるのだから。

呪文をデザインする Designing Spells

 この本には新しい呪文が山と積まれているが、君の魔法の倉庫の十分な多様性には決して及ぶことはない。そして呪文の使い手をプレイすること(あるいはゲーム・マスターをすることも!)の大きな楽しさの1つに、与えられたキャラクターや状況に固有の新しい呪文をデザインすることがある。この章では呪文のデザインの流れを詳細に提示する。科学よりもずっと芸術的な繊細なバランス調整手法である。示されたレベルの呪文はどの程度のダメージを与えるべきか? 殺したり操ったりする呪文はどちらがより強力なのか? 呪文が与えるボーナスの種別は何にするべきか? 新しく作成する呪文を比較する良い指標となる呪文は何か?