B4 > エルダー・シング

エルダー・シング Elder Thing

この奇妙な存在は星形の頭を持ち、樽型の胴体の周りには、いくつもの身もだえする付属肢が放射状に並んでいる。

エルダー・シング 脅威度5 Elder Thing

経験点1,600
LN/中型サイズの異形水棲
イニシアチブ +2; 感覚 暗視60フィート、全周囲視覚〈知覚〉+13
防御
AC 18、接触12、立ちすくみ16(+6外皮、+2【敏】)
hp 59(7d8+28)
頑健 +8、反応 +4、意志 +8
完全耐性 [冷気]; 抵抗 [火]10
攻撃
移動速度 30フィート、水泳40フィート、飛行20フィート(劣悪)
近接 触手(×5)=+7(1d4+2、加えて“つかみ”)
特殊攻撃 締めつけ(1d4+2)
一般データ
【筋】15、【敏】14、【耐】19、【知】20、【判】16、【魅】17
基本攻撃 +5; CMB +7(+11組みつき); CMD 19(足払いされない)
特技 《頑健無比》《攻防一体》《持久力》《迎え討ち》
技能 〈呪文学〉+15、〈水泳〉+20、〈生存〉+13、〈装置無力化〉+9、〈知覚〉+13、〈知識:神秘学〉+12、〈治療〉+10、〈飛行〉+4、〈魔法装置使用〉+10
言語 エルダー・シング語
その他の特殊能力 水陸両生冬眠無呼吸劣悪星間飛行
生態
出現環境 気候問わず
編成 単体、2体、小群(3~8)、または小旅団(9~16)
宝物 標準
特殊能力
 冬眠(変則)/Hibernation エルダー・シングは回数無制限で冬眠状態になることができる。これには1分間かかる。冬眠状態になると、アクションを行うことはできず、熟睡中と同様、事実上無防備状態となる。エルダー・シングは望む限り冬眠し続けることができる――冬眠状態の間、エルダー・シングは飲食の必要がなく、歳もとらない。冬眠中のエルダー・シングにとって、時間は実質的に止まったままだ。冬眠中に押されたりダメージを受けたりすると、エルダー・シングはDC20の意志セーヴを試みることができる。成功すると、2d4ラウンド後に目覚める。失敗すると、1d4日後に冬眠から目覚める。冬眠状態になる際、エルダー・シングは冬眠期間を決めておくことができ、その期間が経過するとエルダー・シングは目覚める。このようにして決めた時間に目覚めると、エルダー・シングは目覚めるために1d3ラウンドしか必要とせず、意志セーヴィング・スローを必要としない。
 劣悪星間飛行(変則)/Limited Starflight エルダー・シングは宇宙空間の真空中でも生存することができ、真空中には大気がないにもかかわらず自身の飛行移動速度で移動することができる。完全な星間飛行を持つクリーチャーとは異なり、エルダー・シングの飛行能力は宇宙空間を異常な高速で移動することはできない――ある惑星から他の惑星へと移動する際、エルダー・シングは通常距離を計算し、旅のほとんどを冬眠して過ごす。運動量と慣性によって、経路で眠っている間に目的地へと運んでもらう。

 様々な世界で様々な名前で呼ばれるが、この異星クリーチャーはほとんどの場合「エルダー・シング(年嵩のもの)」や「オールド・ワン(古きもの)」と呼ばれることが多い。彼らは長く続くものを作ることに興味を持つ。芸術、建造物、そして(非常に恐ろしいショゴスのように)生命さえも。彼らは戦争の圧倒的な能力と尊大さを備える。
 一般的なエルダー・シングは頭頂から足先まで全長6フィートで、翼幅は7フィート。エルダー・シングは大きさの割に驚くほど重く、重量は通常450ポンド。