MC1 > トログロダイト

トログロダイト Troglodytes

 トログロダイトは凶暴で暴力的な、洞窟に住む爬虫類人である。彼らは地下世界の上層部で比較的よく見られ、古くから食糧や奴隷を得るために他の人型生物――とくに人間――の居住区を襲う。

 一般的なトログロダイトは全長5フィートで重さは150ポンド。ほとんどは鈍い灰色や灰緑色をしているが、生息域に応じて様々な色のものが見られる。トログロダイトには短く硬い突起があり、それは頭頂部から脊椎の基底部まで走っている。彼らは10年ほどで成熟し、寿命は50~60年ほど。しかし多くのトログロダイトは暴力によりそれより短い期間で人生を終える。トログロダイトは比較的原始的な部族社会を形成する。通常は強力な族長やカリスマを備えたクレリックかドルイドに率いられている。人間はトログロダイトのお気に入りの獲物であり、人間の臭いをかげばトログロダイトは餌を求める熱狂状態に入る。しかし人間がいない場合、トログロダイトはその場に応じて他の知性のあるクリーチャーを狩り、喰らう。トログロダイトは悪びれることなく同族食いも行う。敗北した宿敵の部族の一員を喰らうこともあるし、獲物が少ないときには部族の老人や衰弱したものを食べることもある。

 現在のトログロダイトは、学者がイグルガスと呼ぶ強大な爬虫類人の古代種の退化した子孫である。実際、多くのトログロダイトは自分達のことを口にするときに、この呼び名を使っている。古代のイグルガスは姿形は現在のトログロダイトに似ているが、彼らは知性的な意味でも魔法的な意味でも、より才能を持っていた。世界がまだ若かった頃、イグルガスは石の大都市を作り出した。そこにはそびえ立つジグラットや捻れた水路、その他優れた石工や建造物の事例が見られた。地下世界の最新の洞窟には、今もこの都市がいくつか残っている。イグルガスが作り出した社会は現在の標準からいえば原始的なものだっただろうが、他の種族が当時作り出したものに比べれば遥かに先進的なものだった。イグルガスの社会は特別強力な信仰呪文の使い手による、宗教的な階層で支配されていた。呪文の使い手はその超自然的な才能を用いて下位のものを支配し、原始の人型生物種を奴隷にした。イグルガスは古代の怪物神を信仰していた。そのほとんどはデーモン・ロードが地位を奪う前に奈落界アビスを支配していた、忌まわしいクリフォト・ロードである。

 しかし、イグルガスの進歩と適応能力は緩やかになり、その優位を失った。エルフ、ドワーフ、その他の人型生物といった成長著しい文明との戦いが激しくなるほど、彼らは他の種族が行ったような技術進歩を維持できなくなった。イグルガスはついに最初期の人間の文明の1つに敗北した。イグルガスが作り出したものの全ては失われ、その多くは奴隷となった。今では、トログロダイトは他の種族の進歩に付いていくことはできないばかりか、多くの面でかつていた位置からも後退してしまった。

 地下世界の最深部には、異常なほど文明化され、知的なトログロダイトがいる大きな街もわずかに存在する。こういった街は独裁的な帝王に支配されており、大きな石のジグラットや巨大な石の建造物がある。このような建造物は、現在のトログロダイトは図面を引くことも建築することもできない。奇妙なことに、このような場所はイグルガスを起源とするように見えるが、トログロダイト賢種がここに訪れる前は遺跡に過ぎなかった。すなわち、トログロダイトは継続的に生活することも社会を発展させることもできず、その暴虐性のために文明を破壊して街を捨ててしまう。彼らがそこに戻ってこれるのは、トログロダイト賢種がいるときだけなのだ。組織化された何百ものトログロダイトの故郷であるこういった街は、一般に生来戦争を好む。幸い、こういった街は地下深くにあり、地上に住む種族は地下と何マイルも離れている。そのため地上世界はこの攻撃的な侵略者の危険を免れている。

 トログロダイトは竜語を話す。しかし彼らは文化的に断裂しており、停滞していたこともあって語彙は限られている。彼らはまた身振りで情報をやりとりし、喉音で感情を表すことに長けている。彼らは文化的に、至る所に優勢を示す仕草がある。トログロダイトはほとんど記述された記録を持たないが、余暇活動としても宗教儀式としても、工芸品の作成は文化的に重要な地位を占める。トログロダイトは洞窟に絵を描き彫刻をするが、それは総じて抽象的か精緻に欠け、複雑な物語よりも作成者の感情――例えば狩りに成功した喜びや誇り、ずる賢い敵への怒り、家族への愛情など――を表現することに注力している。トログロダイトの街の多くは松明で照らされる。そうするのは暗視はモノクロでしか見えず、彼らの芸術が鮮やかに見えるようにするためである。

 宗教はトログロダイトに大きな影響力を持ち、クレリックやドルイドはほとんどいつも部族の最高位に位置する。ほとんどの部族はカリスマを備えたクレリックやドルイドに率いられている。信仰の力を備えていない族長は、部族で最も強力な宗教的存在をその代弁人として用いる。トログロダイトの信仰は整理されていない。部族が選んだデーモン・ロードに対する畏敬の念で神秘的な儀式を執り行い、洞窟の壁を大ざっぱに彫刻と絵で飾り、トログロダイトの間で何世代も語り継がれた宗教説話を語る。トログロダイトの中で、一般にクレリックは宗教的な知識と力を保つ。部族のものにより熱心に信仰してもらおうと努力するが、上流階級の極わずかなものだけが宗教に力を注ぐのみだ。トログロダイトのクレリックは後任者にお気に入りの子を選ぶことが多く、その聖なる人々の子らに両親の愛情を勝ち取る熾烈な(時に血に濡れた)競争に参加するよう促す。

 トログロダイトの完全なデータは Bestiary の該当する項目に掲載されている。

新ルール New Rules

 以下の新しいルールには、トログロダイトの亜種やトログロダイトが作り出した呪文が掲載されている。

トログロダイトの亜種 Troglodyte Variants

 ほとんどのトログロダイトは洞窟に住むクリーチャーとして描かれているが、語られることのない何千年も昔、古代のイグルガスの血脈から別れたトログロダイトの亜種がおり、異なる環境や気候での生活に適応していった。

 カルガス(脅威度1/2)/Kaergath:このトログロダイトは小さくずんぐりとしていて、いぼだらけだ。彼らの平均身長は4フィートで、重さは180ポンド。カルガスは鈍いえび茶色の鱗を持ち、大きく四角い歯を持つ。しかし他のトログロダイトが持つ爪を備えていない。地下のより浅いところ、道なき砂漠や日の照りつける荒れ地の下に住むカルガスは、砂を掘り進む能力で知られる。彼らはジャヴェリンに卓越し、人型生物の子供の生肉を好む。
 カルガスはヤング単純テンプレートを付与したトログロダイトであり、砂と軟らかい土(石を除く)を1ラウンド20フィートの速度で穴掘り移動する能力を持つ。彼らはジャヴェリンによる攻撃ロールに+1の種族ボーナスを持つ。カルガスの噛みつき攻撃は1d8ポイントのダメージを与えるが、攻撃を持たない。

 トログロダイト上位種(脅威度5)/Troglodyte Paragons:古代イグルガス種のほとんどは、遥か昔の大帝国の衰退と共に滅んだ。しかし強力な固体が極わずかだけ生き残った。この古代トログロダイトは世界の地下深き場所に隠れ住み、その多くが滅び、あるいは別の次元界に行き、そしてまたあるいはリッチとなった。しかしほんのわずかだけが魔法の力を守る術を見つけた。何百年も過ぎ、トログロダイト上位種はその魔法の眠りから幾度となく目覚めた。現在のトログロダイトを自分達ほどまでに昇華させ失われた文明の影響を取り戻そうとするものもいた。しかしトログロダイト上位種のほとんどは退化した子孫を見捨ててしまった。通常のトログロダイトと比べて際立つのはその輝くエメラルドの目と黄金色の鱗である。トログロダイト上位種は長命で、その平均寿命は400年にも及ぶ。トログロダイト上位種は自己防衛に対して極めて偏執狂でそれに囚われている。トログロダイト上位種のほとんどはクレリックかソーサラーのクラス・レベルを持つ。
 トログロダイト上位種は大型のトログロダイトで7ヒット・ダイスを持つ。外皮ボーナスは2だけ増加し、攻撃は1d8ポイントのダメージを与え、噛みつき攻撃は1d6ポイントのダメージを与える。通常のトログロダイトの能力値の代わりに、トログロダイト上位種は以下の能力値を持つ。【筋】22、【敏】9、【耐】16、【知】13、【判】10、【魅】15。彼らは以下の擬似呪文能力を持つ。常時―アーケイン・サイト;回数無制限―スピーク・ウィズ・アニマルズ (ディノサウルスと爬虫類のみ)、ヒプノティズム;3回/日―コーズ・フィアーチャーム・モンスター。(種族HDとクラス・レベルを含めて)14ヒット・ダイス以上を持つトログロダイト上位種は、上記に加えて1日1回ドミネイト・モンスターを使用することができる。一般的なトログロダイト上位種の技能(クラス・レベルで得たランクを含まない)は〈威圧〉+9、〈隠密〉+10(岩場では+14)、〈知覚〉+7。

 トログロダイト賢種(脅威度2)/Enlightened Troglodytes:このトログロダイトはほとんどの同種よりも地下深くに住む。他のトログロダイトほど野蛮ではないが下劣な存在で、知性を用いてより原始的な種を奴隷にする。彼らは乗騎や見張りとして使えるように巧みに獣を躾ける。
 トログロダイト賢種の能力値は【筋】14、【敏】17、【耐】16、【知】12、【判】13、【魅】13である。一般的なトログロダイト賢種の技能(クラス・レベルで得られたランクは含まない)は〈隠密〉+5(岩場では+9)、〈知覚〉+3、〈動物使い〉+6。

トログロダイトの呪文 Troglodyte Spells

 トログロダイトの呪文の使い手は、しばしば以下の呪文を修得している。

アンプリファイ・ステンチ

Amplify Stench/悪臭強化
系統 変成術; レベル ウィザード/ソーサラー2、オラクル2、クレリック2、シャーマン2、ドルイド2
発動時間 1標準アクション
構成要素 音声、動作
距離 自身
目標 術者
持続時間 10分/レベル

 術者は自分が生まれながらに持つ悪臭特殊能力を強化する――セーヴDCは2だけ増加し、術者の悪臭に対するセーヴィング・スローに失敗したクリーチャーは不調状態ではなく吐き気がする状態になる。(腐臭能力などの理由で)術者の悪臭能力が通常吐き気がする状態にする場合、代わりに悪臭の効果範囲が2倍になる。術者が悪臭特殊能力を持たない場合、この呪文は何の効果もない。

スウォーム・オヴ・ファングズ

Swarm of Fangs/牙の群れ
系統 召喚術(招来); レベル ウィザード/ソーサラー3、ウィッチ3、サモナー3、ドルイド3
発動時間 1ラウンド
構成要素 音声、動作、物質(リザードの歯1本)
距離 近距離(25フィート+5フィート/2レベル)
効果 自律行動する歯のスウォーム1つ
持続時間 1ラウンド/レベル
セーヴィング・スロー 不可;呪文抵抗 不可

 術者は無数の自律し飛行する歯のスウォームを招来する。このスウォームは一辺10フィートの立方体の範囲に収まる。これらの歯はスウォームの範囲に入った全てのクリーチャーを攻撃する。術者は他のクリーチャーと範囲を共有するようにスウォームを招来することができ、毎ラウンド移動アクションでこのスウォームを40フィートまで移動させることができる。術者が移動させない場合、その範囲にクリーチャーを巻き込んでいないならば、スウォームは自動的に(術者を含む)最も近いクリーチャーを巻き込むように40フィートだけ移動する。

 スウォームの効果範囲の中に入ったクリーチャーは2d6ポイントのダメージを受ける。歯は最初に出現した場所にいる全てのクリーチャーにダメージを与え、その後は毎ラウンド移動後にダメージを与える。

マーク・オヴ・ザ・レプティル・ゴッド

Mark of the Reptile God/爬虫類神の印
系統 変成術(呪い); レベル アンティパラディン4、インクィジター4、オラクル4、クレリック4
発動時間 1標準アクション
構成要素 音声、動作、信仰
距離 近距離(25フィート+5フィート/2レベル)
目標 クリーチャー1体
持続時間 永続
セーヴィング・スロー 頑健・無効;呪文抵抗

 術者が遠隔接触攻撃に成功すると、術者はクリーチャー1体の肉体に手形を焼き付け、1d6ポイントの[酸]ダメージを与える。この印はクリーチャーが素肌をさらしている場所ならどこにでもつけることができるが、通常頭か前肢につける。手形の周りの肉体はちょうどリザードの革のように、でこぼことした鱗状になる。手形は術者の60フィート以内にいる限り、緑色の光を放つ(松明程度の明るさ)。手形が光を放つ限り、目標は術者の攻撃に対するACと、術者が発動する呪文あるいは術者が使用する擬似呪文能力に抵抗するために行うセーヴィング・スローに-2のペナルティを受ける。

 加えて、丸一日目標が呪われているたびに、肉体は次第に爬虫類の鱗で覆われていく。目標は毎日頑健セーヴを行わねばならず、失敗すると1d4ポイントの【魅力】ダメージを受ける。その内1ポイントは【魅力】吸収である。この効果で【魅力】が0にまで減少したクリーチャーは、直ちに小型で無害なケイヴ・リザードになる。これはベイルフル・ポリモーフ呪文と同様に働く。

 ビストウ・カースの効果のように、この呪文による呪いは解呪できない。ただし、ウィッシュブレイク・エンチャントメントミラクルリミテッド・ウィッシュリムーヴ・カースで解除することはできる。

トログロダイトの魔法のアイテム Troglodyte Magic Items

 トログロダイトは原始的な技術しか持ち合わせていないが、受け継がれた魔法の伝統には、魔法のアイテムを作成する技術も含まれている。

ケイヴ・ドゥウェラーズ・グレートアックス

         (Cave dweller's Greataxe/洞窟居住者のグレートアックス)
市価 8,305gp; 装備部位 なし; 術者レベル 11; 重量 9ポンド; オーラ 中程度・変成術

 ケイヴ・ドゥウェラーズ・グレートアックスは骨製の柄に乱暴に結ばれた石の厚板のように見える。これは金属でできたグレートアックスと同じように使いやすく、+1グレートアックスとして機能する。1日1回、ケイヴ・ドゥウェラーズ・グレートアックスの使用者がクリーチャーに攻撃を命中させた際、使用者は合言葉を唱えて命中したクリーチャーにDC16の頑健セーヴを行わせることができる。セーヴに失敗すると、このクリーチャーは1ラウンドの間減速状態になる。このラウンドの終わりにはクリーチャーが減速状態でなくなるが、もう一度セーヴィング・スローを行わねばならず、失敗すると1d4ラウンドの間石化状態になる。


ステンチ・スプレー・アミュレット

         (Stench Spray Amulet/悪臭噴霧の護符)
市価 1,600gp; 装備部位 首周り; 術者レベル 3; 重量 ―; オーラ 微弱・召喚術

 骨、爬虫類の抜け殻、小石で作られたこの呪物を首の周りにつけると、クリーチャーの悪臭ブレス攻撃に変化させる。悪臭特殊能力を持たないクリーチャーには何の利益もない。クリーチャーがこの護符を身につけている間、悪臭のオーラは抑止される。1日に1回標準アクションとして、使用者は30フィート円錐形に、灰色のネバネバを口から噴霧することができる。このネバネバが命中した全てのクリーチャーは頑健セーヴィング・スローを行わねばならず、失敗すると同じ持続時間の間不調状態になる。セーヴDCと持続時間は使用者の悪臭のオーラのものと同じである。

 加えて、円錐形の範囲の床は1分の間ネバネバに覆われる。これは固い面をグリースで覆った場合と同じ効果(DC11)だが、円錐形が作り出されたときにその範囲にいたクリーチャーはセーヴィング・スローを行う必要がない――この範囲を通り抜けようとしたものにのみ効果を及ぼす。


トログロダイトの例 Example Troglodytes

トログロダイトの急襲者 Troglodyte Sneaks

 生来の隠密能力と不可視になる魔法の力を用いて、これらのトログロダイトは敵に忍び寄る。そして部族を見ているものが何かを報告するために立ち去るか、弱いと判断した敵を攻撃する。

トログロダイトの隠伏兵 脅威度2 Troglodyte Skulker

経験点600
トログロダイト、2レベル・ローグ
CE/中型サイズの人型生物爬虫類
イニシアチブ +5;感覚 暗視90フィート;〈知覚〉+8
オーラ 悪臭(30フィート、DC14、10ラウンド)
防御
AC 17、接触11、立ちすくみ16(+6外皮、+1【敏】)
hp 30(4d8+12)
頑健 +6、反応 +4、意志 +1
防御能力 身かわし
攻撃
移動速度 30フィート
近接 高品質のクラブ=+6(1d6+3)、噛みつき=+0(1d4+1)、=+0(1d4+1)または噛みつき=+5(1d4+3)、(×2)=+5(1d4+3)
遠隔 ジャヴェリン=+3(1d6+3)
特殊攻撃 急所攻撃+1d6
一般データ
【筋】16、【敏】13、【耐】16、【知】8、【判】13、【魅】9
基本攻撃 +2; CMB +5; CMD 16
特技 《イニシアチブ強化》《近距離射撃》
技能 〈隠密〉+12(岩場では+16)、〈軽業〉+8、〈装置無力化〉+2、〈脱出術〉+8、〈知覚〉+8、〈知識:ダンジョン探検〉+3、〈登攀〉+7
言語 竜語
その他の特殊能力 ローグの技高速隠密)、罠探し+1
戦闘用装備 ポーション・オヴ・キュア・モデレット・ウーンズ、発煙棒(2); その他の装備 ジャヴェリン(4)、高品質のクラブ、袋に入った加工されていない宝石(合計で120gpの価値)、16gp

 広範囲の行動と機動性に長けたトログロダイトの隠伏兵は、その時間の多くを部族から離れて過ごす。

トログロダイトの妖術師 脅威度4 Troglodyte Sorcerer

経験点1,200
トログロダイト、4レベル・ソーサラー
CE/中型サイズの人型生物爬虫類
イニシアチブ +1;感覚 暗視90フィート;〈知覚〉+1
オーラ 悪臭(30フィート、DC13、10ラウンド)
防御
AC 17、接触11、立ちすくみ16(+6外皮、+1【敏】)
hp 39(6HD;2d8+4d6+16)
頑健 +7、反応 +3、意志 +6;毒に対して+2
抵抗 [電気]5
攻撃
移動速度 30フィート
近接 高品質のクラブ=+4(1d6)、噛みつき=-2(1d4)、=-2(1d4)または噛みつき=+3(1d4)、(×2)=+3(1d4)
特殊攻撃 かぎ爪(1d6、6ラウンド/日)
修得ソーサラー呪文 (術者レベル4;精神集中+7)
一般データ
【筋】10、【敏】13、【耐】14、【知】10、【判】13、【魅】16
基本攻撃 +3; CMB +3; CMD 14
特技 《呪文音声省略》《呪文熟練:力術》《戦闘発動》《物質要素省略》
技能 〈隠密〉+9(岩場では+13)、〈呪文学〉+6、〈知識:次元界〉+4、〈知識:神秘学〉+7
言語 竜語
その他の特殊能力 血脈の秘法(招来されたクリーチャーはDR2/善を得る)
戦闘用装備 ポーション・オヴ・キュア・ライト・ウーンズワンド・オヴ・インヴィジビリティ(10チャージ); その他の装備 高品質のクラブ、クローク・オヴ・レジスタンス+1、150gp

 秘術の術者はしばしば斥候になる。そして信仰術者は部族内の権力の地位を独占する。トログロダイトの妖術師はそのほとんどが地底、奈落の者、不死の者、竜の血脈を持つ。

トログロダイトの聖者 Troglodyte Holy Ones

 トログロダイトの信仰呪文の使い手は、部族の霊的な助言者として振る舞う。トログロダイトのクレリックはデーモン・ロード、特に洞窟や爬虫類に関連するものを信仰することが多い。

トログロダイトの野獣の対話者 脅威度3 Troglodyte Beast-Speaker

経験点800
トログロダイト、3レベル・ドルイド
CE/中型サイズの人型生物爬虫類
イニシアチブ +4;感覚 暗視90フィート;〈知覚〉+10
オーラ 悪臭(30フィート、DC13、10ラウンド)
防御
AC 16、接触10、立ちすくみ16(+6外皮)
hp 35(5d8+13)
頑健 +8、反応 +3、意志 +5
攻撃
移動速度 30フィート、登攀20フィート
近接 高品質のクラブ=+4(1d6)、噛みつき=-2(1d4)、=-2(1d4)または噛みつき=+3(1d4)、(×2)=+3(1d4)
遠隔 ジャヴェリン=+3(1d6)
準備済みのドルイド呪文 (術者レベル3;精神集中+5)
戦術
戦闘前 野獣の対話者は自分にスパイダー・クライムを発動し、敵を天井や高い壁、岩棚から奇襲する。
基本データ スパイダー・クライムがない場合、野獣の対話者のデータは以下の通り。移動速度 30フィート; 技能 〈登攀〉+0。
一般データ
【筋】10、【敏】11、【耐】14、【知】10、【判】15、【魅】15
基本攻撃 +3; CMB +3; CMD 13
特技 《イニシアチブ強化》《神速の反応》《戦闘発動》
技能 〈隠密〉+7(岩場では+11)、〈呪文学〉+6、〈生存〉+10、〈知覚〉+10、〈知識:自然〉+2、〈治療〉+7、〈登攀〉+8
言語 ドルイド語、竜語
その他の特殊能力 跡無き足取り自然感覚自然との絆(動物の領域)、スピーク・ウィズ・アニマルズ(6ラウンド/日)、森渡り野生動物との共感+5
戦闘用装備 ポーション・オヴ・キュア・モデレット・ウーンズスクロール・オヴ・ドミネイト・アニマルスクロール・オヴ・サモン・ネイチャーズ・アライIIその他の装備 ジャヴェリン(6)、高品質のクラブ、頭飾り(500gpの価値)、19gp

トログロダイトの神官 脅威度3 Troglodyte Priest

経験点800
トログロダイト、3レベル・クレリック
CE/中型サイズの人型生物爬虫類
イニシアチブ -1;感覚 暗視90フィート;〈知覚〉+2
オーラ 悪臭(30フィート、DC14、10ラウンド)
防御
AC 19、接触9、立ちすくみ19(+6外皮、-1【敏】、+4鎧)
hp 30(5d8+8)
頑健 +7、反応 +0、意志 +5
攻撃
移動速度 20フィート
近接 +1黒曜石製スパイクト・ガントレット=+10(1d4+6)、噛みつき=+3(1d4+5)、=+3(1d4+5)または噛みつき=+8(1d4+5)、(×2)=+8(1d4+5)
遠隔 ジャヴェリン=+2(1d6+5)
特殊攻撃 アビスの激怒(+1、5回/日)、負のエネルギー放出4回/日(DC14、2d6)
領域の擬似呪文能力 (術者レベル3;精神集中+5)
5回/日:筋力招来(+1)
準備済みのクレリック呪文 (術者レベル3;精神集中+5)
2レベル:アンプリファイ・ステンチ *ブルズ・ストレンクス (領)ホールド・パースン(DC14)
1レベル:コマンド(DC13)、ドゥーム (領) (DC13)、ブレスマジック・ウェポン
0レベル(回数無制限):ガイダンススパークディテクト・マジックブリード(DC12)
(領) 領域呪文; 領域 悪(デーモンの副領域)、力
戦術
戦闘前 神官は自分にアンプリファイ・ステンチブルズ・ストレンクスを、自分のスパイクト・ガントレットにマジック・ウェポンを発動する。
基本データ アンプリファイ・ステンチブルズ・ストレンクスマジック・ウェポンがない場合、神官のデータは以下の通り。オーラ 悪臭(30フィート、DC12、10ラウンド); 近接 高品質の黒曜石製スパイクト・ガントレット=+8(1d4+3)、噛みつき=+1(1d4+3)、=+1(1d4+3)、または噛みつき=+6(1d4+3)、(×2)=+6(1d4+3); 遠隔 ジャヴェリン=+2(1d6+3); 【筋】16; CMB +6; CMD 15。
一般データ
【筋】20、【敏】9、【耐】12、【知】10、【判】15、【魅】13
基本攻撃 +3; CMB +8; CMD 17
特技 《エネルギー放出強化》《戦闘発動》《武器熟練:スパイクト・ガントレット》
技能 〈隠密〉+1(岩場では+5)、〈呪文学〉+5、〈真意看破〉+7、〈知識:次元界〉+4、〈知識:宗教〉+6、〈治療〉+7
言語 竜語
戦闘用装備 ポーション・オヴ・キュア・モデレット・ウーンズ(2)、スクロール・オヴ・スピリチュアル・ウェポンワンド・オヴ・キュア・ライト・ウーンズ(20チャージ)、雷石; その他の装備 高品質のハイド・アーマー、ジャヴェリン(6)、高品質の黒曜石製スパイクト・ガントレット、木製聖印、96gp

トログロダイトの騎兵 Troglodyte Cavalry

 この騎乗兵は戦闘の際、ジャイアント・モニター・リザードやジャイアント・カメレオンといった爬虫類の乗騎に乗る。

トログロダイトの鱗騎手 脅威度6 Troglodyte Scale-Rider

経験点2,400
トログロダイト、5レベル・レンジャー
CE/中型サイズの人型生物爬虫類
イニシアチブ +2;感覚 暗視90フィート;〈知覚〉+10
オーラ 悪臭(30フィート、DC14、10ラウンド)
防御
AC 19、接触12、立ちすくみ17(+6外皮、+2【敏】、+1鎧)
hp 69(7HD;2d8+5d10+33)
頑健 +10、反応 +6、意志 +2
攻撃
移動速度 30フィート
近接 高品質のクラブ=+10/+5(1d6+3)、噛みつき=+4(1d4+1)、=+4(1d4+1)
遠隔 ジャヴェリン=+8/+3(1d6+3)
特殊攻撃 戦闘スタイル(“騎乗戦闘”)、得意な敵(ドワーフ+2、人間+4)
準備済みのレンジャー呪文 (術者レベル2;精神集中+3)
一般データ
【筋】16、【敏】14、【耐】16、【知】8、【判】13、【魅】9
基本攻撃 +6; CMB +9; CMD 21
特技 《騎射》《騎乗戦闘》《近距離射撃》《持久力》《致命的な狙い》《追加hp》《早抜き》
技能 〈隠密〉+12(岩場では+16)、〈騎乗〉+11、〈生存〉+7、〈知覚〉+10、〈知識:ダンジョン探検〉+5、〈動物使い〉+8
言語 竜語
その他の特殊能力 狩人の絆(動物の相棒)、追跡+2、得意な地形(地下+2)、野生動物との共感+4
戦闘用装備 ポーション・オヴ・キュア・モデレット・ウーンズ(2)、ポーション・オヴ・プロテクション・フロム・アローズ、足留め袋(2); その他の装備 ジャヴェリン(15)、高品質のクラブ、ブレイサーズ・オヴ・アーマー+1、85gp

トログロダイトの戦闘士 脅威度7 Troglodyte Champion

経験点3,200
トログロダイト、6レベル・ファイター
CE/中型サイズの人型生物爬虫類
イニシアチブ +1;感覚 暗視90フィート;〈知覚〉+3
オーラ 悪臭(30フィート、DC15、10ラウンド)
防御
AC 23、接触11、立ちすくみ22(+6外皮、+1【敏】、+6鎧)
hp 82(8HD;2d8+6d10+40)
頑健 +13、反応 +4、意志 +4([恐怖]に対して+2)
防御能力 武勇+2
攻撃
移動速度 30フィート
近接 高品質のランス=+13/+8(1d8+5/×3)、噛みつき=+6(1d4+2)、=+6(1d4+2)
遠隔 ジャヴェリン=+9/+4(1d6+5)
特殊攻撃 武器修練(槍+1)
一般データ
【筋】18、【敏】12、【耐】18、【知】8、【判】13、【魅】9
基本攻撃 +7; CMB +11(+13突き飛ばし); CMD 22(対突き飛ばし24)
特技 《駆け抜け攻撃》《騎乗戦闘》《強打》《追加hp》《突き落とし》《突き飛ばし強化》《早抜き》《猛突撃》
技能 〈威圧〉+6、〈隠密〉+3(岩場では+7)、〈騎乗〉+6、〈知覚〉+3、〈動物使い〉+6
言語 竜語
その他の特殊能力 鎧修練1
戦闘用装備 ポーション・オヴ・キュア・モデレット・ウーンズその他の装備 高品質のブレストプレート、ジャヴェリン(7)、高品質のランス、ベルト・オヴ・ジャイアント・ストレンクス+2クローク・オヴ・レジスタンス+1、33gp

トログロダイトの首領 Troglodyte Chieftain

 通常、1人の首領がトログロダイトの部族を率いる。強力で復讐の手を備えた者が、部族の下層の者を支配する。

トログロダイトの首領 脅威度8 Troglodyte Chieftain

経験点4,800
トログロダイト、2レベル・バーバリアン/6レベル・ドルイド洞窟ドルイド
CE/中型サイズの人型生物爬虫類
イニシアチブ +4;感覚 暗視90フィート;〈知覚〉+12
オーラ 悪臭(30フィート、DC14、10ラウンド)
防御
AC 21、接触11、立ちすくみ21(+9外皮、-2激怒、+4鎧)
hp 100(10HD;8d8+2d12+46)
頑健 +14、反応 +4、意志 +10;異形および粘体の能力に対して+2
防御能力 直感回避抵抗 [火]10
攻撃
移動速度 50フィート
近接 +1グレートアックス=+15/+10(1d12+8/×3)、+1噛みつき=+10(1d4+4)または+1噛みつき=+15(1d4+8)、+1(×2)=+15(1d4+8)
遠隔 ジャヴェリン=+7(1d6+7)
特殊攻撃 激怒(7ラウンド/日)、激怒パワー一瞬の明晰)、自然の化身1回/日(粘体形態に適性があるが、植物形態になることはできない)、炎の矢(1d6+3[火]、6回/日)
準備済みのドルイド呪文 (術者レベル6;精神集中+9)
戦術
戦闘前 首領はグレーター・マジック・ファングブルズ・ストレンクスを自分と仲間1人に発動し、それから自分にバークスキンを使用する。
戦闘中 敵が離れた場所にいれば、首領はスウォーム・オヴ・ファングズストーン・コールその他の攻撃呪文を使用する。近接戦に至ると、首領は激怒しグレートアックスで攻撃する。
基本データ 激怒しておらず、グレーター・マジック・ファングバークスキンブルズ・ストレンクスがない場合、首領のデータは以下の通り。AC 20、接触13、立ちすくみ20; hp 84; 頑健 +12、意志 +8; 近接 +1グレートアックス=+13/+8(1d12+6/×3)、噛みつき=+7(1d4+2)または噛みつき=+12(1d4+5)、(×2)=+12(1d4+5); 遠隔 ジャヴェリン=+7(1d6+7); 【筋】16、【耐】 13; CMB +12、CMD 22。
一般データ
【筋】24、【敏】11、【耐】17、【知】10、【判】16、【魅】13
基本攻撃 +7; CMB +14; CMD 22
特技 《イニシアチブ強化》《強打》《神速の反応》《戦闘発動》《追加hp》
技能 〈威圧〉+10、〈隠密〉+3、〈交渉〉+7、〈呪文学〉+9、〈真意看破〉+9、〈生存〉+5、〈知覚〉+12、〈知識:宗教〉+6、〈知識:ダンジョン探検〉+2
言語 ドルイド語、竜語
その他の特殊能力 穴潜り軽やかな足取り高速移動自然感覚自然との絆(火の領域)、野生動物との共感+7(粘体に影響を及ぼすが、魔獣に影響を及ぼさない)
戦闘用装備 ポーション・オヴ・キュア・モデレット・ウーンズ(2)、スクロール・オヴ・メルド・イントゥ・ストーンその他の装備 高品質のチェイン・シャツ、+1グレートアックス、ジャヴェリン(5)、ベルト・オヴ・インクレディブル・デクスタリティ+2、鞄に入った宝石(合計で200gpの価値)、50gp

 最も残忍なトログロダイトの首領は、前任者を殺し喰らって現在の地位を手に入れた。首領のほとんど全ては信仰魔法を何らかの形で発動できる。気むずかしく野蛮な部族を率いるために、彼らは強くなければ――そして狂気に満ちていなければ――ならない。トログロダイトの首領はしばしばよくできた金属製のアイテムを身につけている。それは首領自身かその部下が殺した他のクリーチャーから奪ったものだ。

トログロダイトの巣穴の衛士 Troglodyte Warren Guard

 最も大きく、最も攻撃的なトログロダイトは部族の卵を侵入者から守る監視者として選ばれる。

トログロダイトの巣穴の衛士 脅威度9 Troglodyte Warren Guard

経験点6,400
トログロダイト、8レベル・バーバリアン粗暴な拳闘家
CE/中型サイズの人型生物爬虫類
イニシアチブ +1;感覚 暗視90フィート;〈知覚〉+14
オーラ 悪臭(30フィート、DC16、10ラウンド)
防御
AC 19、接触11、立ちすくみ18(+8外皮、-2激怒、+1【敏】、+2鎧)
hp 124(10HD;2d8+8d12+58)
頑健 +15、反応 +4、意志 +8
防御能力 無慈悲な組みつき強化; DR 1/―
攻撃
移動速度 40フィート
近接 +1噛みつき=+16(1d4+7)、+1(×2)=+16(1d6+7)
遠隔 ジャヴェリン=+10(1d6+6)
特殊攻撃 激怒(21ラウンド/日)、激怒パワー威圧の眼光跳ね返し筋力招来+8、恐怖の怒号[DC20])
戦術
戦闘前 危険が近づいていると感じると、巣穴の衛視はポーション・オヴ・バークスキンを飲む。
戦闘中 巣穴の衛視は部族の卵を守るというひたむきな思いを持つ。彼らは激怒し、その肉体攻撃で攻撃を開始する。一度1~2体の敵を怯え状態にすると威圧の眼光を使い、続けて恐怖の怒号を見舞う。敵が卵に近づくと、巣穴の衛視は跳ね返しを使用して敵を遠ざけたり、組みついて自分の制御下に置こうとする。
基本データ バークスキンがなく激怒もしていない場合、巣穴の栄進のデータは以下の通り。AC 19、接触13、立ちすくみ18; hp 104; 頑健 +13、意志 +6; 近接 +1噛みつき=+14(1d4+5)、+1(×2)=+14(1d6+5); 遠隔 ジャヴェリン=+10(1d6+4); 【筋】18、【耐】 16; CMB +13(+17突き飛ばし、+15組みつき)。
一般データ
【筋】22、【敏】13、【耐】20、【知】8、【判】13、【魅】9
基本攻撃 +9; CMB +15(+19突き飛ばし、+17組みつき); CMD 24(対突き飛ばし26)
特技 《強打》《突き飛ばし強化》《肉体攻撃強化:爪》《鋼の意志》《不屈の闘志》
技能 〈威圧〉+12、〈隠密〉+5(岩場では+9)、〈軽業〉+7(跳躍は+11)、〈知覚〉+14、〈治療〉+7;種族修正 +4〈隠密〉(岩場では+8)、+4跳躍での〈軽業〉
言語 竜語
その他の特殊能力 高速移動
戦闘用装備 ポーション・オヴ・バークスキンポーション・オヴ・キュア・シリアス・ウーンズその他の装備 アミュレット・オヴ・マイティ・フィスツ+1ブレイサーズ・オヴ・アーマー+2クローク・オヴ・レジスタンス+1

 トログロダイトの部族は、最も強力な者にのみ、部族の未来の仲間の世話を任せる。巣穴の衛視は不味いひびが入ったものを除き、部族の卵の世話だけを行う。巣穴の衛視は将来の部族の力を確かなものとするため、孵らないだろう卵や弱いものや病弱なものが生まれるであろう卵を食べてしまう。巣穴の衛視は通常公平であるにもかかわらず、部族の宗教的な指導者は時に自分が産んだあるいは種付けした卵に特別な扱いをするよう手配できることもある。しかし、その手配は卵を温める地位に伝わった時点で止まってしまう。圧力や賄賂で巣穴の衛視に政敵の卵を壊させようとする指導者は、そのほとんどが巣穴の衛視の怒りを引き出してしまう。彼らは身体が大きく野蛮なトログロダイトで、歯と爪だけで戦う。彼らは卵を守ることを第一に考え、全ての卵が破壊された場合にのみ巣穴から出る。職務から解放されると、巣穴の衛視は粗暴で制御できなくなり、極端に危険な存在となる。

トログロダイトの暴君 Troglodyte Tyrant


 トログロダイトの暴君は地下世界の比較的浅い場所で見られる、発展したトログロダイト社会の国王である。

トログロダイトの暴君 脅威度10 Troglodyte Tyrant

経験点9,600
トログロダイト賢種、7レベル・クレリック/2レベル・ファイター
CE/中型サイズの人型生物爬虫類
イニシアチブ +2;感覚 暗視90フィート;〈知覚〉+13
オーラ 悪臭(30フィート、DC21、10ラウンド)
防御
AC 24、接触10、立ちすくみ24(+6外皮、+8鎧)
hp 135(11HD;9d8+2d10+84)
頑健 +17、反応 +6、意志 +10([恐怖]に対して+1)
防御能力 武勇+1
攻撃
移動速度 20フィート
近接 +1バトルアックス=+15/+10(1d8+6/×3)、噛みつき=+8(1d4+2)、=+8(1d4+2)または噛みつき=+13(1d4+5)、(×2)=+13(1d4+5)
遠隔 ジャヴェリン=+10/+5(1d6+5)
特殊攻撃 アビスの激怒(+3、8回/日)、負のエネルギー放出5回/日(DC15、4d6)
領域の擬似呪文能力 (術者レベル7;精神集中+12)
8回/日:筋力招来(+3)
準備済みのクレリック呪文 (術者レベル7;精神集中+12)
戦術
戦闘前 暴君はアンプリファイ・ステンチを自分に、ブルズ・ストレンクスを信頼する仲間に発動する。それから暴君はワンド・オヴ・ベアズ・エンデュアランスを使用する。
戦闘中 戦闘が始まると、暴君はレイジを仲間に発動する――しかし精神集中をするため自分には使用しない。その後、まだ敵が自分のところにたどり着いていなければ、暴君はディヴァイン・パワーを自分に発動する。暴君はビストウ・カースマーク・オヴ・ザ・レプティル・ゴッドを強力な敵に使用し、それから近接戦を行う。
基本データ アンプリファイ・ステンチベアズ・エンデュアランスがない場合、暴君のデータは以下の通り。オーラ 悪臭(30フィート、DC19、10ラウンド); hp 113; 頑健 +15; 【耐】 18。
一般データ
【筋】20、【敏】15、【耐】22、【知】14、【判】20、【魅】14
基本攻撃 +8; CMB +13; CMD 25
特技 《強打》《神速の反応》《選択的エネルギー放出》《戦闘発動》《追加hp》《能力熟練:悪臭》《早抜き》《武器熟練:バトルアックス》
技能 〈威圧〉+13、〈隠密〉+0(岩場では+4)、〈呪文学〉+11、〈真意看破〉+16、〈知覚〉+13、〈知識:次元界〉+11、〈知識:宗教〉+13
言語 地下共通語、奈落語、竜語
戦闘用装備 ポーション・オヴ・キュア・モデレット・ウーンズ(2)、ワンド・オヴ・ベアズ・エンデュアランス(6チャージ); その他の装備 高品質のハーフプレート、+1バトルアックス、ジャヴェリン(6)、ベルト・オヴ・ジャイアント・ストレンクス+2ヘッドバンド・オヴ・インスパイアード・ウィズダム+2、ジェットとブラッドストーンがはめ込まれている金の冠(価値500gp)、44gp

 トログロダイトの暴君は元々、通常のトログロダイトよりもずっと深いところで生活するトログロダイト賢種だ。退化した同族達より強く、賢く、長く生きる彼らは、普通のトログロダイトの部族を支配する術をあっさりと見つけ出す。極度に戦を好む暴君は、いくつもの軍事行で熟練した兵士であり、優れた戦略家でもある。喜んで犠牲となるトログロダイトの戦士の多くを使って、敵の力と弱点を調べる。

スローグラック Slaugrak

この大きな爬虫類人の胴体は捻れて退化した腕が生え、乳白色の目とよだれを垂らす未完成な口が付いている。このクリーチャーの馬鹿でかい口は曲がった歯を連想させるシックルのような刃で満たされている。

スローグラック 脅威度6 Slaugrak

経験点2,400
CE/大型サイズの来訪者原住混沌他次元界
イニシアチブ +1;感覚 暗視120フィート、暗闇を見通す;〈知覚〉+1
オーラ 悪臭(30フィート、DC17、10ラウンド)
防御
AC 19、接触10、立ちすくみ18(+9外皮、-1サイズ、+1【敏】)
hp 68(8d10+24)
頑健 +9、反応 +7、意志 +5
DR 10/冷たい鉄または善; 完全耐性 酸、毒; 抵抗 [電気]10、[火]10、[冷気]10
弱点 日光による無力化
攻撃
移動速度 30フィート
近接 噛みつき=+13(1d10+5/19~20、加えて1d6“酸”および“堕落の噛みつき”)、(×2)=+12(1d6+5)
接敵面 10フィート; 間合い 10フィート
特殊攻撃 堕落の噛みつき、獰猛な顎
擬似呪文能力 (術者レベル8;精神集中+10)
一般データ
【筋】20、【敏】12、【耐】17、【知】5、【判】13、【魅】14
基本攻撃 +8; CMB +14; CMD 25
特技 《持久力》《鋼の意志》《武器熟練:噛みつき》《不屈の闘志》
技能 〈威圧〉+13、〈隠密〉+8(岩場では+12)、〈水泳〉+12、〈登攀〉+12;種族修正 +4岩場での〈隠密〉
言語 奈落語
生態
出現環境 気候問わず/地下
編成 単体
宝物 乏しい
特殊能力
 堕落の噛みつき(超常)/Corrupting Bite スローグラックの腐食性の唾液は、奈落界アビスの堕落の力で満たされている。スローグラックの噛みつき攻撃から[酸]ダメージを受けた生きているクリーチャーは皆DC17の頑健セーヴを行わねばならず、失敗すると血が沸騰し体内器官が液状化することで2ポイントの【耐久力】出血ダメージを受ける。識別できる内部構造(血と内臓)を持たないクリーチャーは、この【耐久力】出血ダメージに完全耐性を持つ。セーヴDCは【耐久力】に基づいている。
 獰猛な顎(変則)/Vicious Jaws スローグラックの噛みつき攻撃は出目19~20でクリティカル・ヒット可能域となる。

 デーモンの穢れは長いことトログロダイトの血脈を侵し続けている。奈落界アビスの汚れが刻まれた突然変異クリーチャーが世代毎に何体か生まれ、その忌まわしい奇形と硫黄の煙が引き起こす死産は皆非常にありふれたものだ。強欲なスローグラックも、こういった忌まわしい突然変異の一つである。

 スローグラックは異常で終わりのない生肉への飢えを持って生まれる。若いスローグラックは信じられない速度で成長し、恐ろしいことにわずか2週間で十分に成熟する。スローグラックは生まれてから殺して喰らう以外に何も考えず、その牙と爪で歩く以外のことはしない。

 スローグラックは子を産まず一人で過ごす。トログロダイトに特別な愛情を抱くことはない。よく育てられ飼われたスローグラックはトログロダイトの飼い主と情緒的なつながりを作るかもしれないが、この思いはスローグラックが最後に飼い主を食べる以上のものではない。

 一般的なスローグラックは全長12~14フィートで、重量は6,000ポンド。

遭遇 Encounters

 極度の氏族構造を備えたトログロダイトは、まず一人では戦わない。1体のトログロダイトが敵の接近を見ると、部族に警告する。しかし、追跡されていることが分かると、例えトログロダイト自身が危険になるかもしれないとしても、部族から離れた危険な場所に追跡者を連れて行こうとする。

狩猟隊(脅威度5) Hunting Party

 こういった小さな狩猟隊は地下の自然を調査する。通常その旅程はトログロダイトの巣を出てから数日といったところだ。

トログロダイトの野獣の対話者 脅威度3 Troglodyte Beast-Speaker

経験点800
hp 35

トログロダイトの隠伏兵(2) 脅威度2 Troglodyte Skulkers

経験点 各600
hp 各30

戦隊(脅威度8) Squad

 このトログロダイトの一団はより大きな襲撃隊や小さな氏族、家族一つ単位であり、大きなトログロダイトの巣にある個々の洞窟の中や地下で遭遇する。

モニター・リザード(2) 脅威度2 Monitor Lizards

経験点 各600
hp 各22

トログロダイトの神官 脅威度3 Troglodyte Priest

経験点800
hp 30

トログロダイト(7) 脅威度1 Troglodytes

経験点 各400
hp 各13

首領と側近(脅威度10) Chieftain's Entourage

 この遭遇はトログロダイトの首領の信奉者が住む巣や、トログロダイトの街の間を地下の自然の中を抜けて移動する族長と護衛を表している。

トログロダイトの首領 脅威度8 Troglodyte Chieftain

経験点4,800
hp 100

トログロダイトの神官 脅威度3 Troglodyte Priest

経験点800
hp 30

トログロダイト(10) 脅威度1 Troglodytes

経験点 各400
hp 各13

騎兵護衛(脅威度11) Outriders

 トログロダイトの国境を巡回したり、トログロダイトの攻撃隊の突撃を指揮するこれらの先導者は、トログロダイト部族の重騎兵部隊を表している。

ジャイアントモニター・リザード(4) 脅威度3 Giant Monitor Lizards

経験点 各800
hp 各28

トログロダイトの戦闘士 脅威度7 Troglodyte Champion

経験点3,200
hp 82

トログロダイトの鱗騎手(3) 脅威度6 Troglodyte Scale-Riders

経験点 各2,400
hp 各69