B4 > ニンギョ

ニンギョ Ningyo

この犬サイズのクリーチャーは奇形の猿の上半身とのたうつ魚の下半身の融合体である。

ニンギョ 脅威度1 Ningyo

経験点400
NE/小型サイズの人怪水棲
イニシアチブ +1; 感覚 暗視60フィート;〈知覚〉+2
防御
AC 13、接触12、立ちすくみ12(+1外皮、+1サイズ、+1【敏】)
hp 13(2d10+2)
頑健 +1、反応 +4、意志 +5
防御能力 毒肉
攻撃
移動速度 20フィート、水泳40フィート
近接 爪(×2)=+2(1d3-1)、噛みつき=+2(1d4-1)
特殊攻撃 驚愕、集団組みつき、群がり
一般データ
【筋】8、【敏】13、【耐】12、【知】6、【判】15、【魅】11
基本攻撃 +2; CMB +2; CMD 11(足払いされない)
特技 《追尾》
技能 〈隠密〉+10、〈水泳〉+12
言語 水界語
その他の特殊能力 水陸両生、夜行性の非死
生態
出現環境 暑熱/海洋
編成 単体、2体、または一団(3~22)
宝物 標準
特殊能力
 集団組みつき(変則)/Group Grappler ニンギョは戦技判定に+2の種族ボーナスを得る。2体以上のニンギョが同じクリーチャーに組みついたとき、各々は組みつきの戦技判定に+1のボーナスを、組みつきのダメージ・ロールに+1のボーナスを得る。
 夜行性の非死(超常)/Nocturnal Undeath ニンギョの遺体が安らかな眠りに就くことはない。毎晩、日暮れの1時間後、完全なニンギョの死体が自立行動する;種別はアンデッド水棲)に変更され、アンデッドの完全耐性、【耐久力】の代わりに【魅力】に基づくボーナス・ヒット・ポイント、驚愕の能力を得る。夜明けにアンデッドのニンギョは再び死体となる。アンデッドのニンギョはいつ夜明けになるかを分かっており、死体として発見されないように、避難場所を探そうとする。四肢、頭部、尾が外れているニンギョは夜に自立行動できず、失われた部位を再結合することで自立行動できる。燃やされるかバラバラになったニンギョの死体はアンデッドとして蘇らない。
 毒肉(変則)/Poison Flesh ニンギョに噛みつくか、一部分でも飲み込むクリーチャーは毒状態となる。
 人魚の肉: 摂取型; セーヴ 頑健・DC12; 潜伏期間 1分; 頻度 1回/分(4分間); 効果 1d2 【知】ダメージ; 治癒 2回のセーヴ成功。
 驚愕(超常)/Startle アンデッドのニンギョが不意討ちラウンドで攻撃をするならば、目標はDC11の意志セーヴを試みなければならない。成功は1ラウンドの間怯え状態になることを意味する;失敗は1d4ラウンドの間恐れ状態になることを意味する。目標は24時間毎に1度のみニンギョの驚愕の影響を受けることができる。6以上のヒット・ダイスを持つクリーチャーはこの能力に完全耐性を持つ。これは[精神作用]、[恐怖]の効果である。セーヴDCは【魅力】に基づいている。
 群がり(変則)/Swarming ニンギョは2体まで同じマスを占めることができる。同じマスにいる2体のニンギョが同じ敵を攻撃した場合、お互いに反対側のマスを占めているかのように敵を挟撃しているとみなされる。

 漁師とダイバーの災いの元であるニンギョは熱帯の水辺に潜み、魚を腹いっぱいに詰め込み、自身の小さな牙を突き立てられるものへと攻撃をする。原始的で小さめな海の怪物であるニンギョは海の恐ろしいナマハゲであり、盲目な飢えから海に来るもの、船、釣り人を攻撃する。これらの恐怖は夜間群がり、爪と棘のある歯で溺れさせるために敵を簡単に衰弱させる。
 殺害されたニンギョは常に夜に蘇り、古い衣服を着て殺害者を探し、夜明けに死体に戻る。時折その死体は身の毛もよだつ魅力的な好奇心を持って海岸で洗い、自称コレクターを攻撃するために翌晩自律的に動く。
 ニンギョは頭から尾までおよそ2.5フィートで、体重は6~9ポンドである。