MA > 神話呪文 > 呪文

+ 目次

アーケイン・キャノン

Arcane Cannon/秘術砲
元呪文:アーケイン・キャノン
 この大砲は命中すると6d10ポイントのダメージを与える。大砲の硬度に術者の階梯を、ヒット・ポイントに術者の階梯の5倍を加えること。コンダクティヴの武器特殊能力は射程が接触のどの呪文にも適用される(この際、呪文を2つではなく1つだけ消費すること)。術者はエネルギーの補足説明を持つ呪文をこの大砲で発動することができる。そのようにするなら、その呪文のレベルに等しいラウンドの間、大砲のダメージの半分は種別のないダメージだが、残りの半分は発動した呪文の種別のエネルギー・ダメージとなる。大砲に異なるエネルギーの補足説明を持つ呪文を発動すると、現在のエネルギー種別から新しい呪文のものに置き換わる。

アースクウェイク

Earthquake/地震
元呪文:アースクウェイク
 構造物に与えるダメージを階梯毎に10ポイントだけ増加する。落盤や地割れによるダメージを10d8ポイントに増加させる。瓦礫に押さえつけられた際のダメージを1分ごとに1d10ポイント増加させる。呪文を維持するために行う精神集中判定と【耐久力】判定のDCに術者の階梯を加える。
 増強(第8階梯):術者が神話パワーを2回分消費するならば、この呪文は追加で1ラウンド持続し、効果半径が20フィートだけ増加する。この呪文が効果を及ぼすラウンドであれば、術者のターンにおいて、術者は神話パワーを1回分消費することで、持続時間を1ラウンドだけ継続させ、更に2フィートだけ効果半径を増加させることができる。

アイス・ストーム

Ice Storm/氷の嵐
元呪文:アイス・ストーム
 殴打ダメージは4d8ポイントに、[氷雪]ダメージは3d6ポイントに増加する。範囲内の地面は氷と雹に覆われ、その範囲にグリース呪文が発動されたかのように機能する。5ポイント以上の[火炎]ダメージがこのマスに与えられると氷と雹が溶け、グリースの効果は無効化される。
 増強(第6階梯):術者が神話パワーを2回分消費するならば、範囲内のクリーチャー1体は(ホールド・パースンのように)麻痺状態となり、麻痺状態の間、[火炎]に対する脆弱性を得る。

アセンション

Ascension/昇華
系統:総合術;レベル:ウィザード/ソーサラー9、ウィッチ9、クレリック9、ドルイド9
発動時間:1時間
構成要素:音声、動作、焦点(下級アーティファクト)、物質(希少な香草、宝石、その他珍しい素材10,000GP分)
距離:近距離(25フィート+5フィート/2レベル)
目標:非神話クリーチャー1体/3レベル
持続時間:2時間/レベル;本文参照
セーヴィング・スロー:意志・無効(無害);呪文抵抗可(無害)
 術者は神話パワーをクリーチャー数体に注ぎ込み、対象それぞれは自分が選択した神話の道において第1階梯を得る。そのクリーチャーは直ちに選択した道の利益を得る。持続時間は全ての目標で等しく分配すること。
 目標が神話階梯を保持できるのは、この呪文の焦点具要素の100フィート以内にいる間だけである。この距離の外に移動した目標はその神話階梯を失う。しかし再び距離の中に移動すればすぐに神話階梯を回復する。この呪文が効果を及ぼしている間に焦点具要素が破壊されると、この呪文は直ちに終了し、全ての目標は1d4の永続的な負のレベルを得る。
 神話級:この呪文を発動する際に術者が神話パワーを1回分消費するならば、持続時間は1日/レベルに増加し、この呪文の焦点具をレッサー・アーティファクトではなく術者自身とすることができる。術者が焦点具である場合、目標は術者から100フィート以内にいさえすれば神話階梯を保持することができ、術者が死亡すれば、この呪文は直ちに終了し目標は1d4の永続的な負のレベルを得る。

アニマル・アスペクト

Animal Aspect/動物の相
元呪文:アニマル・アスペクト
 術者は夜目、術者の選択する肉体能力値1つに+2のサイズ・ボーナス、外皮に+1の強化ボーナスを得る。別のやり方として、術者はこの呪文の非神話級版を同意する接触したクリーチャー1体に発動することができる。

アニメイト・オブジェクツ

Animate Objects/物体操り
元呪文:アニメイト・オブジェクツ
 術者がこの呪文で作成したアニメイテッド・オブジェクトはレベルごとに最大のヒット・ポイントを持ち、【筋力】能力値に+4のボーナスを得、通常の1.5倍の作成ポイントを持つ。

アニメイト・デッド

Animate Dead/死体操り
元呪文:アニメイト・デッド
 この呪文を1回発動することで操ることのできるアンデッドのヒット・ダイスの総量を決定する際、術者の階梯をその術者レベルに加えること。これにより術者が制御できるアンデッドの合計ヒット・ダイス数が増加することはない。神話パワーを2回分消費することで、術者はこの呪文の物質構成要素の費用を無視することができる。
 増強(第6階梯):神話パワーを2回分消費するなら、術者が作り出したスケルトンゾンビアジールもしくはサヴィッジのいずれかの神話テンプレートを得る。このテンプレートは術者の階梯に等しい日数だけ持続する。
 別の使い方として、術者が第8階梯で神話パワーを10回分消費するならば、術者が作り出したスケルトンは永続的な神話級スケルトン・テンプレートを得る。

アニメイト・プランツ


アブレーティヴ・バリアー

Ablative Barrier/切除の障壁
元呪文:アブレーティヴ・バリアー
 この呪文の鎧ボーナスに術者の階梯の半分を加える。各攻撃で非致傷ダメージに変換される致傷ダメージの総量と非致傷ダメージに対するDRに、術者の階梯の半分を加える。この呪文がチャージ消費されるまでに変換できるダメージ量を決定する際、術者レベルに術者の階梯の半分を加える。

アルボリアル・ハンマー

Arboreal Hammer/樹木の槌
元呪文:アルボリアル・ハンマー
 術者は1本ではなく2本の樹の枝に命を吹き込むことができる。これによりこの木は1ラウンドに2回まで攻撃することができる。木の【筋力】能力値を決定する際、術者レベルに術者の階梯を加えること。同じラウンドに叩きつけ攻撃が両方命中したクリーチャーはこの呪文のDCに対する頑健セーヴを行わねばならず、失敗すると1ラウンドの間よろめき状態となる。
 増強(第7階梯):術者が神話パワーを2回分消費するなら、木は1ラウンドに3回の叩きつけ攻撃を試みることができ、この叩きつけ攻撃はダメージ減少を無視するようになる。同じラウンドに3回の叩きつけ攻撃が全て命中したクリーチャーは1ラウンド朦朧状態となり、朦朧状態が終わった後に1d4ラウンドの間よろめき状態となる。頑健セーヴに成功すれば朦朧状態にはならず、よろめき状態の期間は半分ですむ。

アンシェイカブル・チル

Unshakable Chill/固着した冷気
元呪文:アンシェイカブル・チル
 セーヴに失敗すると、目標は即座に階梯毎に1d6ポイントの非致傷[氷雪]ダメージを受ける。この呪文の効果として生じる厳しい冷気に耐えるための頑健セーヴのDCに、術者の階梯を加える。加えて、目標は[氷雪]の補足説明を持つ呪文や効果に対するセーヴに-4のペナルティを受ける。
 増強(第5階梯):術者が神話パワーを2回分消費するならば、目標は[火炎]に対する脆弱性を得る。

アンティシペイト・ペリル

Anticipate Peril/危機予測
元呪文:アンティシペイト・ペリル
 術者の階梯をこの呪文のイニシアチブへのボーナスと、この呪文が与えることのできるイニシアチブへのボーナスの最大値に加える。

アンティマジック・フィールド

Antimagic Field/アンティマジックの場
元呪文:アンティマジック・フィールド
 術者の階梯の半分に等しい数の呪文系統を選択する。選択した系統の呪文及び効果は、アンティマジック・フィールドの効果を受けない。

アンホーリィ・ブライト

Unholy Blight/不浄の影
元呪文:アンホーリィ・ブライト
 善の来訪者に与えるダメージは、術者レベル毎に1d10(最大10d10)ポイントに、他の善のクリーチャーに与えるダメージは術者レベル2毎に1d12(最大5d12)ポイントに増加する。範囲内にいたクリーチャーが不調状態となる期間は2d4ラウンドに増加する。セーヴに成功すると、善のクリーチャーは1ラウンドの間減速状態になる。

イアピアッシング・スクリーム

Ear-Piercing Scream/耳を裂く悲鳴
元呪文:イアピアッシング・スクリーム
 [音波]ダメージは2術者レベルごとに1d8ポイント(最大5d8)に増加し、範囲内のクリーチャーが幻惑状態になる期間は術者の階梯に等しいラウンドとなる。
 増強(第3階梯):術者が神話パワーを2回分消費するなら、この呪文は目標1体ではなく30フィート円錐形に効果を及ぼす。

イル・オーメン

Ill Omen/凶兆
元呪文:イル・オーメン
 目標に不運なd20ロールを行わせる際、目標は3回ロールしてもっとも低い出目を使用しなければならない。移動アクションを消費して祈ったり幸運のお守りを掲げるならば、目標は3回ではなく2回だけロールすることができる。
 増強(第4階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、術者は目標をとりわけひどい不運にみまわせる。目標がロールした出目20は、代わりに出目1であるかのように扱われる。

イレジスティブル・ダンス

Irresistible Dance/我慢できぬ踊り
元呪文:イレジスティブル・ダンス
 この呪文を発動する際、術者は“終わらぬ舞い”か“死の舞踏”のいずれかを選択することができる。
 “終わらぬ舞い”の効果を受けている目標は舞っている間、毎ラウンドの終了時に新しいセーヴィング・スローを行う。これは、最初のセーヴに成功していた場合でも行わねばならない。このセーヴに失敗すると、この呪文の持続時間は1ラウンドだけ延長される。
 “死の舞踏”の効果を受けた目標は耐えられない痛みにさらされ、攻撃ロール、セーヴィング・スロー、技能判定に-4のペナルティを被る。さらに舞踏を行うラウンドごとに、1d4ポイントの【耐久力】ダメージを受ける。
 いずれの形態にせよ、術者は移動アクションとして目標を操り人形のように移動させることができる。これにより目標は、術者が指定した経路に従って自身の移動速度の半分まで1回の移動を行う。移動を指示するためには、術者は目標まで視線が通っていなければならず、また中距離(100フィート+術者レベル毎に10フィート)までの距離にいなければならない。この移動は通常通り機会攻撃を誘発する。またこの移動は目標のターンの移動としては扱われない。目標がこの呪文に対する初めのセーヴに成功していた場合、術者は目標をこの方法で移動させることはできない。

インヴィジビリティ

Invisibility/不可視化
元呪文:インヴィジビリティ
 不可視状態となった目標はディテクト・マジックや魔法のオーラを識別する他の呪文によって識別されない。この呪文による不可視状態は、(シー・インヴィジビリティグリッターダストのような)2レベル以下の呪文によって見破られたり、暴かれたり、解呪されることはない。しかし、トゥルー・シーイングダスト・オヴ・アピアランスはこの呪文による不可視状態の位置を明らかにする。
 増強(第3階梯):術者が神話パワーを2回分消費するならば、不可視状態となった目標は鋭敏嗅覚擬似視覚振動感知非視覚的感知によって識別されることはなくなる。

インフリクト・クリティカル・ウーンズ

Inflict Critical Wounds/致命傷付与
元呪文:インフリクト・クリティカル・ウーンズ
 この呪文が与えるダメージは8d8+術者レベル毎に2ポイント(最大+40)に増加する。セーヴィング・スローに失敗すると、生きている目標は術者レベル毎に1ラウンド(最大20ラウンド)の間不調状態となる。

インフリクト・シリアス・ウーンズ

Inflict Serious Wounds/重傷付与
元呪文:インフリクト・シリアス・ウーンズ
 この呪文が与えるダメージは6d8+術者レベル毎に+2(最大+30)に増加する。セーヴィング・スローに失敗すると、生きている目標は術者レベル毎に1ラウンド(最大15ラウンド)の間不調状態となる。

インフリクト・モデレット・ウーンズ

Inflict Moderate Wounds/中傷付与
元呪文:インフリクト・モデレット・ウーンズ
 この呪文が与えるダメージは4d8+術者レベル毎に+2(最大+20)に増加する。セーヴィング・スローに失敗すると、生きている目標は術者レベル毎に1ラウンド(最大10ラウンド)の間不調状態となる。

インフリクト・ライト・ウーンズ

Inflict Light Wounds/軽傷付与
元呪文:インフリクト・ライト・ウーンズ
 この呪文が与えるダメージは2d8+術者レベル毎に+2(最大+10)に増加する。セーヴィング・スローに失敗すると、生きている目標は術者レベル毎に1ラウンド(最大5ラウンド)の間不調状態となる。

ヴァーミット・ツイン

Vomit Twin/吐瀉物の片割れ
元呪文:ヴァーミット・ツイン
 術者が発動した射程が接触、近距離、中距離、長距離の呪文はすべて、術者ではなく片割れを起点とすることができる。片割れは術者の階梯に等しい反発ボーナスをACに対して得、そのヒット・ポイントは術者の術者レベルの2倍に等しい。片割れは術者の基本攻撃ボーナスを用いて機会攻撃を試みることができるが、能力値ボーナス、技能、特技は持たない。片割れは術者のサイズに応じた機会攻撃範囲を持ち、術者が神話級ヴァーミット・ツインを発動したときに手にしていた武器の複製を手にしている。片割れの武器が破壊されたり武器落としされたりすると、術者のターンで片割れは自分の構成物から新しい武器を作り出す。その攻撃は武器のダイス種別に従ってダメージを与える。
 増強(第5階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、術者は呪文発動時に分身を2体作り出す。分身はいずれも同時に動き始める。その代わりに術者が神話パワーを3回分消費すると、術者は呪文発動時に分身を3体作り出す。分身はいずれも同時に動き始める。

ヴァンピリック・タッチ

Vampiric Touch/ヴァンパイアの接触
元呪文:ヴァンピリック・タッチ
 この呪文のダメージは術者レベル2毎に1d8ポイント(最大10d8)に増加する。この呪文の効果を伝えるために行う術者の近接接触攻撃のクリティカル可能域は19~20となる。このクリティカル可能域の増加は他のクリティカル可能域を増加させる効果や能力と累積しない。このダメージが目標を殺したなら、その目標のヒット・ダイスに等しいラウンドの間、高速治癒5を得る。

ウィッシュ

Wish/望み
元呪文:ウィッシュ
 他の呪文を模倣する目的で神話級ウィッシュを使用する場合、術者は自分が修得している神話呪文(任意発動する術者の場合)もしくは準備したことがある神話呪文(呪文を準備する術者の場合)を模倣することができる。もし術者が神話呪文を知らなかったり準備したことがない場合、術者は神話パワーを2回分消費することで、望む呪文の神話級版を模倣することができる。
 また、術者は非神話級ウィッシュ呪文の説明に記載された効果を、以下のように変更したり置き換えたりしていずれか一つを行うこともできる。
  • 傷や苦痛を取り除くために神話級ウィッシュを使用した場合、術者は効果を受けている全てのクリーチャーから追加の効果を取り除くために、その数だけの神話パワーを追加で消費することができる。
  • 死から蘇生するために神話級ウィッシュを使用した場合、術者は神話パワーを追加で1回分消費することで、リザレクションから目標が受ける永久的な負のレベルを無視することができる。
  • 運命を変える。神話パワーを追加で1回分消費することで、術者は1d20がロールされる前に割り込みアクションとして神話級ウィッシュを発動し、術者が望む任意のダイス目を選択することができる。
 増強:神話パワーを2回分消費することで、術者は神話級ウィッシュを音声要素と動作要素を省略して発動することができる。このとき、術者は例え無防備状態やその他アクションを行えない(ただし気絶状態ではない)状況でも発動することができる。

ウェブ

Web/クモの巣
元呪文:ウェブ
 この蜘蛛の糸はスパイダー・スウォームで覆われる(蜘蛛の糸の10フィート×10フィート毎にスパイダー・スウォーム1体が群がっている)。この蜘蛛の糸に絡みつかれたりこの蜘蛛の糸を通り抜けようとした全てのクリーチャーは、スパイダー・スウォームに攻撃される(もし複数のスウォームの接敵面を通過したならば、複数のスウォームに攻撃される)。このスパイダーは蜘蛛の糸の範囲から離れることはない。ある範囲の蜘蛛の糸が破壊されると、そこにいるスウォームも破壊され、蜘蛛の糸が完全に破壊されると全てのスウォームが破壊される。
 増強(第5階梯):神話パワーを2回分消費すると、蜘蛛の糸は半径50フィート拡散に増加する。蜘蛛の糸はこの範囲の使用可能な固定点の間に広がる。隣接していない蜘蛛の糸の範囲を複数作ることもできる。クリーチャーにこの蜘蛛の糸に対して完全耐性を与える非神話級能力(フリーダム・オヴ・ムーヴメントなど)は、神話級ウェブには完全耐性を与える代わりにセーヴ、戦技判定、〈脱出術〉の判定に+5のボーナスを与える。

ウォーク・スルー・スペース

Walk through Space/空間歩き
元呪文:ウォーク・スルー・スペース
 術者は移動アクションか即行アクションのいずれかで瞬間移動を行うことができるが、1ラウンドに1回しか行うことはできない。術者が移動アクションもしくは即行アクションで神話パワーを1回分消費するなら、術者は60フィートまで瞬間移動することができる。

ウォール・オヴ・アイアン

Wall of Iron/鉄の壁
元呪文:ウォール・オヴ・アイアン
 壁は術者レベル2毎に1インチの厚さを持つ。連結していない壁を作成した場合、術者はその壁を押すことで75%の確率で術者の望む方向に向かうように、重石をつけることができる。術者が望む方向に移動させるためのDCから5を引き、他の方向から押された際のDCに5を加えること。
 増強(第7階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、この壁の片面(術者が選択する)は10フィート以内の金属を引き寄せる強力な磁力を帯びる。この壁は1ラウンドに1回、10フィート以内にいる金属製の鎧を着たクリーチャーや金属製の武器やその他ほとんどが金属で作られているものを引き寄せるため、戦技判定を試みることができる。
 壁のCMDは術者の術者レベル+術者の階梯に等しい。戦技判定が成功すると、目標となったクリーチャーは壁に5フィートだけ近づく方向へ引き寄せられる。このクリーチャーが5フィート以内にいる場合、壁はこの戦技判定に+5のボーナスを得る。壁が5フィート以内のクリーチャーに対する戦技判定に成功した場合、そのクリーチャーは壁に引き寄せられ、組みつき状態として扱われる。
 金属製の道具を落としたり、金属製の鎧を脱ぎ捨てれば、クリーチャーはこの壁から逃れることができる。磁力は階梯毎に1時間経つと失われる。張り付いたアイテムをこの壁から取り除くには、【筋力】判定(DC10+壁のCMD)に成功しなければならない。

ウォール・オヴ・アイス

Wall of Ice/氷の壁
元呪文:ウォール・オヴ・アイス
 この壁のヒット・ポイントは厚さ1インチ毎に5ヒット・ポイントに増加する。この壁を破壊する【筋力】判定のDCに術者の階梯を加えること。この壁を通り抜ける際に受ける[氷雪]ダメージは1d8+術者レベル毎に1ポイントに増加する。この壁を通り抜ける全てのクリーチャーは頑健セーヴを行わねばならず、失敗すると1d4ラウンドの間よろめき状態となる。これは[氷雪]効果である。
 増強(第5階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、術者はこの壁を鋭い突起状の氷柱で覆うことができる。この壁に触れたり、攻撃したり、破壊したりした全てのクリーチャーは1d6ポイントの[氷雪]ダメージ、1d6ポイントの刺突ダメージ、1ポイントの出血ダメージを受ける。

ウォール・オヴ・ストーン

Wall of Stone/石の壁
元呪文:ウォール・オヴ・ストーン
 この壁は術者レベル2毎に1インチの厚さとなる。この壁の硬度は12に増加する。
 増強(第7階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、この壁はエーテル移動、パスウォールフェイズ・ドアのような呪文で通り抜けることができなくなる。この壁は非神話級のシャターシンパセティック・ヴァイブレーションディスインテグレイト、その他特に石に効果を及ぼす非神話級の魔法効果(これにはアースクウェイクソフン・アース・アンド・ストーントランスミュート・ロック・トゥ・マッドが含まれる)に完全耐性を持つ。

ウォール・オヴ・ソーンズ

Wall of Thorns/イバラの壁
元呪文:ウォール・オヴ・ソーンズ
 この壁が与えるダメージは(30-クリーチャーのAC)に増加する。この壁に隣接する全てのクリーチャーは、自動的にこの壁に組みつかれる。この壁による組みつき状態で自身のターンを開始した全てのクリーチャーは2d6ポイントのダメージを受ける。このダメージの半分は殴打ダメージ、残りの半分は刺突ダメージである。この組みつき状態から脱出する際、この壁のCMDは10+術者の術者レベル+術者の階梯に等しい。
 増強(第6階梯):術者が神話パワーを2回分消費するならば、この壁は術者以外で10フィート以内にいる全てのクリーチャーに自動的に組みつく。この壁に組みつかれた全てのクリーチャーは2d6ポイントの出血ダメージを受ける。クリーチャーがこの壁による組みつき状態から脱出できない場合、そのクリーチャーの次のターンで、この壁は自動的にそのクリーチャーを押さえ込まれた状態にする。

ウォール・オヴ・ファイアー

Wall of Fire/火の壁
元呪文:ウォール・オヴ・ファイアー
 この壁によるダメージは10フィート以内にいるクリーチャーに対して2d6ポイントの[火炎]ダメージに、10フィートを超えるが20フィート以内にいるクリーチャーに対して1d6ポイントの[火炎]ダメージに、通過するクリーチャーに対しては2d8+術者レベルごとに1(最大+20)ポイントの[火炎]ダメージに増加する。この壁を通過するかこの壁から5フィート以内にいる全てのクリーチャーは反応セーヴを行わねばならず、失敗すると着火する。この火を消そうとする試みには、この呪文のセーヴDCを用いる。
 増強(第5階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、術者は自身のターンにおいて、移動アクションとしてこの壁を任意の方向に5フィート移動させることができるようになる。この壁を(石壁などの)耐火性の障壁へと移動させると、その障壁と重なった壁の部分が破壊される。

ウォール・オヴ・フォース

Wall of Force/力場の壁
元呪文:ウォール・オヴ・フォース
 この壁の硬度は40に、ヒット・ポイントは術者レベルごとに30に増加する。非神話級ディスインテグレイト呪文やロッド・オヴ・キャンセレイションは1ラウンドの間神話級ウォール・オヴ・フォースの10フィート四方を消滅させるが、その後完全な強度を持って元に戻る。この壁の片面(術者が選択する)はリパルション呪文のように5フィート以内のクリーチャーを遠ざける(セーヴィング・スロー可能であるかのように、ウォール・オヴ・フォースのDCを用いる)。

エクスペディシャス・リトリート

Expeditious Retreat/迅速な退却
元呪文:エクスペディシャス・リトリート
 この呪文による移動速度へのボーナスは40フィートに増加する。移動による機会攻撃を避けるための〈軽業〉判定に術者の階梯を加えること。術者の移動が機会攻撃を誘発した際、この攻撃に対するACに術者の階梯を加えること。

エナヴェイション

Enervation/気力吸収
元呪文:エナヴェイション
 負のレベルの値は1d6に増加する。目標は24時間の間不調状態となる。この光線で攻撃を受けたアンデッド・クリーチャーは、術者の術者レベル毎に1時間の間、1d6×5の一時的ヒット・ポイントを得る。
 増強(第3階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、目標の負のレベルを取り除こうとするいかなるクリーチャーも、術者レベル判定(DC10+術者の術者レベル+術者の階梯)に成功しなければならない。

エネミー・ハンマー

Enemy Hammer/敵での鉄槌
元呪文:エネミー・ハンマー
 目標はセーヴィング・スローの成否に拘らず絡みつかれた状態となる。目標を武器として使用する際、攻撃ロールに術者の階梯の半分を加え、ダメージ・ロールに術者の階梯を加えること。
 増強(第3階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、術者が目標をクリーチャーに命中させるために使用する際、そのクリーチャーに対して突き飛ばし戦技をフリー・アクションとして試みることができる。この戦技における術者のCMBは神話級エネミー・ハンマーにおける術者の攻撃ボーナスに等しいが、術者の階梯の半分ではなく術者の階梯を加える。

エレメンタル・ボディ(全て)

Elemental Body(all)/精霊の身体(全て)
 各神話級エレメンタル・ボディは個々に修得しなければならず、神話級版を修得するには対応する非神話級エレメンタル・ボディ呪文を知っていなければならない。術者は順番にこれらを修得する必要はなく、高レベルの神話級エレメンタル・ボディ呪文を修得する前に低レベルの神話級エレメンタル・ボディ呪文を修得している必要はない(例えば、術者はエレメンタル・ボディIIを知っていれば、例え神話級エレメンタル・ボディIを知らなくても神話級エレメンタル・ボディIIを修得することができる)。各神話級エレメンタル・ボディ呪文は、対応する非神話級版に以下の利益を追加する。
 この呪文による能力値へのボーナスは2だけ増加し、外皮ボーナスは1だけ増加し、能力値へのペナルティは2だけ減少する(ペナルティの最小値は0)。まるで術者がモデレット・フォーティフィケーションの鎧を装備しているかのように、術者に対するクリティカル・ヒットや急所攻撃は50%の確率で通常の命中として扱われる。
 増強(第3階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、能力値へのボーナスは更に2だけ増加する。また、そのエレメンタルの種別に合うエネルギーの補足説明(アース:[強酸]、ウォーター:[氷雪]、エア:[雷撃]、ファイアー:[火炎])を持つ呪文を発動する際、術者の階梯に等しい回数まで、術者はその呪文のDCに術者の階梯の半分を加えることができる。

エンタングル

Entangle/からみつき
元呪文:エンタングル
 この呪文は植物が生えていない範囲でも効果を及ぼす。これにより植物は地面から現れる。これらの植物は空中10フィートまでのクリーチャーに効果を及ぼすことができる。この呪文の効果を受けたりこの呪文により生えてきた植物は、その範囲にいるクリーチャーに毎ラウンド1d6ポイントのダメージを与える棘が生えている。

エンデュア・エレメンツ

Endure Elements/寒暑に耐える
元呪文:エンデュア・エレメンツ
 目標はレベルごとに接触したクリーチャー1体に変更される。効果を受けたクリーチャーは[火炎]に対する抵抗5と[氷雪]に対する抵抗5を得る。目標は雪により減速せず、雹、雨、みぞれ、雪によって〈知覚〉判定と遠隔攻撃にペナルティを受けない。目標に対して、風は1段階弱いものとして扱う。

エントロピック・シールド

Entropic Shield/エントロピーの盾
元呪文:エントロピック・シールド
 この呪文のために遠隔攻撃が外れると、50%の確率でその攻撃はそれて無害なものとなるだけではなく、攻撃した者に跳ね返る。この攻撃には、術者に対して攻撃した者が行った攻撃ロールの結果と同じ値を用いる。

エンラージ・パースン

Enlarge Person/人物拡大
元呪文:エンラージ・パースン
 術者は目標のサイズを2段階まで大きくすることができる(最大で超大型)。2段階成長すると、サイズが増加することにより目標の重量は25倍増加し、【筋力】に+4のサイズ・ボーナスを得、【敏捷力】に-4のサイズ・ペナルティ、攻撃ロール及びACに-2のペナルティを被る。中型の人型生物クリーチャーのサイズが超大型まで増加すると、接敵面は15フィートとなり、生来の間合いは10フィートとなる。神話級エンラージ・パースン神話級リデュース・パースンを相殺し、解呪する。

オース・オヴ・ピース

Oath of Peace/平和の誓い
元呪文:オース・オヴ・ピース
 術者は〈治療〉判定を試みる際、無害な補足説明を持つ対象を指定する呪文を発動する際、生きているクリーチャーを回復するために正のエネルギー放出を使用する際において機会攻撃を誘発しない。

オーダーズ・ラス

Order's Wrath/秩序の怒り
元呪文:オーダーズ・ラス
 混沌属性の来訪者に与えるダメージは術者レベルごとに1d10ポイントのダメージ(最大10d10)に、それ以外の混沌属性のクリーチャーに与えるダメージは術者レベル2毎に1d12ポイントのダメージ(最大5d12)に増加する。範囲内にいるクリーチャーが幻惑状態になる期間は2ラウンドだけ増加する。セーヴに成功した混沌属性のクリーチャーは1ラウンドの間幻惑状態となる。

オーブ・オヴ・ザ・ヴォイド

Orb of the Void/虚無の宝玉
元呪文:オーブ・オヴ・ザ・ヴォイド
 この球体に対するセーヴに失敗したクリーチャーは負のレベルを1レベルではなく2レベル得る。頑健セーヴに成功すれば、負のレベルは1レベルに減少する。
 増強(第6階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、この球体は生きているクリーチャーが接敵面に侵入した際に自動的に停止することはなくなる。ただし最初のセーヴの後に各クリーチャーが毎ラウンド行うセーヴィング・スローのDCは2ずつ減少していく。
 例えこの球体が接敵面を複数回通り抜けたとしても、あるクリーチャーがオーブ・オヴ・ザ・ヴォイドの効果を受けるのは1ラウンドに1回だけである。

オブスキュアリング・ミスト

Obscuring Mist/覆い隠す霧
元呪文:オブスキュアリング・ミスト
 距離は50フィートだけ増加し、霧の半径及び高さはいずれも50フィートだけ増加する。
 増強(第3階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、距離は500フィートに、霧の半径は500フィートに、霧の高さは100フィートに増加する。この呪文の範囲全体に効果を及ぼすことができなければ、風はこの霧を吹き散らすことはできない。[火炎]呪文により燃やされた霧の範囲は、[火炎]効果が終了した後1d4ラウンドで再び霧に覆われる。
 術者が少なくとも第6階梯であれば、神話パワーを3回分消費すると、距離は1マイルに、霧の半径は1マイルに、霧の高さは500フィートに増加する。この霧は第3階梯版と同様に、風と[火炎]効果に耐性を持つ。

ガーズ・アンド・ウォーズ

Guards and Wards/守りと見張り
元呪文:ガーズ・アンド・ウォーズ
 術者が守護された範囲と同じ次元界にいる限り、守護された範囲にどのようなクリーチャーがいつ入っても、精神的なアラーム呪文と同様に術者は警告を受ける。回数無制限で、術者は精神集中をすることで、アーケイン・アイを使用しているかのように守護された範囲を調査することができる。精神集中を開始すると、常に術者が発動した際に決定した場所に感覚器官が現れる。術者はこの呪文に掲載された(ダンシング・ライツなどの)5つの効果から、1つではなく2つまで配置することができる。
 増強(第3階梯):術者は効果毎に追加で1回分の神話パワーを消費することで、以下の効果を守護された範囲の任意の場所に配置することができる。
 6. ブラック・テンタクルズ 1箇所。解呪されると10分後に復活する。
 7. ディスペル・マジック 1箇所。術者は5フィート四方の範囲を1つ選択する。この範囲に入ったり通り抜けたりした全てのクリーチャーはこの呪文の目標となる。セーヴィング・スロー:意志・無効。呪文抵抗:可。
 8. エンタングル 4箇所。解呪されると10分後に復活する。
 9. エクスプローシヴ・ルーンズ 3箇所。起動したり解呪されると、10分後に復活する。
 10. スロー 3箇所。解呪されると10分後に復活する。

ガシアス・フォーム

Gaseous Form/ガス化
元呪文:ガシアス・フォーム
 ダメージ減少はDR10/エピック及び魔法に変更され、飛行移動速度は30フィートに増加する。目標はフリー・アクションとして広がり、通常の接敵面および高さの倍に等しい範囲(中型クリーチャーは10フィート×10フィートの空間、高さはおおよそ10フィート)を占めることができる。また、目標はオブスキュアリング・ミストのように視界を遮る。広がった状態から元のサイズに戻る行為も、同様にフリー・アクションで行える。
 増強:術者が神話パワーを2回分消費すると、目標は移動アクションとしてガス化したり元の姿に戻ったりすることができるようになる。

ガスト・オヴ・ウィンド

Gust of Wind/爆風
元呪文:ガスト・オヴ・ウィンド
 風力は暴風(約70マイル/時)に増加する。この呪文に記載されているすべての効果は、1段階大きなサイズのクリーチャーにまで影響を及ぼす。遠隔攻撃はこの呪文の範囲では機能しない。この風は自動的に覆われていない火を消し、覆われた火であっても75%の確率で消してしまう。
 増強(第2階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、この呪文は1ラウンド長く持続し、距離は30フィートだけ増加する。術者のターンの開始時に即行アクションとして、術者は追加で神話パワーを1回分消費することで、持続時間を1ラウンド増加し、距離を追加で30フィートだけ増加させることができる。

カップ・オヴ・ダスト

Cup of Dust/ゴミの杯
元呪文:カップ・オヴ・ダスト
 セーヴに失敗すると、目標は直ちに階梯毎に1d6ポイントの非致傷ダメージを受ける。この呪文の効果の一部として生じる、渇きに耐えるために目標が行う【耐久力】判定のDCに術者の階梯を加えること。この呪いが効果を及ぼしている間、目標はポーションやエリクサーなど、飲む必要があるあらゆる呪文、効果、アイテムから一切の利益を得ない(しかし依然として、目標はこれらを飲み干すと消費してしまう)。

カラー・スプレー

Color Spray/色しぶき
元呪文:カラー・スプレー
 距離は30フィートに増加する。この呪文が効果を及ぼすクリーチャーを決定するヒット・ダイスの段階に、術者の階梯の半分を加えること(第3階梯であれば、3HD以下のクリーチャーは気絶状態かつ盲目状態かつ朦朧状態となる;4~5HDのクリーチャーは盲目状態かつ朦朧状態となる;6HD以上のクリーチャーは朦朧状態となる)。セーヴに成功したクリーチャーは1ラウンドの間目が眩んだ状態となる。

カンジュア・ブラック・プディング

Conjure Black Pudding/ブラック・プディングの召喚
元呪文:カンジュア・ブラック・プディング
 ブラック・プディングは術者の階梯に等しい高速治癒を得る。飛散したプディングも同様にこの能力を得る。この呪文によるブラック・プディングは術者を攻撃することはないが、依然として命令に従わせることはできず、他に明確な目標がいなければ術者の仲間を攻撃する可能性がある。
 増強(第6階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、このプディングはサヴィッジ神話テンプレートを得る(224ページを参照)。巨大なプディングから飛散したプディングは、このテンプレートを持たない。

キュア・クリティカル・ウーンズ

Cure Critical Wounds/致命傷治療
元呪文:キュア・クリティカル・ウーンズ
 この呪文が回復するダメージは8d8ポイント+術者レベルごとに2ポイント(最大+40)のダメージに増加する。生きているクリーチャーを目標とする場合、この呪文は能力値ダメージを4ポイントまで回復する。目標は、どの能力値ダメージを回復するかを選択する。

キュア・シリアス・ウーンズ

Cure Serious Wounds/重傷治療
元呪文:キュア・シリアス・ウーンズ
 この呪文が回復するダメージは6d8ポイント+術者レベルごとに2ポイント(最大+30)のダメージに増加する。生きているクリーチャーを目標とする場合、この呪文は能力値ダメージを3ポイントまで回復する。目標は、どの能力値ダメージを回復するかを選択する。

キュア・モデレット・ウーンズ

Cure Moderate Wounds/中傷治療
元呪文:キュア・モデレット・ウーンズ
 この呪文が回復するダメージは4d8ポイント+術者レベルごとに2ポイント(最大+20)のダメージに増加する。生きているクリーチャーを目標とする場合、この呪文は能力値ダメージを2ポイントまで回復する。目標は、どの能力値ダメージを回復するかを選択する。

キュア・ライト・ウーンズ

Cure Light Wounds/軽傷治療
元呪文:キュア・ライト・ウーンズ
 この呪文が回復するダメージは2d8ポイント+術者レベルごとに2ポイント(最大+10)のダメージに増加する。生きているクリーチャーを目標とする場合、この呪文は能力値ダメージを1ポイントまで回復する。目標は、どの能力値ダメージを回復するかを選択する。

グッドベリー

Goodberry/良き漿果(しょうか)
元呪文:グッドベリー
 各漿果は1日分の栄養価があり、疲労状態過労状態、非致傷ダメージを回復する目的において、1時間完全に休息をとったものと扱われる。
 増強(第2階梯):術者はこの呪文を漿果1つにのみ発動し、術者が準備している任意の無害なドルイド呪文1つを漿果に注ぎ込むことができる。この呪文はグッドベリー呪文の持続時間が経過するか、漿果が消費されるまで漿果の中に留まり続ける。その漿果を食べたクリーチャーは、術者がそのクリーチャーに込められた呪文を発動したかのように、その呪文の利益を得る。注ぎ込む呪文の最大レベルは術者の階梯の半分に等しい。術者は(神話級グッドベリーを発動する際に必要となる神話パワー1回分に加えて)、注ぎこむ呪文の呪文レベルごとに神話パワーを1回分使用しなければならない。インビュー・ウィズ・スペル・アビリティ同様、この漿果が消費されるか神話級グッドベリー呪文が終了するまで、術者はこの呪文スロットに呪文を準備することができない。

クラウドキル

Cloudkill/殺戮の雲
元呪文:クラウドキル
 移動アクションとして、術者はこの雲を任意の方向に10フィートまで移動させることができる。クリーチャーに及ぼす効果を決定する際、この呪文のレベルとヒット・ダイスの段階に術者の階梯を加えること。(例えば、第3階梯において、6HD以下のクリーチャーはセーヴを行うことができず、7~9HDのクリーチャーはセーヴに成功しなければ死亡し、10HD以上のクリーチャーはセーヴに成功しなければ1d4ポイントの【耐】ダメージを受ける。)
 増強(第6階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、この呪文は生きているクリーチャーが持つ毒に対する完全耐性を無視することができる。

グリース

Grease/脂
元呪文:グリース
 術者がある範囲に神話級グリースを発動すると、その範囲に入ったり通り抜けるために行う〈軽業〉のDCに術者の階梯を加える。クリーチャーの鎧や服にこの呪文を発動すると、目標が組みつき状態から抜け出すために行う〈脱出術〉判定と戦技判定、及び組みつき状態を避ける際に用いるCMDに術者の階梯を加える。
 増強:術者が神話パワーを2回分消費すると、この呪文で発生した脂は可燃性になる。少なくとも蝋燭の火程度の大きさの火があれば、脂は着火する。脂の敷かれた範囲に火がつくと、術者のターンにその範囲内にいる全てのクリーチャーは1d3ポイントの[火炎]ダメージを受け、着火する可能性がある。脂を塗られたクリーチャーが着火すると、2d6ポイントの[火炎]ダメージを受け、着火する可能性がある。セーヴDCに術者の階梯を加えること。

グリフ・オヴ・ウォーディング

Glyph of Warding/守りの秘文
元呪文:グリフ・オヴ・ウォーディング
 秘文を発見したり解除するためのDCに術者の階梯を加える。爆発の秘文によるダメージは術者レベルごとに1d6ポイント(最大20d6)に増加する。呪文の秘文に込めることの出来る最大呪文レベルに、術者の階梯の半分を加える。

グローブ・オヴ・インヴァルナラビリティ

Globe of Invulnerability/耐魔法球
元呪文:グローブ・オヴ・インヴァルナラビリティ
 この球が抑制する非神話呪文のレベルに術者の階梯の半分を加える。この球は4レベル以下の神話呪文を抑制する。

ケイオス・ハンマー

Chaos Hammer/混沌の鉄槌
元呪文:ケイオス・ハンマー
 秩序属性の来訪者に与えるダメージは術者レベル毎に1d10(最大10d10)ポイントのダメージに、その他の秩序属性のクリーチャーに与えるダメージは術者レベル2毎に1d12(最大5d12)ポイントのダメージに増加する。スローの持続時間は2d6ラウンドに増加する。セーヴに成功した秩序属性のクリーチャーは、1ラウンドの間減速状態となる。

ケープ・オヴ・ワスプス

Cape of Wasps/蜂の外套
元呪文:ケープ・オヴ・ワスプス
 ワスプ・スウォームは術者を中心とした15フィート×15フィートの空間(術者の接敵面が1マスより大きい場合、術者のマスのうちの1つ)を占める。このスウォームが占める範囲にいるクリーチャーは通常通りその効果を受ける(これにはスウォームのわずらわす能力も含まれる)。術者の階梯をスウォームのわずらわす能力のDCに加える。
 術者が飛行するためにスウォームを使用すると、スウォームは術者の接敵面のみを占め、術者の飛行移動速度は30フィート(機動性は標準)となる。この状況でも、スウォームは遠隔攻撃に対して部分的な視認困難を提供する。

コード・オヴ・シャーズ

Chord of Shards/剃刀の和音
元呪文:コード・オヴ・シャーズ
 ダメージは2d8ポイントの刺突ダメージに増加し、全てのダメージ減少を無視する。この欠片でダメージを受けた全てのクリーチャーは1d8ポイントの[音波]ダメージを受ける。

コール・アニマル

Call Animal/動物の呼び寄せ
元呪文:コール・アニマル
 術者は術者レベル2毎に1体までの動物を呼び寄せることができる。術者の呼びかけに応えた動物の最初の態度は友好的である。これらの動物に影響を与えるために試みる〈動物使い〉判定に、術者の階梯を加えること。
 術者はこの呪文を使用して、【知力】が1~2の魔獣を呼び寄せることもできる。しかし魔獣はこの呪文に抵抗するため、(+4のボーナスを得て)意志セーヴを試みることができる。

コール・ライトニング

Call Lightning/落雷
元呪文:コール・ライトニング
 それぞれの雷が与えるダメージは3d10ポイント(嵐の天候において屋外で使用すると5d10ポイント)のダメージに増加する。このダメージの半分は[雷撃]ダメージであり、残りの半分は[音波]ダメージである。セーヴィング・スローに成功したクリーチャーは1ラウンドの間、目が眩んだ状態かつ聴覚喪失状態となる。セーヴィング・スローに失敗したものは1分の間、目が眩んだ状態かつ聴覚喪失状態となる。

コーン・オヴ・コールド

Cone of Cold/冷気放射
元呪文:コーン・オヴ・コールド
 与えるダメージは術者レベル毎に1d10ポイント(最大15d10)の[氷雪]ダメージに増加する。セーヴに失敗した全てのクリーチャーは体の一部を氷に覆われ、移動速度が半分に減少する。(冷気)もしくは(非実体)の副種別を持つクリーチャー、もしくは組みつかれることに完全耐性を持つクリーチャーは、この効果に完全耐性を持つ。移動速度の減少は氷が破壊されるまで持続する。氷の破壊にはこの呪文のDCに対する【筋力】判定もしくは解呪判定、あるいはそのクリーチャーに対して術者レベル毎に1ポイントの殴打ダメージもしくは[火炎]ダメージを与えることが必要となる。
 増強:術者が神話パワーを2回分消費すると、この呪文による冷気は巨大な雹、つらら、氷の破片のいずれかが降り注ぐ形に変化する。この呪文のダメージの半分は殴打ダメージ、刺突ダメージ、斬撃ダメージのうち術者が選択したいずれかとなり、残りの半分は[氷雪]ダメージとなる。

コマンド

Command/命令
元呪文:コマンド
 術者はレベルごとに1体までのクリーチャーを目標にすることができる。それぞれの目標に同じ命令を行わなければならない。セーヴィング・スローに成功したクリーチャーは、1ラウンドの間よろめき状態となる(これは[精神作用]効果である)。

コンセクレイト

Consecrate/聖別
元呪文:コンセクレイト
 術者の持つ属性(混沌、善、秩序のいずれか)から1つを選択すること。この呪文による攻撃ロール、ダメージ・ロール、セーヴへのペナルティは、選択した属性の対抗属性の副種別を持つ来訪者に対しても、まるでそれらがアンデッドであるかのように適用される。

コンテイジョン

Contagion/伝染病
元呪文:コンテイジョン
 効果を受けた目標は重度の伝染病にかかる。目標が触れたり目標に肉体武器や素手打撃で触れたりしたクリーチャーはセーヴを行わねばならず、失敗すると病気にかかる。これらの目標に対するセーヴDCは、この呪文のDC-4に等しい。目標は術者にこの病気を移すことはできない。
 増強(第7階梯):術者が神話パワーを5回分消費すると、この呪文は半径1マイル以内にいる全ての生きているクリーチャーを目標とする。術者は自分から視線が通るクリーチャーを、術者レベルごとに1体まで選択することができる。それらのクリーチャーはこの呪文の効果を受けない。

コンティンジェンシィ

Contingency/もしもの備え
元呪文:コンティンジェンシィ
 術者はまるでこの呪文の距離が接触であるかのように、自分もしくは別の同意するクリーチャー1体にこの呪文を発動することができる。この呪文に伴い他のクリーチャーに発動される呪文はそのクリーチャーの呪文ではなく、術者が発動した呪文でなければならない。また、条件が満たされるとそのクリーチャーに効果を及ぼす。目標は神話級コンティンジェンシィを知らない限り、一度に1つのコンティンジェンシィ呪文の効果しか受けることはできない。術者は自分自身に複数の呪文を併用でき、その数は1+術者の階梯の半分に等しい。
 増強(第5階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、発動時間は1全ラウンド+併用する呪文の発動時間に変更される。しかし神話級コンティンジェンシィの持続時間は術者レベルごとに1時間もしくはチャージ消費までに減少する。

コントロール・ウェザー

Control Weather/天候制御
元呪文:コントロール・ウェザー
 発動時間は1標準アクションに変更され、持続時間は2倍に伸びる。天候は11-術者の階梯に等しいラウンドが経過した後に変化する。
 増強(第6階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、術者は季節に拘らず任意の種類の天候を作り出すことができ、1ラウンド後に天候が変化する。

コンパニオン・マインド・リンク

Companion Mind Link/相棒との精神連結
元呪文:コンパニオン・マインド・リンク
 術者の動物の相棒は呪文で伝えられた複雑な指示を理解する。動物の相棒は(例え知らない芸であっても)任意の芸を行うことができ、あるいは【知力】能力値が8のクリーチャーが理解できる行動を行うこともできる。

コンフュージョン

Confusion/精神混乱
元呪文:コンフュージョン
 目標のターンの開始に非神話級版ではなく以下の表をロールし、目標が何を行うかを決定すること。

d% 振る舞い
01~25 目標は通常通り行動するが、目標の次のターンまで全ての攻撃ロール、技能判定、能力値判定に-2のペナルティを被る。
26~50 目標は支離滅裂なことを喚く以外には一切の行動を行うことができず、目標のターンまでACに-4のペナルティを被る。
51~75 目標は手に持ったアイテムで自分を攻撃し、2d8ポイント+【筋】修正値に等しいダメージを受ける。
76~100 目標は最も近くにいる仲間に攻撃を行う(この目的において、使い魔は仲間として扱う)。

 増強:術者がこの呪文の発動時に神話パワーを2回分消費すると、術者はラウンド毎に影響を受けているクリーチャー1体にこの表を2回ロールさせ、より高い出目を選択させることができる。

サークル・オヴ・デス

Circle of Death/死の魔法円
元呪文:サークル・オヴ・デス
 この呪文で殺すことのできるクリーチャーのヒット・ダイスの総数は、術者レベルごとに1d6(最大20d6)に増加する。この呪文が効果を及ぼすクリーチャーの最大HDに術者の階梯を加えること。(例えば、第3階梯の時点で、12HDを持つクリーチャーには効果を及ぼすことはできない。)
 増強(第6階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、この呪文に対するセーヴに成功したクリーチャーは階梯毎に1d6ポイントのダメージを受ける。

サーマウント・アフリクション

Surmount Affliction/苦悩の克服
元呪文:サーマウント・アフリクション
 術者は例え無防備状態であったとしても、術者は音声要素も動作要素もなくこの呪文を発動することができる(ただし気絶状態では発動できない)。術者は自分の階梯の半分に等しい数の有害な状態に、一時的に打ち勝つ。
 増強(第7階梯):術者が神話パワーを3回分消費すると、術者はこの呪文で通常打ち勝つことのできる全ての有害な状態に完全耐性を得る。加えて、術者は以下の状態の内1つに打ち勝つことができる(ただし完全耐性を得るわけではない):過労状態恐慌状態石化状態吐き気がする状態朦朧状態よろめき状態

サイレンス

Silence/静寂
元呪文:サイレンス
 この呪文はテレパシーにも効果を及ぼし、範囲内のあらゆる精神的なやりとりを遮断する。発動する時点で、術者は自分が発動した神話級サイレンスの効果に完全耐性を得るかどうかを選択することができ、同時に階梯毎にクリーチャー1体までに同様の完全耐性を与えることができる。神話級サイレンス完全耐性を持つクリーチャーは、通常通り[音波]効果の対象となる。

サイレント・イメージ

Silent Image/音なき幻像
元呪文:サイレント・イメージ
 持続時間は精神集中+術者レベル毎に1ラウンドに増加する。また、その効果は1辺10フィートの立方体8つ+術者レベルごとに1辺10フィートの立方体1つを超えない範囲の視覚的な虚像に増加する。
 増強(第6階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、持続時間は精神集中+術者レベル毎に1分に変更され、その効果は50フィートの放射までの視覚的な虚像に変更される。増強した神話級サイレント・イメージを移動することはできない。

サジェスチョン

Suggestion/示唆
元呪文:サジェスチョン
 神話級サジェスチョンは[言語依存]の補足説明を失い、半径10フィートの爆発の範囲にいる1体以上の生きているクリーチャーに変更される。

サモン・スウォーム

Summon Swarm/群れの招来
元呪文:サモン・スウォーム
 招来するスウォームはアドヴァンスト単純テンプレートを得る。ラット・スウォームもしくはスパイダー・スウォームは移動した跡にごみや膿漿を残す。これらはスウォームがその範囲を通過した後に1ラウンドだけ持続するグリース呪文の効果を持つ。汚染された範囲を通過したクリーチャーは、スウォームに攻撃されたかのようにこのスウォームの病気もしくは毒の目標となる。効果を受けた範囲で伏せ状態となったクリーチャーは、この効果に対するセーヴィング・スローに-4のペナルティを受ける。バット・スウォームは同様の痕跡を2ラウンド残すが、病気や毒の痕跡を残さない。

サンクチュアリ

Sanctuary/聖域
元呪文:サンクチュアリ
 攻撃者が守護された目標へ攻撃するための意志セーヴに成功した場合この攻撃に対する目標のACに術者の階梯を加える。目標が傷を癒やす呪文や能力を他のクリーチャーに使用する際、そのクリーチャーは1ラウンドの間、非神話級サンクチュアリの利益を得る。そのクリーチャーが攻撃することで非神話級サンクチュアリの効果を終了させた場合、その後目標によって治療されても、そのクリーチャーが非神話級サンクチュアリの効果を得ることはない。
 増強(第2階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、距離内にいる術者の階梯の半分に等しい数のクリーチャーを追加で選択する。それらのクリーチャーは非神話級サンクチュアリの利益を得る。

サンクティファイ・アーマー

Sanctify Armor/浄化の鎧
元呪文:サンクティファイ・アーマー
 術者は目標の鎧を身につけている間、DR5/悪を得る。術者が審判もしくは一撃能力を使用している間、この効果はDR10/悪に強化される。
 増強(第3階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、術者が審判もしくは一撃能力を使用する場合、清浄ボーナスとして術者のACに自身の階梯の半分を加える。

サンズ・オヴ・タイム

Sands of Time/時の砂
元呪文:サンズ・オヴ・タイム
 術者は目標を1段階ではなく2段階加齢させる。物体、人造アンデッドに与えるダメージは、5d6+術者レベル毎に+1(最大+20)ポイントのダメージに増加する。
 増強(第8階梯):術者が神話パワーを4回分消費すると、持続時間は瞬間に変更される。目標が生きているクリーチャーなら、その年齢段階は現在の年齢に拘らず古希となる。非神話クリーチャーはこの効果にセーヴィング・スローを行うことはできないが、神話クリーチャーはこの呪文のDCに対して頑健セーヴを試みることができ、成功すれば持続時間をレベル毎に10分に減少すると共に、その効果は自動的に古希に変更するのではなく年齢段階を2段階進めるものとなる。

 目標が物体、人造アンデッドのいずれかの場合、目標は術者レベルごとに30ポイントのダメージを受ける。頑健セーヴに成功した神話クリーチャーは半分のダメージを受ける。

サンビーム

Sunbeam/太陽ビーム
元呪文:サンビーム
 術者は術者レベル3毎に1本ではなく、術者レベル2毎に1本のビームを前方に呼び出す。ダメージは4d8ポイントのダメージに増加する。アンデッド・クリーチャー、菌類、地衣類、粘体、スライムに与えるダメージは術者レベルごとに1d8(最大20d8)ポイントのダメージに増加する。ビームに対するセーヴに成功したクリーチャーは1分の間目が眩んだ状態となる。
 増強(第9階梯):術者が神話パワーを3回分消費すると、術者が呼び出した1本目のビームは術者レベル2毎に1ラウンドの持続時間を持ち、術者が発動したラウンドには最大のダメージを与える。このビームの範囲内にいるクリーチャーはセーヴィング・スローを行い、失敗すると盲目状態となるが、この呪文のダメージに対してセーヴを試みることはできない。

サン・メタル

Sun Metal/太陽の金属
元呪文:サン・メタル
 この武器で与える追加ダメージは1d6ポイントの[火炎]ダメージに増加する。この武器の攻撃が命中した全てのクリーチャーは1ラウンドの間目が眩んだ状態となる(セーヴィング・スローは行えない)。クリティカル・ヒットとなると、目標は1ラウンドの間盲目状態となる(頑健・無効、DCはこの呪文のDCに等しい)。

シアリング・ライト

Searing Light/焼けつく光
元呪文:シアリング・ライト
 この呪文のダメージは術者レベル毎に1d6ポイント(最大10d6)に増加する。アンデッド・クリーチャーに与えるダメージは術者レベル毎に1d8ポイント(最大10d8)のダメージに増加する。アンデッド・クリーチャーが明るい光に特に弱い場合、術者レベル毎に2d6ポイント(最大20d6)のダメージを与える。人造に与えるダメージは術者レベル2毎に1d8ポイント(最大5d8)に増加する。命中したクリーチャーが光に過敏もしくは光による盲目化を持つ場合、この光による攻撃が命中した後1ラウンドの間、目標はこの弱点によるペナルティを受ける。

シールド・アザー

Shield Other/他者の守護
元呪文:シールド・アザー
 距離は長距離(40フィート+術者レベル毎に40フィート)に増加する。ダメージが適用される前に、神秘的なつながりを通して術者に転送されるダメージから術者の階梯を引くこと(最低1hpダメージ)。術者がつながりを持つ仲間にも影響を及ぼす効果に対して行うセーヴィング・スローの結果を変えるために活性能力を使用する際、その仲間は自分のセーヴィング・スローに術者の活性によるボーナスを得る。その仲間も自分の活性能力を使用する場合、自分の結果か術者の結果か、いずれか高い方を適用する。

シールド・オヴ・フェイス

Shield of Faith/信仰の盾
元呪文:シールド・オヴ・フェイス
 この呪文による反発ボーナスに術者の階梯の半分を加えること。

シェア・グローリー

Share Glory/栄光の共有
系統:変成術;レベル:ウィザード/ソーサラー3、ウィッチ3、クレリック3、サモナー2、ドルイド3、バード2
発動時間:1標準アクション
構成要素:音声、動作
距離:近距離(25フィート+5フィート/2レベル)
目標:非神話クリーチャー1体/3レベル
持続時間:1分/レベル
セーヴィング・スロー:意志・無効(無害);呪文抵抗可(無害)
 術者は自分の神話的な本質の欠片を目標に注ぎ込む。目標は道能力、呪文、その他神話クリーチャーには異なる働きをする効果に対して、神話クリーチャーとして扱われる。この効果は目標に神話階梯や神話パワーの使用回数を与えることはない。他人が神話クリーチャーに異なる効果を持つ能力を使用した際に、単により優位になるだけである。術者がこの呪文を発動するには、少なくとも第1階梯を持つ神話キャラクターでなければならない。

ジッターバグス

Jitterbugs/いらつき虫
元呪文:ジッターバグス
 この呪文の第2ラウンドの開始時、効果を受けた目標は自分のターンに頑健セーヴを行わねばならず、失敗すると、まるで実際のスウォームからわずらわす能力を受けたかのように1ラウンドの間吐き気がする状態となる。

ジャイアント・ヴァーミン

Giant Vermin/蟲類巨大化
元呪文:ジャイアント・ヴァーミン
 術者がこの呪文で変化させたDR5/魔法を得ると共に、アドヴァンスト・クリーチャー・テンプレートもしくはジャイアント・クリーチャー・テンプレートのいずれかを得る。
 増強(第6階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、術者が変化させたはこの呪文が持続する限りアジール神話テンプレートもしくはサヴィッジ神話テンプレートのいずれかを得る。
 術者が少なくとも第9階梯で、神話パワーを3回分消費すると、持続時間は瞬間となり、このは巨大なサイズを保ち続ける。術者の階梯に等しい日数が経過すると、別に目標を制御する手段を持たない限り術者はこのに対する制御を失い、目標はアジール神話テンプレートもしくはサヴィッジ神話テンプレートを失う。しかし依然として、アドヴァンスト・クリーチャー・テンプレートもしくはジャイアント・クリーチャー・テンプレートを保持し続ける。

シャウト

Shout/絶叫
元呪文:シャウト
 範囲内のクリーチャーが聴覚喪失状態になる時間は4d6ラウンドに増加し、与えるダメージは5d8ポイントの[音波]ダメージに増加する。結晶質のクリーチャーや脆い物体もしくは結晶質の物体へ与えるダメージは、術者レベルごとに1d8(最大15d8)ポイントの[音波]ダメージに増加する。結晶質のクリーチャーは音エネルギーと反響し、術者の階梯に等しいラウンドの間、術者のターンに4ポイントの[音波]ダメージを受ける。

シャター

Shatter/破砕
元呪文:シャター
 術者が効果を及ぼす最大の物質の重量を決定する際、術者の術者レベルに術者の階梯を加えること。目標が結晶質のクリーチャーの場合、この呪文のダメージは術者レベルごとに1d8(最大10d8)ポイントの[音波]ダメージに増加する。術者は魔法的な物体1つに、まるでそれが結晶質のクリーチャーであるかのようにダメージを与えることができる。この呪文が物体を破壊したり、結晶質のクリーチャーにダメージを与えると、この呪文の効果範囲もしくはクリーチャーの接敵面で欠片が砕け、まきびしのように働く。

シャドウ・アンカー

Shadow Anchor/影の錨
元呪文:シャドウ・アンカー
 術者の階梯を影の紐のCMDに加える。次元界移動や瞬間移動を用いて影の紐から逃れようとするクリーチャーは意志セーヴィング・スローを行わねばならず、失敗すると想定した行き先ではなく影界に追いやられる。これはちょうどシャドウ・ウォークを発動したかのように扱う(目標が現在の位置からシャドウ・ウォークを使用しても影界に至れない場合、この呪文のこの部分は効果を発揮しない)。

シャドウ・ウェポン

Shadow Weapon/影の武器
元呪文:シャドウ・ウェポン
 その武器が持つことのできる強化ボーナスや武器の特殊能力を決定する際、術者の階梯を術者の術者レベルに加えること。その武器は信じていないクリーチャーや物体に対して、1ポイントだけのダメージではなく半分のダメージを与える。
 術者は即行アクションを使用することでこの武器を術者の指に嵌められたくすんだ黒い金属製の指輪に変化させたり、その指輪の形から術者の手に握られた武器の形に戻すことができる。

ショッキング・グラスプ

Shocking Grasp/電撃の手
元呪文:ショッキング・グラスプ
 この呪文のダメージは術者レベルごとに1d8(最大5d8)ポイントの[雷撃]ダメージに増加する。目標が金属鎧を身につけているか金属で作られた存在である場合、術者は目標に対して、フリー・アクションで組みつき戦技を試みることができる。
 また、目標が金属製の武器を手にしているなら、術者はその武器に対してフリー・アクションで武器落としを試みることができる。このフリー・アクションで行われる戦技は、機会攻撃を誘発しない。
 増強:術者が神話パワーを2回消費し、フリー・アクションの組みつき戦技もしくは武器落とし戦技が成功すると、目標は術者の次のターンまでよろめき状態となる。これは[雷撃]効果である。

スコーチング・アッシュ・フォーム

Scorching Ash Form/赤熱する灰形態
元呪文:スコーチング・アッシュ・フォーム
 与えるダメージは3d6ポイントの[火炎]ダメージに増加する。それ以外の点については、神話級ガシアス・フォームと同様に変化する。
 増強:術者が神話パワーを2回分消費すると、目標は移動アクションとしてスコーチング・アッシュ・フォームの姿をとったり解除したりすることができるようになる。

スコーチング・レイ

Scorching Ray/灼熱の光線
元呪文:スコーチング・レイ
 各光線が与えるダメージは6d6ポイントの[火炎]ダメージに増加する。1本目の光線は[火炎]に対する抵抗および[火炎]に対する完全耐性を無視する。

スコーリング・ウィンズ

Scouring Winds/砂混じりの暴風
元呪文:スコーリング・ウィンズ
 この呪文によるダメージは4d8ポイントの刺突ダメージに増加する。範囲内の全てのクリーチャーは術者のターンの開始時に反応セーヴを行わねばならず、失敗するとその範囲にいる間と離れてから1d4ラウンドの間、盲目状態になる。
 増強(第5階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、砂嵐の半径と高さは40フィートに増加し、与えるダメージは6d8ポイントの刺突ダメージに増加する。毎ラウンド、術者はこの嵐を移動アクションとして50フィートまで移動させるか、即行アクションとして10フィートまで移動させるかすることができる。

スティール・パワー

Steal Power/神話パワー盗み
系統:死霊術;レベル:ウィザード/ソーサラー5、ウィッチ5、クレリック5、
発動時間:1標準アクション
構成要素:音声、動作
距離:近距離(25フィート+5フィート/2レベル)
目標:神話クリーチャー1体
持続時間:瞬間
セーヴィング・スロー:意志・無効;呪文抵抗
 術者は神話クリーチャーからその力を奪い、術者自身の力を回復させる。目標は神話パワーの使用回数を1d4回分失う。術者が神話パワーを消費する能力を持つなら、術者は目標が失った使用回数毎に1回分の使用回数を回復する。

スティンキング・クラウド

Stinking Cloud/悪臭の雲
元呪文:スティンキング・クラウド
 セーヴに成功したクリーチャーは、この雲の中にいる間と雲から出て1d4+1ラウンドが経過するまでの間、不調状態となる。セーヴに失敗したクリーチャーは、雲から出て1時間の間不調状態であり続ける。

ストーム・オヴ・ヴェンジャンス

Storm of Vengeance/天罰の嵐
元呪文:ストーム・オヴ・ヴェンジャンス
 酸の雨が与えるダメージは1d8ポイントの[強酸]ダメージに増加する。稲妻が与えるダメージは10d8ポイントの[雷撃]ダメージに増加する。術者は(3ラウンド目に呼び降ろすのと同じ数の)稲妻を、2ラウンド目と4ラウンド目に呼び降ろすことができる。術者はこの呪文を発動している間に同じ目標に対して稲妻を放つことができるが、同じラウンドには同じ目標に1つしか放つことはできない。
 増強(第7階梯):術者が神話パワーを3回分消費すると、この嵐の雲の半径は1,000フィートに増加する。嵐の中にある建造物は毎ラウンド1d10ポイントのダメージを受ける(このダメージは硬度を無視する)。術者は2ラウンド目と4ラウンド目に追加で1本の稲妻を、3ラウンド目に追加で3本の稲妻を呼び降ろすことができる。

ストーン・シェイプ

Stone Shape/石材形成
元呪文:ストーン・シェイプ
 持続時間は1ラウンド/レベル及び瞬間(本文参照)に変更される。呪文を発動した後の各ラウンドで、術者は標準アクションにより、追加で5立方フィートまでの接触した石の形を変えることができる。形状を変えられた石は瞬間の持続時間を持つ(すなわち、この呪文が終了すると元の姿に戻すことはできない)。

ストーンスキン

Stoneskin/石の皮膚
元呪文:ストーンスキン
 目標は病気、毒、朦朧状態にする効果に対するセーヴィング・スローに+4のボーナスを得る。目標に対するクリティカル・ヒットや急所攻撃は、ちょうど目標がモデレット・フォーティフィケーション鎧を着ているかのように、50%の確率で通常の命中となる。

ストラングリング・ヘア

Strangling Hair/絞め殺す髪
元呪文:ストラングリング・ヘア
 術者は自分の髪を用いて組みつき戦技ではなく、足払い、裏技、盗み取り、武器落としの戦技を試みることができる。自分の髪を用いた戦技判定と、組みつきの一部として行われる髪のダメージ・ロールに術者の階梯を加える。

スパイク・ストーンズ

Spike Stones/トゲある岩石
元呪文:スパイク・ストーンズ
 この呪文が与えるダメージは2d6ポイントの刺突ダメージと1ポイントの出血ダメージに増加する。魔法の罠に気付くためのDCに術者の階梯を加えること。

スパイダー・クライム

Spider Climb/クモ渡り
元呪文:スパイダー・クライム
 目標は自分の基本地上移動速度もしくは30フィート(どちらか高い方)の登攀移動速度を得る。目標は登攀中に疾走アクションを行うことができ、登攀中に片手を自由にすることができる。
 目標は蜘蛛の糸ジャイアント・スパイダー蜘蛛の糸を含む)、ウェブ呪文、および(足留め袋を含む)同種の2レベル以下の粘着性の効果を自由に通過することができる。これはちょうど、フリーダム・オヴ・ムーヴメントを使用しているかのように扱われる。

スピリチュアル・ウェポン

Spiritual Weapon/心霊武器
元呪文:スピリチュアル・ウェポン
 この武器は以下の魔法の武器特殊能力から1つを術者が選択したものを得る。キーンサンダリングショックフレイミングフロストマーシフル。この武器がラウンド中に全ての攻撃を行う前か全ての攻撃を行った後に、術者は移動アクションではなく即行アクションとして、異なる目標を狙うよう指示することができる。

スリープ

Sleep/睡眠
元呪文:スリープ
 この呪文は8ヒット・ダイスまでのクリーチャーに効果を及ぼす。術者はこの呪文がどのクリーチャーに効果を及ぼすかの順番を選択することができる。本来眠っているクリーチャーを自動的に目覚めさせる効果は、代わりに目覚めるための新しい意志セーヴィング・スローを試みさせることができる。
 増強(第8階梯):術者が神話パワーを3回分消費すると、術者は術者を中心とした半径1マイルの範囲にいる、術者を除く8ヒット・ダイス以下の全ての生きているクリーチャーを目標とすることができる。セーヴィング・スローに失敗したクリーチャーは、術者の階梯に等しい日数だけ眠りに落ちる。術者は自分の階梯に等しい数までのクリーチャーを選択し、この呪文の効果を受けないようにすることができる。

スロー

Slow/減速
元呪文:スロー
 攻撃ロール、反応セーヴ、およびACへのペナルティは-2に増加し、効果を受けたクリーチャーは1/4の移動速度で移動する。効果を受けたクリーチャーから1体を選択すること。そのクリーチャーはACに対する【敏捷力】ボーナスを失う。

セイクレッド・ボンド

Sacred Bond/清浄の絆
元呪文:セイクレッド・ボンド
 互いに召喚術(治癒)呪文を発動できる術者と目標との距離は中距離(100フィート+術者レベルごとに10フィート)に増加する。術者もしくは目標がセイクレッド・ボンドを使用して他人に(治癒)呪文を発動する際、呪文を発動した者も同時にその呪文が回復する最小値だけヒット・ポイントを回復する。
 増強(第6階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、このつながりを通して(治癒)呪文を発動すると、呪文を発動した者はその呪文が回復する最小値ではなく、通常の値だけ回復する。
 術者と目標は、癒しの手のような目標型の治癒能力を使用して互いを回復するために、このつながりを使用することができる。(治癒)呪文とは異なり、治癒能力を使用したキャラクターはこの方法で自分を回復することはできない。

セーヴィング・フィナーリ

Saving Finale/セーヴの大団円
元呪文:セーヴィング・フィナーリ
 セーヴィング・スローの再ロールにおけるボーナスに、術者の階梯を加える。

セフト・ウォード

Theft Ward/防護盗み
元呪文:セフト・ウォード
 術者の階梯を〈知覚〉判定へのボーナスに加える。このアイテムに対する武器落とし戦技及び盗み取り戦技に対するCMDに術者の階梯を加える。

センディング

Sending/送信
元呪文:センディング
 術者は追加で自分の階梯に等しい数のクリーチャーと追加で連絡を取ることができる。それぞれのクリーチャーは同じメッセージを受け取らなければならず、術者のみへ返信することができる。
 増強(第3階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、術者は友好的でないクリーチャーにメッセージを送ることができる(増強されていない神話級センディングと同じ数のクリーチャーに使用する)。術者は一般的な用語か特定の用語で受け取り先を描写する(例えば、「オーク」、「この国の女王」、「左利きのハーフエルフの男性」など)か、距離、クリーチャー種別、属性などで特定する(「この丘にある城にいる、全ての善属性の人型生物」)かしなければならない。術者が指定したクリーチャーが術者の送ることのできる最大数よりも多い場合、術者から最も近いものがメッセージを受け取る。

ソリッド・フォッグ

Solid Fog/粘霧
元呪文:ソリッド・フォッグ
 近接攻撃ロールとダメージ・ロールに対するペナルティは-4に増加する。雲の半径と高さはいずれも50フィートに増加する。
 増強:増強された神話級ソリッド・フォッグは増強された神話級フォッグ・クラウドと同様の利益を得る。

ダークネス

Darkness/暗闇
元呪文:ダークネス
 範囲内の明度は、現在の明度段階に拘らず暗闇になる。非神話呪文及び効果はこの範囲の明度を増加することはない。暗視闇を見通す能力を持つクリーチャーはこの暗闇を見通すことが難しく、人間が薄明かりを見通すように先を見通すことができる。この暗闇の範囲にいるクリーチャーは[恐怖]に対するセーヴに-2のペナルティを受ける。

タイム・ストップ

Time Stop/時間停止
元呪文:タイム・ストップ
 近距離(25フィート+術者レベル2毎に5フィート)の範囲内にいる術者の階梯の半分以下の数のクリーチャーを選択すること。神話級タイム・ストップはこれらのクリーチャーに術者と同じ見かけ上の効果を与える。すなわち、術者が行動できるラウンド数と同じ期間だけ行動を行うことができる。術者とこれらのクリーチャーは、時間が止まっているようにみえる間、通常通り互いに影響を及ぼすことができる。
 増強(第10階梯):術者が神話パワーを3回分消費すると、見かけ上の時間の持続時間はレベルごとに1時間に増加する。術者と他の影響を受けたクリーチャーは、この呪文が起動している間休憩や睡眠による利益を得ることはない。

ダスト・オヴ・トワイライト

Dust of Twilight/黄昏の塵
元呪文:ダスト・オヴ・トワイライト
 この呪文の頑健セーヴに失敗したクリーチャーは、同じDCの意志セーヴに成功しなければ眠りに落ちる(スリープ呪文と同様)。このセーヴに成功したクリーチャーは単に(ララバイ呪文のように)眠気を催した状態となる。
 増強:術者が神話パワーを2回分消費すると、神話級ダスト・オヴ・トワイライトが解呪する[光]呪文のレベルに術者の階梯の半分を加える。

タッチ・インジェクション

Touch Injection/接触注入
元呪文:タッチ・インジェクション
 術者の階梯の半分を、この呪文で術者が注入する毒もしくはポーションのDCに加える。術者が技能ボーナスを与えるものを使用したなら、その技能ボーナスに術者の階梯を加える。

ダムネーション・ストライド

Damnation Stride/破滅の歩み
元呪文:ダムネーション・ストライド
 火の爆発は硫化ガスと硫黄の煙を作り出し、これらはスティンキング・クラウドと同様に機能する(この呪文と同じ持続時間と、独立した頑健セーヴを持つ)。
 増強(第6階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、術者は自分に隣接する同意しないクリーチャー1体を運ぶ。術者はさらにクリーチャーを運ぶこともできるが、それぞれは術者に隣接していなければならず、追加の1体毎に追加で神話パワーを1回分消費しなければならない。これらのクリーチャーは最初に火の爆発とスティンキング・クラウドに対してセーヴィング・スローを試みねばならず、その後術者と一緒に瞬間移動することに抵抗するために意志セーヴを試みることができる。

チェイン・ライトニング

Chain Lightning/連鎖電撃
元呪文:チェイン・ライトニング
 この呪文は術者レベルごとに1d10(最大20d10)ポイントのダメージを与え、二次目標に対するセーヴDCは減少しなくなる。二次目標は他の目標と互いに30フィート以内にいなければならないが、一次目標との距離に制限はない。

チェンジスタッフ

Changestaff/杖変化
元呪文:チェンジスタッフ
 この呪文で作られるトリエントに似たクリーチャーは神話クリーチャーとして扱われ、DR10/斬撃ではなくDR10/エピック及び斬撃を得る。
 増強(第7階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、このクリーチャーはサヴィッジ神話テンプレートを得る。

チル・メタル

Chill Metal/金属冷却
元呪文:チル・メタル
 2ラウンド目と6ラウンド目に与えるダメージは1d8ポイントの[氷雪]ダメージに、3ラウンド目から5ラウンド目に与えるダメージは2d8ポイントの[氷雪]ダメージに増加する。各ラウンドでこの呪文から[氷雪]ダメージを受ける際、目標は同時に1ポイントの【敏捷力】ダメージを受ける(頑健・無効)。

ツナミ

Tsunami/津波
元呪文:ツナミ
 波の幅は術者レベル毎に20フィート、高さは術者レベル毎に3フィートに増加する。波に叩きつけられたダメージは12d6ポイントの殴打ダメージに増加する。術者の階梯を波の特殊戦技判定に加える。波から逃れることに失敗したものが受けるダメージは、6d8ポイントの殴打ダメージに増加する。
 増強(第5階梯):術者が神話パワーを3回分消費すると、術者は真に恐ろしい波を作り出す。この波は深さ20フィート、幅は術者レベル毎に20フィート、高さは術者レベル毎に5フィートに増加する。この効果の持続時間は10ラウンドに増加し、波の移動速度は水面上でラウンド毎に120フィート、地上や水中ではラウンド毎に60フィートに増加する。

ディープ・スランバー

Deep Slumber/深きまどろみ
元呪文:ディープ・スランバー
 この呪文は神話級スリープと同様に機能するが、20ヒット・ダイスまでのクリーチャーに効果を及ぼす。また、術者は範囲ではなくクリーチャー1体を目標にすることができ、そうすると持続時間はレベル毎に1時間に増加する。
 増強(第5階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、この呪文の効果を受けたクリーチャーは神話級の効果によってのみ目覚めることができる。術者が第5階梯で神話パワーを3回分消費すると、持続時間は階梯毎に10年に増加する。術者が第5階梯で神話パワーを4回分消費すると、この呪文は両方の増強効果を得る。この呪文により何年もの間眠ることとなったクリーチャーは通常通り年を取り呼吸もするが、呪文が終了するまで飲食の必要はない。

ディヴァイン・パースート

Divine Pursuit/神聖な追跡
元呪文:ディヴァイン・パースート
 この呪文により得られる移動形態の移動速度は30フィートに増加する。この修正は強化ボーナスとして扱う。術者は選択したクリーチャーに対して行う〈生存〉及び〈知覚〉技能判定にボーナスを得る。これは術者が善属性であれば清浄ボーナスであり、悪属性であれば不浄ボーナスである。術者が中立の場合、清浄ボーナスか不浄ボーナスかを選択すること。

ディヴァイン・フェイヴァー

Divine Favor/神寵
元呪文:ディヴァイン・フェイヴァー
 術者はセーヴィング・スローと技能判定にも幸運ボーナスを得る。また、術者はこの呪文を同意する別のクリーチャー1体に発動することもできる。この場合、距離は接触となり、目標は接触した生きているクリーチャー1体に変更される。

ディクタム

Dictum/法の言説
元呪文:ディクタム
 非神話クリーチャーに対するこの呪文の効果を決定する際、術者レベルに術者の階梯を加えること。秩序属性でないクリーチャーはこの呪文に対するセーヴに失敗すると、攻撃ロールとセーヴィング・スローに-4のペナルティを受け、この呪文の他の効果が持続している限り、目標の呪文抵抗は5だけ減少する。

ディスインテグレイト

Disintegrate/分解
元呪文:ディスインテグレイト
 与えるダメージは術者レベル毎に3d6ポイント(最大60d6)のダメージと、1d4ポイントの【耐久力】ダメージに増加する。セーヴィング・スローに成功したクリーチャーは5d8ポイントのダメージと、1ポイントの【耐久力】ダメージを受ける。
 この呪文により【耐久力】能力値が0にまで減少したクリーチャーは、完全に分解される。
 増強(第7階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、術者は光線を2本射出する。
 また、術者は1本しか光線を発射しない代わりに、目標が非神話クリーチャーでセーヴィング・スローに失敗したなら、現在のhpに関係なく自動的に目標を分解することもできる。

ディスコーダント・ブラスト

Discordant Blast/不協和音波
元呪文:ディスコーダント・ブラスト
 与えるダメージは5d6ポイントの[音波]ダメージに増加し、術者は目標を押しやるために行う戦技判定に+2のボーナスを得る。この呪文は非神話級の魔法的な静寂を貫通し、4レベル以下の非神話級サイレンス効果を解呪する。

ディスフィギャリング・タッチ

Disfiguring Touch/外見崩しの接触
元呪文:ディスフィギャリング・タッチ
 目標は1つではなく、(同じ一覧から選択した)2つの異なるペナルティを受ける。
 増強:術者が神話パワーを2回分消費すると、目標は痛みを伴う変形により疲労状態となる。この疲労状態が呪いを除去すること無く無効化されたなら、この状態は1時間後に再開する。

ディスペル・マジック

Dispel Magic/魔法解呪
元呪文:ディスペル・マジック
 目標型解呪として使用する場合、この呪文は1つだけではなく、目標に効果を及ぼしている呪文2つを終了させることができる。目標型解呪が少なくとも呪文1つの解呪に成功したなら、術者は解呪した呪文の呪文レベル毎に1d4ポイントのダメージを回復する。術者が呪文を2つ解呪すると、この回復には解呪した最も高い呪文のみ適用される。術者がこの呪文を相殺のために使用すると、解呪判定を2回ロールしより高い結果を選択する。

ディセクレイト

Desecrate/冒涜
元呪文:ディセクレイト
 術者が持つ属性要素(混沌、悪、秩序)を1つ選択する。選択した属性と対立する属性の副種別を持つ来訪者は範囲内にいる限り、攻撃ロール、ダメージ・ロール、セーヴに-1のペナルティを被る。

ディテクト・スクライング

Detect Scrying/念視の感知
元呪文:ディテクト・スクライング
 この呪文は術者を念視しているクリーチャーの視覚的な映像を、自動的に術者に提供する。念視している存在が非神話級の手段を用いている場合、術者はその存在が術者からどの方角、どの距離にいるかを正しく知覚することができる。ノンディテクションや術者がクリーチャーを識別するその他の効果(ただしマインド・ブランクを除く)を克服する目的において、術者は自動的にセーヴィング・スローに成功する。
 術者がクリーチャーの方角と距離をこの呪文で知ったなら、術者は割り込みアクションとして、念視の感覚器官を通して、このクリーチャーを目標とした[精神作用]呪文を発動することができる。この呪文が本来なら範囲や複数のクリーチャーに効果を及ぼす呪文であったとしても、念視を行っているクリーチャーにのみ効果を及ぼす。術者はこのクリーチャーに対して呪文を発動する場合、この呪文のレベルに等しい回数の神話パワーを消費しなければならない。
 増強(第6階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、マインド・ブランクであっても術者が念視をしているクリーチャーを識別することを妨害できなくなる。術者が1マイル以内にあるそのクリーチャーの位置に瞬間移動する場合、術者は目標の下に(失敗確率なく)到達し、非神話級の瞬間移動を阻害する効果を無視する。また、術者はこのクリーチャーが1分以内に瞬間移動することを妨害することができる(意志・無効、DCは10+術者の階梯の2倍に等しい)。このようにするためにはそのクリーチャー自身が瞬間移動を使用しなければならないが、術者はそれが目標に到達し、術者の場所に瞬間移動することを阻害するために非神話級の効果を通過することを保証する。

ディファイル・アーマー

Defile Armor/鎧穢し
元呪文:ディファイル・アーマー
 術者は目標となった鎧を身につけている間、DR5/善を得る。術者が審判もしくは一撃能力を使用する間、この効果はDR10/善に強化される。
 増強(第3階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、術者が審判もしくは一撃を使用する間、術者のACに術者の階梯の半分を不浄ボーナスとして加える。

デイブレイク・アロー

Daybreak Arrow/夜明けの矢
元呪文:デイブレイク・アロー
 アンデッド及び陽光で傷つけられるクリーチャーへ与える追加ダメージは1d8に増加する。効果を受けた矢弾はほとんど光のエネルギーで構成され、アンデッドや陽光で傷つけられる目標の全てのダメージ減少を無視する。陽光棒と同等の光を放つ効果の持続時間は1分に増加する。

ディメンジョナル・ロック

Dimensional Lock/次元間移動拘束
元呪文:ディメンジョナル・ロック
 この呪文は術者の次元間移動を行う呪文や効果を妨げない。
 増強(第4階梯):術者は神話級ディメンジョナル・ロックを増強し、瞬間移動するクリーチャーの移動先を別の場所に変えることができる。術者が神話パワーを2回消費すると、術者が非常によく知っている場所に目的地を変えることができる。この場所は術者と同じ次元界にある場所でなければならない。この呪文の範囲の外側からこの範囲へ次元間移動を使用しようとしたクリーチャーは、代わりにこの別の場所に移動する。
 クリーチャーは術者の術者レベルに対して〈呪文学〉判定を試みることができる。この判定に成功すると、クリーチャーは移動先が変更されることに気付き(しかしその移動先は分からない)、呪文発動を中断することで呪文は失われるが瞬間移動を行わないようにすることができる。

ディメンジョン・ドア

Dimension Door/次元扉
元呪文:ディメンジョン・ドア
 この呪文の持続時間は術者レベル2毎に1ラウンドに変更され、一時的で不可視状態の一方通行の門を術者のマスに作り出す。移動先は術者が決定する。術者は直ちにその門を通り抜け望む場所に到着するが、術者は自分と一緒に他のクリーチャーを連れて行くことはできない。
 この呪文を発動する際、術者は自分の術者レベルに等しい数のクリーチャーを指定することができる。これらのクリーチャーはこの門を見ることができ、また使用することができる。この門を通り抜けることで指定した先に到着する(これはアクションではない)。門を通り抜けたクリーチャーは、次のターンまで一切のアクションを行うことができない。

デイライト

Daylight/陽光
元呪文:デイライト
 さらに半径60フィートを覆う光が、現在の明度に拘らず少なくとも通常の明るさになる。眩しい光でペナルティを受けるクリーチャーは、この呪文で作られた眩しい光の範囲にいる間、2倍のペナルティを受ける。この眩しい光の範囲にいる他の全てのクリーチャーは、〈知覚〉判定と[恐怖]に抵抗するためのセーヴに+2の状況ボーナスを得る。

デヴォリューション

Devolution/退化
元呪文:デヴォリューション
 セーヴィング・スローは意志・不完全に変更される。このセーヴに成功すると、幻獣は進化を1つ、無作為に選択して失う。

デス・ネル

Death Knell/弔鐘
元呪文:デス・ネル
 この呪文の距離は近距離(25フィート+術者レベル2毎に5フィート)に増加する。この呪文から得られる一時的hpは2d8に増加し、【筋力】への強化ボーナスは+4に増加し、【敏捷力】に+4の強化ボーナスを得る。
 増強(第3階梯):術者が神話パワーを2回分使用すると、発動時間は1割り込みアクションに減少し、術者は直前のターンで術者が殺したクリーチャーを、まだ生きているかのように目標とすることができる。死亡状態の目標はセーヴを行えない。

デスレス

Deathless/不死化
系統:死霊術;レベル:アルケミスト4、インクィジター4、ウィザード/ソーサラー4、ウィッチ4、クレリック4、
発動時間:1標準アクション
構成要素:音声、動作
距離:接触
目標:接触した生きているクリーチャー
持続時間:1ラウンド/レベル
セーヴィング・スロー:頑健・無効(無害);呪文抵抗可(無害)
 目標の魂は肉体に強く固定され、ヒット・ポイントへのダメージによる死亡を抑止する。目標のヒット・ポイントがどれだけ低くなろうとも、目標は生きたままである(しかし必ずしも意識を保っているというわけではない)。
 この呪文はヒット・ポイントへのダメージ以外の原因――【耐久力】ダメージや【耐久力】吸収、[即死]効果、生命力吸収など――による死を妨げることはない。ヒット・ポイントを回復する呪文は、目標となったクリーチャーに通常通り効果を及ぼす。
 神話級:術者が神話パワーを1回分消費すると、術者は術者と腹心の魂をつなぐ錨となる。射程は30フィートに増加し、クリーチャー1体に効果を及ぼすのではなく、術者を中心とした半径30フィートの放射範囲にいるすべての仲間に効果を及ぼす。
 増強(第8階梯):術者が神話パワーを3回分消費すると、この呪文の距離は1マイルに、範囲は術者を中心とした半径1マイルの放射に増加する。

テラフォーム

Terraform/居住可能地域
系統:変成術;レベル:ウィザード/ソーサラー7、ウィッチ7、クレリック7、ドルイド6
発動時間:1時間
構成要素:音声、動作、物質(10,000GPの価値がある希少な鉱石、本文参照)
距離:100フィート
効果範囲:術者を中心とした半径100フィートの放射
持続時間:1日/レベル(本文参照)
セーヴィング・スロー:なし;呪文抵抗不可
 術者は効果範囲の地形や気候を変え、この星や次元界に適した新しい地形や気候とする。例えば、術者は砂漠を草原に変えることができる。この呪文を発動するには、術者は物質要素とともに神話パワーを10回分消費しなければならない。この効果はこの範囲の気候や通常の植物を新しい地形に適したものに変えるが、クリーチャーやその地の構造には効果を及ぼさない。岩でできた丘を森林に変換すると下生えは灌木や小さな木に変わるが、丘を平らにしたり、動物をこの新しい環境に適した形に変化させることはない。
 術者は気候を1段階(warm、temperate、cold)変えることができる。地形の変化が最大でどの程度まで行えるかはGMの判断によるが、一般には類似の地形種別や地形種別から1段階(例えば一般の森林から巨木や薄い下生えの森、浅い沼から深い沼、など)までとする。術者はまばらな森を比較的乾燥した沼など、土地を類似の地形種別に変化させることもできる。こういった変化の影響を受けた地に住んでいたクリーチャーは、気候にそぐわない場合はその地から逃げ出すかすぐに死亡する。どうなるかはそのクリーチャーの機動力と変化に気づいたかに依存する。
 この呪文を同じ範囲に複数回発動すると、この地を周りの土地と比べて全く異なる地形や気候に変えることもできる。GMはこのような地形変化がそぐわないとか持続時間を短くしてもよいし、その地に適したものとして持続時間を伸ばしてもよい。
 この呪文は変化の性質や隣接する地形の種別などに基づき多くの二次的効果を持ち得る。これらは状況に応じてGMによって決定されなければならない。例えば、砂漠を変化すると植物を維持するために地下から水を引き上げる必要があり、近くの範囲の地下水位が激減するかもしれない。雪の降るツンドラの中心に温かい砂漠を作ると、境界地域は泥濘と化し、暖気と寒気がぶつかることで頻繁に嵐が起きることになるだろう。
 術者が少なくとも第8階梯なら、術者は神話パワーを10回分ではなく20回分消費することで距離を1マイルに、範囲を術者を中心とした半径1マイルの放射に、持続時間を術者レベル毎に1ヶ月に増加することができる。

テレキネシス

Telekinesis/念動力
元呪文:テレキネシス
 この呪文の持続時間はレベル毎に1ラウンドに変更される。術者は移動アクションを消費することで、この呪文による“持続的な力”効果や“戦技”効果を使用することができる。
 “持続的な力”を使用する際、術者は自分の階梯までの物体を移動させることができる。それらは同じマスに存在しなければならず、全ての重量をあわせてこの呪文の重量上限を超えないようにしなければならない。
 “激しく押す力”を使用するとこの呪文は終了するが、重量限界は術者レベル毎に50ポンド(最大750ポンド)に増加する。

トゥルー・ストライク

True Strike/百発百中
元呪文:トゥルー・ストライク
 効果を受けた攻撃は全てのダメージ減少を無視する。
 増強(第2階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、術者はこのラウンドにおける2回目の攻撃に+10の洞察ボーナスを、このラウンドにおける3回目の攻撃に+5の洞察ボーナスを得る。2回目の攻撃と3回目の攻撃は術者のターンに行われても、術者の次のターンの前にある別のクリーチャーのターン(例えば機会攻撃を試みる場合など)に行われても良い。

トゥルー・フォーム

True Form/真の姿
元呪文:トゥルー・フォーム
 この呪文の目標は術者レベル2毎にクリーチャー1体までに変更される。目標が特定の形態に変身する能力を持つクリーチャー(バーゲストライカンスロープなど)の場合、術者はそのクリーチャーがどの姿を取るかを選択することができる。そのようなクリーチャーの姿を強制的に変えるには、術者はその姿を以前見たことがあるか、適切な〈知識〉判定に成功してそのクリーチャーがどのような姿に変化する能力を持つか知っていなければならない。
 増強(第6階梯):術者が神話パワーを3回分消費すると、この呪文は全ての変身するクリーチャーに効果を及ぼす範囲を作り出す。射程は30フィートに変化し、この呪文は術者を中心とした半径30フィート内にいる全てのクリーチャーに効果を及ぼす。各クリーチャーはこの範囲にいるラウンド毎に、この呪文に対するセーヴィング・スローを試みなければならない。

ドミネイト・パースン

Dominate Person/人物支配
元呪文:ドミネイト・パースン
 目標が支配されていることに気付くための〈真意看破〉のDCは術者の階梯の2倍だけ増加する。目標がプロテクション・フロム・イーヴルなど、魔法的な制御を妨げる非神話級の効果によって守られていたとしても、術者は目標に指示を下すことができる。目標が神話級の効果によって守られている場合、術者はこの守護を打ち破るために術者レベル判定(DCは15+この効果の術者レベル)を試みなければならない。このロールには術者の階梯を加え、DCには相手の術者の階梯を加える。目標が支配を打ち破るために行う意志セーヴに成功すると、術者は割り込みアクションとして神話パワーを1回分消費することで、このセーヴを再ロールさせより低い結果を使用させることができる。

ドラコニック・レザヴォワー

Draconic Reservoir/竜の蓄積
元呪文:ドラコニック・レザヴォワー
 この呪文が吸収するエネルギー・ダメージの総量は、術者レベル毎に10ポイント(最大100ポイント)に増加する。この武器によるエネルギー・ダメージは、アイシー・バーストコローシヴ・バーストショッキング・バーストフレイミング・バースト武器を使用しているかのように強化される。
 増強(第3階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、即行アクションを消費することで、このラウンドに目標が攻撃した最初のクリーチャーだけでなく、何体のクリーチャーに対してもエネルギー・ダメージを与えることができるようになる。

ドラゴンズ・ブレス

Dragon's Breath/竜の吐息
元呪文:ドラゴンズ・ブレス
 この呪文の持続時間は1分/レベルあるいはチャージ消費までに変更される。術者はこの持続時間の間、3回までブレス攻撃を使用することができる。術者が呪文を発動するラウンドにおいて、ブレス攻撃をフリー・アクションで使用することができる。それ以降は標準アクションが必要となる。再びブレス攻撃を使用するには、1d4ラウンドが経過してからでなければならない。一回の呪文発動で使用するブレス攻撃は、全て同じ距離、範囲、エネルギー種別を用いる。術者は一度にドラゴンズ・ブレス呪文を1つだけ得ることができる。新しい呪文が発動されると、以前のものは即座に終了する。

トランスフォーメーション

Transformation/資質変換
元呪文:トランスフォーメーション
 術者は呪文を発動し、呪文完成型や呪文解放型のアイテムを使用することはできるが、術者が発動する呪文や使用しようとするアイテムのレベルは術者の階梯以下でなければならない。術者は術者レベルに等しい一時的ヒット・ポイントを得る。

ドリーム

Dream/夢のたより
元呪文:ドリーム
 術者とメッセージを受け取るものは、術者がつながった夢を見ているものに問いかけをすることで、情報を得ることができる。これはちょうど、スピーク・ウィズ・デッドを使用して死体と会話するかのように扱われる。夢を見ているものが同意しなければ、意志セーヴでこのようなやりとりに抵抗することができる(スピーク・ウィズ・デッドと同様。ドリームがセーヴィング・スローの行える呪文である場合のDCを用いる)。これらの質問に対する回答は、依然として一般に手短でぼんやりとしたものである。

ナイトメア

Nightmare/悪夢
元呪文:ナイトメア
 この呪文によるダメージは4d6ポイントのダメージに増加し、目標は同時に24時間の間不調状態となる。
 増強(第6階梯):術者は神話級ナイトメアを通して[精神作用]呪文を転送することができる。転送される呪文の最大レベルは術者の階梯の半分に等しく、術者は神話級ナイトメアを発動する神話パワー1回分に加えて、転送する呪文の呪文レベル毎に神話パワーを1回分消費しなければならない。術者はこの呪文が即座に効果を及ぼすか、目覚めた時に効果を及ぼすかを選択する。転送された呪文は、例え通常は複数のクリーチャーや範囲に効果を及ぼすものであったとしても目標にのみ効果を及ぼす。

ネームド・ブリット

Named Bullet/刻銘の弾丸
元呪文:ネームド・ブリット
 目標の武器のクリティカル倍率は1だけ増加する(最大×4)。
 増強(第2階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、目標となった矢弾や武器は撃ったり投擲した後、(ちょうどリターニング武器のように)そのクリーチャーの次のターンに戻ってくる。この呪文は目標がnamed creatureに対して二回目の攻撃を行うまでチャージ消費されない。命中した矢弾は壊れ、戻ってこない。

ノウ・ジ・エネミー

Know the Enemy/敵を知る
元呪文:ノウ・ジ・エネミー
 洞察ボーナスは+15+術者の階梯に増加する。判定に成功すると、術者はこのクリーチャー種別に対する次の攻撃ロールもしくはセーヴィング・スローに+5の洞察ボーナスを得る。ただしこのロールは呪文を発動してから24時間以内に行われたものでなければならない。

ノック

Knock/解錠
元呪文:ノック
 この呪文は2つではなく、3つまでの閉じられた状態を解除する。この呪文は単純あるいは平均的な品質の鍵を、術者レベル判定の必要なく自動的に解錠する。アーケイン・ロックにより施錠された扉に使用する場合、術者は目標にディスペル・マジックを使用したかのように、アクションを必要としない解除判定を試みることができる。この判定には術者の階梯を加える。
 増強(第3階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、階梯毎に1つの鍵のかけられたアイテムを目標とし、それぞれの4つの閉じられた状態を解除することができる。また、アクションを必要としない解除判定をそれぞれのアーケイン・ロックに試みることができ、良好な品質までの鍵を(術者レベル判定を必要とすることなく)自動的に解錠することができる。
 その扉に開かれることで起動する罠がある場合、術者はその罠とその一般的な特徴に気付き、その扉は解錠されるが、自動的に開くことはない。
 この呪文はかんぬきのかけられた門、落とし戸や同種の障害物を上げることができるが、それぞれは鍵のかけられた扉2つ分として扱われる。

バークスキン

Barkskin/樹皮の肌
元呪文:バークスキン
 目標はこの呪文が目標の外皮ボーナスに与える強化ボーナスの2倍に等しいDR/魔法を得る。
 増強(第6階梯):従者が神話パワーを2回分消費すると、この呪文はDR/魔法ではなく、DR/エピックを与える。

パークス・パスチュールズ

Pox Pustules/水泡膿疱
元呪文:パークス・パスチュールズ
 【敏捷力】へのペナルティは-6に増加する。目標は毎ラウンド1ポイントの出血ダメージを受ける。目標が移動アクションを消費して掻きむしると、その出血ダメージはラウンド毎に1ポイントだけ増加する。出血ダメージが止まった場合でも、引っ掻くとラウンド毎に1ポイントの出血ダメージが再開される。

パーニシャス・ポイズン

Pernicious Poison/致命的な毒
元呪文:パーニシャス・ポイズン
 毒を回復するために必要となるセーヴィング・スローの成功回数は1回だけ増加する。この毒がセーヴィング・スローに失敗すると能力値ダメージを与える場合、この能力値ダメージは1だけ増加する。
 増強(第6階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、目標が毒に対するセーヴに受けるペナルティは-8に増加し、技能や魔法で目標のペナルティを取り除く際に受けるペナルティは-8に増加する。
 術者が神話パワーを3回分消費すると、この毒はクリーチャーの毒に対する完全耐性を無視する(【耐久力】能力値を持たないことによる毒に対する完全耐性には効果が無い)。

バーニング・ゲイズ

Burning Gaze/燃える凝視
元呪文:バーニング・ゲイズ
 術者は標準アクションではなく、移動アクションを使用してクリーチャー1体か物体1つに燃える凝視を向けることができる。目標はセーヴに失敗すると1d8ポイントのダメージを受け、毎ラウンド着火する。
 増強:術者が神話パワーを2回分消費すると、この呪文の持続時間の間に1回だけ、全ラウンド・アクションとして、術者は術者レベル毎に1体までのクリーチャーに燃える凝視を向けることができる。

バーニング・ハンズ

Burning Hands/火炎双手
元呪文:バーニング・ハンズ
 距離は20フィートに増加し、与えるダメージは術者レベル毎に1d6(最大5d6)ポイントの[火炎]ダメージに増加する。

ハーム

Harm/大致傷
元呪文:ハーム
 与えるダメージは術者レベル毎に15ポイント(最大225ポイント)のダメージに増加する。
 増強:術者が神話パワーを2回分消費すると、この呪文はポイズンとしても機能する。

ハイドローリック・トレント

Hydraulic Torrent/水力の急流
元呪文:ハイドローリック・トレント
 水は沸騰するほど熱いか凍るほど冷たいものとなり、術者レベル2毎に1d6ポイントの[火炎]もしくは[氷雪]ダメージを与える。術者の階梯をこの呪文における術者のCMDと、動かない目標を破壊するための【筋力】判定に加える。
 増強(第3階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、この呪文は目標型ディスペル・マジックを使用したかのように魔法の火を消すことができる。凍るほど冷たい水は地面を凍らせ、圧倒する状態が許す限り持続する。沸騰するほど熱い水は蒸気に変わり、この範囲に視界を妨げる霧(オブスキュアリング・ミストと同様)を作り出す。この霧は効果を及ぼしたマスと、呪文の直線に隣接する全てのマスを覆う。

ハイドローリック・プッシュ

Hydraulic Push/水力の押し出し
元呪文:ハイドローリック・プッシュ
 水は沸騰するほど熱いか凍るほど冷たいものとなり、術者レベル2毎に1d6ポイントの[火炎]もしくは[氷雪]ダメージを与える。術者の階梯をこの呪文における術者のCMDと、動かない目標を破壊するための【筋力】判定に加える。

バトル・トランス

Battle Trance/戦いの恍惚
元呪文:バトル・トランス
 術者が得る一時的ヒット・ポイントの値は2d6+術者の術者レベル(最大+10)+術者の階梯に増加する。[精神作用]効果に対するセーヴィング・スローへの士気ボーナスは、+6に増加する。
 増強(第5階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、術者は【筋力】に+4の士気ボーナス、非神話級の[精神作用]効果に対する完全耐性DR5/エピックを得る。

バトルマインド・リンク

Battlemind Link/戦意の連結
元呪文:バトルマインド・リンク
 術者がこの呪文を発動するとき、術者がクリーチャーに対する神話の道能力をリンクした仲間に使用するなら、術者は目標が自分自身であるかのようにこのクリーチャーに同じ道能力を使用することができ、リンクした仲間は同じように術者がクリーチャー1体に対して使用する道能力を、(例えその仲間が神話級でなくても)使用することができる。例えば、術者がチャンピオンで、高精度道能力を使用してフロスト・ジャイアントを攻撃する場合、リンクした仲間もこのフロスト・ジャイアントに対して攻撃する際に高精度道能力を使用することができる。道能力が神話パワーや他のコストを消費する必要がある場合、リンクした仲間はこの能力を使用するためにこのコストを消費しなければならない。

バロウ

Burrow/穴掘り
元呪文:バロウ
 術者は穴掘りの間地中で呼吸することができる。術者が第3階梯なら、穴掘り移動速度は砂、泥、砂利を通過する際は20フィート、石を通過する場合は10フィートに増加する。第6階梯の時点で、この移動速度はそれぞれ30フィートと15フィートに増加する。第9階梯の時点で、この移動速度は40フィートと20フィートに増加する。
 増強(第3階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、穴掘りを行うクリーチャーは自分の接敵面の半分に等しい半径のトンネルをその後ろに残していくことができる。この呪文の効果が終了すると、このトンネルは即座に閉じてしまう。

パワー・ワード・キル

Power Word Kill/力の言葉:死
元呪文:パワー・ワード・キル
 目標の現在のヒット・ポイント合計は、術者の階梯の5倍だけ低いものとして扱う。例えば、第3階梯のアークメイジが神話級パワー・ワード・キルを発動すると、85ヒット・ポイント以下のクリーチャー1体を即座に殺す。
 術者はこの呪文が通常効果を及ぼすよりも多いヒット・ポイントを持つクリーチャーを目標にすることができ、その目標は過労状態となる。
 増強(第6階梯):術者が神話パワーを4回分消費すると、この言葉の魔法は目標の周りに留まり続ける。術者の次のターンの開始時までに、目標のヒット・ポイント総量がこの呪文が発動時であれば殺す値にまで減少すれば、目標を即座に殺す。

パワー・ワード・スタン

Power Word Stun/力の言葉:朦朧
元呪文:パワー・ワード・スタン
 目標の現在のヒット・ポイント合計は、術者の階梯の5倍だけ低いものとして扱う。例えば、第3階梯のアークメイジがこの呪文を発動すると、60hpを持つクリーチャーは45hpしかないかのように効果を及ぼし、この呪文は追加で2d4ラウンドだけ持続する。
 術者はこの呪文が通常効果を及ぼすよりも多いヒット・ポイントを持つクリーチャーを目標にすることができ、その目標は幻惑状態となる。
 増強(第6階梯):術者が神話パワーを3回分消費すると、この言葉の魔法は目標の周りに留まり続ける。術者の次のターンの開始時までに、目標のヒット・ポイント総量がこの呪文の効果のより低い段階に至るまで減少すると、この呪文は目標に新しいヒット・ポイント総量に応じた効果を及ぼす。例えば、101~150hpの段階にあるクリーチャーが80hpにまで減少すると、直ちに追加で1d4ラウンドの間朦朧状態となる。この呪文の効果は、目標のヒット・ポイントが回復しても低減されない。

パワー・ワード・ブラインド

Power Word Blind/力の言葉:盲目化
元呪文:パワー・ワード・ブラインド
 目標の現在のヒット・ポイント合計は、術者の階梯の5倍だけ低いものとして扱う。例えば、第3階梯のアークメイジがこの呪文を発動すると、60hpを持つクリーチャーは45hpしかないかのように効果を及ぼし、この呪文は目標を永続的な盲目状態とする。
 術者はこの呪文が通常効果を及ぼすよりも多いヒット・ポイントを持つクリーチャーを目標にすることができ、その目標は1d4ラウンドの間視認困難(20%の失敗確率)をすべての敵に対して持つかのように扱われる。
 増強(第3階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、この言葉の魔法は目標の周りに留まり続ける。術者の次のターンの開始時までに、目標のヒット・ポイント総量がこの呪文の効果のより低い段階に至るまで減少すると、この呪文は目標に新しいヒット・ポイント総量に応じた効果を及ぼす。例えば、101~200hpの段階にあるクリーチャーが80hpにまで減少すると、1d4+1ラウンドではなく、直ちに1d4+1分の間盲目状態となる。この呪文の効果は、目標のヒット・ポイントが回復しても低減されない。

ビースト・シェイプ(全て)

Beast Shape(all)/獣化(全て)
元呪文:ビースト・シェイプ
 各神話級ビースト・シェイプは個々に修得しなければならず、神話級版を修得するには対応する非神話級ビースト・シェイプ呪文を知っていなければならない。術者は順番にこれらを修得する必要はなく、高レベルの神話級ビースト・シェイプ呪文を修得する前に低レベルの神話級ビースト・シェイプ呪文を修得している必要はない(例えば、術者はビースト・シェイプIIを知っていれば、例え神話級ビースト・シェイプIを知らなくても神話級ビースト・シェイプIIを修得することができる)。各神話級ビースト・シェイプ呪文は、対応する非神話級版に以下の利益を追加する。
 この呪文による能力値へのボーナスは2だけ増加し、外皮ボーナスは1だけ増加し、能力値へのペナルティは2だけ減少する(ペナルティの最小値は0)。動物形態が持つ肉体攻撃の種別(噛みつきや爪など)を1つ選択する。選択した攻撃種別のクリティカル倍率は1だけ増加する(最大×4)。
 増強(第2階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、能力値へのボーナスは更に2だけ増加する。この呪文の持続時間の間、術者の階梯に等しい回数まで、術者は1ラウンドの間《化身時発動》特技を有しているかのように行動することができる。例えば、術者が第2階梯の場合、術者は神話級ビースト・シェイプを発動するたびに、2ラウンドの間《化身時発動》特技を使用することができる。

ヒート・メタル

Heat Metal/金属加熱
元呪文:ヒート・メタル
 2ラウンド目と6ラウンド目に与えるダメージは1d8ポイントの[火炎]ダメージに、3ラウンド目から5ラウンド目に与えるダメージは2d8ポイントの[火炎]ダメージに増加する。各ラウンドでこの呪文から[火炎]ダメージを受ける際、目標は反応セーヴを行わねばならず、失敗すると着火する。

ヒーリング・シーフ

Healing Thief/治癒盗み
元呪文:ヒーリング・シーフ
 術者は目標の治癒の半分ではなく、その全てを盗む。この呪文がチャージ消費されるまでに術者が盗むダメージの総量は、術者レベル毎に10ポイント(最大100ポイント)に増加する。
 増強(第3階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、この呪文の距離は近距離(25フィート+術者レベル2毎に5フィート)となる。目標が高速治癒もしくは再生を持つ場合、術者は高速治癒もしくは再生の半分を盗む。これらの能力による回復は、この呪文がチャージ消費される前に盗む最大回復量として数えられる。

ヒール

Heal/大治癒
元呪文:ヒール
 回復するダメージは術者レベル毎に15ポイント(最大225ポイント)のダメージに増加する。
 増強:術者が神話パワーを2回分消費すると、この呪文はレストレーションとしても機能する。

ヒディアス・ラフター

Hideous Laughter/大爆笑
元呪文:ヒディアス・ラフター
 術者と異なる種別のクリーチャーはこの呪文に対するセーヴィング・スローにボーナスを得ない。効果を受けた目標はあまりにも激しく笑うために傷つき、笑いに費やす各ラウンドで1d6ポイントの非致傷ダメージを受ける。
 目標が最初のセーヴに失敗すると、この呪文を終了させるためにセーヴィング・スローに2回成功しなければならない(それぞれが機会攻撃を誘発しない全ラウンド・アクションである)。1回セーヴに成功すると、この呪文からダメージを受けることはなくなるが、目標は依然としてアクションを行うことはできない。
 増強:術者が神話パワーを2回分消費すると、目標の笑いは伝染するようになる。目標の仲間が30フィート以内にいて笑い声を聞くことができるなら、目標の仲間はこの呪文に対するセーヴを行わねばならず、失敗すると目標の笑いが終了するまで不調状態となる。この不調効果は仲間が目標から30フィート以上離れるか、1ラウンドを通して目標の笑いが聞こえないようにすることで終了する。

ピラー・オヴ・ライフ

Pillar of Life/生命の柱
元呪文:ピラー・オヴ・ライフ
 回復するダメージは3d8+術者レベル毎に1(最大+20)ポイントのダメージに増加する。アンデッドに与えるダメージは術者レベル毎に1d8(最大10d8)ポイントか、強い光に対して脆弱なアンデッドには術者レベル毎に2d6(最大20d6)ポイントのダメージに増加する。ブレス・オヴ・ライフで蘇生することのできる死亡したクリーチャーがこの柱のマスに運ばれると、ピラー・オヴ・ライフは終了し、このクリーチャーはブレス・オヴ・ライフの効果を受けたかのように蘇生する。

ヒロイズム

Heroism/勇壮
元呪文:ヒロイズム
 士気ボーナスは+4に増加し、全ての判定、攻撃ロール、セーヴ、武器のダメージ・ロールに適用される。目標に隣接している仲間は[恐怖]効果に対するセーヴに+4の士気ボーナスを得る。
 増強(第3階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、目標は(ヘイスト呪文を使用したかのように)全力攻撃を行う際、ラウンド毎に追加攻撃を1回試みることができる。目標は術者の階梯に等しい回数まで、この追加攻撃を使用することができる。

ファイアー・シーズ

Fire Seeds/火の実
元呪文:ファイアー・シーズ
 それぞれのドングリによるダメージは術者レベル毎に1d6ポイントの[火炎]ダメージ(全てのドングリで最大20d6ダメージ、各ドングリのダメージは10d6より大きくはならない)を与える。それぞれのヒイラギの実によるダメージは2d6+術者レベル毎に2ポイントの[火炎]ダメージに増加する。ドングリもしくはヒイラギの実に対する反応セーヴに失敗した全てのクリーチャーは着火し、火が消されるまで毎ラウンド2d6ポイントの[火炎]ダメージを与える。この火を消火する試みには、この呪文のセーヴDCを用いる。

ファイアー・シールド

Fire Shield/火の盾
元呪文:ファイアー・シールド
 術者を攻撃した者に与えるダメージは1d8+術者レベル毎に1(最大+15)ポイントのダメージに増加する。チル・シールドは術者に[火炎]に対する完全耐性を与える。ウォーム・シールドは術者に[氷雪]に対する完全耐性を与える。

ファイアー・ストーム

Fire Storm/火炎嵐
元呪文:ファイアー・ストーム
 与えるダメージは術者レベル毎に1d8(最大20d8)ポイントのダメージに増加する。このダメージの半分は[火炎]ダメージだが、残りの半分は神聖エネルギーによるものであり[火炎]に対する抵抗や[火炎]に対する完全耐性を無視する。術者はダメージから任意の数の動物を、術者が植物クリーチャーに行うようにダメージを与えないようにすることもできる。
 増強(第8階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、この呪文の効果を受けないようにするクリーチャー種別(人型生物来訪者の場合は副種別も)1つを選択する。呪文を発動する際に追加で術者が神話パワーを1回分消費する毎に、異なるクリーチャー種別1つが効果を受けないようにすることができる。例えば術者が神話パワーを2回分消費して魔獣を選択した場合、術者はこの呪文の範囲にいる任意の数の魔獣にダメージを与えないようにすることができる。

ファイアーストリーム

Firestream/火流
元呪文:ファイアーストリーム
 与えるダメージは2d10ポイントの[火炎]ダメージに増加する。セーヴィング・スローに失敗した全てのクリーチャーは着火する。継続的な直線状の火は全てのクリーチャーを押しやり、この呪文の範囲が移動困難な地形であるかのように扱われる。
 増強(第4階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、術者はもう一方の手で2つ目の直線状の火を作り出す。術者が火を重ねると、重なった火の範囲にいるクリーチャーは2回のセーヴィング・スローを行いより低い結果を用いなければならないが、2つの直線の効果を受けるわけではない。術者は一方の直線状の火を自分のターンにフリー・アクションとして止めることができるが、一度維持するのを止めてしまうと、再度作り出すためには神話級ファイアーストリームを再発動しなければならない。

ファイアー・スネーク

Fire Snake/火蛇
元呪文:ファイアー・スネーク
 与えるダメージはレベル毎に1d10(最大15d10)ポイントのダメージに増加する。この呪文に対するセーヴィング・スローに失敗した全てのクリーチャーは、火でできた蛇に術者レベル毎に1ラウンドの間組みつかれる。この蛇は解呪することができるが、攻撃することはできない。組みつき状態のクリーチャーは、毎ラウンド術者のターンに1d10ポイントの[火炎]ダメージを受ける。この蛇のCMBは術者レベル+術者の階梯に等しく、CMDはCMB+10に等しい。
 増強(第6階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、最大ダメージは20d10に増加し、この呪文に対するセーヴィング・スローに失敗した全てのクリーチャーは組みつき状態になるのではなく、押さえ込まれた状態になる。

ファイアーボール

Fireball/火球
元呪文:ファイアーボール
 与えるダメージは術者レベル毎に1d10(最大10d10)ポイントの[火炎]ダメージに増加する。反応セーヴィング・スローに失敗した全てのクリーチャーは着火し、この火が消えるまで毎ラウンド2d6ポイントの[火炎]ダメージを受ける。この火を消火する際には、この呪文のセーヴDCを用いる。
 増強(第6階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、最大ダメージは20d10に増加し、範囲は半径40フィートの拡散に広がり、この呪文で与える全ての[火炎]ダメージは[火炎]に対する抵抗と[火炎]に対する完全耐性を無視する。

ファンタズマル・キラー

Phantasmal Killer/幻の殺し屋
元呪文:ファンタズマル・キラー
 目標が意志セーヴに失敗したが頑健セーヴに成功した場合、幻の殺し屋は目標の精神にとどまり続け、術者の次のターンまで幻惑状態となる。術者の次のターン、目標はこの幻に対して再度頑健セーヴを試みなければならない。セーヴに成功すれば3d6ポイントのダメージを受け、失敗すると恐怖のあまり死亡する。
 増強(第6階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、この呪文は[恐怖]、(虚像)、[精神作用]効果に対する完全耐性を持つ生きているクリーチャーにも効果を及ぼす。

ファントム・スティード

Phantom Steed/幻の乗馬
元呪文:ファントム・スティード
 この乗馬に乗るものは、騎乗し続けるための〈騎乗〉判定に自動的に成功する。乗騎のヒット・ポイントは10+術者レベル毎に2に増加し、移動速度は術者レベル2毎に30フィート(最大150フィート)に増加する。
 増強(第3階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、この幻の乗馬は非実体となるが、騎乗するものは通常通り触れることができる。

フィースト・オヴ・アッシュズ

Feast of Ashes/灰の饗宴
元呪文:フィースト・オヴ・アッシュズ
 セーヴに失敗すると、目標は直ちに階梯毎に1d6ポイントの非致傷ダメージを受ける。この呪文の効果の一部として受ける飢えに耐えるために目標が行う【耐久力】判定のDCに術者の階梯を加える。この呪いが効果を及ぼしている間、目標はヒーローズ・フィーストなど、飲食が必要な呪文や効果、アイテムから一切の利益を得ない(しかし目標が食べるとその食物は消費されてしまう)。

フィンガー・オヴ・デス

Finger of Death/死神の指
元呪文:フィンガー・オヴ・デス
 与えるダメージは術者レベル毎に15ポイントのダメージと1d8ポイントの【耐久力】ダメージに増加する。セーヴィング・スローに成功したクリーチャーは3d8+術者レベル毎に1ポイントのダメージと1d4ポイントの【耐久力】ダメージを受け、1ラウンドの間よろめき状態となる。

フェアリー・ファイアー

Faerie Fire/妖精の火
元呪文:フェアリー・ファイアー
 輪郭を浮き出されたクリーチャーは目が眩んだ状態となる。この呪文は爆発範囲内の(虚像)幻術の輪郭を浮き上がらせ、同様にそれらを暴く。この効果は術者レベルが術者の階梯以下の(虚像)にのみ効果を及ぼす。
 増強(第2階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、爆発内のそれぞれのクリーチャーは頑健セーヴを行わなければならず、失敗すると1ラウンドの間盲目状態となる。

フェザー・フォール

Feather Fall/軟着陸
元呪文:フェザー・フォール
 この呪文はレベル毎に追加で1体の目標に効果を及ぼす。目標は互いに20フィート以内にいる必要はない。
 増強(第4階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、この呪文は目標の速度を奪い、震盪性の爆発に変化させる。目標は(減速することなく)通常の速度で落下するが、安全に着地する。目標が着地すると、目標は半径10フィート爆発の力場を発生させる。この爆発は術者レベル毎に1d6(最大5d6)ポイントのダメージを与える(反応・半減、DCはフェザー・フォールのDCを用いる)。この呪文の目標は、これらの震盪性の爆発の効果を受けない。

フォアサイト

Foresight/予知
元呪文:フォアサイト
 この呪文による洞察ボーナスは+3に増加する。術者がこの呪文を他のクリーチャーに発動する場合、術者と目標はこの呪文により同時に警告を受ける。目標はこの呪文の洞察ボーナスを得る。

フォース・パンチ

Force Punch/力場の拳
元呪文:フォース・パンチ
 与えるダメージは術者レベル毎に1d6(最大10d6)ポイントの[力場]ダメージに増加する。目標を移動させる際、少なくとも移動距離が10フィート残っていれば他のクリーチャーの接敵面に押しこむことができる。このようにするなら、術者はこの別のクリーチャーに蹂躙を試みることができ、この戦技判定に術者の階梯を加える。術者が目標で蹂躙したクリーチャー毎に、目標の移動量は5フィートだけ減少する。目標を移動移動させて(壁や木などの)硬い障害物に押し込んだ場合、目標は押しやられた距離だけ落下したかのようにダメージを受ける。
 増強(第3階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、術者はこの呪文を距離が近距離(25フィート+術者レベル2毎に5フィート)の遠隔接触攻撃として発動することができる。このとき目標は、押しやる総移動量を決定する際、2段階小さいものとして扱われる。

フォーム・オヴ・ザ・ドラゴン(全て)

Form of the Dragon(all)/ドラゴンの姿(全て)
元呪文:フォーム・オヴ・ザ・ドラゴン
 各神話級フォーム・オヴ・ザ・ドラゴンは個々に修得しなければならず、神話級版を修得するには対応する非神話級フォーム・オヴ・ザ・ドラゴン呪文を知っていなければならない。術者は順番にこれらを修得する必要はなく、高レベルの神話級フォーム・オヴ・ザ・ドラゴン呪文を修得する前に低レベルの神話級フォーム・オヴ・ザ・ドラゴン呪文を修得している必要はない(例えば、術者はフォーム・オヴ・ザ・ドラゴンIIを知っていれば、例え神話級フォーム・オヴ・ザ・ドラゴンIを知らなくても神話級フォーム・オヴ・ザ・ドラゴンIIを修得することができる)。各神話級フォーム・オヴ・ザ・ドラゴン呪文は、対応する非神話級版に以下の利益を追加する。
 この呪文による能力値へのボーナスは2だけ増加し、外皮ボーナスは1だけ増加し、ブレス攻撃によるダメージは10d6に増加する。竜形態が持つ全ての肉体攻撃は1段階だけ強化される(《肉体攻撃強化》を参照)。
 増強(第3階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、能力値へのボーナスは更に2だけ増加する。この呪文が持続している間、術者の階梯に等しい回数まで、術者はこの呪文を終了させることなく術者の通常の形態に戻ったり、再度竜形態に変化したりすることができる。

フォールス・ライフ

False Life/偽の映像
元呪文:フォールス・ライフ
 得られる一時的ヒット・ポイントは2d8+術者レベル2毎に2(最大+20)に増加する。割り込みアクションとして、術者はこの呪文の残っている持続時間を終了することで、この呪文で残っている10一時的ヒット・ポイント毎に、【筋力】ダメージ、【敏捷力】ダメージ、【耐久力】ダメージを1ポイント打ち消すことができる。この効果は攻撃が命中してからダメージがロールされた後に効果を及ぼすが、術者がダメージを受ける前に適用される。例えば、術者が神話級フォールス・ライフにより22一時的ヒット・ポイントを得、ワイヴァーンの針が術者に3ポイントの【耐久力】ダメージを与えた場合、術者はこの攻撃から2ポイントの【耐久力】ダメージを無効化することができる。

フォッグ・クラウド

Fog Cloud/濃霧
元呪文:フォッグ・クラウド
 霧の半径は50フィートに増加する。
 増強(第3階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、霧の半径は500フィート、霧の高さは100フィートに増加する。風が増強された神話級フォッグ・クラウドの範囲全体に効果を及ぼすものでない限り、風がこの霧を吹き散らすことはない。
 術者が少なくとも第6階梯で、神話パワーを3回分消費すると、距離は1マイル、霧の半径は1マイル、霧の高さは500フィートに変更される。この霧は第3階梯の増強版と同様に風に対する耐性を持つ。

フライ

Fly/飛行
元呪文:フライ
 飛行移動速度は120フィート(目標が中装鎧もしくは重装鎧を身につけているか、中荷重ないし重荷重の場合は80フィート)に、機動性は完璧に変更される。持続時間が終了すると、目標は術者レベルに等しいラウンドの間持続するフェザー・フォールにより守護される。
 増強(第3階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、目標は反応セーヴとACに対する回避ボーナスに術者の階梯を加える。これらのボーナスは飛行中にのみ与えられる。

ブラインディング・レイ

Blinding Ray/盲目光線
元呪文:ブラインディング・レイ
 セーヴィング・スローに成功すると、目標は1ラウンドの間目が眩んだ状態となる。セーヴィング・スローに失敗すると、目標は代わりに1d4ラウンドの間盲目状態となる。
 目標が光による盲目化光に過敏、その他光に対する脆弱性を持つなら、代わりに目標はセーヴィング・スローに成功すると1d4ラウンドの間盲目状態となり、セーヴィング・スローに失敗すると永続的に盲目状態となる。

ブラインドネス/デフネス

Blindness/Deafness/視覚・聴覚剥奪
元呪文:ブラインドネス/デフネス
 術者は目標を同時に聴覚喪失状態かつ盲目状態とする。目標はそれぞれの効果に対し、ばらばらにセーヴィング・スローを行わなければならない。

ブラスフェミイ

Blasphemy/冒涜の声
元呪文:ブラスフェミイ
 非神話級クリーチャーに対するこの呪文の効果を決定する際、術者の階梯を術者レベルに加える。セーヴに失敗した悪属性でないクリーチャーは攻撃ロールとセーヴィング・スローに-4のペナルティを受け、その呪文抵抗はこの呪文の他の効果が持続している間5だけ減少する。

ブラック・テンタクルズ

Black Tentacles/黒い触手
元呪文:ブラック・テンタクルズ
 触手の基本攻撃ボーナスに術者の階梯を加える。触手が組みつきに成功すると、触手は追加で2d6ポイントの[強酸]ダメージを与える。
 増強(第6階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、この呪文は同じ範囲に2倍の触手を生み出し、範囲内のそれぞれのクリーチャーは1ラウンドに2回攻撃を受ける。触手は非神話級の要因による組みつきに完全耐性を持つクリーチャーであっても組みつきを試みることができる。しかしこのようなクリーチャーに対する組みつき戦技判定には-5のペナルティを受ける。

ブラック・マーク

Black Mark/黒印
元呪文:ブラック・マーク
 この呪文で呪われたクリーチャーが岸から1マイル離れた水上もしくは水中を移動すると、毎日そのクリーチャー(もしくはそのクリーチャーが乗る船)は、(術者レベル13の)サモン・ネイチャーズ・アライVIIにより招来されたかのように、1体以上の(水棲)もしくは(水)モンスターに攻撃される。

ブラッド・クロウ・ストライク

Blood Crow Strike/血の鴉の打撃
元呪文:ブラッド・クロウ・ストライク
 この呪文と共に試みられた素手打撃は、術者が《クリティカル強化:素手打撃》特技を持つかのように扱われる。この呪文による素手打撃のダメージを決定する際、術者の階梯+術者のモンク・レベル(もしあれば)を使用すること。この呪文による[火炎]ダメージは、[火炎]に対する抵抗を無視する。

ブリード・グローリー

Bleed Glory/栄光の流出
系統:死霊術[呪い];レベル:ウィザード/ソーサラー3、ウィッチ3、クレリック3、
発動時間:1標準アクション
構成要素:音声、動作
距離:近距離(25フィート+5フィート/2レベル)
目標:神話クリーチャー1体
持続時間:1分/レベル
セーヴィング・スロー:意志・無効;呪文抵抗
 目標が使用する全ての神話の道、特技、呪文、その他の効果で消費する神話パワーの使用回数は1だけ増加する。

ブリスタリング・インヴェクティヴ

Blistering Invective/焼けつく毒舌
元呪文:ブリスタリング・インヴェクティヴ
 術者の〈威圧〉判定で士気をくじかれた敵は、2d8ポイントの[火炎]ダメージを受け、着火する(セーヴ不可)。この火を消すために行う全ての反応セーヴは、クリーチャーが術者の〈威圧〉判定で士気をくじかれている限り、自動的に失敗する。
 増強(第5階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、この呪文は[言語依存]の補足説明を持たなくなり、術者より大きなクリーチャーの士気をくじく際にも〈威圧〉判定にペナルティを受けなくなる。

プリズマティック・スフィアー

Prismatic Sphere/虹色の球体
元呪文:プリズマティック・スフィアー
 この呪文を発動する際、術者はこの球体内の1点を中心として術者から離れる方向に放たれるプリズマティック・スプレーを同時に作り出す。プリズマティック・スプレーのセーヴDCは、神話級プリズマティック・スフィアーと同じ値を用いる。

プリズマティック・スプレー

Prismatic Spray/虹色のスプレー
元呪文:プリズマティック・スプレー
 この呪文は自動的に8ヒット・ダイスではなく、12ヒット・ダイスまでのクリーチャーを盲目状態にする。1回の突き飛ばし戦技を行い、この範囲にいるクリーチャーそれぞれにその出目を適用すること。この突き飛ばしにおけるCMDは、術者の術者レベル+術者の【知力】、【判断力】、【魅力】の修正値の内最も高い値となる。この突き飛ばしは機会攻撃を誘発しない。
 増強(第6階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、この範囲は円錐形から直線状に変化する。直線の上にいるクリーチャーは2本のビーム(クリーチャーが表で8をロールしたなら3本)に曝される。この呪文はエネルギーに対する抵抗及び完全耐性を無視する。

ブリンク

Blink/明滅
元呪文:ブリンク
 術者は移動アクションを消費することで、術者のターンの終了まで実体か非実体のいずれかのままで居続けることができる(術者は術者のターンの終了に、自動的に明滅し始める)。
 増強(第3階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、術者は即行アクションもしくは移動アクションを消費することで、術者のターンの終了まで実体か非実体のいずれかのままで居続けることができる。

ブレイク

Break/破壊
元呪文:ブレイク
 術者は術者レベル毎に中型以下の物体1つまでを目標とすることができる。
 増強(第3階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、目標の物体はセーヴに成功すれば破損状態となり、セーヴに失敗すると破壊される。この効果は神話級の物体や神話クリーチャーが持つ物体には効果を及ぼさない。

ブレイク・エンチャントメント

Break Enchantment/魔力破り
元呪文:ブレイク・エンチャントメント
 非神話級の効果に対して、この呪文は術者レベル判定の必要なく自動的に成功する。神話級の効果に対して、術者レベル判定に術者の階梯を加える。この呪文が取り除くことのできる呪文の最大レベルは、5+術者の階梯の半分である。
 増強(第7階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、術者は取り除いた心術、変成術、呪いを元々発動したクリーチャーに与えることができる。このクリーチャーはこの呪文の適切な目標でなければならず、術者と同じ次元界にいなければならない。このクリーチャーは元々のセーヴDCに対してセーヴィング・スローを行う。

フレイムズ・オヴ・ザ・フェイスフル

Flames of the Faithful/信仰の炎
元呪文:フレイムズ・オヴ・ザ・フェイスフル
 この呪文で与えられる[火炎]ダメージは、[火炎]に対する抵抗と[火炎]に対する完全耐性を無視する。クリティカル・ヒットに成功すると、目標に火が着く。

フレイム・ストライク

Flame Strike/業火
元呪文:フレイム・ストライク
 与えるダメージは術者レベル毎に1d8(最大15d8)に増加する。範囲は半径20フィート、高さ40フィートの円柱に拡大する。術者は(ベイン武器特性のように)特定のクリーチャー種別1つにのみ、ダメージの半分を占める神聖なるダメージを与えてもよい。

フレイム・ブレード

Flame Blade/炎の刃
元呪文:フレイム・ブレード
 この刃のダメージは2d6+術者レベル毎に1(最大+20)ポイントの[火炎]ダメージに増加する。この刃は実際のシミター同様に、出目18~20をクリティカル可能域とする。
 増強(第3階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、この刃は出目15~20をクリティカル可能域とし、硬度、[火炎]に対する抵抗、[火炎]に対する完全耐性を得る。

プレイヤー

Prayer/祈祷
元呪文:プレイヤー
 この呪文による幸運ボーナスは+2に増加し、敵へのペナルティは-2に変化する。呪文を発動する際、効果を受けた仲間は術者の階梯の2倍に等しいヒット・ポイントを回復し、効果を受けた敵は術者の階梯の2倍に等しいダメージを受ける。

プレイン・シフト

Plane Shift/次元界転移
元呪文:プレイン・シフト
 術者が指定した次元界に行ったことがあり、その場所に慣れ親しんでいるのであれば、術者はその場所を指定し、誰であれこの呪文で転送するものとともにその場所に向かうことができる。
 増強:術者が神話パワーを2回分消費すると、術者は転送されたクリーチャーに1時間の間持続するプレイナー・アダプテイション呪文の効果を、到着後に与える。

ブレード・バリアー

Blade Barrier/刃の障壁
元呪文:ブレード・バリアー
 術者はこの呪文を割り込みアクションとして発動できる。この障壁によるダメージは術者レベル毎に1d8(最大20d8)に増加する。
 増強(第3階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、術者は移動アクションを消費することで、この障壁を任意の方向に10フィートまで移動させることができる。壁の形状(平板もしくは環状)及び向き(垂直もしくは水平)を変更してはならない。術者がクリーチャーの接敵面を通過するように障壁を移動させると、そのクリーチャーは自分がいる場所にこの障壁が作られたかのように、回避するためにセーヴィング・スローを試みることができる。

ブレス

Bless/祝福
元呪文:ブレス
 攻撃ロール、武器によるダメージ・ロール、全てのセーヴィング・スローに+1の士気ボーナスが適用される。この呪文の持続時間の間1回だけ、効果を受けたクリーチャーは攻撃ロール1回もしくはセーヴィング・スロー1回を2回ロールし、より高い結果を選択することができる。目標は1回めのロールを試みる前にこの能力を使用するかどうかを決定しなければならない。

ブレス・オヴ・ライフ

Breath of Life/命の息吹
元呪文:ブレス・オヴ・ライフ
 この呪文は5d12+術者レベル毎に1(最大+25)ポイントのダメージを回復する。この呪文は2ラウンド以内にhpダメージで死亡したクリーチャーを蘇生させることができる。目標がセーヴィング・スローを行える[即死]効果で殺された場合、この呪文は目標に、再度この効果に対してセーヴィング・スローを試みさせる。このセーヴに成功すると、このクリーチャーは-10+この呪文による回復量に等しいhpを持って蘇生する。
 増強(第9階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、術者は自分から30フィート以内にいる、術者レベル毎に1体までのクリーチャーを目標とすることができる。また、術者は術者レベルに等しいラウンド前までに死亡したクリーチャー1体を目標とすることもできる。

フレッシュ・トゥ・ストーン

Flesh to Stone/肉を石に
元呪文:フレッシュ・トゥ・ストーン
 この呪文のセーヴィング・スローに成功したクリーチャーは部分的に石化し、術者の階梯に等しいラウンドの間(スロー呪文のように)減速状態となる。クリーチャーはこの効果を通常より早く終了させるために全ラウンド・アクションで石化した肉体を打ち砕くことができる。このようにすると、目標は5d10ポイントのダメージを受ける。石化を取り除いたり元に戻したりするすべての効果は、この部分的な石化とスロー効果を終了させる。
 この呪文はそもそも肉や骨で作られている、死体やゾンビのような物体やアンデッドにも効果を及ぼす。この呪文は機械には効果を及ぼさない。装備を持つクリーチャーに発動すると、そのクリーチャーは石に変わるが、装備は変化しない。
 増強(第9階梯):この呪文が神話パワーを2回分消費すると、この呪文で石化状態となった大型以下のクリーチャーは、直ちにアニメイト・オブジェクツを発動したかのように動き出し、術者の命令に従う。

ブレッシング・オヴ・ファーヴァー

Blessing of Fervor/熱情の祝福
元呪文:ブレッシング・オヴ・ファーヴァー
 影響を受けたクリーチャーは毎ラウンド、この呪文から得られるボーナスを1つではなく2つ選択する。

フローティング・ディスク

Floating Disk/浮遊盤
元呪文:フローティング・ディスク
 この呪文で作り出された円盤は術者レベル毎に2時間持続し、術者レベル毎に200ポンドまでの重量を運ぶことができる。
 円盤は術者の移動速度にかかわらず術者に付き従い、術者がどれだけ遠くに移動したかにかかわらず追いつく。術者が円盤の上に立つか座るかすると、移動アクションとして術者は任意の方向に30フィートまで直接指示した方向に移動する。
 円盤の上に置かれた全ての物体は、(瞬間移動)効果の目的において、重量のない術者の所持品の一部と見なされる(そのため、術者が瞬間移動する場合、テレポーテーションの重量制限を無視してそれらのアイテムとともに移動することができる)。
 フリー・アクションとして、術者はこの力場の板から、4ガロンまでのものを保持することができるバケットのような曲がった円盤に変える(あるいはバケットのような形状から元の平板に戻す)ことができる。

プロテクション・フロム・アローズ

Protection from Arrows/矢弾よりの保護
元呪文:プロテクション・フロム・アローズ
 ダメージ減少は15/魔法に増加する。この呪文で無効化できる最大ダメージは術者レベル毎に15ポイント(最大150ポイント)に増加する。この呪文が遠隔武器攻撃から全てのダメージを無効化した場合、矢弾もしくは武器を攻撃したものに撃ち返す。この攻撃には同じ攻撃ロールの結果を用いる。攻撃したものも同様に神話級プロテクション・フロム・アローズにより守られており、反射した攻撃の全てのダメージを完全に無効化した場合、武器もしくは矢弾は破壊される。

プロテクション・フロム・イーヴル

Protection from Evil/悪よりの保護
元呪文:プロテクション・フロム・イーヴル
 AC及びセーヴへのボーナスは+4に増加する。悪属性のクリーチャーは目標に憑依したり目標を精神的に支配したりしようと試みる場合、この呪文に対する意志セーヴを行わなければならない。このセーヴに失敗すると、このクリーチャーは精神的な反響により、術者レベル2毎に1d6(最大5d6)ポイントのダメージを受ける。接触に対するこの呪文の防護を無視するために呪文抵抗を使用する悪属性のクリーチャーはセーヴを行わねばならず、失敗すると守護された目標を攻撃するラウンド毎にこのダメージを受ける。

プロテクション・フロム・グッド

Protection from Good/善よりの保護
元呪文:プロテクション・フロム・グッド
 神話級プロテクション・フロム・イーヴルと同様だが、善属性のクリーチャーに効果を及ぼす。

プロテクション・フロム・ケイオス

Protection from Chaos/混沌よりの保護
元呪文:プロテクション・フロム・ケイオス
 神話級プロテクション・フロム・イーヴルと同様だが、混沌属性のクリーチャーに効果を及ぼす。

プロテクション・フロム・ロー

Protection from Law/秩序よりの保護
元呪文:プロテクション・フロム・ロー
 神話級プロテクション・フロム・イーヴルと同様だが、秩序属性のクリーチャーに効果を及ぼす。

ヘイスト

Haste/加速
元呪文:ヘイスト
 効果を受けたクリーチャーは毎ラウンド、追加で1回の移動アクションを得る。移動速度の増加は50フィートに変更される。クリーチャーの移動速度の最大値は移動種別毎に通常の3倍までとなる。
 増強(第3階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、この移動速度の増加は70フィートに変更され、クリーチャーの通常の移動速度に制限はなくなる。影響を受けたクリーチャーが自分のターンで少なくとも30フィート移動するならば、液体が固体であるかのように液体の上を通過することができる。液体が接触するとダメージを与える場合、クリーチャーは液体を横切ることで半分しかダメージを受けない。

ベイルフル・ポリモーフ

Baleful Polymorph/有害な変身
元呪文:ベイルフル・ポリモーフ
 セーヴィング・スローは頑健・不完全および意志・不完全に変更される。頑健セーヴに失敗したクリーチャーは自動的に意志セーヴにも失敗する。(変身生物)の副種別を持つクリーチャーがセーヴに失敗すると、新しい姿に変わるために変身能力を使用することはできない。頑健セーヴに成功したクリーチャーは意図した動物に部分的に変身する。レベル毎に1分の間、このクリーチャーはこの動物に適切な特定の外見を備え、動物のサイズに1段階近いサイズを取る。
 増強(第9階梯):術者が神話パワーを4回分消費すると、この呪文は半径1マイル以内にいる8ヒット・ダイス以下の他のすべてのクリーチャーに効果を及ぼす。効果を受けたクリーチャーはその地の環境に適した小型以下のクリーチャーに変化する。術者は自分の階梯までのクリーチャーを選択し、この効果を受けないようにすることができる。

ベイン

Bane/破滅の予感
元呪文:ベイン
 -1のペナルティを攻撃ロール、武器によるダメージ・ロール、全てのセーヴィング・スローに適用する。効果を受けたクリーチャーは攻撃ロール1回もしくはセーヴィング・スロー1回を2回ロールし、より低い結果を選択しなければならない。

ヘクス・ウォード

Hex Ward/呪術からの守り
元呪文:ヘクス・ウォード
 目標は術者が選択したウィッチの呪術(上級呪術や大いなる呪術を除く)1つに対する完全耐性を得る。
 増強(第3階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、ウィッチの呪術1つに対する完全耐性ではなく、呪術2つもしくは上級呪術1つに対する完全耐性を与えることができる。
 術者が少なくとも第6階梯で神話パワーを3回分消費すると、代わりに呪術3つか上級呪術2つ、もしくは大いなる呪術1つに対する完全耐性を与える。

ボイリング・ブラッド

Boiling Blood/煮えたぎる血
元呪文:ボイリング・ブラッド
 セーヴに失敗した目標は毎ラウンド1d3ポイントの[火炎]ダメージを受ける。目標が(オーク)の副種別を持つ場合、目標は[火炎]に対する抵抗5を得る。
 増強:術者が神話パワーを2回分消費すると、術者は仲間が(オーク)の副種別を持っているかのようにこの呪文の効果を及ぼすことができる。

ポーラー・レイ

Polar Ray/冷凍光線
元呪文:ポーラー・レイ
 与えるダメージは術者レベル毎に1d8(最大25d8)ポイントの[氷雪]ダメージと1d6ポイントの【敏捷力】吸収に増加する。目標がこの呪文からダメージを受けたなら、部分的に氷に覆われ移動速度が半分になる。(冷気)もしくは(非実体)の副種別を持つか組みつきに対する完全耐性を持つクリーチャーは、この効果に完全耐性を持つ。減少した移動速度は氷が破壊されるまで持続する。氷の破壊は【筋力】判定に成功するか、この呪文のDCに対する解呪判定に成功するか、目標に術者レベル毎に1ポイントの殴打ダメージもしくは[火炎]ダメージを与えなければならない。

ホーリィ・スマイト

Holy Smite/聖なる打撃
元呪文:ホーリィ・スマイト
 悪の来訪者に与えるダメージは術者レベル毎に1d10(最大10d10)ポイントのダメージに、その他の悪属性のクリーチャーに与えるダメージは術者レベル2毎に1d12(最大5d12)ポイントのダメージに増加する。範囲内のクリーチャーが盲目状態になる期間は2ラウンドだけ増加する。セーヴに成功すると、悪属性のクリーチャーは1ラウンドの間盲目状態となる。

ホーリィ・ワード

Holy Word/聖なる言葉
元呪文:ホーリィ・ワード
 この呪文による非神話クリーチャーへの効果を決定する際、術者レベルに術者の階梯を加える。セーヴに失敗した善属性でないクリーチャーは攻撃ロールとセーヴィング・スローに-4のペナルティを受け、この呪文の他の効果が持続している間、それらの呪文抵抗は5だけ減少する。

ホールド・ポータル

Hold Portal/戸口閉ざし
元呪文:ホールド・ポータル
 目標とする戸口は術者レベル毎に30マスまでの大きさとすることができる。戸口を無理やり開けようとするクリーチャーは、最初にこの呪文のDCに対する意志セーヴに成功しなければならない。これは[精神作用]効果である。セーヴに失敗すると、この呪文の効果時間の間、このクリーチャーは戸を開くことはできない。

マーダラス・コマンド

Murderous Command/殺人命令
元呪文:マーダラス・コマンド
 この呪文は術者の階梯に等しいラウンドだけ持続する。最初のラウンドの後毎ラウンド、目標はこの呪文の効果を打ち破るために、自身のターンの開始時に新たにセーヴィング・スローを試みることができる。
 増強:術者が神話パワーを2回分消費すると、目標は最も強力な呪文、擬似呪文能力、超常能力を用いて最も近くの仲間を攻撃する。そのような能力を持たない場合、目標は通常通り、最も近くの仲間を近接武器もしくは肉体武器で攻撃する。この攻撃における攻撃ロールとダメージ・ロールには、+4の士気ボーナスが与えられる。

マイティ・フィスト・オヴ・ジ・アース

Mighty Fist of the Earth/地の強力な拳
元呪文:マイティ・フィスト・オヴ・ジ・アース
 この岩の攻撃ロールとダメージ・ロールに術者の階梯を加える。この攻撃のクリティカル倍率は1だけ増加する(最大×4)。

マジック・ヴェストメント

Magic Vestment/魔法の装束
元呪文:マジック・ヴェストメント
 術者は目標が鎧であれば鎧の特殊能力1つを、目標が盾であれば盾の特殊能力一つを与えることができる。特殊能力は基本市価修正が+1強化ボーナスまでか、4,000GPまででなければならない。
 増強(第3階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、術者は合計市価修正が+2強化ボーナスまでか15,000GPまでの特殊能力をいくつでも与えることができる。

グレーター・マジック・ウェポン

Magic Weapon, Greater/上級魔法の武器
元呪文:グレーター・マジック・ウェポン
 術者は以下の武器特殊能力を1つ武器に与えることができる:キーンサンダリングショックフレイミングフロストマーシフル
 増強(第5階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、術者は与える強化ボーナスを1だけ減少させることで、上記の能力2つか以下の能力から1つを与えることができる:アイシー・バーストアクシオマティックアナーキックアンホーリィショッキング・バーストフレイミング・バーストホーリィ

マジック・ファング

Magic Fang/魔法の牙
元呪文:マジック・ファング
 この呪文は追加で術者の階梯に等しい数までの目標の肉体武器に効果を及ぼす。例えば、術者が第3階梯なら、爪2つと噛みつき1回に効果を及ぼすことができる。

グレーター・マジック・ファング

Magic Fang, Greater/上級魔法の牙
元呪文:グレーター・マジック・ファング
 この呪文は神話級マジック・ファングと同様に機能する。術者は以下の武器特殊能力1つを、この呪文の効果を受けた肉体攻撃もしくは素手打撃に与えることができる:キーンサンダリングショックフレイミングフロストマーシフル。術者は呪文を発動するたびに1種類のみを選択しなければならない。例えば、呪文の発動時に、同時にタイガーの噛みつき攻撃にフレイミングを、爪にキーンを与えることはできない。目標の【知力】が3未満の場合、これらの能力は常に起動しており(目標は効果を有効にしたり、無効にしたりすることはできない)、その攻撃が音を出したり視覚的なエネルギーを作り出した場合に恐怖を呼び起こすかもしれない。
 増強(第5階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、術者は与える強化ボーナスを1だけ減少させることで、上記の能力2つか以下の能力から1つを与えることができる:アイシー・バーストショッキング・バーストフレイミング・バースト

マジック・ミサイル

Magic Missile/魔法の矢
元呪文:マジック・ミサイル
 それぞれの矢が与えるダメージは2d4+1に増加する。この矢はシールド呪文やこの呪文の非神話級版を阻害する類似の効果を無視する。
 増強(第4階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、この呪文は通常の2倍の矢を作り出し(最大で10クリーチャーまで)、距離は視線までに伸び、目標の呪文抵抗や呪文に対する完全耐性を無視する。

ミシック・セヴァランス

Mythic Severance/神話の力の分離
系統:死霊術[呪い];レベル:インクィジター3、ウィザード/ソーサラー4、ウィッチ4、クレリック4
発動時間:1標準アクション
構成要素:音声、動作
距離:近距離(25フィート+5フィート/2レベル)
目標:クリーチャー1体
持続時間:永続
セーヴィング・スロー:意志・無効;呪文抵抗
 術者は目標が神話パワーに触れようとすることを阻害する。目標が神話呪文を発動したり、道能力を起動するために神話パワーを消費したり、その他神話パワーの使用回数を消費する必要のある効果を使用しようと試みるたびに、目標はこの呪文のDCに対して意志セーヴィング・スローを行わなければならない。セーヴィング・スローに失敗すると、このクリーチャーはアクションを失い、使用しようと試みた能力は一切の効果を持たない。
 この呪文は目標が神話パワーを消費する必要のない神話能力には一切の効果を持たない。

ミスリード

Mislead/誤導
元呪文:ミスリード
 術者は術者レベル5毎に1つの幻の分身を作り出す。それぞれの分身は術者のマスか、術者に隣接する何者にも占められていないマスに現れる。術者はそれぞれの分身にテレパシーによる命令としてプログラムされた単純な命令1つ(「南に歩け」、「慈悲を乞え」、「あのトロルを追え」など)を与えることができる。
 術者は即行アクション、移動アクション、標準アクションのいずれかを消費することで、幻の分身1つに与えたプログラムされた命令を変更したり修正することができる。これには精神集中が必要となる。
 増強(第4階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、この呪文はグレーター・インヴィジビリティではなく、増強された神話級インヴィジビリティの利益を術者に与える。

ミラー・イメージ

Mirror Image/鏡像
元呪文:ミラー・イメージ
 この呪文により作られる虚像の最大数は12に増加する。虚像は破壊されると閃光を発する。虚像を破壊した全てのクリーチャーは意志セーヴを行わねばならず、失敗すると1ラウンドの間目が眩んだ状態となる。

ムーヴ・アース

Move Earth/大地鳴動
元呪文:ムーヴ・アース
 この呪文はより速く大地を動かすことができ、この呪文を発動している全ラウンド毎に、術者は深さ10フィート、一辺25フィートの範囲の形を変えることができる。この範囲内の地上もしくは地中にいる全てのクリーチャーは伏せ状態となり、形が変わる範囲の外側にある最も近いマスに移動する。反応セーヴに成功すれば伏せ状態になることは避けられるが、依然として移動させられてしまう。

メイク・ホウル

Make Whole/完全修理
元呪文:メイク・ホウル
 人造クリーチャーに発動した際、この呪文が回復するダメージは術者レベル毎に2d6(最大10d6)ポイントのダメージに増加する。この呪文で回復した人造は以降24時間の間、術者が選択した能力値1つに+2の強化ボーナスを得る。魔法のアイテムを修理する際、術者の術者レベルは魔法のアイテムが持つ術者レベルの2倍ではなく、魔法のアイテムが持つ術者レベルに等しければ効果を発揮する。

メイジ・アーマー

Mage Armor/魔道師の鎧
元呪文:メイジ・アーマー
 鎧ボーナスは+6に増加する。目標がモデレット・フォーティフィケーション鎧を着用しているかのように、目標に対して行われたクリティカル・ヒットや急所攻撃は50%の確率で通常の命中として扱われる。

メイジズ・ディスジャンクション

Mage's Disjunction/メイジの魔法解体
元呪文:メイジズ・ディスジャンクション
 持続時間は術者レベル毎に10分に増加する。アンティマジック・フィールドを破壊する確率は、術者レベル毎に2%に増加する。

メイズ

Maze/迷路
元呪文:メイズ
 霊的なミノタウロスが迷宮に囚われた目標を追う。毎ラウンド、迷宮からの脱出に失敗するたびに、そのクリーチャーはこの霊的なミノタウロスから2d8+術者の階梯に等しいポイントの刺突及び斬撃ダメージを受ける。

メテオ・スウォーム

Meteor Swarm/流星雨
元呪文:メテオ・スウォーム
 この呪文で作られた流星は、術者から目標となる爆発の着点まで延ばした直線に殴打ダメージを与える。流星の経路にいるクリーチャーは2d10ポイントの殴打ダメージを受け、頑健セーヴに失敗すると伏せ状態となる。流星の爆発によるダメージは6d10ポイントの[火炎]ダメージに増加する。[火炎]ダメージに対する反応セーヴに失敗したクリーチャーも同様に伏せ状態となり、加えて1d4ラウンドの間聴覚喪失状態となる。
 増強(第10階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、流星の経路にいるクリーチャーは追加で4d10ポイントの[火炎]ダメージを受け、流星の爆発によるダメージは10d10ポイントの[火炎]ダメージに増加する。この[火炎]ダメージは[火炎]に対する抵抗と[火炎]に対する完全耐性を無視する。

メモリー・ラプス

Memory Lapse/記憶の欠落
元呪文:メモリー・ラプス
 目標は最後のターンの前のターンの最初から、追加で1ラウンドを忘却する。
 増強(第3階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、術者は1ラウンドを費やすことで影響を受けた目標に嘘の記憶を植え付けることができる。この嘘の記憶は目標が今まさに忘れた期間に生じうるものでなければならない。この効果はモディファイ・メモリーを使用したかのように扱うが、この短期間の記憶に制限される。例えば、術者は忘れた期間に生じようのない長い期間の記憶を植え付けることはできない。
 目標はこの植え付けられた記憶に抵抗するために、意志セーヴィング・スロー(DCは神話級メモリー・ラプスのDC+術者の階梯に等しい)を試みることができる。成功すれば記憶は植え付けられないが、目標は該当する期間のことを忘れたままである。

モディファイ・メモリー

Modify Memory/記憶修正
元呪文:モディファイ・メモリー
 術者は階梯毎に追加で5分、目標の記憶を修正できる。術者はこの呪文を1回発動するだけで複数の記憶に効果を及ぼすこともできるが、合計期間がこの制限を超えることはない。影響を受けた記憶それぞれは、どれだけ短くても5分間として扱われる。例えば、術者は昼食前の市長との簡単な打ち合わせと、夕食後の別の簡単な打ち合わせの記憶を植え付けることができる。この2つの出来事は何時間離れていても良い。
 増強(第8階梯):術者が神話パワーを4回分消費すると、目標の記憶を改竄するのではなく、他のクリーチャー全てが持つ目標に対する記憶を改竄する(目標だけがこの呪文に対してセーヴィング・スローを行える)。目標と同じ次元界にいる全てのクリーチャーが目標の名前、目標との関係、目標が行ったこと全てを忘れる。目標は、彼らにとって見知らぬ人となる。目標が行った偉業は他の誰かが達成したものと見なされる。みんなが持つ歴史上の記憶はこの変更を具現化する形で書き換えられる。目標の記憶には影響はない。術者はこの呪文の効果から術者の階梯までのクリーチャーを選び、この効果から外す(すなわち真実を記憶したままでいさせる)ことができる。望むなら術者がその中に含まれていても良い。書き残された記録は、術者がこの呪文を発動する際に神話パワーを追加で6回分消費しなければ変更されない。他の次元界にある書き残された記録はいずれにせよ変更されない。

モンストラス・フィジック(全て)

Monstrous Physique(all)/怪物的体格(全て)
元呪文:モンストラス・フィジック
 各神話級モンストラス・フィジックは個々に修得しなければならず、神話級版を修得するには対応する非神話級モンストラス・フィジック呪文を知っていなければならない。術者は順番にこれらを修得する必要はなく、高レベルの神話級モンストラス・フィジック呪文を修得する前に低レベルの神話級モンストラス・フィジック呪文を修得している必要はない(例えば、術者はモンストラス・フィジックIIを知っていれば、例え神話級モンストラス・フィジックIを知らなくても神話級モンストラス・フィジックIIを修得することができる)。各神話級モンストラス・フィジック呪文は、対応する非神話級版に以下の利益を追加する。
 この呪文による能力値へのボーナスは2だけ増加し、外皮ボーナスは1だけ増加し、能力値へのペナルティは2だけ減少する(ペナルティの最小値は0)。あるいは、術者は他の同意するクリーチャー1体にこの呪文を発動することができる。そうする場合、距離は接触となり、目標はクリーチャー1体となる。
 増強(第4階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、能力値へのボーナスは更に2だけ増加する。加えて、術者は他の同意するクリーチャーにこの呪文を発動することができる。そうする場合、距離は接触となり、目標は階梯毎にクリーチャー1体となる。

ライトニング・アーク

Lightning Arc/電弧
元呪文:ライトニング・アーク
 与えるダメージは術者レベル毎に1d8(最大15d8)ポイントの[雷撃]ダメージに増加する。セーヴに失敗した目標は閃光により1ラウンドの間盲目状態となり、轟音により1d4ラウンドの間聴覚喪失状態となる。
 増強(第6階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、互いの距離が120フィートまでの目標2体を目標とすることができる。電光は目標間をつなぐために1回だけ90度まで曲がることができる。この呪文による[雷撃]ダメージは[雷撃]に対する抵抗と[雷撃]に対する完全耐性を無視する。

ライトニング・ボルト

Lightning Bolt/電撃
元呪文:ライトニング・ボルト
 与えるダメージは術者レベル毎に1d8(最大10d8)ポイントの[雷撃]ダメージに増加する。セーヴに失敗した全てのクリーチャーは1ラウンドの間よろめき状態となる。
 増強(第3階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、術者はこの呪文の効果線を、1回だけ90度まで曲げることができる。セーヴに失敗した全てのクリーチャーは1ラウンドの間朦朧状態となる。

リヴァース・グラヴィティ

Reverse Gravity/重力反転
元呪文:リヴァース・グラヴィティ
 範囲内にいるか範囲内に入ったクリーチャーは頑健セーヴを行わねばならず、失敗すると吐き気がする状態となる。
 増強(第8階梯):術者が神話パワーを3回分消費すると、ラウンド1回移動アクションとして、術者は固定されたクリーチャー(反応セーヴに成功したクリーチャー)1体もしくは固定された物体1つ(木1本や小屋1つ)を選択し、この呪文に対して頑健セーヴを試みさせることができる。選択したクリーチャーもしくは物体は、術者レベル毎に100ポンド以下の重量でなければならない。セーヴに失敗すると、それらは引っ張られて足場を失い、上方へと落下する。

リコチェット・ショット

Ricochet Shot/跳弾撃ち
元呪文:リコチェット・ショット
 攻撃が二次目標に命中すると、装備しているものは二次目標の20フィート以内にいる三次目標を選択することができる。これは一次目標から跳弾したかのように機能する。三次目標は一次目標とは別のクリーチャーでなければならない。
 増強(第3階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、二次目標と三次目標への攻撃は、一次目標への攻撃に与えられた強化ボーナスと魔法の特性を得る。

リジェネレイト

Regenerate/再生
元呪文:リジェネレイト
 発動時間は1標準アクションに変更され、目標は接触した生きているクリーチャー1体か死体1つに変更される。この呪文は聴覚喪失状態目が眩んだ状態盲目状態を取り除く。目標は術者レベルごとに1ラウンドの間、術者の階梯に等しい再生([強酸]および[火炎]で抑制される)を得る。目標がこの呪文の発動後1ラウンド以内に切断されたり(ヴォーパル武器などで)首をはねられて殺された場合、この呪文は失われた身体の一部を再生させ、(ブレス・オヴ・ライフのように)クリーチャーの息を吹き返させる。この時、目標は【耐久力】値に等しい負のhpを持つかのように扱う。

リデュース・パースン

Reduce Person/人物縮小
元呪文:リデュース・パースン
 術者は目標のサイズを2段階(最小超小型)まで縮小させることができる。目標が2段階縮小すると、その重量は16分の1に減少し、サイズの減少に伴い【敏捷力】に+4のサイズ・ボーナス、【筋力】に-4のサイズ・ペナルティ、攻撃ロールとACに+2のボーナスを得る。中型もしくは小型の人型生物クリーチャーのサイズが超小型まで縮小すると、接敵面は2.5フィート、生来の間合いは0フィートとなる。
 神話級リデュース・パースン神話級エンラージ・パースンを相殺し、解呪する。

リペル・ウッド

Repel Wood/木の放逐
元呪文:リペル・ウッド
 発動時間は1割り込みアクションに変更される。術者は裂いたり破壊するために、半径5インチまでの木製の物体1つに効果を及ぼしてもよい。
 増強(第3階梯):術者が神話パワーを2回分消費すると、範囲は術者から60フィート円錐形の放射に変更される。

リミテッド・ウィッシュ

Limited Wish/限られた望み
元呪文:リミテッド・ウィッシュ
 神話級リミテッド・ウィッシュを他の呪文の模倣に使用すると、術者は自分が修得している神話呪文1つ(術者が任意発動する術者の場合)もしくは準備している神話呪文1つ(術者が呪文を準備する術者の場合)を模倣することができる。術者が神話呪文を知らないか準備している神話呪文がない場合、術者は望む呪文の神話級版を模倣するために、神話パワーの2回目を消費することができる。
 増強:神話パワーを2回分消費することで、術者は神話級リミテッド・ウィッシュを音声要素と動作要素を省略して発動することができる。このとき、術者は例え無防備状態やその他アクションを行えない(ただし気絶状態ではない)状況でも発動することができる。

レイ・オヴ・エンフィーブルメント

Ray of Enfeeblement/衰弱光線
元呪文:レイ・オヴ・エンフィーブルメント
 【筋力】へのペナルティは1d8+術者レベル2毎に1(最大+10)に増加する。目標がセーヴに失敗すると、目標は疲労状態となる。

レヴィテート

Levitate/空中浮揚
元呪文:レヴィテート
 クリーチャー1体に効果を及ぼすのではなく、術者の術者レベルまでの目標に効果を及ぼすことができる。ただし、支えることのできる重量の合計は術者レベルごとに100ポンド以下である。術者は移動アクションを消費することで、全ての目標の向きを思考によって定めることができる。しかし全ての目標を同じ目標に移動させなければならない。
 増強(第8階梯):術者が神話パワーを10回分消費すると、術者は一辺5フィートの立方体の岩を永続的に浮遊させることができる。これらは術者が移動アクションを消費すると、20フィート垂直もしくは水平に移動する。
 術者が複数の立方体を作り出し、それらが物理的に接触すると、例えそれらが距離の外にいたとしても、術者はそれらを(まるで1つの物体であるかのように)1回の移動アクションで全て移動させることができる。それぞれの浮遊する立方体はおおよそ1,000ポンドまでの重量を支えることができ、術者はこの立方体を橋や浮遊する城、同様の建造物の基盤の一部として使用することができる。

レジスト・エナジー

Resist Energy/エネルギーへの抵抗力
元呪文:レジスト・エナジー
 目標は選択したエネルギー種別のダメージを与える効果に対するセーヴに+4のボーナスを得る。ラウンド毎に1回フリー・アクションとして、目標は隣接する仲間1体を選択し、1ラウンドの間選択したエネルギー種別に対する抵抗5を与えることができる。この値は術者レベル7の時点でエネルギーに対する抵抗10に、術者レベル11の時点でエネルギーに対する抵抗15に増加する。

レストア・ミシック・パワー

Restore Mythic Power/神話パワー回復
系統:変成術;レベル:ウィザード/ソーサラー3、ウィッチ3、クレリック3、バード3
発動時間:1標準アクション
構成要素:音声、動作
距離:接触
目標:術者および神話クリーチャー1体
持続時間:瞬間
セーヴィング・スロー:意志・無効(無害);呪文抵抗可(無害)
 目標に術者の手が触れることで、術者は自分の神話的本質をいくらか目標に転送することができる。術者は神話パワーを3回分消費することで、目標の神話パワー1回分を回復することができる。

レゾネイティング・ワード

Resonating Word/共振する言葉
元呪文:レゾネイティング・ワード
 1ラウンド目と2ラウンド目に与えるダメージは8d6に、3ラウンド目に与えるダメージは15d6に増加する。目標は全ての[音波]効果に対するセーヴィング・スローに-4のペナルティを被る。

レンド・パス

Lend Path/神話の道貸与
系統:変成術;レベル:ウィザード/ソーサラー5、ウィッチ5、クレリック5、サモナー4、ドルイド5、バード4、メイガス4
発動時間:1標準アクション
構成要素:音声、動作
距離:接触
目標:接触したクリーチャー
持続時間:10分/レベル(解除可)
セーヴィング・スロー:意志・無効(無害);呪文抵抗可(無害)
 術者は一時的に自分の神話の道能力1つを他のクリーチャーに転送する。この能力がクリーチャー自身の道に含まれているかのように、クリーチャーはこの能力を使用することができる。目標が神話パワーを消費することができない場合、目標はこの能力における神話パワーの使用回数を消費する必要がある部分を起動することはできない。しかしそれ以外の点については、このクリーチャーが第1階梯であるかのように機能する。
 この方法で術者の道能力が転送されている間、(例えこの道能力が自動的に機能する能力であったり、神話パワーの使用回数を消費する必要がない能力であっても)術者はこの道能力を自分で使用することはできない。

ワード・オヴ・ケイオス

Word of Chaos/混沌の咒
元呪文:ワード・オヴ・ケイオス
 非神話クリーチャーに対してこの呪文の効果を決定する際、術者の階梯に術者の術者レベルを加える。この呪文に対するセーヴに失敗した混沌属性でないクリーチャーは攻撃ロールとセーヴィング・スローに-4のペナルティを受け、この呪文の他の効果が持続している限り呪文抵抗が5だけ減少する。

ワールウィンド

Whirlwind/旋風
元呪文:ワールウィンド
 この竜巻は基部の幅15フィート、頭頂部の幅40フィート、高さ40フィートとなる。竜巻の効果は大型以下のクリーチャーと超大型のクリーチャーに効果を及ぼし、ダメージは3d8ポイントのダメージに増加する。中型以下のクリーチャーに対する効果は大型クリーチャーにも効果を及ぼし、毎ラウンド与えるダメージは2d6ポイントのダメージに増加する。
 増強(第8階梯):神話パワーを3回分消費すると、この竜巻のサイズは基部で幅50フィート、頭頂部で幅150フィート、高さ150フィートに増加する。竜巻に触れた全てのサイズのクリーチャーと物体は8d8ポイントのダメージを受け(反応・無効)、竜巻に巻き込まれたものが受けるダメージはラウンド毎に6d6ポイントのダメージに増加する。加えて、固定されていない各辺30フィートより小さい物体はこの効果で排出される。竜巻から20フィート以内の範囲は強風であると見なされ、40フィート以内の範囲は疾風であると見なされる。