APG > 標準クラス > アルケミスト

アルケミスト Alchemist

 煙たい秘密の研究所の奥に隠れた者も、高名な魔法学院で楽しく研究する者も、アルケミストを彼の作る調合物と同様に不安定で、先の読めない危険な存在と見なしている。錬金術アイテムの作成者が商人と同様の座りきりの人生に満足しながら火おこし棒と発煙棒を作る一方、真のアルケミストはより深い使命感に応える。アルケミストは術者のように魔法を発動はしないが、彼の魔法的素養を作成する液体とエキスに込め、彼に驚くべき業を与えるであろう毒々しい力を持った化学物質を毒、爆発物、自己変身魔法の薬に煎じる。

 役割:アルケミストの評判は魔法的エキスとポーションのようなものを完成させ、これらのエキスを実験道具として自身の肉体を使うことで自身のオーラから吸い上げた魔法と調合するという噂によって、穏やかなものではない(危険な命知らずと言う者もいる)。炸裂する爆弾の作成と新しい奇妙な毒の発見もそれらの使用法を知ることへの愉快な熱情も、アルケミストは変えることがない。これらの特徴は文明化された組織と学習施設に責任と危険を負わせるため、アルケミストは冒険グループにいるのが最も適しているように見える。
 属性:どれでも。
 ヒット・ダイス:d8。

クラス技能

 アルケミストのクラス技能は以下の通り:〈鑑定〉【知】、〈呪文学〉【知】、〈職能〉【判】、〈製作:どれでも〉【知】、〈生存〉【判】、〈装置無力化〉【敏】、〈知覚〉【判】、〈知識:自然〉【知】、〈知識:神秘学〉【知】、〈治療〉【判】、〈手先の早業〉【敏】、〈飛行〉【敏】、〈魔法装置使用〉【魅】。
 レベル毎の技能ランク:4+【知力】修正値。

表:アルケミスト
レベル 基本攻撃
ボーナス
頑健
セーヴ
反応
セーヴ
意志
セーヴ
特殊 1日のエキス数
1 2 3 4 5 6
1 +0 +2 +2 +0 錬金術爆弾 1d6、ポーション作成変異薬万能投擲術 1
2 +1 +3 +3 +0 発見毒に対する抵抗+2、毒の使用 2
3 +2 +3 +3 +1 爆弾 2d6、即行錬金術 3
4 +3 +4 +4 +1 発見 3 1
5 +3 +4 +4 +1 爆弾 3d6、毒に対する抵抗+4 4 2
6 +4 +5 +5 +2 発見即行毒 4 3
7 +5 +5 +5 +2 爆弾 4d6 4 3 1
8 +6/+1 +6 +6 +2 発見毒に対する抵抗+6 4 4 2
9 +6/+1 +6 +6 +3 爆弾 5d6 5 4 3
10 +7/+2 +7 +7 +3 発見毒に対する完全耐性 5 4 3 1
11 +8/+3 +7 +7 +3 爆弾 6d6 5 4 4 2
12 +9/+4 +8 +8 +4 発見 5 5 4 3
13 +9/+4 +8 +8 +4 爆弾 7d6 5 5 4 3 1
14 +10/+5 +9 +9 +4 発見持続変異薬 5 5 4 4 2
15 +11/+6/+1 +9 +9 +5 爆弾 8d6 5 5 5 4 3
16 +12/+7/+2 +10 +10 +5 発見 5 5 5 4 3 1
17 +12/+7/+2 +10 +10 +5 爆弾 9d6 5 5 5 4 4 2
18 +13/+8/+3 +11 +11 +6 発見瞬間錬金術 5 5 5 5 4 3
19 +14/+9/+4 +11 +11 +6 爆弾 10d6 5 5 5 5 5 4
20 +15/+10/+5 +12 +12 +6 偉大な発見 5 5 5 5 5 5

クラスの特徴

 アルケミストのクラスの特徴は以下の通り。

 武器と防具の習熟:アルケミストはすべての単純武器と爆弾に習熟している。アルケミストはまたすべての軽装鎧に習熟しているが、盾には習熟していない。

 錬金術(超常)/Alchemy:アルケミストは錬金術師の火や発煙棒のような一般の錬金術物質の作成の達人であるだけでなく、呪文効果を留めた魔法的ポーションのようなエキスを混ぜ合わせる達人でもある。後者によって、アルケミストは複数の成分をいくつものエキスに混ぜることによって自身の呪文を準備でき、そしてそのエキスを飲むことで自身の呪文を“発動”できる。アルケミストはエキスや爆弾を作成するとき、自身の微量な魔法的な力を調合物に煎じる―これにより強力な効果を作成することが可能になるが、その効果は作成者によって限界がある。
 〈製作:錬金術〉で錬金術アイテムを作成するとき、アルケミストは〈製作:錬金術〉判定にそのクラス・レベルに等しい技量ボーナスを加える。加えて、アルケミストは〈製作:錬金術〉ディテクト・マジックを使用したかのようにポーションを鑑定できる。アルケミストはこのような判定をするために1ラウンドの間ポーションを握っていなければならない。
 アルケミストは3つの特別な種類の魔法のアイテムを作成できる―エキス、爆弾、そして変異薬を。爆弾は炸裂し飛散する武器で、変異薬は変形したエリクサーであり、アルケミストはそれを飲むことで身体能力を強化できる―2つは以下に個別に詳細が書かれている。
 エキスは3つの内で最も変化に富んでいる。多くの意味で、これらはポーション形態の呪文のように振る舞い、その効果はディスペル・マジックのような効果で解除されうる、その場合アルケミスト・レベルを術者レベルとして使う。ポーションとは違い、エキスは強力な、ポーションでは通常できない呪文の複製ができる。
 アルケミストは1日にそれぞれのレベルで決まった数のエキスだけ作成できる。この基本的に1日に許されたエキスは表2‐1にある。加えて、アルケミストは高い【知力】能力値を持っている場合、1日のボーナス・エキスをウィザードが1日毎にボーナス呪文を得るのと同様の方法で得る。
 アルケミストはエキスを混合するとき、化学物質と試薬を、自身の魔法的オーラから吸い上げた魔法も込めてエキスに注ぐ。アルケミストの所有物でなくなったエキスは即座に不活性化し、再度戻ったときまた活性化する――アルケミストは通常自分のエキスを仲間に使わせることはできない(ただし下記の“注入”の発見参照)。1回作成されたエキスは1日の間は不活性化せず効能は残るため、アルケミストは毎日エキスを再準備しなければならない。1つのエキスの混合には1分かかる作業が必要である―大抵のアルケミストは多くのエキスを1日の始まりか冒険に出る直前に作るが、アルケミストにとって自身の1日のエキス・スロットのいくつか(あるいはすべて)をその場で必要に応じて準備できるように空けておくことは稀ではない。
 アルケミストは本当に魔法を発動するわけではないが、何のエキスが作成できるかの処方リストを持っている。アルケミストは処方リストにあるものであれば呪文解放型アイテムを使用できるが、呪文完成型アイテムは使用できない(〈魔法装置使用〉を使わない限り)。ポーションを飲むようにエキスを飲み干すことで“発動される”―そのエキスの効果はその処方に基づいた呪文の複製を正確に基本とするが、呪文は常に飲んだアルケミストのみに影響を与える。アルケミストは1回の標準アクションとしてエキスを取り出して飲むことができる。アルケミストは術者レベルに基づく効果を決定するための術者レベルとして、自身のレベルを使用する。
 エキスの作成には未加工の物質要素を消費するが、これらの費用は取るに足らないものだ――大抵の呪文の価値のない物質構成要素と同様に。呪文がコストのかかる物質構成要素を持つ場合、その構成要素はエキスを消費する際に費やされる。焦点具を要求する呪文のエキスは作れない(信仰呪文を複製したアルケミストのエキスが信仰焦点具を持つことはない)。アルケミストは自身の修得する処方からエキスを準備できる。エキスを学び使用するには、アルケミストは【知力】能力値が少なくとも10+エキスのレベルだけなければならない。アルケミストのエキスへのセーヴィング・スローの難易度は10+エキス・レベル+アルケミストの【知力】修正値である。
 アルケミストは好きな数の処方を修得することができる。アルケミストは自分の処方を処方書と呼ばれる特別な本におさめている。アルケミストはその本をエキスを準備する際に使用しなければならないが、消費する際は不要だ。アルケミストは2+【知力】修正値に等しい数の選択した1レベル処方を持って始める。それぞれの新しいアルケミスト・レベルにつき、アルケミストは彼が作成できるレベルの中から新しい処方を1つ得る。アルケミストはまた処方を彼の本に、ウィザードが呪文を呪文書に追加するのと同様に追加でき、費用も求められる時間もウィザードと同じだけ使う。アルケミストはウィザードの呪文書からそこに書かれている呪文に相当する、好きな処方を学べる。ウィザードは、しかしながら、処方書からは学べない。アルケミストは書き写す前にその秘術的記述を解読する必要はない。

 爆弾(超常)/Bomb:魔法的エキスに加え、アルケミストは様々な爆発しやすい化学物質を即座に混合し、それらを魔法的な蓄えと煎じて敵に投げられる強力な爆弾を作成することに熟達している。アルケミストは爆弾を1日につきそれぞれクラス・レベル+【知力】修正値に等しい回数使用できる。爆弾は安定せず、作成したラウンドに使用しなかった場合、爆弾は劣化し不活性化する――また、その作成手法により、作り蓄えられる爆発物質の大量生産や貯蓄は不可能である。爆弾を作成するためにアルケミストは1オンスの液体の触媒の入った小瓶を使用しなければならない―アルケミストは錬金術研究室にある少量の化学物質からこの小瓶を作成でき、これは術者の呪文構成要素ポーチと同様に容易に再充填できる。多くのアルケミストはこの小瓶を1日の始まりに自身がその日に作成できる爆弾の合計に等しい数作成する―1回作成すれば、その小瓶はアルケミストによって何年も使用できる。
 爆弾の材料を取り出し作成し投擲する行為は標準アクションであり、機会攻撃を誘発する。爆弾の投擲は有効距離20フィートの“飛散武器の投擲”という特別な攻撃である。爆弾は武器としてみなされ、《近距離射撃》《武器熟練》などの特技を選択し使用できる。直接命中すれば、アルケミストの爆弾は1d6ポイント+アルケミストの【知力】修正値に等しい[火]ダメージを与える。アルケミストの爆弾のダメージはアルケミスト・レベルが奇数になる毎に1d6ポイント上昇する(このボーナスはクリティカル・ヒットしたときや《渾身の一打》特技を使用したときに倍化しない)。アルケミストの爆弾の飛散ダメージは常に爆弾の最低ダメージに等しい(爆弾が直接命中すれば2d6+4ポイントの[火]ダメージを与える場合、飛散ダメージは6ポイントの[火]ダメージを与える)。こうして受ける飛散ダメージは反応セーヴの試みによって半減できる。このセーヴのDCは10+アルケミスト・レベルの1/2+【知力】修正値に等しい。
 アルケミストはレベルが上昇するにつれ新しい種類の爆弾を発見(“発見”能力参照)し学ぶことができる。アルケミストの爆弾は、エキスのように、他人に使用されたり運搬される場合不活性化する。

 ポーション作成(変則)/Brew Potion:1レベルの時点で、アルケミストは《ポーション作成》をボーナス特技として得る。アルケミストは自身の修得している好きな処方のポーションを作成でき(最大3レベルまで)、アルケミスト・レベルを術者レベルとして使用する。その呪文はポーションにできるものでなければならない。アルケミストはこの特技の前提条件を満たしている必要はない。

 変異薬(超常)/Mutagen:1レベルの時点で、アルケミストは人格を代償として身体能力を高める、変異薬の作成方法を発見する。1服の変異薬を調合するのに1時間かかるが、1回調合すれば、使用するまで効能は維持する。アルケミストは一度に1服の変異薬しか維持できない―2服目を調合した場合、これまでの変異薬は不活性化する。エキスや爆弾と同様に、変異薬もアルケミストの所有物でなくなった場合再びアルケミストに拾われるまで不活性化する。
 アルケミストは変異薬を調合したとき、彼は身体的能力値―【筋力】、【敏捷力】、あるいは【耐久力】―を選択する。変異薬を飲むのは標準アクションである。飲まれることで、変異薬はアルケミストをより大柄により獣的にし、+2の外皮ボーナスと選択した能力値に+4の錬金術ボーナスをアルケミスト・レベルにつき10分間与える。
 加えて、変異薬が効果を発揮しているとき、アルケミストは-2のペナルティを精神能力値の1つに得る。変異薬が【筋力】を強化する場合そのペナルティは【知力】に適用される。【敏捷力】の場合そのペナルティは【判断力】に適用される。【耐久力】の場合そのペナルティは【魅力】に適用される。
 アルケミスト以外が変異薬を飲むと、頑健セーヴ(DCは10+アルケミスト・レベルの1/2+【知力】修正値)に成功しないと1時間、吐き気がする状態になる―アルケミスト以外は決して変異薬の利益を得ないが、アルケミストがほかのアルケミストの変異薬を飲んだ場合、その利益を得られる(しかしながらそのアルケミストがまた違う変異薬を作成した場合、その“盗まれた”変異薬の効果は即座に終了する)。変異薬の効果は累積しない。アルケミストが変異薬を飲んだとき、以前に飲んでいた変異薬の効果は即座に終了する。

 万能投擲術(変則)/Throw Anything:すべてのアルケミストは1レベルの時点で《万能投擲術》特技をボーナス特技として得る。アルケミストは【知力】修正値を飛散武器によるダメージに、そしてその飛散ダメージにも加える。このボーナス・ダメージは爆弾のクラスの特徴にすでに含まれている。

 発見(超常)/Discovery:2レベルの時点および以降2レベル毎に(最大18レベルまで)、アルケミストは信じられないような錬金術の発見をする。特記ない限り、アルケミストは個々の発見を複数回選択できない。アルケミストがほかの発見を見つけるなど、事前にその前提条件を満たしていなければいくつかの発見はできない。アスタリスク(*)の印のついた爆弾を修正する発見は累積しない。そのような発見は1つのみ、1つの爆弾に適用できる。発見によって求められるセーヴィング・スローのDCは10+アルケミスト・レベルの1/2+アルケミストの【知力】ボーナスに等しい。

 悪臭爆弾*/Stink bomb:アルケミストの爆弾の煙の効果はフォッグ・クラウドの代わりにスティンキング・クラウドを複製し、1ラウンドの間飛散半径の倍の範囲を満たす。アルケミストは煙爆弾の発見を持っていなければこの発見を選択できない。

 永遠ポーション/Eternal potion:アルケミストが自分で拡張したポーションを飲んだとき、そのポーションの効果は、別のポーションの効果を永続化することをアルケミストが選択するまで永続する。アルケミストは最低16レベルとポーション拡張の発見を持っていなければこの発見を選択できない。

 エキスの融合/Combine extracts:アルケミストはエキスを作成するとき、2つの処方を1つのエキスにできる。このエキスが消費されたとき、2つの処方が効果を発揮する。このエキスはそれらのエキスのうち最も高い処方レベルより2レベル高いレベルを持つ。アルケミストは最低8レベルなければこの発見を選択できない。

 大いなる変異薬/Grand mutagen:アルケミストの変異薬は今や外皮に+6のボーナスと1つの能力値(【筋力】、【敏捷力】、あるいは【耐久力】)に+8の錬金術ボーナスを、2つ目の身体的能力値に+6の錬金術ボーナスを、3つ目の身体的能力値に+4の錬金術ボーナスを与える。アルケミストは変異薬が持続している限り【知力】、【判断力】、そして【魅力】に-2のペナルティを受ける(変異薬参照)。アルケミストは最低16レベルと上級変異薬の発見を持っていなければこの発見を選択できない。

 解呪爆弾/Dispelling Bomb:アルケミストは爆弾を作成するとき、ダメージを与える代わりにディスペル・マジックの効果を持たせることを選択できる。解呪爆弾が直接命中したクリーチャーは目標型ディスペル・マジック呪文の対象になり、これにはアルケミストのレベルを術者レベルとして使用する。これでは特定の呪文の効果を目標に使用することはできない。この発見をするためにはアルケミストは最低6レベルなければならない。

 希釈/Dilution:1日に1回、アルケミストはポーションかエリクサー(霊薬)を希釈し、1つから2服の同じポーションを作成できる。ポーションの希釈には市場価格の1/4に等しい費用がかかる。希釈されたポーションをまた希釈することはできない。この発見はエキスや変異薬の希釈に使用できない。アルケミストは最低12レベルなければこの発見を選択できない。

 狂気爆弾*/Madness bomb:そのアルケミストの爆弾は肉を焼く以上に―精神を焼く。狂気爆弾が直接命中したクリーチャーはその爆弾のダメージに加え1d4ポイントの【判断力】ダメージを受ける。通常のダメージは2d6減少する(通常6d6+4ポイントのダメージを与える爆弾は代わりに4d6+4ポイントのダメージを与える)。狂気爆弾による【判断力】ダメージの量はその目標が過去24時間以内に受けた狂気爆弾の数につき1ずつ減少し、最低1ポイントの【判断力】ダメージを与える。アルケミストは最低12レベルなければこの発見を選択できない。

 凶暴変異薬/Feral mutagen:アルケミストは変異薬を飲むとき、2回の爪攻撃と1回の噛みつき攻撃を得る。これらは主要攻撃でありアルケミストの基本攻撃ボーナスのすべてを使う。爪攻撃は1d6(アルケミストが小型なら1d4)ポイントのダメージを与え、噛みつき攻撃は1d8(アルケミストが小型なら1d6)ポイントのダメージを与える。変異薬が効果を発揮している間、アルケミストは〈威圧〉判定に+2の技量ボーナスを得る。

 煙爆弾*/Smoke bomb:アルケミストは爆弾を作成するとき、炸裂したときに厚い煙の雲を作り出せるようにすることを選択できる。その雲はフォッグ・クラウドと同様に機能し、範囲は飛散半径の倍に等しくレベルにつき1ラウンド持続する。

 業火爆弾*/Inferno bomb:アルケミストの爆弾によって作られた煙の効果はフォッグ・クラウドの代わりにインセンディエリ・クラウドを複製し、爆弾の飛散効果の倍の範囲をレベルにつき1ラウンドの間満たす。アルケミストは最低16レベルと煙爆弾の発見を持っていなければこの発見を選択できない。

 酸爆弾*/Acid bomb:アルケミストは爆弾を作成するとき、[酸]のダメージを与えることを選択できる。酸爆弾が直接命中したクリーチャーは追加で1ラウンド後に1d6ポイントのダメージを受ける。

 霜爆弾*/Frost bomb:アルケミストは爆弾を作成するとき、[冷気]ダメージを与えることを選択できる。霜爆弾が直接命中したクリーチャーは、自身の次のラウンドに頑健セーヴに成功しない限りよろめき状態になる。

 上級変異薬/Greater mutagen:アルケミストの変異薬は今や外皮に+4のボーナスと1つの身体的能力値(【筋力】、【敏捷力】、あるいは【耐久力】)に+6の錬金術ボーナスを与え、2つ目の身体的能力値に+4の錬金術ボーナスを与える。アルケミストはその2つに符合する精神的能力値に-2のペナルティを、変異薬が持続している限り得る。アルケミストは最低12レベルなければこの発見を選択できない。

 振動爆弾*/Concussive bomb:アルケミストは爆弾を作成するとき、[音波]ダメージを与えることを選択できる。振動爆弾は1d6でなく1d4ポイントの[音波]ダメージと、奇数レベル毎に1d4ポイントの[音波]ダメージを与える。振動爆弾が直接命中したクリーチャーは頑健セーヴに成功しない限り1分間聴覚喪失状態になる。アルケミストは最低6レベルなければこの発見を選択できない。

 精密爆弾/Precise bombs:アルケミストは爆弾を投擲するとき、【知力】修正値に等しい数の、爆弾による飛散ダメージを受けないマスを選択できる。爆弾が外れた場合、この発見は効果を持たない。

 生命霊薬/Elixir of life:1日に1回、アルケミストは生命霊薬を調合できる。この特別な調合は作るのに25,000gpと1時間がかかる。生命霊薬は、それを調合したアルケミストに管理されているとき、トゥルー・リザレクション呪文と同様に死んだクリーチャーの命を蘇生する。また、アルケミストは自身でそれを飲むことができ、その場合彼は殺された次の瞬間リザレクション呪文の目標になる。この方法では霊薬のその効果はアルケミストの【知力】修正値に等しい日数しか持続しない;その時間が来る前に死ななかった場合生命霊薬の効果は終了する。アルケミストは最低16レベルなければこの発見を選択できない。

 速攻爆弾/Fast bombs:この発見をしたアルケミストは1ラウンドに複数爆弾を投擲するには十分なほど素早く作成できる。アルケミストはその基本攻撃ボーナスが追加の攻撃を与えるのに十分である場合、全ラウンド・アクションで追加で爆弾を準備し投擲できる。これは遠隔武器による全力攻撃と同様に機能する。アルケミストは最低8レベルなければこの発見を選択できない。

 遅延爆弾*/Delayed bomb:アルケミストは爆弾を、爆弾から手を離してから数ラウンド後に爆発させるように変更することができる。その遅延は最大でアルケミストのレベルに等しいラウンドまでの間で、アルケミストが選択する。アルケミストは遅延爆弾をもう1回持った時点で、時間の経過を終了させ爆弾の炸裂を妨げることができる。ほかのクリーチャーがそれに触ったり動かそうとしたとき、爆弾の含有物が小瓶から取り除かれたとき(例えば小瓶が壊れたときなど)遅延爆弾は炸裂する。爆弾は炸裂したときそれがあるマスにいたクリーチャーに直接命中したかのようにダメージを与え、飛散ダメージを隣接するクリーチャーに通常通り与える。アルケミストが遅延爆弾を同時に複数持つことはできない。別の遅延爆弾を作成した場合、以前の爆弾は不活性化する。ディスペル・マジックは遅延爆弾を中和でき、〈装置無力化〉判定(DCは10+アルケミスト・レベルの1/2+アルケミストの【知力】修正値)の成功も同様である。アルケミストは最低8レベルなければこの発見を選択できない。

 注入/Infusion:アルケミストはエキスを作成するとき、それに自身の僅かな追加の魔力を煎じることができる。作成されたエキスは今やアルケミストがそれを手放しても維持し続ける。そのエキスが存在する限り、それはアルケミストの1日のエキス・スロットを占め続ける。注入エキスはアルケミストでない者が飲んでも効果を与えられる。

 電撃爆弾*/Shock bomb:アルケミストは爆弾を作成するとき、[電気]ダメージを与えることを選択できる。電撃爆弾が直接命中したクリーチャーは1d4ラウンドの間目が眩んだ状態になる。

 毒集中/Concentrate poison:アルケミストは2服の同じ毒を合わせ効果を増加させられる。これには同じ毒が2服と1分間が必要である。完成すると、アルケミストは1服の毒を持つ。この毒の頻度は50%延長され、セーヴDCは+2上昇する。この毒は1時間以内に使用されない場合使い物にならなくなる。

 毒爆弾*/Poison bomb:アルケミストの爆弾が作り出す煙の効果はフォッグ・クラウドの代わりに、飛散半径の2倍の範囲を満たしレベルにつき1ラウンド持続する、クラウドキルの効果を複製する。アルケミストは最低12レベルと煙爆弾の発見を持っていなければこの発見を選択できない。

 粘着毒/Sticky poison:アルケミストが作成する毒は粘着する―アルケミストがそれを武器に塗布するとき、その武器はアルケミストの【知力】修正値に等しい回数攻撃を当てるまで毒が残る。アルケミストは最低6レベルなければこの発見を選択できない。

 粘着爆弾/Sticky bomb:アルケミストの爆弾の効果は持続し、最初のダメージのあとの1ラウンドの間クリーチャーにダメージを与え続ける。粘着爆弾が直接命中したクリーチャーは、1ラウンド後にその飛散ダメージを受ける。通常であれば1ラウンド後に発生する爆弾の効果は代わりに2ラウンド後に発生する。アルケミストは最低10レベルなければこの発見を選択できない。

 爆散爆弾*/Explosive bomb:アルケミストの爆弾は今や飛散半径が5フィートでなく10フィートになった。爆散爆弾が直接命中したクリーチャーは着火し、その火が消えるまでそれぞれのラウンド1d6ポイントの[火]ダメージを受ける。消火は反応セーヴが要求される全ラウンド・アクションである。地面を転がることでセーヴに+2のボーナスが与えられる。最低2ガロンの水をかけることで自動的に火は消える。

 変異薬注入/Infuse mutagen:アルケミストは変異薬を作成するとき、それに自身の僅かな追加の魔力を煎じることができる。これにはアルケミストの【知力】に2ポイントのダメージと、希少な試薬のために1,000gpを費やすが、作成された変異薬はアルケミストが別の変異薬を作成しても機能を維持し続ける。これはアルケミストが異なる種類の変異薬を作成し緊急の事態のために保持し続けることを可能にする。このことはアルケミストに複数の変異薬から効果を得ることは許さない―先に飲んだ変異薬がどんな効果を持とうとも。

 ポーション拡張/Extend potion:1日に【知力】修正値に等しい回数、アルケミストは飲んだ、持続時間が瞬間でないポーションの持続時間を通常の倍まで機能させられる。これはエキスには適用できない。

 ポーション強化/Enhance potion:1日に【知力】修正値に等しい回数、アルケミストは自身が飲んだポーションの術者レベルを自身のクラス・レベルに等しいものとして機能させられる。

 力場爆弾*/Force bomb:アルケミストは爆弾を作成するとき、[力場]ダメージを与えることを選択できる。力場爆弾は1d6でなく1d4ポイントの[力場]ダメージと、奇数レベル毎に1d4ポイントの[力場]ダメージを与える。力場爆弾が直接命中したクリーチャーは反応セーヴに成功しない限り伏せ状態になる。アルケミストは最低8レベルなければこの発見を選択できない。

 毒に対する抵抗(変則)/Poison Resistance:2レベルの時点で、アルケミストはすべての毒に対するセーヴィング・スローに+2のボーナスを得る。このボーナスは5レベルの時点で+4、8レベルの時点で+6に上昇する。10レベルの時点で、アルケミストは毒に対する完全耐性を得る。

 毒の使用(変則)/Poison Use:2レベルの時点で、アルケミストは毒の使用の訓練を受け、武器に毒を塗布するとき自身が毒に侵される危険がなくなる。

 即行錬金術(変則)/Swift Alchemy:3レベルの時点で、アルケミストは錬金術アイテムを驚くべきスピードで作成する。アルケミストは通常の半分の時間で錬金術アイテムを作成し、毒を移動相当アクションで武器に塗布できる。

 即行毒(変則)/Swift Poisoning:6レベルの時点で、アルケミストは1服の毒を即行アクションで武器に塗布できる。

 持続変異薬(超常)/Persistent Mutagen:14レベルの時点で、変異薬の持続時間はレベルにつき1時間持続する。

 瞬間錬金術(変則)/Instant Alchemy:18レベルの時点で、アルケミストは錬金術アイテムを超常的な速度で作成できる。〈製作:錬金術〉判定に成功し適切な材料を手に持っているならば、全ラウンド・アクションで錬金術アイテムを作成できる。彼は割り込みアクションで毒を武器に塗布できる。

 偉大な発見(超常)/Grand Discovery:20レベルの時点で、アルケミストは偉大な発見をする。彼は即座に2つの通常の発見を覚えるが、3番目は以下から選んで得る。

 永遠の若さ/Eternal Youth:アルケミストは老化の治療法を発見し、この点において年を経ることによる身体的能力値のペナルティを受けない。アルケミストがそのようなペナルティを受けていた場合、この時点でそのペナルティは取り除かれる。

 高速治癒/Fast Healing:アルケミストの肉体はダメージに衝撃的な速度で対応する―アルケミストは高速治癒5を得る。

 真実の変異薬/True Mutagen:アルケミストの変異薬は今や外皮に+8のボーナスと【筋力】、【敏捷力】、そして【耐久力】に+8の錬金術ボーナスを与える。アルケミストは【知力】、【判断力】、そして【魅力】に-2のペナルティを変異薬が持続している間受ける(変異薬参照)。アルケミストは大いなる変異薬の発見をもっていなければこの発見を選択できない。

 知性の覚醒/Awakened Intellect:アルケミストは絶えず奇妙な化学物質の影響を受け、精神を拡張されている。アルケミストの【知力】能力値は永久的に2上昇する。

 毒の接触/Poison Touch:アルケミストはポイズン呪文の効果下にあるかのように有毒の接触を得る。この効果を抑止するのも起動するのもフリー・アクションである。どのようにしてアルケミストが毒を生産し、接触してもたらすかについてのアルケミストの身体的外見はアルケミストごとに異なる。

 フィロソファーズ・ストーン/Philosopher's Stone:アルケミストはフィロソファーズ・ストーンの作成方法を学び、ひと月に1回費用をかけず作成できる。フィロソファーズ・ストーンの作成には1日かかる。

アルケミスト処方

 アルケミストは様々な処方に接することができ、以下の呪文のエキスを作り出せる。これらの呪文の多くはCore Rulebookにあるが、アスタリスク(*)印の付いたものはすべてこの本の5章にある。


 2レベル・アルケミスト処方アウルズ・ウィズダムアルケミカル・アロケーション*アンディテクタブル・アラインメントイーグルズ・スプレンダーインヴィジビリティヴァーミット・スウォーム*エイドエレメンタル・タッチ*オルター・セルフキャッツ・グレイスキュア・モデレット・ウーンズシー・インヴィジビリティスパイダー・クライムダークヴィジョンディテクト・ソウツディレイ・ポイズントランスミュート・ポーション・トゥ・ポイズン*バークスキンパーシーヴ・キューズ*ファイアー・ブレス*フォールス・ライフフォクセス・カニングブラーブルズ・ストレンクスプロテクション・フロム・アローズベアズ・エンデュアランスレヴィテートレジスト・エナジーレッサー・レストレーション