珍道中の始まり ◆Qz0e4gvs0s



――Jの言い分

潤です。もう最悪です。
出会ったばかりの女の子に、俺の命の灯火を消されそうになりました。
しかも、迫ってくる別の女の子の真似して笑い出す。俺の迷惑を考えて下さい。
さらに、気持ち悪いとか言って逃げようとしてくれません。勘弁してください。
ま、俺様の起死回生のチンゲアタックにより無事だったと言う訳さ。えっへん。


――F子の言い分

風子です。もう最悪です。
出会ったばかりの変な男に、風子の大人なお尻を触られました。
しかも、触ったままお店の中を走り回ります。風子の迷惑を考えて下さい。
さらに、立ち止まったかと思うと乱暴に風子を地面に叩きつけます。外道です。
ま、風子の起死回生のヒトデパワーで無事勝利したと言う訳なのです。えっへん。




「北川さん。いくら素晴らしいからって風子のコメントをパクらないで下さい」
「ちょっと待て! パクってるのはどうみてもそっちだろ。つか、尻触ったんじゃなくておぶったんだよ!」
「うるさいのです。美貌と才能に嫉妬する気持ちは分かりますが、男なら潔く罪を認めて下さい」
「つか、お前のどこにそんな美貌と才能があるんだよ!」
「見えませんか? 風子から溢れ出る『知的美人』のオーラが」
「ねぇよ! 」
「そんな事言って、テレてます」
「さっきまで走ってたからな!」
「そんな誤魔化しで……さては北川さん、風子に恋しちゃってますね」
「いや、してないって!」
「でも駄目です。風子の相手になるためには、もっと己を磨かないといけません」
「聞いちゃいねー!!」
その後、数分間による不毛な言い争いが続くが、疲れたのか急に会話が途切れる。
「で、あの女の子が居る以上、百貨店には戻れないな」
「風子のバックがあるのです」
「そんな事言って、また追いかけられたらどうするんだ?」
「その時は、北川さんが体を張って風子を守るのです」
「なんでだよ!?」
「愛する女のために死ねる……モテない北川さんにあげられる。唯一の見せ場なのです」
「だから愛してないし、モテない訳じゃない……はずだし、第一そんな見せ場欲しがるかぁ!」
「駄目ですよ北川さん。ストレスは禿のもとなのです」
「うがぁぁぁぁぁぁぁ!」
なかなか会話が前に進まない二人だった。


   ◇   ◇   ◇   ◇


「とりあえず、どこか行きたい場所はあるか?」
「そうですね~。風子はまずベットに入りたいです」
「そこまで具体的じゃなくていいんだよ! もっと、こう、地名とか」
「それならそうと言って下さい。北川さんは言葉が通じなくて困ります」
「通じてないのはお前だろぉぉぉ!」
「そういう事でしたら、どこかホテルに連れて行って欲しいです。あ、変な期待はしないで下さいね」
「しないしない。でも、ホテルつってもこの地図じゃどこにあるのかは……」
「それぐらい、ぱぱっと見つけるのが『出来る男』ですよ」
「こんなアバウトな地図だけで出来る――いや、地図?」
「? これは地図ですよ。まさか、それすら分からなくなったのですか?」
「違う違う。この地図より詳しくて、かつ色々情報収集できそうな場所を思いついたんだ」
「どこですかそれは?」
「ここさ!」
北川の指差したのは、小さく『役場』と書かれた丸だった。
「役場ってなんですか?」
「えぇ! そこから説明するのかよ!?」
自信満々に指を指したものの、風子の頭は役場を全く理解していなかった。
その後、支給品のメモや具体例や面白話で、なんとか役場がなんたるかを叩き込む。
「つまるところ、税金泥棒があぐらをかいてお茶をすする所なのですね」
「全ッッ然理解してないよな!?」
「理解しているのです。風子は一度言われたことは完璧に覚えられます」
「じゃあ、その役場に俺たちは何しに行くんだっけ?」
「そんなの風子に聞かないで下さい。それより北川さん。早くしゃがんで下さい」
「は?」
「特別に、役場まで風子をおんぶする権利を与えるのです。さあ早く」
(ああ、誰か俺を助けてくれ)
心の中で涙を流しつつ、結局おぶってしまう北川だった。



【A-3 百貨店と役場の中間/1日目 時間 黎明】



【北川潤@Kanon】
【所持品:支給品一式、チンゲラーメン(約3日分)】
【状態:多大な疲労】
【思考・行動】
1:風子を連れて安全な場所へ移動。そうしたらひとまず休みたい。
2:知り合い(相沢祐一、水瀬名雪)の捜索。
3:あの娘を見てしまった以上、殺し合いに乗る気にはなれない……
4:まずは、地理把握のため役場へ
【備考】チンゲラーメンの具がアレかどうかは不明
    チンゲラーメンを1個消費しました。

【伊吹風子@CLANNAD】
【装備:なし】
【所持品:なし】
【状態:健康】
【思考・行動】
1:北川さん……きつそう。
2:北川さん……風子に惚れてます?
【備考】今のところ状況をあまり把握してません。


【備考】
新市街での戦闘は知りません。
包丁の女の子(レナ)がまだ百貨店にいると思っています。


053:おいてきたもの 投下順に読む 055:猟人は鬼と獅子
049:二人だけの音楽会― Concerto ― 時系列順に読む 056:連鎖する誤解~chain misunderstanding~
019:たかだか数十分 北川潤 070:童貞男と黒タイツ女
019:たかだか数十分 伊吹風子 070:童貞男と黒タイツ女







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー