NC1 > 上級クラス > アサシン

アサシン

信教の殺し屋 脅威度8 Sacred Killer

経験点 4,800
ハーフオーク、1レベル・クレリック
ローグ 6
アサシン 2レベル
NE/中型サイズの人型生物(オーク、人間)
イニシアチブ +5;感覚 暗視60フィート;〈知覚〉+13
防御
AC 20、接触16、立ちすくみ14(+1回避、+5【敏】、+4鎧)
hp 68 (1d8+6d8+2d8+24)
頑健 +7、反応 +11、意志 +6;毒に対して+1
防御能力 オークの凶暴性、直感回避強化、身かわし、罠感知+2
攻撃
移動速度 30フィート
近接 +1ショート・ソード=+12(1d6+1/19~20、加えて“毒”)
遠隔 高品質のダガー=+11(1d4/19~20加えて“毒”)
特殊攻撃 急所攻撃+4d6、致死攻撃(DC14)、負のエネルギー放出2回/日(DC9、1d6)
領域の擬似呪文能力 (術者レベル1;精神集中+2)
4回/日:写し身、出血の手
準備済みのクレリック呪文 (術者レベル1;精神集中+2)
1レベル:ディヴァイン・フェイヴァーディスガイズ・セルフ (領)ブレス
0レベル(回数無制限):ガイダンスディテクト・ポイズンブリード(DC11)
(領) 領域呪文;領域 欺き、死
戦術
戦闘前 このアサシンは、自分のスクロール・オヴ・インヴィジビリティの発動を試み、自分のショート・ソードにグリーンブラッド・オイルを塗布する。
戦闘中 このアサシンは、致死攻撃のために彼の敵を研究するところから戦闘を始める。この攻撃をするとき、彼は可能な限り多くのダメージを与えるために《エネルギー放出の一撃》と《渾身の一打》を使用する。
一般データ
【筋】10、【敏】20、【耐】14、【知】14、【判】12、【魅】8
基本攻撃 +5;CMB +5;CMD 21
特技 《エネルギー放出の一撃》、《回避》、《渾身の一打》、《追尾》、《武器熟練:ショート・ソード》、《武器の妙技》
技能 〈威圧〉+9、〈隠密〉+17、〈呪文学〉+10、〈真意看破〉+13、〈知覚〉+13、〈知識:地域、貴族、宗教〉+10、〈手先の早業〉+13、〈登攀〉+8、〈はったり〉+11、〈変装〉+7
言語 オーク語、共通語、ドワーフ語
その他の特殊能力 オークの血、オーラ、毒の使用、武器精通、ローグの技(出血攻撃+4、ローグの妙技、不意討ち攻撃)、罠探し+3
戦闘用装備 ポーション・オヴ・キュア・シリアス・ウーンズスクロール・オヴ・インヴィジビリティ、ブラック・アダーの毒(2)、ジャイアント・ワスプポイズン(2)、グリーンブラッド・オイル(2);その他の装備 +1スタデッド・レザー+1ショート・ソード、高品質のダガー、ベルト・オヴ・インクレディブル・デクスタリティ+2、303gp

 彼らの捻くれた意志を実行するか、腹立たしい敵を排除するために、多くの悪の寺院とカルトは神聖な殺人者を利用する。

ダルグ・ゴールデンアイズ Dulg Goldeneyes

 幼い孤児としてストリートに住んでいたとき、ダルグは殺人の神のカルトによって誘拐され、その人たちは当初彼らが作っていた新しい毒のテストとして彼を利用するつもりだった。しかしこの若いハーフオークの精神、回復力、そして知性に興味をそそられたカルトは彼との親交を深めることに決めた。彼らは彼を不浄な暗殺者に仕立て、ハーフオークはそれ以来カルトを疑わない殺人者となっている。本当に彼の殺人という職業を楽しむダルグは殺しの度に名刺を残す。一たび犠牲者が死ぬと、ダルグは目を抉り出し、2枚の磨かれた金貨を窪みに残す。
 戦闘遭遇:ダルグが訪問してくるならば、彼の標的は彼のカルトに逆らっていることを一般に意味するがこれは必ずしも本当ではない。時折彼は技術を磨き名声を上げるために人殺しをする。
 ロールプレイの指針:しばしば静かで不機嫌であるダルグは人々を彼の汚れた芸術の潜在的目標であるだけとみなす傾向がある。彼はほぼフリーランスの任務を引き受けず、彼が素晴らしい評判をより得ることができると思うときだけ引き受ける。

死滅の門徒 脅威度12 Death Initiate

経験点 19,200
人間、9レベル・モンク
アサシン 4レベル
LE/中型サイズの人型生物(人間)
イニシアチブ +5;感覚 〈知覚〉+18
防御
AC 25、接触21、立ちすくみ19(+1回避、+2外皮、+1反発、+2【判】、+5【敏】、+2モンク、+2鎧)
hp 88 (9d8+4d8+22)
頑健 +9、反応 +14、意志 +10;心術または毒に対して+2
防御能力 直感回避、身かわし強化;完全耐性 病気
攻撃
移動速度 60フィート
近接 素手攻撃=+15/+10(1d10+1、加えて1d6[電気])または高品質のクオータースタッフ=+11/+6(1d6+1)または連打(素手攻撃)=+16/+16/+11/+11/+6(1d10+1、加えて1d6[電気])
遠隔 +1シュリケン=+16/+11(1d2+2)または連打(+1シュリケン)=+17/+17/+12/+12/+7(1d2+1)
特殊攻撃 急所攻撃+2d6、真の死(DC19)、致死攻撃(DC16)、朦朧化打撃(10回/日、DC18)、連打

戦術
戦闘前 このアサシンは、自分のポーション・オヴ・バークスキンを飲み、犠牲者を3ラウンド間観察することを試み、さらに自分のポーション・オヴ・ヘイストを飲む。
戦闘中 謙虚な巡礼者に偽装し、アサシンは彼女のマークににじり寄って、朦朧化打撃の攻撃で彼女の死の攻撃を行う。その後彼女はシュリケンの一陣を投げるために退く。
基本データ バークスキンを除いた、このアサシンのデータは AC 23、接触21、立ちすくみ17。
一般データ
【筋】12、【敏】21、【耐】12、【知】14、【判】14、【魅】8
基本攻撃 +9;CMB +13;CMD 31
特技 《回避》、《気の力追加》、《近距離射撃》、《素手打撃強化》、《素早い移動》、《致命的な狙い》、《追尾》、《武器熟練:シュリケン、素手攻撃》、《武器の妙技》、《朦朧化打撃》、《矢止め》
技能 〈威圧〉+7、〈隠密〉+21、〈軽業〉+21(跳躍時+42)、〈交渉〉+2、〈真意看破〉+12、〈水泳〉+7、〈知覚〉+18、〈知識:宗教〉+6、〈知識:地理、地域、自然〉+5、〈知識:歴史〉+8、〈登攀〉+11、〈はったり〉+6、〈変装〉+6
言語 共通語、地獄語、風界語
その他の特殊能力 暗器、浮身40フィート、蓄積(8ポイント、魔法)、高速移動、戦技訓練、大跳躍、毒の使用、肉体の完成
戦闘用装備 ポーション・オヴ・バークスキンポーション・オヴ・キュア・シリアス・ウーンズポーション・オヴ・ヘイストその他の装備 +1ヒューマン・ベイン・シュリケン(5)、+1シュリケン(20)、アダマンティン製シュリケン(10)、冷たい鉄製シュリケン(10)、高品質のクオータースタッフ、ベルト・オヴ・フィジカル・マイト+2(【筋】、【敏】)、ブレイサーズ・オヴ・アーマー+2クローク・オヴ・レジスタンス+1リング・オヴ・プロテクション+1ショック・アミュレット・オヴ・マイティ・フィスツ、235gp

 これらのモンクは修道院を脅かすか逆らう人に手早く冷静な死を与える。

ケル・サル・コス Kel Sal Koth

 ケル・サル・コスの背景や起源についてはほとんど知られていない、彼女自身にさえも。彼女の最初の記憶は従うべきものだと選ばれた致命的な規律に関する修道院の初期の指導を含んでいる。ケルの哲学は単純であるがそれへの彼女の関与は深い。感情を抑えることができる際にだけ宇宙との本当の調和を見つけられる――そしてそのような抑制の本当の試験は他の知的なクリーチャーの生命を冷静に奪うことである――と彼女は信じている。
 戦闘遭遇:ケルは単独で働くのを好むが、目標があまりに強いと彼女は修道院の他のメンバーを見繕って陽動をさせるか露払い役をさせる。
 ロールプレイの指針:ケルを冷酷であるということは控えめな表現である。彼女は標的に近づく策略として感情を真似るだけである。

流血の大鎌 脅威度16 Murderous Scythe

経験点 76,800
ハーフエルフ、4レベル・ドルイド
ファイター 6
アサシン 7レベル
NE/中型サイズの人型生物(エルフ、人間)
イニシアチブ +4;感覚 夜目;〈知覚〉+24
防御
AC 26、接触12、立ちすくみ26(+2外皮、+2反発、+12鎧)
hp 144 (4d8+6d10+7d8+57)
頑健 +15、反応 +8、意志 +11;心術に対して+2、恐怖に対して+2、毒に対して+3、フェイおよび植物を目標とした効果に対して+4
防御能力 武勇+2、直感回避強化
攻撃
移動速度 30フィート
近接 +2サイズ=+25/+20/+15(2d4+15/19~20/×4、加えて“毒”)
特殊攻撃 急所攻撃+4d6、静かなる死、自然の化身1回/日、真の死(DC22)、致死攻撃(DC19)、武器修練(大剣+1)
領域の擬似呪文能力 (術者レベル4;精神集中+6)
5回/日:樹木の拳
準備済みのドルイド呪文 (術者レベル4;精神集中+6)
2レベル:スパイダー・クライムツリー・シェイプバークスキン (領)レジスト・エナジー(DC14)
1レベル:エンタングル (領) (DC13)、オブスキュアリング・ミストフェアリー・ファイアー(2)、ロングストライダー
0レベル(回数無制限):ガイダンスディテクト・マジックノウ・ディレクションライト
領域 植物
戦術
戦闘前 このアサシンは、バークスキンおよびロングストライダーを発動する。自分のサイズに毒を塗り、自然の化身を用いてイーグルまたはダイア・ラットに変身する。
戦闘中 動物の形態では、アサシンは敵の間に混沌を植え付けるためにオブスキュアリング・ミストを発動する前に3ラウンド敵の術者を研究する。それから彼は目標へ死の攻撃をするために本当の形態をとる。近接戦において彼は敵を足払いする。
基本データ バークスキンおよびロングストライダーを除いた、このアサシンのデータは AC 24、接触12、立ちすくみ24;移動速度 20フィート。
一般データ
【筋】24、【敏】10、【耐】16、【知】14、【判】14、【魅】8
基本攻撃 +14;CMB +21(足払い+25);CMD 33(足払いに対して35)
特技 《足払い強化》、《イニシアチブ強化》、《技能熟練:隠密》、《強打》、《クリティカル強化:サイズ》、《クリティカル熟練》、《化身時発動》、《攻防一体》、《渾身の一打》、《渾身の一打強化》、《上級足払い》、《発動妨害》、《武器開眼:サイズ》、《武器熟練:サイズ》
技能 〈隠密〉+21、〈真意看破〉+19、〈水泳〉+13、〈生存〉+12、〈知覚〉+24、〈知識:自然〉+12、〈知識:地域、宗教〉+7、〈知識:地理〉+10、〈登攀〉+13、〈飛行〉+3、〈変装〉+1
言語 エルフ語、共通語、ゴブリン語、森語
その他の特殊能力 跡無き足取り、暗器、エルフの血、自然感覚、自然との絆(植物の領域)、毒の使用、森渡り、野生動物との共感+3、鎧修練1
戦闘用装備 ポーション・オヴ・キュア・シリアス・ウーンズ、デスブレードポイズン、パープル・ワームの毒(3);その他の装備 +3グラマード・ダークウッド製フル・プレート+2サイズベルト・オヴ・フィジカル・マイト+4(【筋】、【耐】)、クローク・オヴ・レジスタンス+1リング・オヴ・プロテクション+2、402gp

 これら多くの殺人者は暗いドルイドのサークルのために暗殺者となるか、野蛮な人型生物の部族を支配する。

ゼラス・ザ・リーパー Zelath the Reaper

 死が単なる生命の循環の一部であることを知っているゼラスは彼の殺人の手法が自然の意志を実施していると本当に信じている。危険な庭師のように、彼の死の呼び出しを妨害するか自然から奪い取る勇気のあるものを切り捨てる。
 戦闘遭遇:ゼラスは自分たちの故郷の保護において、他のドルイドを助け、相互の防御と戦略的な攻勢に自らの邪道な才能をもたらす。
 ロールプレイの指針:ゼラスは自然の規律の友人に毒についての彼の専門知識をしばしば提供する。

絶命の戦斧 脅威度19 Fatal Axe

経験点 204,800
ドワーフ、10レベル・ローグ
アサシン 10レベル
NE/中型サイズの人型生物(ドワーフ)
イニシアチブ +0;感覚 暗視60フィート;〈知覚〉+25
防御
AC 24、接触13、立ちすくみ24(+2外皮、+1洞察、+2反発、+9鎧)
hp 183 (10d8+10d8+90)
頑健 +12、反応 +14、意志 +12;呪文および擬似呪文能力に対して+2;毒に対して+7
防御能力 +5対[毒]、直感回避強化、防衛訓練(巨人に対するACに+4回避ボーナス)、身かわし、罠感知+3
攻撃
移動速度 25フィート
近接 +1フレイミング・フロスト・ショック・ハンドアックス=+20/+15/+10(1d6+5/19~20/×3、加えて1d6[冷気]および1d6[電気]および1d6[火])
遠隔 +1リターニング・ショック・スローイング・アックス=+15(1d6+5/×3加えて1d6[電気])
特殊攻撃 オークおよびゴブリン類の人型生物に対する攻撃ロールに+1、急所攻撃+10d6、静かなる死、死の天使1回/日、迅速なる死1回/日、真の死(DC25)、致死攻撃(DC26)

戦術
戦闘前 このアサシンは、観察を行い致死攻撃で仕留めることが可能な距離まで〈隠密〉または〈変装〉を使用して獲物に近づく。
戦闘中 争いの場に走るために、彼女の素早い隠密とブーツ・オヴ・スピードを使い、アサシンは出血攻撃を使い最も脅威である目標を攻撃する。次に、彼女はスローイング・アックス攻撃で敵をぐらつかせるために近接戦から離れてから近接戦に再び入る。
一般データ
【筋】18、【敏】10、【耐】19、【知】22、【判】14、【魅】6
基本攻撃 +14;CMB +18;CMD 31(足払い、突き飛ばしに対して35)
特技 《快速》、《強打》、《近距離射撃》、《クリティカル強化:ハンドアックス》、《攻防一体》、《渾身の一打》、《渾身の一打強化》、《薙ぎ払い》、《鋼の意志》、《鋼の意志強化》、《フェイント強化》、《武器熟練:ハンドアックス》
技能 〈隠密〉+22、〈軽業〉+12、〈言語学〉+14、〈交渉〉+6、〈真意看破〉+25、〈水泳〉+16、〈生存〉+12、〈装置無力化〉+12、〈知覚〉+25(通常のものでない石製の仕掛けに気づく+27)、〈知識:工学、地理、歴史、自然、貴族、宗教〉+11、〈知識:ダンジョン探検〉+14、〈知識:地域〉+19、〈治療〉+7、〈手先の早業〉+22、〈登攀〉+16、〈はったり〉+21、〈変装〉+11、〈魔法装置使用〉+21
言語 アクロ語、エルフ語、オーク語、火界語、共通語、ゴブリン語、地獄語、地界語、天上語、ドワーフ語、奈落語、ノーム語、竜語
その他の特殊能力 暗器、影隠れ、毒の使用、ローグの技(出血攻撃+10、戦闘技術、弱体化打撃、高速隠密、武器訓練)、罠探し+5
装備 +5チェイン・シャツ+1フレイミング・フロスト・ショック・ハンドアックス+1リターニング・ショック・ハンドアックスアミュレット・オヴ・ナチュラル・アーマー+2ベルト・オヴ・フィジカル・マイト+4(【筋】、【耐】)、ブーツ・オヴ・スピードクローク・オヴ・レジスタンス+2くすんだ薔薇色の三角柱のアイウーン・ストーンヘッドバンド・オヴ・ヴァスト・インテリジェンス+2リング・オヴ・プロテクション+2

 ドワーフにしては驚くほど素早く手早い絶命の戦斧は、彼らの敵を倒すために、近接戦の才能と破壊的な斧を投擲する攻撃を組み合わせる。

セラン・ストーンバイター Thelan Stonebiter

 セランの心において、彼女が果たす仕事は徹底的に彼女の一族と彼女の要塞の大きな利益となる。野蛮な巨人から社会病質のゴブリンや気まぐれであてにならないエルフまで、ドワーフの人々には多くの敵がいる。彼女の仕事は型にはまらず、詐術を用い、大部分のドワーフのフェアプレーの名誉の精神とは反対であるが、公平性という本質は備えている。全く名誉心を持ち合わせていないというわけではない彼女は、仲間のドワーフに対して殺人的芸術を使うことを拒否する。
 戦闘遭遇:セランはドワーフでない目標に対してフリーの任務を時々引き受けるが、彼女の真の情熱は彼女の身内を保護することである。
 ロールプレイの指針:任務実行中以外は、セランは普通のドワーフのふりをする。彼女は友人に忠実で彼女の一族と要塞の豪族に忠実である。彼女を知る少数のものしか暗い行為を行う彼女を疑わない。