※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

宮小路瑞穂 (みやのこうじ みずほ)


【出典】乙女はお姉さまに恋してる
【声優】神村ひな(原作ゲーム)、堀江由衣(TVアニメ、アニメドラマCD)
【性別】男

【人称】
一人称:ボク、私
二人称:あなた
三人称:あの方、あの人、あなたたち等

【関連人物への呼称】
厳島貴子→貴子さん

【能力】
空手、合気道の心得があり、大人の男数人が相手でも軽くあしらえる(原作ゲーム、アニメ参照)。
運動神経もかなり良い。
そのため、体力、身体能力は同年代の男性より少し上と思われる。

【キャラ紹介】
『乙女はお姉さまに恋してる』の主人公。本名は鏑木瑞穂(かぶらぎ みずほ)。5月12日生まれ。血液型はA型。身長は173cm。
祖父の遺言で聖應女学院(PS2版では聖央女学院)に女装して転校する破目になった容姿端麗・文武両道が取り柄な鏑木財閥の御曹司。宮小路は母方の姓(なぜ偽名で学院に通っているのかというと聖應女学院を運営しているのが鏑木財閥だから)。
男性らしからぬ長髪と亡き母親譲り(しかも女性顔負け)の美貌を持つ。
男でありながら、その才色兼備さにより全校生徒憧れのお姉さまである『エルダー・シスター』(第72代)に選ばれている。
ちなみに、公式のキャラクター人気投票でもダントツの人気を誇り、『(男なのに)真のメインヒロイン』などとファンからは呼ばれていたりする。

声優は神村ひな(原作ゲーム)、堀江由衣(TVアニメ、アニメドラマCD)の二人だが、本ロワでは別にどちらの声か気にする必要はない?
ちなみにアニメ版の声優である堀江由衣は咲耶月宮あゆ白河ことりの声も担当している。



【ロワ本編での動向】
男であるにも関わらず、超のつく美人である瑞穂。
本編でもその特徴をいかんなく発揮し、登場一話目にして春原陽平を魅了、一緒に行動する事となる。
その後向かった温泉で、将来を誓い合った厳島貴子や彼女を保護していた倉成武、それにそれまで単独行動を取っていた涼宮茜と出会う。
結局貴子や武とは別行動になったが、茜が同行者の一員に加わった。
しかし春原の所為で、道中で出会ったアルルゥが驚いて逃亡してしまう。
瑞穂は春原達と一旦別れ、アルルゥを追跡、保護する事に成功する。
第一回放送によりカルラエルルゥの死が伝えられ、落ち込むアルルゥを慰め、絆を深めていった。
その直後に蟹沢きぬと出会い、彼女も仲間に加わった。
しかしそこで現われたのが、参加者中でも屈指の実力を誇るマーダー・アセリアである。
瑞穂達は碌な武器を持っていなかった為、戦闘になれば全滅必至だったが、アルルゥのおかげでアセリアと打ち解ける事に成功する。
殺し合いを保留したアセリアが、突如襲い掛かってきたマーダー・川澄舞と交戦する中、瑞穂はアルルゥを保護しつつ博物館目指して逃亡する。
博物館で春原や茜との合流を果たした瑞穂は、1人トイレに向かうが、その隙に残された仲間達が当時殺害数トップのマーダー・国崎往人に襲撃されてしまった。
銃声を聞きつけた瑞穂は大急ぎで戻る最中、アルルゥ達を見捨てた逃亡していた春原と出会い、決別する。
何とか茜達が殺される前に現場に辿りついたものの、銃を持っている往人が相手ではどうしようもなく、瑞穂を庇ったアルルゥが撃たれてしまう。
そこでアセリアが現われ形勢は逆転、瑞穂も奮起し、苦戦したものの往人に深手を負わせ、離脱に成功。
だが銃で撃たれた傷は最早どうしようも無く、アルルゥが死亡してしまい、瑞穂は涙した。
その後第二回放送で貴子の死を知った瑞穂は茫然自失の状態に陥り、土永さんの策に嵌りマーダー化してしまう。
瑞穂は仲間である茜やアセリアに牙を剥き、更に強力無比なマーダー・川澄舞、狂人マーダー・鳴海孝之も加わり、大乱戦を繰り広げる。
茜の決死の説得により瑞穂は改心、孝之を打倒したが、茜は死んでしまった。
続いて瑞穂達はハクオロ高嶺悠人千影と出会ったが、情報交換の最中に往人の話題が出て、激昂したアセリアが離脱してしまう。
瑞穂はアセリアを追って合流し、国崎往人、二見瑛理子らと遭遇。アルルゥの仇を討つべく、アセリアが往人に襲い掛かった。
だが改心した往人を殺すべきで無いと判断した瑛理子が、瑞穂と協力してアセリアを止め、四人は和解に成功した。








| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー