アルカナハート3及び格闘ゲーム初心者向けのキャラクター解説です
まずはこのページに記載されている四つの技を主に使って動かしてみましょう
難しい連続技などは後回しでも全く問題ありません。初めはゲームに慣れること、楽しむことが大事です
各キャラクターごとに特徴をつかみやすい技をピックアップしていきますので、後々対戦する上でも役に立つことでしょう

もちろんここに挙げたものに限らず、色々な技を使ったり、コンボに挑戦してみたりするのもいいでしょう
このページはあくまで本作に初めて触れるプレイヤーのガイドとして作成されたものです
遊び方を規定するものではありませんので、ゲームに慣れてきたらこれに囚われず色々な可能性を模索してもらえればと思います
「とりあえずやってみる」を主眼にしているのでやや実戦的でない部分もありますが、より突っ込んだ内容は他の攻略ページを参考にして下さい


1.ニュートラルホーミングによる強襲
なにはなくともまずホーミング動作に慣れましょう。初心者指南で説明したとおり、空中からのホーミングを使っていきます
ここではニュートラルホーミング(レバーを倒さずにDボタン。以下NH)を主に使います
レバーを上方向に入れてジャンプ後、Dボタンを押します
この時、Dボタンを二回・三回と連続して押すと移動速度を速めることができます(以下加速ホーミング)
そして相手キャラとの距離が縮まったらおもむろに攻撃ボタン(ABCEのいずれか)を押しましょう
NH中に出る技は各キャラのジャンプ攻撃と同一のものです

  • 「ジャンプC」で相手を浮かせましょう
フィオナのジャンプC(JC)は地上にいる相手を跳び越しながら出すとめくりになるため、ガード方向を惑わすことが出来ます
また、地上にいる相手にJCを当てると、相手を空中へ浮かせることが出来ます
そこからジャンプB(JB)→ジャンプE(JE)などの空中コンボを入れてダメージをとりましょう
攻撃範囲も広く、強力な相殺判定が発生直前についているものの、JCは発生が遅いため早めに振ることを心がけましょう
JCの当て方によってはホーミングキャンセル(HC)を使わないと追撃できないこともあります
場面によって「HCを使うor使わない」などの判断を行えるようになりましょう

2.立ち回りの起点に使う技
お互い自由に動ける状態(「五分の状態」などと呼びます)の時に主に使用する技です
相手の出鼻をくじいたり、続く自キャラの行動を起こしやすくするための布石となります
なお、アルカナ技はこの項目にはあえて含めていません。あくまでキャラクター固有の技をピックアップしています

  • 「立ちB(5B)」で牽制しましょう
フィオナの技はほぼ全て発生が遅く、相手に密着されてしまうととても不利になります
よって、そうならないように牽制を行う必要があります
5BやしゃがみB(2B)はヒット、ガード関係なくジャンプキャンセル(jc)で隙を消すことが出来ます
また、それなりにリーチもあり、ヒット時はそのままコンボへ移行できるため、
地上ではこの2つの技をメインにしましょう
牽制のために振らなければならないこの2つですが、当然外すと大きな隙を晒してしまうので気をつけましょう

3.空中引っかけコンボの始動に使う技
本作はシステム上空中戦の発生する頻度が非常に高くなっています
当然、空中で相手に技を当てた際にしっかり連続技へ移行することができれば与えるダメージも上昇します
上記1の項では自分から攻め入る際に使用する技を挙げましたが、今度は近い位置で空中の相手と交差するような時に使う技です
このように空中からの攻めに対してこちらも空中攻撃で応戦することを「空対空」などと呼びます

  • 「ジャンプB(JB)」で突っ込みましょう
地上戦はあまり強くないフィオナですが、空中での性能は、十分他キャラに対抗できるものを持っています
その中でも強いのが、発生の速さ、発生前の相殺判定、リーチの長さを兼ね備えたJBです
ニュートラルホーミングから取り敢えず振るだけでもなかなか強力です
ただ、こればかり振っているとそのうち読まれるようになってしまうので、適度にJCやJEも混ぜましょう

4.切り返しに使う技
自分が不利な状況、とくに近距離で追いつめられた際に攻守を逆転させることを目的として使う技です
無敵がついていたり、技の発生が特に速いものが多く使われます

  • 「しゃがみB(2B)対空」
2Bはそこそこ発生が速く、やや斜め上方に速いタイミングで相殺判定が発生するため、低空からの攻撃を迎撃するのに向いています。
反面、下段攻撃や頭上付近からの攻撃には無力なため、画面をよく見て使う必要があります。
遠間からの特攻や頭上に回りこむような攻撃にはコルブランド(A)が有効です。
発生は遅いものの、広い攻撃範囲、長い持続があり、相殺不能なのでまずカウンターヒットします。

固めに対する切り返し手段としては、ガードキャンセル(GC)による切り返し、無敵が付いている一部のアルカナ技での切り返しがあります。
4GC>ヘブンズフォールは、相手の下段攻撃を飛び越えつつ反撃することができますが、上段攻撃に負けます。
6GCからはレバー入れ投げ、立ちA(5A)を使って反撃していきます。
無敵技を使った切り返し自体はリターンが低くリスクが高いため、hjgで逃げられない=技を重ねてきているのを観察したうえで使うのがいいでしょう。

同じ切り返しばかりしているとそのうち読まれるようになるので、相手に的を絞らせないように使い分けましょう

.
|