APG > 標準クラス > サモナー

サモナー Summoner

 多くの秘術を使う者は遠く離れた次元界から怪物を呼び出すことに熟練していくものだが、サモナーほどの域に立つことはない。この秘術の業の使い手は、彼がサモナーとしてより招来の業に習熟する度に力を得ていく、幻獣として知られている特定の来訪者と契約を結ぶ。時間をかけてサモナーと幻獣は結びついていき、ついには同じ魂の一部を共有するようにさえなる。しかしその能力は代償なしには得られない:サモナーの呪文と能力は、自らの能力を強化し幻獣の性質を調べるため費やされる時間によって限られたものとなる。
 役割:サモナーはその多くの時間をかけて、幻獣とともに秘術の業を探求する。その力は内から出るものだが、自身が危機的な状況ではサモナーは幻獣の相棒を重く頼る。サモナーと幻獣は別々の個人として動いているが、その真の力は共に何かを成し遂げるときにこそ発揮される。
 属性:どれでも。
 ヒット・ダイス:d8。

クラス技能

 サモナーのクラス技能は以下の通り:〈鑑定〉【知】、〈騎乗〉【敏】、〈言語学〉【知】、〈呪文学〉【知】、〈職能〉【判】、〈製作〉【知】、〈知識:すべて〉【知】、〈動物使い〉【魅】、〈飛行〉【敏】、〈魔法装置使用〉【魅】。
 レベル毎の技能ランク:2+【知】修正値。

表:サモナー
レベル 基本攻撃ボーナス 頑健セーヴ 反応セーヴ 意志セーヴ 特殊 1日の呪文数
1 2 3 4 5 6
1 +0 +0 +0 +2 初級秘術呪文幻獣生命共有サモン・モンスターI 1
2 +1 +0 +0 +3 感覚結合 2
3 +2 +1 +1 +3 サモン・モンスターII 3
4 +3 +1 +1 +4 味方の盾 3 1
5 +3 +1 +1 +4 サモン・モンスターIII 4 2
6 +4 +2 +2 +5 創造者の呼び声 4 3
7 +5 +2 +2 +5 サモン・モンスターIV 4 3 1
8 +6/+1 +2 +2 +6 入れ替わり 4 4 2
9 +6/+1 +3 +3 +6 サモン・モンスターV 5 4 3
10 +7/+2 +3 +3 +7 顕現 5 4 3 1
11 +8/+3 +3 +3 +7 サモン・モンスターVI 5 4 4 2
12 +9/+4 +4 +4 +8 上級味方の盾 5 5 4 3
13 +9/+4 +4 +4 +8 サモン・モンスターVII 5 5 4 3 1
14 +10/+5 +4 +4 +9 生命結合 5 5 4 4 2 -
15 +11/+6/+1 +5 +5 +9 サモン・モンスターVIII 5 5 5 4 3
16 +12/+7/+2 +5 +5 +10 融合形態 5 5 5 4 3 1
17 +12/+7/+2 +5 +5 +10 サモン・モンスターIX 5 5 5 4 4 2
18 +13/+8/+3 +6 +6 +11 上級顕現 5 5 5 5 4 3
19 +14/+9/+4 +6 +6 +11 ゲート 5 5 5 5 5 4
20 +15/+10/+5 +6 +6 +12 幻獣の双子 5 5 5 5 5 5

クラスの特徴

 サモナーのクラスの特徴は以下の通り。

 武器と防具の習熟:サモナーはすべての単純武器に習熟している。サモナーはまた軽装鎧にも習熟している。サモナーは軽装鎧を着ていても、秘術呪文失敗確率なしにサモナー呪文を発動できる。他の秘術呪文術者と同じく、中装鎧や重装鎧を着用するか盾を使用しているサモナーは、動作要素を求める呪文には秘術呪文失敗確率が発生する。マルチクラスしたサモナーは、他のクラスから得られた秘術呪文には通常通り秘術呪文失敗確率が発生する。

表:サモナーの修得呪文数
レベル 0 1 2 3 4 5 6
1 4 2
2 5 3
3 6 4
4 6 4 2
5 6 4 3
6 6 4 4
7 6 5 4 2
8 6 5 4 3
9 6 5 4 4
10 6 5 5 4 2
11 6 6 5 4 3
12 6 6 5 4 4
13 6 6 5 5 4 2
14 6 6 6 5 4 3
15 6 6 6 5 4 4
16 6 6 6 5 5 4 2
17 6 6 6 6 5 4 3
18 6 6 6 6 5 4 4
19 6 6 6 6 5 5 4
20 6 6 6 6 6 5 5

 呪文/Spells:サモナーはサモナー呪文リストに書かれている秘術呪文を発動できる。修得している呪文は事前の準備なく、その呪文レベルで1日の呪文数に達するまで使用できる。
 呪文を修得したり発動したりするには、サモナーは最低でも10+その呪文レベルに等しい【魅力】能力値を有していなければならない。サモナーの呪文に対するセーヴィング・スローの難易度は10+呪文レベル+サモナーの【魅力】修正値である。
 サモナーは1日に各レベルで定められた呪文の回数だけ、呪文を発動できる。サモナーに許された基本的な1日毎の呪文数は「表:サモナー」に示されている。加えて、サモナーの【魅力】が十分に高い場合、更に1日のボーナス呪文を得る(Pathfinder RPG Core Rulebook表1‐3参照)。
 サモナーの選択可能な呪文は極端に限られている。サモナーは選択した4つの0レベル呪文と2つの1レベル呪文を修得して始まる。そして新しくサモナーのレベルを得る毎に、「表:サモナーの修得呪文数」に書かれている通りに1つ以上の新たな呪文を修得する(1日毎の呪文数と異なり、サモナーの修得呪文数は【魅力】能力値の影響を受けない。数は「表:サモナーの修得呪文数」で固定されている)。
 5レベルに達した時点および以降3サモナー・レベル毎(8レベル、11レベル、以降も同様)に、サモナーは既に修得している呪文1つと交換で新しい呪文を修得できる。この効果において、サモナーが古い呪文を“忘れ”、代わりに新しい呪文を修得する。新しい呪文のレベルは交換した呪文と同じレベルでなければならず、その呪文レベルはサモナーの発動可能な最も高いサモナー呪文よりも少なくとも1レベル下でなければならない。呪文の入れ替えは、規定のレベルに達する毎に1つだけであり、呪文を交換するかどうかの選択はそのレベルで新しい修得呪文を得るのと同時でなければならない。

 初級秘術呪文/Cantrips:サモナーは「表:サモナーの修得呪文数」の“修得呪文数”に書かれているとおりの数の初級秘術呪文あるいは0レベル呪文を修得する。これらの呪文はほかの呪文と同様に発動されるが、1日に好きな数だけ発動できる。呪文修正特技を使うなどして、ほかの呪文スロットを使用して準備された初級秘術呪文は通常通り消費される。

 幻獣/Eidolon:サモナーは幻獣と呼ばれる強力な来訪者を傍らに招来する能力を持ってプレイを開始する。幻獣はサモナーと繋がりを固め、サモナーは以降永遠に同じクリーチャーの顕現を招来する。幻獣は自らを呼び出したサモナーと同じ属性を持ち、そのサモナーの言語のすべてを話せる。幻獣は招来されたクリーチャーとして扱うが、幻獣は負のヒット・ポイントが【耐久力】能力値以上になるまで元の次元界に送り返されない点が異なる。加えて、幻獣はサモナーと結びついているため、プロテクション・フロム・イーヴルやそれに類似する招来されたクリーチャーからの接触を妨げる効果に護られたクリーチャーに接触し、攻撃できる。
 サモナーは1分間の儀式を執り行なうことで幻獣を招来できる。その方法で招来されたときの幻獣のヒット・ポイントは 招来されたとき (訳注:更新;送還あるいは消去されたとき)の最後の瞬間と変わらない。これの唯一の例外は幻獣が殺された時で、その場合通常のヒット・ポイントの半分を持って帰還する。幻獣はサモナーが(標準アクションで)送還するまで存在する。幻獣が死によって出身次元界に送り返された場合、次の日になるまで再び呼び出すことはできない。幻獣はディスペル・マジックなどの手段によって出身次元界に送還されることはないが、ディスミサルバニッシュメントなどのような呪文は通常通りに働く。サモナーが気絶状態になるか、眠るか、あるいは殺された場合、彼の幻獣は即座に放逐される。
 幻獣はサモナーの願望に沿った姿を取る。幻獣のヒット・ダイス、セーヴィング・スロー、技能、特技、そして能力値はサモナーのクラス・レベルと結びついていて、サモナーがレベルを得るに従って上昇する。加えて、それぞれの幻獣はサモナーのクラス・レベルに基づいて、その幻獣ごとに異なる能力と力を与えることに使用できる進化ポイントのプールを獲得する。サモナーが新たなレベルを得る時は常に、サモナーはこれらのポイントをどのように消費し、次のサモナー・レベルを得るまでの間どのような能力を固定させておくか決定しなければならない。
 幻獣の身体的な外見はサモナーの任意だが、それは常にある種幻想的なクリーチャーとして現れる。この制御では幻獣を特定の生物のように見せることは十分にはできない。幻獣が招来されている間、サモナーの額に現れる固有のルーンと同じ、輝くルーンを幻獣も帯びる。ルーンを物理的な手段によって隠すことはできるが、オルター・セルフポリモーフなどの外見を変える魔法によって隠すことはできない(しかしインヴィジビリティは、呪文の持続時間中ルーンを隠す)。

 生命共有(超常)/Life Link:1レベル以降、サモナーは自分の幻獣と緊密な絆を結ぶ。幻獣がダメージを受け出身次元界に送還されそうになった時はいつでも、サモナーは フリー・アクションで (訳注:更新;削除)自分の任意のヒット・ポイントを消費できる。この方法で消費したヒット・ポイント毎に幻獣に与えられるダメージを1ポイント防ぐ。これによって幻獣が送還されるのを防ぐことができる。
 加えて、幻獣が全力を発揮するには幻獣とサモナーが100フィート以内にいなければならない。幻獣がサモナーから100フィート以上1,000フィート以内にいる場合、最大ヒット・ポイントと現在ヒット・ポイントは50%減少する。幻獣がサモナーから1,000フィート以上10,000フィート以内にいる場合、最大ヒット・ポイントと現在ヒット・ポイントは75%減少する。幻獣がサモナーから100,000フィート以上離れた場合、幻獣は即座に出身次元界に送還される。幻獣がサモナーに近づいてもこのようにして失われた現在ヒット・ポイントは回復しないが、最大ヒット・ポイントは標準に戻る。

 サモン・モンスターI(擬呪):1レベル以降、サモナーは1日に3+【魅力】修正値に等しい回数、擬似呪文能力としてサモン・モンスターIを発動できるようになる。この能力を引き出すのはサモナーが幻獣を使用するのと同じ力を使用する。つまり、サモナーは幻獣が招来されていない時しかこの能力を使用できない。彼は標準アクションとしてこの能力を使用し、そのクリーチャーは(レベル毎に1ラウンドではなく)レベル毎に1分持続する。3レベルの時点および以降2レベル毎に、この能力の力は1呪文レベルずつ上昇し、サモナーはより強力なクリーチャーを招来できるようになる(最大で17レベルの時点のサモン・モンスターIXまで)。19レベルの時点で、この能力はゲートあるいはサモン・モンスターIXとして使用できるようになる。ゲートとして使用した場合、サモナーは要求される物質要素を支払わなければならない。サモナーはこの方法では複数のサモン・モンスターゲートを同時には起動状態にできない。この能力が再び使用された場合、存在しているサモン・モンスターゲートは即座に終了する。これらの招来呪文は呪文解放型や呪文完成型のアイテムを使用する目的において、その呪文リストの一部であると見做される。加えて、この能力を使用し要求された呪文を発動できる限り、彼はこの能力の使用数を消費することで作成する魔法のアイテムの作成条件を満たせる。

 感覚結合(超常)/Bond Senses:2レベル以降、サモナーは標準アクションで、幻獣の知覚、幻獣が見て、聞いて、嗅ぎ、味わい、触るものを共有できるようになる。この能力は1日にサモナー・レベルに等しいラウンドまで使用できる。この効果には有効距離はないが、サモナーと幻獣は同じ次元界にいなければならない。サモナーはこの効果をフリー・アクションで終了できる。

 味方の盾(変則)/Shield Ally:4レベルの時点で、サモナーが幻獣の間合い内にいる間、サモナーはアーマー・クラスに+2の盾ボーナスを得、セーヴィング・スローに+2の状況ボーナスを得る。このボーナスは幻獣が組みつき無防備麻痺朦朧、あるいは気絶状態の時には失われる。

 創造者の呼び声(超常)/Maker's Call:6レベルの時点で、サモナーは標準アクションで幻獣を傍らに呼び寄せられるようになる。これはディメンジョン・ドアと同様に機能し、サモナーの術者レベルを使用する。この能力が使用されると、幻獣はサモナーに隣接する場所(隣接するマスがすべて埋まっていた場合、最もサモナーに近い場所)に出現する。幻獣が距離外にいた場合、この能力は失敗する。この能力は6レベルの時点で1日に1回および以降4レベル毎に追加で1回ずつ使用できる。

 入れ替わり(超常)/Transposition:8レベルの時点で、サモナーは創造者の呼び声の能力を自分の幻獣と入れ替えるように使用できるようになる。幻獣がサモナーより大きかった場合、サモナーは幻獣が占めていた場所のうちの好きな場所に移動できる。幻獣は可能であればサモナーがいた場所を含む地点に移動し、それができない場合可能な限り近くに移動する。

 顕現(超常)/Aspect:10レベルの時点で、サモナーは自身の幻獣の持つ進化プールから2ポイントまで消費して、自分に1つ以上の進化を与えられるようになる。このとき、幻獣が得ていない進化を選ぶことはできず、自身もその条件を同様に満たしておく必要がある。この能力では能力値上昇進化を選択することはできない。この方法で消費した進化ポイントは幻獣の進化プールから取られる(幻獣の進化ポイントの合計が減少する)。サモナーは幻獣の進化を変更するとき、同時にこれらのポイントから受ける自身の進化を変更できる。

 上級味方の盾(変則)/Greater Shield Ally:12レベルの時点で、幻獣の間合い内に味方がいるとき、その味方はアーマー・クラスに+2の盾ボーナスと、セーヴィング・スローに+2の状況ボーナスを得る。間合いにいるその味方がサモナーである場合、それらのボーナスは+4に上昇する。このボーナスは幻獣が組みつき無防備麻痺朦朧、あるいは気絶状態の場合失われる。

 生命結合(超常)/Life Bond:14レベルの時点で、サモナーの命は幻獣のものと繋がるようになる。幻獣のヒット・ポイントが1以上ある間、サモナーは危害から防護されている。サモナーのヒット・ポイントを0未満にするようなダメージは代わりに幻獣に移し替えられる。このダメージは1回に1ポイント単位で移し替えられ、つまり幻獣の負のヒット・ポイントが【耐久力】能力値と等しくなると同時、すべての超過ダメージがサモナーに残る。死をもたらすがダメージを与えない効果は、この能力に影響されない。この能力はベイルフル・ポリモーフフレッシュ・トゥ・ストーンインプリズンメントなどの実質的なダメージを与えないものには効果がない。

 融合形態(超常)/Merge Forms:16レベルの時点で、全ラウンド・アクションによって、サモナーは自分の幻獣に接触し、2体は融合形態となれる。この変化はサモナーの装備しているすべての物品にも及ぶ。この方法で融合している間、サモナーは被害から護られ、また呪文や効果の目標にならない。そのときサモナーを目標としていたすべての呪文や効果はサモナーが幻獣から分離するまで抑止される(が、持続時間は経過し続ける)。
 サモナーは幻獣の中にいるにも関わらず、その発動の間幻獣の制御を取ることによっても呪文を発動できる。それらの呪文に使用される物質要素はサモナーの装備品の中から使われるが、彼らはそれ以外のものには干渉できない。サモナーは融合している間、幻獣のすべてのアクションを指示でき、幻獣の感覚を通して知覚でき、幻獣の声を使って話せる。
 サモナーはこの能力を、1日にそのサモナー・レベルに等しいラウンド使用できる。この能力はいつでも即行アクションで終了できる。サモナーは可能であれば幻獣に隣接するマスへと分離する。サモナーが融合している間に幻獣が出身次元界に送還された場合、サモナーは即座に排出され、4d6ポイントのダメージを受け、1ラウンドの間朦朧状態となる。

 上級顕現(超常)/Greater Aspect:18レベルの時点で、サモナーは自分の幻獣の進化をより自らのものにできる。この能力は顕現の能力と同様に機能するが、進化ポイントを最大で6ポイントまで取れる。顕現の能力と異なり、サモナーに分けられた進化ポイント2ポイント(あるいは余分なポイント)につき、幻獣は進化プールから1ポイントを失う。

 幻獣の双子(超常)/Twin Eidolon:20レベルの時点で、サモナーと幻獣は真の結びつきを得る。標準アクションで、サモナーは幻獣に変化し、すべての進化、形態、能力値を複製できる。サモナーの【筋力】、【敏捷力】、【耐久力】能力値は幻獣の基本値と同じとなる。サモナーは(ポリモーフ)の副系統を持つ呪文と同様に、自分の運搬する好きな装備を新しい形態に溶け込ませることを選択できる。持続した効果をもたらすアイテムは、この方法で溶け込んでいる間も機能し続ける。サモナーは自身の肉体攻撃と(ボーナス特技、技能、言語を除く)すべての種族特性を失い、幻獣の進化によって与えられた能力を得る。サモナーは自身のクラスの特徴をすべて保持する。サモナーは1日にサモナー・レベルにつき1分間この形態を保てる。この時間は連続している必要はないが、1分間単位で消費しなければならない。サモナーはフリー・アクションでこの効果を終了できる。

幻獣 Eidolons

 幻獣の能力は、サモナーのレベルと進化プールの使い方の選択によって決定される。表2‐9:幻獣基本能力の表は幻獣の基本的な能力の多くを決定する。幻獣それぞれは基本能力を修正する基本形態を持つ。幻獣は呪文が影響を及ぼすかの決定に際し、来訪者として扱われる。

 クラス・レベル:これはキャラクターのサモナー・レベルである。

 HD:これは幻獣がもつ10面体(d10)ヒット・ダイスの総計であり、それぞれに通常通り【耐久力】修正値が加わる。

 BAB:これは幻獣の基本攻撃ボーナスである。幻獣の基本攻撃ボーナスはヒット・ダイスに等しい。幻獣は高い基本攻撃ボーナスによる、肉体武器を使用しての追加攻撃を得ない。

 良好な/貧弱なセーヴ:これらは幻獣の基本セーヴィング・スロー・ボーナスである。幻獣は基本形態によって決定される2つの良好なセーヴィング・スローと1つの貧弱なセーヴィング・スローを持ち、これはクリーチャーの基本形態によって決まる。

 技能:このリストは幻獣の合計技能ランクである。幻獣はどのような技能の技能ランクも取得できるが、それらの技能を使用できる機能を持っていなければならない。幻獣の【知力】能力値の基本的な修正値はこれらを通常どおり修正する(幻獣はHD毎に6+【知】修正値に等しい技能ランクを得る)。幻獣は1つの技能につき、ヒット・ダイスを超えるランクを持つことができない。幻獣の技能ランクは1回選択されると、サモナーのレベルが上がりこのクリーチャーが変更されたとしても固定される。

 特技:これは幻獣が持つ特技の合計である。幻獣は前提を満たす特技をどれでも自由に取得できるが、使用には適切な機能を持っていなければならない。幻獣の特技は1回選択されると、サモナーのレベルが上がりこのクリーチャーが変更されたとしても固定される。幻獣が変化によって特技の条件を満たさなくなった場合、その特技は再び条件を満たすまで効果を持たない。

 鎧ボーナス:ここに書かれている数は幻獣の合計鎧ボーナスを表す。このボーナスはサモナーによって単なる鎧ボーナスと外皮ボーナスに割り振られる。この数字は幻獣の基本形態と進化プールによるいくつかのオプションによって修正される。鎧はサモナーと幻獣の結びつきを阻害するため、幻獣はあらゆる種類の鎧を着れない。

 【筋】/【敏】ボーナス:基本形態によって決定された【筋力】と【敏捷力】にこの修正を加える。いくつかの進化プールによるオプションはこの数値を修正する。

 進化プール/Evolution Pool:この項にある数値は幻獣の持つ進化ポイントの合計となる。このプールからポイントを消費することで、幻獣は多岐にわたる修正を受け、新しい能力や攻撃や力を取得する。サモナーがレベルを得るとこの数値は上昇し、サモナーはそのポイントを消費して幻獣の能力を変化できる。この選択は固定しない。サモナーはレベルを得る度に(およびトランスモグリファイ呪文で)この能力を変更できる。

 最大攻撃回数:これは幻獣がそのレベルで持つことを許された肉体武器攻撃の最大数を指している。幻獣が最大攻撃数を得た場合、追加の肉体武器を与える進化を得ることはできない。

 特殊能力:ここにはすべての幻獣の力が上昇するに従って得るいくつかの能力が書いてある。ボーナスそれぞれは下記の通り。

 暗視(変則)/Darkvision:幻獣は60フィートの暗視を得る。

 リンク(変則)/Link:サモナーと幻獣は(両者が同じ次元界にいる限り)どれだけ離れていてもコミュニケーションを取ることができる精神的な繋がりを持つ。このコミュニケーションはフリー・アクションで、いつでもサモナーは幻獣に命令を伝えることができる。加えて、魔法のアイテムはサモナーと幻獣の結びつきを阻害する。結果として、サモナーと幻獣は魔法のアイテムのスロットを共有する。例えば、サモナーが指輪をつけていた場合、幻獣は1つを超える指輪をつけられない。かち合う場合、サモナーにつけているアイテムが起動している限り、幻獣の装備は休止する。幻獣はその魔法のアイテムを利用するのに適切な付属器官を持っていなければならない。

 呪文共有(変則)/Share Spells:サモナーは目標が“術者”である呪文を、自分を目標にする代わりに(距離が接触の呪文のように)幻獣に対して発動できる。サモナーは通常幻獣の種別(来訪者)のクリーチャーに作用しない呪文であっても幻獣に発動できる。この方法で発動される呪文はサモナー呪文リストにあるものでなければならない。それが呪文のように作用するとしても、この能力によって幻獣に呪文以外の能力を共有することはできない。

 身かわし(変則)/Evasion:幻獣が通常なら反応セーヴによってダメージを半減できるような攻撃の対象になった場合、セーヴィング・スローに成功することでとそのダメージを受けなくする。

 能力値上昇(変則)/Ability Increase:幻獣の1つの能力値に+1する。

 忠誠(変則)/Devotion:幻獣は心術呪文や効果に対する意志セーヴに+4の士気ボーナスを得る。

 複数回攻撃/Multiattack:幻獣が3つ以上の肉体攻撃を有しており、かつまだその特技を持っていないなら《複数回攻撃》をボーナス特技として得る。3つ以上の肉体攻撃を持っていない場合(あるいは肉体攻撃が3未満に減少した場合)幻獣は代わりに肉体攻撃の1つで-5のペナルティを受けて2度目の攻撃を行なえる。幻獣がのちに3つ以上の肉体攻撃を得た場合、幻獣はその追加攻撃を失い、代わりに《複数回攻撃》を得る。

 身かわし強化(変則)/Improved Evasion:幻獣が反応セーヴに成功すればダメージを半減させることができるような攻撃の対象になった場合、反応セーヴに成功すればダメージを受けず、失敗しても半分のダメージしか受けない。

表:幻獣基本能力
クラス・
レベル
HD BAB セーヴ
(良好)
セーヴ
(劣悪)
技能 特技
ボーナス
【筋】/【敏】
ボーナス
進化
プール
最大
攻撃回数
特殊
1 1 +1 +2 +0 4 1 +0 +0 3 3 暗視、リンク、呪文共有
2 2 +2 +3 +1 8 1 +2 +1 4 3 身かわし
3 3 +3 +3 +1 12 2 +2 +1 5 3
4 3 +3 +3 +1 12 2 +2 +1 7 4
5 4 +4 +4 +1 16 2 +4 +2 8 4 能力値上昇
6 5 +5 +4 +1 20 3 +4 +2 9 4 忠誠
7 6 +6 +5 +2 24 3 +6 +3 10 4
8 6 +6 +5 +2 24 3 +6 +3 11 4
9 7 +7 +5 +2 28 4 +6 +3 13 5 複数回攻撃
10 8 +8 +6 +2 32 4 +8 +4 14 5 能力値上昇
11 9 +9 +6 +3 36 5 +8 +4 15 5
12 9 +9 +6 +3 36 5 +10 +5 16 5
13 10 +10 +7 +3 40 5 +10 +5 17 5
14 11 +11 +7 +3 44 6 +10 +5 19 6 身かわし強化
15 12 +12 +8 +4 48 6 +12 +6 20 6 能力値上昇
16 12 +12 +8 +4 48 6 +12 +6 21 6
17 13 +13 +8 +4 52 7 +14 +7 22 6
18 14 +14 +9 +4 56 7 +14 +7 23 6
19 15 +15 +9 +5 60 8 +14 +7 25 7
20 15 +15 +9 +5 60 8 +16 +8 26 7

幻獣の技能 Eidolon Skills

 幻獣のクラス技能は以下の通り:〈はったり〉【魅】、〈製作〉【知】、〈知識:次元界〉【知】、〈知覚〉【判】、〈真意看破〉【判】、〈隠密〉【敏】。更に、サモナーは1レベルの時点で追加で4つの技能を選択し、幻獣のクラス技能にできる。飛行速度を持つ幻獣は、以降のレベルまで飛行能力を得ないとしても〈飛行〉【敏】も無料のクラス技能として受けることに注意。

基本形態 Base Forms

 幻獣は初期のサイズ、移動速度、AC、攻撃、そして能力値を決定する3種類の形態から1つを持つ。(二次的攻撃などと)特記されていない限り、すべての肉体武器は幻獣の基本攻撃ボーナスをそのまま使用する。幻獣の攻撃は【筋力】修正値をダメージ・ロールに加えるが、それが幻獣のただ1つの攻撃である場合【筋力】修正値の1.5倍を加える。これらの形態は記載している進化をすべて進化コストなしで取得している。それらの無料の進化というボーナスは、既に開始データとしての要素に含まれている。
 また、基本形態のいずれでも小型の幻獣として使用できる。幻獣が小型である場合、【敏捷力】能力値に+2のボーナスを得る。そして【筋力】に-4、【耐久力】に-2のペナルティを受ける。さらにACと攻撃ロールに+1のサイズ・ボーナス、CMBとCMDに-1のペナルティ、〈飛行〉技能判定に+2、〈隠密〉技能判定に+4のボーナスを得る。すべての攻撃は1段階小さいもの(1d6は1d4に、1d4は1d3に)となる。幻獣を小型サイズにした場合、サモナーが幻獣の進化プールを変更する際に幻獣を中型にできる(その場合これらの小型としての修正をすべて失う)。

四足獣 Quadruped

 開始時能力サイズ 中型;速度 40フィート;AC +2外皮;セーヴ 頑健(良好)、反応(良好)、意志(貧弱);攻撃 噛みつき(1d6);能力値 【筋】14、【敏】14、【耐】13、【知】7、【判】10、【魅】11;自動取得進化 噛みつき四肢(脚部)×2。

蛇体 Serpentine

 開始時能力サイズ 中型;速度 20フィート、登攀20フィート;AC +2外皮;セーヴ 頑健(貧弱)、反応(良好)、意志(良好);攻撃 噛みつき(1d6)、尾の打撃(1d6);能力値 【筋】12、【敏】16、【耐】13、【知】7、【判】10、【魅】11;自動取得進化 尾の打撃噛みつき登攀間合い(噛みつき)

人型 Biped

 開始時能力サイズ 中型;速度 30フィート;AC +2外皮;セーヴ 頑健(良好)、反応(貧弱)、意志(良好);攻撃 爪×2(1d4);能力値 【筋】16、【敏】12、【耐】13、【知】7、【判】10、【魅】11;自動取得進化 四肢(脚部)四肢(腕部)

進化 Evolutions

 すべての幻獣はいくつかの進化ポイントを受け取り、それは消費されることで新たな能力、力、そしてそれ以外の強化を幻獣に与える。進化と呼ばれるそれらの能力は、サモナーのレベルが上昇する際に変更できるが、そのとき以外は固定されている。いくつかの進化は幻獣に特定の基本形態を、あるいはサモナーに一定のレベルを、選択に要求する。一部の進化は幻獣に追加の肉体武器を与える。主要と書かれた肉体攻撃は幻獣の基本攻撃ボーナスをそのまま使用し、ダメージ・ロールに【筋力】修正値を加える。二次的と書かれた肉体攻撃は通常から-5した基本攻撃ボーナスを使用し、ダメージ・ロールには(正ならば)幻獣の【筋力】修正値の1/2が足される。幻獣が1つの肉体武器しか持っていない場合、その攻撃の種類とは無関係に、その攻撃ロールは基本攻撃ボーナスをそのまま使用しダメージ・ロールには【筋力】修正値の1.5倍を加える。
 進化は費やす進化ポイントによってグループ分けされている。進化ポイントは保存できない。サモナーがレベルを上昇させた時に、すべてのポイントは消費される。特記ない限り、それぞれの進化は一度に1つしか選択できない。

1ポイント進化

 ここに記された進化は幻獣の進化プールから1ポイントを費やす。

 鋭敏嗅覚(変則)/Scent:幻獣の臭いへの感覚は非常に鋭いものとなる。幻獣は鋭敏嗅覚の特殊性質を獲得し、嗅覚によって30フィート以内の敵を看破できる。敵が風上にいる場合距離は60フィートとなる;風下にいた場合距離は15フィートとなる。強い臭いは通常の範囲の2倍であっても探知できる。鋭敏嗅覚は幻獣にクリーチャーの居場所を特定させることはできず、存在を看破できるだけである。幻獣は移動アクションでその方向を探知できる。クリーチャーが5フィート以内にいる場合、幻獣はその居場所を特定できる。幻獣は鋭敏嗅覚を使用しクリーチャーを追跡できる。

 エラ呼吸(変則)/Gills:幻獣はエラを手に入れ、水中でも呼吸できるようになる。

 尾(変則)/Tail:幻獣は長く力強い尾を生やす。これは幻獣がなにかの表面で平衡を保つための〈軽業〉判定に+2の種族ボーナスを与える。この進化は複数回選択できる。

 尾の打撃(変則)/Tail Slap:幻獣は尻尾で近くの敵を殴りつける、尾の打撃が行なえるようになる。この攻撃は二次的攻撃である。尾の打撃は1d6(大型の場合1d8、超大型の場合2d6)ポイントのダメージを与える。この進化を取得するためには、幻獣は尾の進化を持っていなければならない。この進化は複数回選択できるが、幻獣はそれに等しい数の尾の進化を持っていなければならない。

 外皮強化(変則)/Improved Natural Armor:幻獣の皮は毛皮が、堅い鱗が、あるいは外骨格が厚くなり、外皮に+2のボーナスを得る。 この進化はサモナーの持つ5レベル毎に1回ずつ選択できる。 (訳注:更新;この進化は1レベルの時点で1回、そして5、10、15、20レベルの時点で再度取得できる。)

 噛みつき(変則)/Bite:幻獣の口には鋭い牙がところ狭しと並び、噛みつき攻撃が可能になる。この攻撃は主要攻撃である。噛みつき攻撃は1d6(大型の場合1d8、超大型の場合2d6)ポイントのダメージを与える。幻獣が既に噛みつき攻撃を持っている場合、この進化で噛みつき攻撃は【筋力】修正値の1.5倍をダメージ・ロールに加える。

 乗騎(変則)/Mount:幻獣は戦闘訓練を受けた乗騎として仕えるために正しく熟練し、形作られている。幻獣は騎乗者より少なくとも1サイズ以上大きくなければならない。この進化は蛇体四足獣の幻獣しか選択できない。

 触手(変則)/Tentacle:幻獣は長く、のたうつ触手を生やし、触手攻撃を行なえるようになる。この攻撃は二次的攻撃である。触手攻撃は1d4(大型の場合1d6、超大型の場合1d8)ポイントのダメージを与える。この進化は複数回選択できる。

 水泳(変則)/Swim:幻獣は水かきのある手や足、あるいは力強いヒレを手に入れ、基本移動速度に等しい水中移動速度を得る。この進化は幻獣に水中で呼吸する能力を与えない。この進化は複数回選択できる。この進化を再度選択する度、幻獣の水中移動速度は20フィート上昇する。

 叩きつけ(変則)/Slam:幻獣は破壊力に満ちた1回の叩きつけ攻撃をもたらせるようになる。この攻撃は主要攻撃である。叩きつけ攻撃は1d8(大型の場合2d6、超大型の場合2d8)ポイントのダメージを与える。この進化を取得するためには、幻獣は四肢(腕部)の進化を持っていなければならない。また、幻獣は基本形態の爪を(依然として1進化ポイントを消費して)この叩きつけ攻撃に変更できる。この進化は複数回選択できるが、幻獣はそれに等しい数の四肢の進化を持っていなければならない。

 ダメージ強化(変則)/Improved Damage:幻獣の肉体攻撃の1つは特に致命的である。1つの肉体武器形態を選択し、それはダメージ・ダイスが1段階上昇する。この進化は複数回選択できる。効果は累積しない。幻獣がこの進化を選択する度、異なる肉体武器1つに適用される。

 突き押し(変則)/Push:幻獣は攻撃に成功すると、クリーチャーを遠くに突き飛ばす能力を得る。1種類の肉体攻撃を選択する。選択した種類の肉体武器による攻撃に成功した場合、幻獣は即座に戦技判定を行なえる。成功した場合、攻撃の目標は幻獣から離れる方向に5フィート突き飛ばされる。この能力は幻獣と同じサイズかより小さいクリーチャーにしか働かない。この方法で突き飛ばされたクリーチャーは機会攻撃を誘発しない。この進化は複数回選択できる。効果は累積しない。幻獣がこの進化を選択する度、それは異なる肉体攻撃に適用される。

 翼の叩打(変則)/Wing Buffet:幻獣は敵を倒すためにその翼を使うことを学び、2回の翼の叩打攻撃を得る。これらの攻撃は二次的攻撃である。翼の叩打は1d4(大型の場合1d6、超大型の場合1d8)ポイントのダメージを与える。幻獣は翼による飛行の進化を持っていなければこの進化を選択できない。

 爪(変則)/Claws:幻獣は四肢の先に凶悪な一組の爪を生やし、爪攻撃を2つ得る。それらの攻撃は主要攻撃である。爪は1d4(大型の場合1d6、超大型の場合1d8)ポイントのダメージを与える。幻獣は四肢の進化を持っていなければこの能力を取得できない。この進化は四肢(脚部)の進化には1回しか適用できない。この進化は複数回選択できるが、それと同じだけ幻獣は四肢の進化を選択していなければならない。

 抵抗(変則)/Resistance:幻獣は特定のエネルギーの種類に耐性を得、それは通常身体に反映される(火ならば灰がかった皮、冷気ならば凍える吐息などのように)。1つのエネルギーの種類([酸]、[冷気]、[電気]、[火]、[音波])を選択する。幻獣は選択した種類に対する抵抗5を得る。この抵抗はサモナーの持つ5レベル毎に5ずつ上昇し、最大で10レベルの時点で15となる。この進化は複数回選択できる。効果は累積しない。幻獣はこの進化を1回選択する度、それは異なる種類のエネルギーに適用される。

 登攀(変則)/Climb:幻獣は登攀の熟練者となり、基本移動速度に等しい登攀移動速度を得る。この進化は複数回選択できる。この進化を再度選択する度、幻獣の登攀移動速度は20フィート上昇する。

 飛びかかり(変則)/Pounce:幻獣は素早い反応を身に着け、突撃時に全力攻撃を行なえるようになる。この進化は、四足獣の基本形態を持つ幻獣しか選択できない。

 はさみ(変則)/Pincers:幻獣は一組の四肢の先に大きなはさみを生やし、はさみ攻撃を2つ手に入れる。それらの攻撃は二次的攻撃である。はさみは1d6(大型の場合1d8、超大型の場合2d6)ポイントのダメージを与える。はさみに適用したつかみの進化を持つ幻獣は組みつきの際のCMB判定に+2のボーナスを得る。幻獣が四肢(腕部)の進化を持っていなければこの進化を選択できない。また、幻獣は基本形態の爪を(依然として1進化ポイントを消費し)はさみに変更できる。この進化は複数回選択できるが、幻獣は選択するのと等しい数の四肢の進化を持っていなければならない。

 針(変則)/Sting:幻獣は尻尾の先に長く鋭い針を生やし、針攻撃を手に入れる。この攻撃は主要攻撃である。針は1d4(大型の場合1d6、超大型の場合1d8)ポイントのダメージを与える。この進化を取得するためには、幻獣は尾の進化を持っていなければならない。この進化は複数回選択できるが、幻獣はそれに等しい数の尾の進化を持っていなければならない。

 引き寄せ(変則)/Pull:幻獣は攻撃に成功すると、クリーチャーをより近くに引き寄せる能力を得る。1種類の肉体攻撃を選択する。選択した種類の肉体攻撃による攻撃に成功した場合、幻獣は即座に戦技判定を行なえる。成功した場合、攻撃の目標は幻獣に5フィート引き寄せられる。この能力は幻獣と同じかより小さいクリーチャーにしか働かない。この方法で引き寄せられるクリーチャーは機会攻撃を誘発しない。幻獣は10フィート以上の間合いを持っていなければこの進化を選択できない。この進化は複数回選択できる。効果は累積しない。幻獣がこの進化を選択する度、それは異なる肉体武器に適用される。

 間合い(変則)/Reach:幻獣の攻撃の1つは、より遠くの敵をも攻撃できる。1つの攻撃を選択する。幻獣のその1つの攻撃の間合いは5フィート上昇する。

 魔力を帯びた攻撃(超常)/Magic Attacks:幻獣は内に魔法の力を封じ、そのすべての肉体武器はダメージ減少を克服する際、魔法の武器として扱われる。サモナーのレベルが10以上ある場合、幻獣のすべての肉体武器はダメージ減少を克服する際、幻獣の属性を持っているものとして扱われる。

 練達者(変則)/Skilled:幻獣はある技能の熟練者となり、その技能に+8の種族ボーナスを得る。この進化は複数回選択できる。効果は累積しない。幻獣がこの進化を選択する度、それは異なる技能に適用される。

2ポイント進化

 ここに記された進化は幻獣の進化プールから2ポイントを費やす。

 足払い(変則)/Trip:幻獣は噛みつきで敵を引き倒すことに熟練し、足払いを行なえるようになる。選択した種類の噛みつき攻撃に成功したとき、幻獣は即座に戦技判定を行なえる。成功した場合、その攻撃の目標は転倒する。判定に失敗した場合も、幻獣は足払いを返されることはない。この能力は幻獣と同じか、より小さいクリーチャーにしか働かない。幻獣が噛みつきの進化を持っていなければこの進化は選択できない。

 エネルギーを帯びた攻撃(超常)/Energy Attacks:幻獣の攻撃はエネルギーを帯びる。以下から1つの種類のエネルギーを選択する:[酸]、[冷気]、[電気]、[火]。幻獣のあらゆる肉体攻撃は命中したとき、1d6ポイントの選択した種類のエネルギーのダメージを与える。サモナーは最低5レベルなければこの進化を選択できない。

 かきむしり(変則)/Rend:幻獣はその爪で攻撃する者の肉体を切り裂くことを学び、かきむしりの能力を得る。幻獣が1ラウンド中に同じ目標に対して2回の爪攻撃を成功させたとき、爪はその肉体を引き裂き、追加ダメージを与える。このダメージは通常の1つの爪攻撃に幻獣の【筋力】修正値の1.5倍を加えたものである。幻獣は爪の進化を持っていなければこの進化を選択できない。サモナーは最低6レベルなければこの進化を選択できない。

 完全耐性(超常)/Immunity:幻獣の肉体は1種類のエネルギーに強力な耐性を持ち、その種類のエネルギーに対する完全耐性を得る。[酸]、[冷気]、[電気]、[火]、[音波]から1つ選択する。幻獣は選択したエネルギーの種類に対する完全耐性を得る。この進化は複数回選択できる。効果は累積しない。毎回異なる種類のエネルギーに適用される。サモナーは最低7レベルなければこの進化を選択できない。

 四肢(変則)/Limbs:幻獣は一組の四肢を得る。四肢は2つの形態のうちどちらかを取る。脚部にすることで、幻獣は完全な足を備えることができる。一組の脚部毎に、幻獣の基本速度は10フィート上昇する。それとは別に、完全な手を備えた腕部をなることができる。幻獣は追加の一対の腕部を得ることでいかなる追加肉体攻撃も得ないが、ほかの追加攻撃を与える進化を取得できる(叩きつけなど)。幻獣が習熟しているなら、手を備えた腕部で武器を扱うことができる。この進化は複数回選択できる。

 締めつけ(変則)/Constrict:幻獣は組みついている相手を押し潰せる力強い筋肉を得る。幻獣がつかみの進化を使用して敵との組みつきに成功したとき、つかみの進化で使用した攻撃で与えたダメージ量に等しい追加ダメージを与える。この進化は基本形態が蛇体の幻獣しか選択できない。

 蹂躙(変則)/Trample:幻獣はその足で敵を踏みにじり打ち砕く術を学び、蹂躙の能力を得る。全ラウンド・アクションで幻獣は自分より1段階以上小さい敵を蹴散らすことができる。これは蹴散らしの戦技と同じように扱われるが、幻獣は判定を行なう必要がなく、単に移動の経路に敵が存在するだけでよい。クリーチャーたちは1d6(大型ならば1d8、超大型ならば2d6)ポイントに幻獣の【筋力】修正値の1.5倍を加えたダメージを与える。蹂躙の目標となった目標は、-4のペナルティを受けた機会攻撃を行なえる。目標が機会攻撃を行なうことを諦める場合、反応セーヴに成功することでダメージを半分にできる。このセーヴのDCは10+幻獣のHDの1/2+幻獣の【筋力】修正値である。蹂躙する幻獣は、1体のクリーチャーには1ラウンドに1回しかダメージを与えることができない。この進化は基本形態が四足獣人型の幻獣しか選択できない。

 振動感知(変則)/Tremorsense:幻獣は大地の振動を感じ取れるようになり、30フィート以内への振動感知が可能となる。この効果は非視覚的感知の進化と同じように作用するが、幻獣とそのクリーチャーの両者が大地の上にいなければ居場所を特定できない。サモナーは最低7レベルなければこの進化を選択できない。

 つかみ(変則)/Grab:幻獣は敵に組みつくことに熟練し、つかみの能力を得る。噛みつき、爪、はさみ、叩きつけ、尾の打撃、あるいは触手から1種類の攻撃を選択する。幻獣が選択した種類の攻撃に成功したとき、幻獣は即座に戦技判定を行なえる。成功した場合、幻獣は攻撃の目標に組みつく。この能力は幻獣より1段階以上小さいクリーチャーにしか使用できない。この進化を持つ幻獣は、組みつきのために行うCMB判定に+4のボーナスを得る。

 突き刺し(変則)/Gore:幻獣は頭に数本の角を生やし、1回の突き刺し攻撃を行なえるようになる。この攻撃は主要攻撃である。突き刺し攻撃は1d6(大型の場合1d8、超大型の場合2d6)ポイントのダメージを与える。

 毒(変則)/Poison:幻獣は神経毒を蓄え、毒による攻撃を得る。噛みつきか針かの攻撃を選択する。選択した攻撃が命中すれば、目標は毒に侵される。幻獣の毒/Eidron Poison種別 毒(致傷);セーヴ 頑健・無効;頻度 4ラウンドの間1/ラウンド;効果 1d4【筋力】ダメージ;治癒 1セーヴ。セーヴDCは10+幻獣のHDの1/2+幻獣の【耐久力】修正値。追加で2ポイントの進化ポイントを消費することで、この毒は代わりに【耐久力】ダメージを与える。サモナーは最低7レベルなければこの進化を選択できない。

 能力値上昇(変則)/Ability Increase:幻獣はより肥大した筋肉、より素早い反応、より深遠なる知性の蓄積を得、あるいはその他の能力の1つが上昇する。幻獣の1つの能力値は+2上昇する。この進化は複数回選択できる。この能力は個々の能力値に1回と、サモナーの持つ6レベル毎に追加で1回ずつ適用できる。

 飛行(変則、あるいは超常)/Flight:幻獣はバット(蝙蝠)、鳥、虫、あるいは竜のものに似た大きな翼が生え、飛行する能力を得る。幻獣は基本移動速度に等しい飛行速度を得る。幻獣の機動性はサイズによって決定される。中型、あるいはより小型の幻獣は良好な機動性を持つ。大型サイズの幻獣は標準の機動性を、超大型の幻獣は貧弱な機動性を持つ。追加で2の進化ポイントを消費することで、幻獣の飛行は魔法的なものとなる。幻獣は翼を失い、機動性は完璧となる。魔法的な飛行は超常能力である。追加で進化ポイントを消費することで幻獣の飛行移動速度は上昇し、追加で消費したポイントそれぞれにつき20フィートずつ上昇する。サモナーは最低5レベルなければこの進化を選択できない。

 ひっかき(変則)/Rake:幻獣はその足に危険な爪を持ち、組みついた状態の敵に対して2回のひっかき攻撃ができる。これらの攻撃は主要攻撃である。目標への組みつき判定に成功する度、幻獣はその目標に対して追加でこれらの攻撃ができる。これらのひっかき攻撃は1d4(大型の場合1d6、超大型の場合1d8)ポイントのダメージを与える。この進化は基本形態が四足獣の幻獣しか選択できない。この進化は幻獣の最大攻撃回数に関しては1個の肉体武器とみなす。サモナーは最低4レベルなければこの進化を選択できない。

 武器鍛錬(変則)/Weapon Training:幻獣は武器の使い方を学び、ボーナス特技として《単純武器習熟》を得る。追加で進化ポイントを2消費した場合、幻獣は同様にすべての軍用武器に習熟する。

3ポイント進化

 ここに記された進化は幻獣の進化プールから3ポイントを費やす。

 穴掘り(変則)/Burrow:幻獣には厚く節くれ立った爪が生え、地中を移動できるようになる。幻獣は基本移動速度の半分の穴掘り移動の能力を得る。この移動能力は、土、粘土、砂、大地を通過する移動に使用できる。この移動によって穴が残ることはなく、地表に痕跡も残さない。サモナーは最低9レベルなければこの進化を選択できない。

 畏怖すべき存在(変則)/Frightful Presence:幻獣は敵を動揺させるようになり、畏怖すべき存在の能力を得る。幻獣は突撃や攻撃などの攻撃的なアクションの一部としてこの能力を起動できる。幻獣から30フィート以内に存在する敵は意志セーヴに成功しない限り、3d6ラウンドの間怯え状態となる。このセーヴのDCは10+幻獣のHDの1/2+幻獣の【魅力】修正値に等しい。幻獣が相手よりHDが4以上多かった場合、その相手は怯え状態ではなく恐慌状態となる。幻獣よりHDの多い敵はこの能力に完全耐性を持つ。サモナーは最低11レベルなければこの進化を選択できない。

 蜘蛛の糸(変則)/Web:幻獣は一組の紡績突起を手に入れ、糸を紡げるようになる。幻獣はこうした蜘蛛の糸を使うことで、自分自身に加え自分と同じサイズ以下の1体のクリーチャーまでを支えられる。幻獣は1日に8回まで遠隔接触攻撃として網を張れ、幻獣より1段階大きいサイズまでのクリーチャーに絡みつかせることができる。糸は50フィートの距離と10フィートの射程単位を持つ。糸によって絡みつかれた状態のクリーチャーは〈脱出術〉か(-4のペナルティを受け)【筋力】判定に成功することで脱出できる。その判定のDCは10+幻獣のHDの1/2+幻獣の【耐】修正値に等しい。糸は硬度0と幻獣の総ヒット・ダイスに等しいヒット・ポイントを持つ。幻獣は登攀速度で自身の糸を登ることができ、糸に触れているクリーチャーの位置も特定できる。幻獣は登攀の進化を持っていなければこの進化を選択できない。サモナーは最低7レベルなければこの進化を選択できない。

 ダメージ減少(超常)/Damage Reduction:幻獣の肉体は傷に耐性を持ち、ダメージ減少の能力を得る。秩序、混沌、善、悪のうちから1つの属性を選択する。幻獣は選択した属性を持つ武器であれば無視できるDR5を得る。この属性は、幻獣の持つ属性の1つと対立していなければならない。12レベルの時点で、追加で進化ポイントを2消費することでこの守りはDR10に上昇する。サモナーは最低9レベルなければこの進化を選択できない。

 飲み込み(変則)/Swallow Whole:幻獣は飲み込みの能力を得、敵を食べられるようになる。幻獣が自身の噛みつき攻撃を使用して組みつき状態であるクリーチャーがいるとき(つかみの進化参照)に自身のターンを開始する場合、そのクリーチャーを飲み込むために戦技判定を行なえる。そのクリーチャーは幻獣より1段階以上小さくなければならない。飲み込まれたクリーチャーはラウンド毎に1d6ポイントの[酸]ダメージと、幻獣の噛みつき攻撃に等しいダメージを受ける。飲み込まれたクリーチャーは組みつき状態として扱われるが、軽い斬撃武器あるいは軽い刺突武器で切り裂いて脱出を試みることができる。切り開いて自由になるのに必要なダメージ量は幻獣のヒット・ポイント総量の1/10に等しい。切り開くための攻撃に対する幻獣のACは10+幻獣の外皮ボーナスの1/2に等しい。飲み込まれたクリーチャーが切り開いて脱出した場合、幻獣はそのダメージが治るまでこの能力を失う。また、飲み込まれたクリーチャーは通常通りの方法で組みつきから逃れることを試みることもできる。成功すれば幻獣の口元に戻るが、そこで再び逃れる試みをする必要があり、再び飲み込まれる可能性もある。幻獣は噛みつき攻撃を起点としたつかみの進化を持っていなければこの進化を選択できない。サモナーは最低9レベルなければこの進化を選択できない。

 非視覚的感知(変則)/Blindsense:幻獣の感覚は驚異的なほど鋭くなり、距離30フィートの非視覚的感知を手に入れる。この能力によって幻獣は〈知覚〉判定を行わなければ見ることができないクリーチャーの居場所を特定できるが、そのようなクリーチャーは依然として幻獣に対して完全視認困難を持っている。視覚は幻獣の移動速度と、依然として見えないクリーチャーからの攻撃に対するアーマー・クラスへの【敏捷力】ボーナスが失われることに影響を与える。サモナーは最低9レベルなければこの進化を選択できない。

4ポイント進化

 ここに記された進化は幻獣の進化プールから4ポイントを費やす。

 大型(変則)/Large:幻獣は大きくなり、大型になる。幻獣は【筋力】に+8、【耐久力】に+4、外皮に+2のボーナスを得る。【敏捷力】に-2のペナルティを受ける。このサイズ変化は、幻獣にACと攻撃ロールに-1のサイズ・ペナルティを、CMBとCMDに+1のボーナスを、〈飛行〉技能判定に-2の、〈隠密〉技能判定に-4のペナルティを与える。幻獣が人型の基本形態である場合、間合い10フィートを得る。幻獣が中型でなければこの進化を取得できない。サモナーは最低8レベルなければこの進化を選択できない。
 追加で6進化ポイントを費やす場合、幻獣は代わりに超大型となる。幻獣は【筋力】に+16のボーナスを、【耐久力】に+8のボーナスを、外皮に+5のボーナスを得る。【敏捷力】に-4のペナルティを受ける。このサイズ変更はまたクリーチャーにACと攻撃ロールに-2のサイズ・ペナルティを、CMBとCMDに+2のボーナスを、間合い10フィートを、〈飛行〉技能判定に-4のペナルティを、〈隠密〉技能判定に-8のペナルティを与える。幻獣が人型の基本形態を持つ場合、間合いは上昇し15フィート(他の全ての基本形態に関しては10フィート)になる。間合いの進化を持つ幻獣はこの合計にそれを足す。これらのボーナスとペナルティは大型になったときに得たものと累積せず、入れ替えられる。サモナーは最低13レベルなければこの進化を選択できない。
 大型か超大型の幻獣の【筋力】や【耐久力】能力値に能力上昇の進化を与えるとき、その進化は通常の倍のコストがかかる。

 擬似視覚(変則)/Blindsight:幻獣の感覚はより鋭くなり、距離30フィートの擬似視覚を得る。幻獣は目標への効果線がある限り、暗闇、透明、ほとんどの視認困難を無視して、通常通りに行動や攻撃ができる。幻獣は非視覚的感知の進化を持っていなければこの進化を選択できない。サモナーは最低11レベルなければこの進化を選択できない。

 高速治癒(超常)/Fast Healing:幻獣の肉体は傷を迅速に癒す能力、高速治癒1を得る。幻獣は自然治癒と同じように、1ラウンドに1ポイントのダメージを回復する。高速治癒は飢餓、渇き、窒息により失われたヒット・ポイントを回復せず、失われた肉体の一部を生やすこともない(し、切断された部位を癒着させることもない)。高速治癒は幻獣が生存している間だけ効果を発揮する。追加で2進化ポイントを消費する毎に、1ラウンド毎の回復量は1ずつ上昇する(最大で5まで)。サモナーは最低11レベルなければこの進化を選択できない。

 呪文抵抗(変則)/Spell Resistance:幻獣は魔法から護られ、呪文抵抗を得る。幻獣の呪文抵抗は11+サモナーのレベルに等しい。この呪文抵抗はサモナーに発動された呪文には適用されない。サモナーは最低9レベルなければこの進化を選択できない。

 ブレス攻撃(超常)/Breath Weapon:幻獣は円錐形か直線に魔法的なエネルギーを吐き出す術を学び、ブレス攻撃を得る。[酸]、[冷気]、[電気]、[火]から1つ選択する。幻獣は30フィートの円錐形(か、あるいは60フィートの直線)に、自身が持つHD毎に1d6ポイントの、選択した種類のダメージを与えるブレスを吐ける。ブレス攻撃を受けたクリーチャーは、ダメージを半減するための反応セーヴを試みることができる。DCは10+幻獣のHDの1/2+幻獣の【耐久力】修正値に等しい。幻獣はこの能力を1日に1回使用できる。更に追加で1進化ポイントを費やす毎に、1日に追加で1回ずつ(最大で1日に3回まで)使用できる。サモナーは最低9レベルなければこの進化を選択できない。

サモナー呪文

 サモナーは以下の呪文に接することができる。これらの呪文の多くはCore Rulebookにあるが、アスタリスク(*)印の付いたものはすべてこの本の5章にある。
 0レベル・サモナー呪文アーケイン・マークアシッド・スプラッシュオープン/クローズガイダンスデイズディテクト・マジックメイジ・ハンドメッセージメンディングライトリード・マジックレジスタンス
 1レベル・サモナー呪文アイデンティファイアンシーン・サーヴァントアンフェター*アラームアント・ホール*ヴェントリロキズムエクスペディシャス・リトリートエンデュア・エレメンツエンラージ・パースングリースサモン・モンスターIシールドジャンプデイズ・モンスターフェザー・フォールプロテクション・フロム・イーヴルグッドケイオスローマウントマジック・ファングマジック・マウスメイジ・アーマーレッサー・リジューヴェネイト・アイドーロン*リデュース・パースン
 2レベル・サモナー呪文アウルズ・ウィズダムイーグルズ・スプレンダーインヴィジビリティウィンド・ウォールレッサー・エヴォリューション・サージ*オルター・セルフキャッツ・グレイスグライド*クリエイト・ピット*グリッターダストサモン・アイドーロン*サモン・スウォームサモン・モンスターIIシー・インヴィジビリティスパイダー・クライムスローディテクト・ソウツバークスキンファントム・スティードフォクセス・カニングブラーブルズ・ストレンクスプロテクション・フロム・アローズベアズ・エンデュアランスヘイストミスディレクションレヴィテートレジスト・エナジー
 3レベル・サモナー呪文アクアス・オーブ*グレーター・インヴィジビリティウォーター・ブリージングウォール・オヴ・アイスウォール・オヴ・ファイアーエヴォリューション・サージ*マス・エンラージ・パースンサモン・モンスターIVシーク・ソウツ*ストーンスキンスパイクト・ピット*タンズチャーム・モンスターディスプレイスメントディスペル・マジックディメンジョナル・アンカーディメンジョン・ドアデヴォリューション*ノンディテクションヒロイズムファイアー・シールドフライブラック・テンタクルズプロテクション・フロム・エナジーマイナー・クリエイションマジック・サークル・アゲンスト・イーヴルグッドケイオスローグレーター・マジック・ファングリジューヴェネイト・アイドーロン*マス・リデュース・パースンレイジロケート・クリーチャー
 4レベル・サモナー呪文マス・アウルズ・ウィズダムアシッド・ピット*マス・イーグルズ・スプレンダーインセクト・プレイグウォール・オヴ・ストーングレーター・エヴォリューション・サージ*オーヴァーランド・フライトマス・キャッツ・グレイスコンタクト・アザー・プレインサモン・モンスターVセンディングディスミサルテレポートトランスモグリファイ*ピュアリファイド・コーリング*マス・フォクセス・カニングマス・ブルズ・ストレンクスレッサー・プレイナー・バインディングマス・ベアズ・エンデュアランスベイルフル・ポリモーフホールド・モンスターマジック・ジャーメイジズ・フェイスフル・ハウンドメジャー・クリエイション
 5レベル・サモナー呪文イセリアル・ジョーントマス・インヴィジビリティウォール・オヴ・アイアンクリーピング・ドゥームサモン・モンスターVIIシクウェスターシミュレイクラムスペル・ターニンググレーター・ディスペル・マジックグレーター・テレポートトゥルー・シーイングバニッシュメントハングリー・ピット*グレーター・ヒロイズムプレイナー・アダプテイション*プレイナー・バインディングプレイン・シフトグレーター・リジューヴェネイト・アイドーロン*リパルション
 6レベル・サモナー呪文アンティパシーインセンディエリ・クラウドサモン・モンスターVIIIシンパシーマス・チャーム・モンスターディサーン・ロケーションディメンジョナル・ロックテレポーテーション・サークルドミネイト・モンスターバインディングマス・プレイナー・アダプテイション*グレーター・プレイナー・バインディングプロテクション・フロム・スペルズメイズ