※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アルルゥ


【出典】うたわれるもの 散りゆく者への子守唄
【声優】沢城みゆき
【性別】女

【人称】
一人称:アルルゥ
二人称:
三人称:あの人、あいつ

【関連人物への呼称】
ハクオロ→おとーさん
エルルゥ→おねーちゃん
オボロ→オボロ
トウカ→トウカおねーちゃん
カルラ→カルラおねーちゃん

【能力】
動物とある程度の意思疎通が図れる能力があり、そのためアルルゥは作中でたびたび『森の母(ヤーナ・マウ)』と呼ばれている。

【キャラ紹介】

【ロワ本編での動向】
赤坂衛との追いかけっこをするところからスタートする。
人見知りをする性格ゆえに赤坂から逃げていたのだが、その後トウカ対馬レオとの紆余曲折を経て赤坂たちと和解。
トウカとともにレオを追いかけていった赤坂を待っていたところ、宮小路瑞穂たちと出会い、ここでも人見知りを発揮してトウカをおいて、一人逃げ出してしまう。
その後、自身を追いかけてきた瑞穂とは敵ではないと判断して信用することに決めた。
そしてレオの死に嘆き悲しみながら叫び声を上げつつ走り回っていた蟹沢きぬと出会う。

きぬと友情を深めつつも、突如出現したアセリアには人見知りが激しい性格にも関わらず積極的に関わっていく。
アセリアとアルルゥの出会いはアセリアにとって後々重要な意味を持つようになる。
その後国崎往人の銃弾に殺されてしまうアルルゥだったがアセリアの感情を育てる上で重要な役割を担い、
マーダーとなった瑞穂を説得するのに一役買うなど死してなお多くの人間に影響を与えた彼女の功績は計り知れない。






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー