ACG > クラス > スレイヤー

スレイヤー Slayer

 目標を追跡することに長けたスレイヤーは非常に有能な狩人であり、追いかけ、とどめを刺す一撃を見舞うために生きている。スレイヤーは武器の腕を磨き、敵の習性と身体構造を学び、戦技を訓練することに多くの時間を費やす。

 役割:スレイヤーは定義が難しい存在だ。隙と攻撃する場所を見つけることに長けている。レンジャーとローグの最も恐ろしい技を組み合わせるスレイヤーの能力は、戦闘のどこに足を踏み入れようと目標をうまく扱い、無事に帰ってくるだろう。

 属性:どれでも。

 ヒット・ダイスの種類:d10。

 継承クラス:レンジャーおよびローグ。

 開始時の所持金:5d6×10gp(平均175gp)。

スレイヤー
レベル 基本攻撃
ボーナス
頑健
セーヴ
反応
セーヴ
意志
セーヴ
特殊
1 +1 +2 +2 +0 観察(1体)追跡
2 +2 +3 +3 +0 スレイヤーの技
3 +3 +3 +3 +1 急所攻撃+1d6
4 +4 +4 +4 +1 スレイヤーの技
5 +5 +4 +4 +1 観察(2体)
6 +6/+1 +5 +5 +2 スレイヤーの技急所攻撃+2d6
7 +7/+2 +5 +5 +2 忍び寄るもの
8 +8/+3 +6 +6 +2 スレイヤーの技
9 +9/+4 +6 +6 +3 急所攻撃+3d6
10 +10/+5 +7 +7 +3 観察(3体)上級の技スレイヤーの技
11 +11/+6/+1 +7 +7 +3 迅速なる追跡
12 +12/+7/+2 +8 +8 +4 スレイヤーの技急所攻撃+4d6
13 +13/+8/+3 +8 +8 +4 速歩術 1回/日
14 +14/+9/+4 +9 +9 +4 獲物スレイヤーの技
15 +15/+10/+5 +9 +9 +5 観察(4体)急所攻撃+5d6
16 +16/+11/+6/+1 +10 +10 +5 スレイヤーの技
17 +17/+12/+7/+2 +10 +10 +5 速歩術 2回/日
18 +18/+13/+8/+3 +11 +11 +6 スレイヤーの技急所攻撃+6d6
19 +19/+14/+9/+4 +11 +11 +6 獲物強化
20 +20/+15/+10/+5 +12 +12 +6 観察(5体)達人スレイヤースレイヤーの技

クラス技能 Class Skills

 スレイヤーのクラス技能は次の通り:〈威圧〉【魅】、〈隠密〉【敏】、〈軽業〉【敏】、〈騎乗〉【敏】、〈職能〉【判】、〈真意看破〉【判】、〈水泳〉【筋】、〈製作〉【知】、〈生存〉【判】、〈知覚〉【判】、〈知識:ダンジョン探検〉【知】、〈知識:地域〉【知】、〈知識:地理〉【知】、〈治療〉【判】、〈登攀〉【筋】、〈はったり〉【魅】、〈変装〉【魅】。
 レベル毎の技能ランク:6+【知】修正値。

クラスの特徴 Class Features

 スレイヤーのクラスの特徴は以下の通り。

 武器と防具の習熟:スレイヤーは全ての単純武器と軍用武器、軽装鎧、中装鎧、盾(タワー・シールドは除く)に習熟している。

 観察(変則)/Studied Target:スレイヤーは移動アクションとして敵を観察することができる。そうすると、スレイヤーはその敵に対する〈真意看破〉〈生存〉〈知覚〉〈知識〉〈はったり〉判定に+1のボーナスを得、その敵に対する武器攻撃ロールとダメージ・ロールに+1のボーナスを得る。加えて、その敵に対して行うスレイヤーのクラス能力のDCは1だけ増加する。スレイヤーは一度に敵1体にのみ、このボーナスを維持することができる。その敵が死亡するか、スレイヤーが新しい敵に観察を使用するまで、このボーナスは持続する。
 急所攻撃ダメージを与える場合、スレイヤーは割り込みアクションとして急所攻撃の目標に観察を使用することができ、そのようにするならば観察によるボーナスを(通常の武器のダメージ・ロールに加えて)この目標に対して与えることができる。
 5レベル、10レベル、15レベル、20レベルの時点で、観察による武器の攻撃ロール、ダメージ・ロール、技能判定に対するボーナスと、スレイヤーのDCは1ずつ増加する。加えてそれぞれのタイミングで、スレイヤーが観察によるボーナスを維持することのできる目標の数が1体増加する。スレイヤーはフリー・アクションとして観察によるつながりを捨てることができる。このようにすると、スレイヤーは別の目標を観察することができるようになる。
 7レベルの時点で、スレイヤーは移動アクションもしくは即行アクションで観察を使用できるようになる。(更新

 追跡(変則)/Track:スレイヤーは痕跡を追跡するために行う〈生存〉技能判定に、自分のレベルの半分(最低1)を加える。

 スレイヤーの技/Slayer Talents:スレイヤーは経験を積み、身を助け敵を惑わす技を修得する。2レベルの時点と以後2レベル毎に、スレイヤーはスレイヤーの技を1つ修得する。特記ない限り、スレイヤーは同じ技を複数回修得することはできない。
 アスタリスク(*)が付記された技は、スレイヤーの急所攻撃に効果を追加する。個々の攻撃に適用できる技は1つだけであり、いずれを使用するかは攻撃ロールを行うまでに決定しなければならない。

 恐るべき射程(変則)/Deadly Range:この技を持つスレイヤーは、急所攻撃を与えることのできる距離が10フィートだけ伸びる。スレイヤーはこの技を複数回選択でき、効果は累積する。この技を選択するには、スレイヤーは少なくとも4レベル以上なければならない。

 精査挫き/Foil Scrutiny:この技を持つスレイヤーは、自分の思考や意思を覆い隠すことができる。スレイヤーは全ての〈はったり〉〈変装〉判定、及び(ディテクト・ソウツディサーン・ライズなどの)心を読む呪文や効果に抵抗するための意志セーヴィング・スローに+2のボーナスを得る。

 毒の使用(変則)/Poison Use:スレイヤーは毒の使い方を学び、武器に毒を塗布する際に誤って自分に毒の効果を及ぼすことがなくなる。

 レンジャー戦闘スタイル(変則)/Ranger Combat Style:スレイヤーは(弓術や二刀流などの)レンジャー戦闘スタイルを1つ選択し、そのスタイルの最初の特技一覧から戦闘特技を1つ得る。前提条件を満たしていなくても、選択した戦闘スタイルに属している特技を選択することができる。6レベルの時点で、スレイヤーはこの技を再度選択することができるようになる。その際、特技一覧には、自分の選択したスタイルの6レベルのレンジャー戦闘特技が加わる。10レベルの時点で、スレイヤーはこの技を再度選択することができるようになる。その際、特技一覧には、自分の選択したスタイルの10レベルのレンジャー戦闘特技が加わる。

 ローグの技/Rogue Talent:スレイヤーはスレイヤーの技の代わりに、以下のローグの技から1つを選択することができる。火器訓練気概強力急所攻撃*高速隠密木の葉隠れ出血攻撃*素早き毒使い戦闘技術狙撃手の目騙されにくさ地形体得長持ちする毒鈍らせ*抜き撃ち這い進み不意討ち攻撃武器訓練無意識の味方(訳注:ローグの上級の技)、ローグの妙技罠見抜き。前提条件のあるローグの技の場合、スレイヤーはローグの技を修得する前にこの前提条件を満たしていなければならない。スレイヤーはこの技を複数回選択できる。選択するたび、スレイヤーは新しいローグの技を1つ獲得する。(更新

 減速打撃*(変則)/Slowing Strike:スレイヤーの急所攻撃でダメージを受けた敵は、1d4ラウンドの間移動速度が半分に低下する。頑健セーヴ(DC=10+スレイヤー・レベルの半分+スレイヤーの【知力】修正値)に成功すればこの効果を無力化できる。移動種別を複数持つクリーチャーの場合、スレイヤーは効果を及ぼす移動種別を1つ選択しなければならない。スレイヤーがクリーチャーの飛行移動速度に効果を及ぼした場合、その機動性も1段階低下する。そのときに飛行していたなら、DC10の〈飛行〉判定に成功しなければ落下する。スレイヤーがこの能力の効果を既に受けているクリーチャーを目標にした場合、既に減少している速度と機動性はこれ以上減少しない。スレイヤーはこの効果の持続時間を1d4ラウンドだけ伸ばすか、別の移動種別に効果を及ぼすか(この場合、効果を受けた移動種別の残り時間は別々に管理する)を選択する。

 罠探し/Trapfinding:スレイヤーは〈装置無力化〉をクラス技能として得る。スレイヤーは罠探しと罠感知のローグの能力を獲得する。この能力において、自分の有効ローグ・レベルとしてスレイヤー・レベルを用いる。

 急所攻撃/Sneak Attack:3レベルの時点で、攻撃に対して有効な防御を行えない敵を捕捉した際、スレイヤーは急所を攻撃して追加ダメージを与えることができる。ACに【敏捷力】ボーナスを加えられない状況(目標が実際に【敏捷力】ボーナスを持っているかどうかは考慮しない)や、スレイヤーがその目標を挟撃している際、スレイヤーの攻撃は常に追加ダメージを与える。この追加ダメージは3レベルの時点で1d6であり、以後3レベルごとに1d6ずつ増加する。急所攻撃を伴う攻撃でクリティカル・ヒットを行ったとしても、この追加ダメージは増加しない。遠隔攻撃が急所攻撃と見なされるのは、目標が30フィート以内にいる場合のみである。
 非致傷ダメージを与える武器(ウィップ、サップ、素手打撃など)を用いれば、スレイヤーは急所攻撃で致傷ダメージではなく非致傷ダメージを与えることができる。例え通常の-4のペナルティを受けても、本来は致傷ダメージを与える武器を用いて急所攻撃で非致傷ダメージを与えることはできない。
 スレイヤーは急所を見出すために目標を十分に見ることができなければならず、その急所に手が届かなければならない。スレイヤーは視認困難を持つクリーチャーを攻撃する際に急所攻撃を使用することはできない。

 忍び寄るもの(変則)/Stalker:7レベルの時点で、スレイヤーは観察の対象に対して行う〈威圧〉〈隠密〉〈変装〉判定にも、観察のボーナスを得る。

 上級の技/Advenced Talents:10レベルの時点と以降2レベルごとに、スレイヤーはスレイヤーの技の代わりに以下の上級の技を1つ選択することができるようになる。

 暗殺術(変則)/Assassinate:この上級の技を持つスレイヤーは、自分の身を守ることのできない敵を殺すことができる。目標へ暗殺術を試みる際、スレイヤーはまず標準アクションとして、目標を1ラウンド調査しなければならない。次のラウンドで、スレイヤーがその目標に対して急所攻撃を行い、目標がACに【敏捷力】ボーナスを加えることができないならば、その急所攻撃は目標を殺しうる追加の効果を持つ。目標がスレイヤーを敵だと認識していた場合、この試みは自動的に失敗する。急所攻撃が成功すれば、目標はDC10+スレイヤー・レベルの半分+スレイヤーの【知力】修正値の頑健セーヴィング・スローを行わねばならない。目標がこのセーヴに失敗すると、目標は死亡する。セーヴに成功した場合、目標は通常通り急所攻撃のダメージを受け、以降24時間の間、スレイヤーの暗殺術能力に完全耐性を得る。

 ローグの上級の技とニンジャの上級忍術/Rogue's Advanced Talents and Ninja's Advanced Trick:スレイヤーは以下のニンジャの上級忍術もしくはローグの上級の技を、スレイヤーの上級の技の代わりに選択することができる。打ち倒す一撃追い討ち狩人の奇襲静かなる狙撃手致命的な急所攻撃特技変装の達人身かわし。スレイヤーはこのスレイヤーの上級の技を複数回修得できるが、同じものは1回しか選択できない。(更新

 殺害者カモフラージュ(変則)/Slayer Camouflage:スレイヤーは自分の得意な地形の中で隠れる際、例え遮蔽や視認困難を提供しない地形であっても〈隠密〉判定を行うことができる。この技を選択するには、スレイヤーは地形体得の技を有していなければならない。

 森渡り(変則)/Woodland Stride:この技を持つスレイヤーは、下生えの類(自然のいばらや棘、植物の茂る場所、その他類似の地形)を通り抜ける際、通常の移動速度で移動することができる上、ダメージを受けることもその他の害を受けることもない。魔法のものであったり魔法により妨害するように操られている地形においては、スレイヤーは通常通りその効果を受ける。

 迅速なる追跡(変則)/Swift Tracker:11レベルの時点で、スレイヤーは追跡のために〈生存〉判定を使用する際、本来受ける-5のペナルティを受けることなく通常の移動速度で移動することができるようになる。追跡の際に通常の移動速度の2倍までの速度で移動しても、通常の-20ではなく-10しかペナルティを受けない。

 速歩術(変則)/Slayer's Advance:13レベルの時点で、スレイヤーは1日1回、移動アクションにより、自分の基本移動速度の2倍まで移動することができるようになる。スレイヤーはこの移動の一部として〈隠密〉を使用することができるが、その際、判定に-10のペナルティを受ける。17レベルの時点で、スレイヤーはこの能力を1日に2回使用できるようになる。

 獲物(変則)/Quarry:14レベルの時点で、スレイヤーは標準アクションとして、自分の視界の中にいる目標1体を自分の獲物と見定めることができる。獲物を追跡する際、スレイヤーは通常の速度で移動しながら〈生存〉技能で出目10を選択することができ、ペナルティも受けない。加えて、スレイヤーは獲物に対する攻撃ロールに+2の洞察ボーナスを得、獲物に対する攻撃がクリティカル可能域をロールすると、そのクリティカルは自動的に確定する。スレイヤーは一度に獲物を1体しか指定することはできず、目標は観察の目標として選択されていなければならない。スレイヤーはいつでもこの効果をフリー・アクションとして終了することができるが、24時間の間、新しい獲物を選択することはできなくなる。スレイヤーが獲物が死んだ証拠を見て確認することができれば、スレイヤーは1時間後に新しい獲物を選択することができる。

 獲物強化(変則)/Improved Quarry:19レベルの時点で、スレイヤーが獲物を狩る能力は強化される。今やスレイヤーはフリー・アクションとして獲物を指定することができ、獲物を追跡する際に用いる〈生存〉で出目20を選択することができる(通常の移動速度で移動しても、ペナルティを受けない)。獲物に対する攻撃ロールで得られる洞察ボーナスは+4に増加する。獲物が殺されるか獲物を取りやめた場合、10分が経過した後に新しい獲物を選択することができる。

 達人スレイヤー(変則)/Master Slayer:20レベルの時点で、スレイヤーは観察した目標を捕らえ、殺す達人となる。標準アクションとして、スレイヤーは観察した目標に最大の攻撃ボーナスで1回の攻撃を行うことができる。この攻撃において、以下の効果から1つを選択する。殺す、1d4時間の間気絶状態にする、2d6ラウンドの間麻痺状態にする。攻撃が成功したら、目標は通常通りダメージを受けた上、頑健セーヴィング・スローに成功しなければ追加の効果を受ける。セーヴDCは10+スレイヤー・レベルの半分+スレイヤーの【知力】修正値に等しい。目標がこのセーヴに成功したかどうかにかかわらず、目標は24時間の間(どのスレイヤーからのものであっても)この能力の目標になることはない。