※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

大石蔵人


【出典】ひぐらしのなく頃に~祭~
【声優】茶風林
【性別】男

【人称】
一人称:わたし
二人称:
三人称:

【関連人物への呼称】
前原圭一→前原さん
竜宮レナ→竜宮さん
古手梨花→古手さん、梨花さん
園崎詩音→詩音さん
赤坂衛→赤坂さん


【能力】

【キャラ紹介】
XX県警興宮警察署に勤務する刑事。幾重もの経験に裏付けられた自信と知識、老獪さで立ち回る、徹底的な叩き上げのベテラン。
しかしそれ故にその捜査手法はかなりアウトローなものであり、しつこく事件を調べる彼を疎ましく思う村人は多い。
定年間近の年齢ではあるが、柔道で鍛えられた腕力や握力はかなりのもので、彼に一掴みされると大抵の者は身動きが出来なくなる。
非常にもったいぶった話し方や、粘着質なしつこさは聞く者に不快感を与える。

同じく興宮署に勤務する老年の鑑識の男性職員(名前は不明)から「悪タレ時代を思い出してみろ」などと言われている事から、
若い頃にはそれなりのやんちゃだった事が伺える。ヘビースモーカー。
よく麻雀を仲間内でしており、腕はツバメ返し(実戦で使えるレベルではないが)が出来るほどである。
夜遊びと酒にも強く、バニー萌えであるという意外な一面もある。

【ロワ本編での動向】
なかなか書き手がつかなかったのか登場はエスペリアと並んで最後だった。
その後も書き手がつかなかった影響かあっさりと毒殺される。

だが後に彼が残したノートを国崎往人が発見。
彼の残したノートにはいかなる情報が書いてあるのか、注目の的である。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー