PU > 技能とオプション

はじめに Introduction

 Pathfinder RPGのキャラクターに個性をつけるに当たり、技能と特技は重要な要素として活用される。本章ではその基盤から技能を解き放ち、技能を簡単で合理的なものにしたり冒険に用いない技能の仕様を強化したりする、新しい選択ルールを提供する。本章の最終項では、マルチクラスの代替手法を導入する。それにより、特技の幾つかを選択した二次クラスの能力と置き換えることで、キャラクターを個性化することができる。

 背景技能/Background Skills:通常、〈知覚〉のような冒険に基づく技能は〈職能〉のような背景を示す技能よりずっと重要である。しかしこれらの背景技能はキャラクターを肉付けするという、かけがえのない価値がある。このルールは技能を冒険技能と背景技能に分割する。それにより君はキャラクターの人生における経験を犠牲にする必要がなくなり、裕福な背景あるいは余暇を掘り下げることができる。

 統合技能/Consolidated Skills:多くの状況において、Pathfinder RPGの技能の幅は強力である。しかし数の少ない、汎用的な技能による単純さを好むグループもいるだろう。このルールは技能の数を35から12に減らし、変更で暗示されることに触れる。

 集約技能/Grouped Skills:このルールは技能ポイントが細かすぎて管理が大変だと考えているグループに最適なものだ。集約技能を用いることで、技能ポイントを配置する複雑さが緩和され、本当の経験の範囲を狭くする代わりに技能に基づいた相互作用を加えてキャラクターの能力を広げることができる。

 〈製作〉と〈職能〉:作成や職業的な活動を開始したいと考えるキャラクターにとって、Pathfinder Roleplaying Game Core Rulebookに掲載されていた〈製作〉〈職能〉の技能ルールは多様性や柔軟性に欠けていた。本項ではモンスターと戦うのと同じように、プレイの別の面として副業を楽しむキャラクターを助けるルールを導入する。また、このルールにより、キャラクターが道中に職能を活かすフレーバー要素の示唆も提供する。

 技能開放/Skill Unlocks:この新ルールでは、キャラクターはある技能に5、10、15、20ランク割り振るたびに、新しい能力を開放していく。技能解放ルールはアンチェインド・ローグが本当の技能の達人になる支援ツールでもある。

 変更版マルチクラス/Variant Multiclassing:この選択ルールにより、キャラクターは二次クラスの利益を得るために特技の半分を交換することができる。これらのルールにより、キャラクターは主要クラスの利益を犠牲にすることなく、マルチクラスの利益の多くを得ることができる。また、オラクルの呪いや掲示によって神により力を授かったバーバリアンのような、小説のキャラクターのコンセプトを試す機会を得られる。