キャサリンの起き攻めについて以下に列挙します。
それぞれにどういう利点があるのか?どういう対応に弱いのか?というのも説明してあります。

この起き攻めはキャサリン使いに多い風のアルカナを基本としてあります。
ただし他のアルカナでも応用が利くものもありますので試してみて下さい。



レバー入れ投げ、エリアルのJC〆、ドリル〆などからの連携

→Cミサイル重ね>チビ淀
まずこのセットは基本です。
注意する点はCミサイルをきちんと重ねないと無敵技などのリバサ行動を取られます。
特に劔域ダリューゲ等の発生保証がついてる技は、ほぼ密着状態で出されるとこちらが動けなくなります。

またチビ淀の設置場所は近い場合と遠い場合とで混ぜて使うといいでしょう。
ゲージに余裕があるなら近くに設置してすぐに爆発させて追加でもう1体というのもアリですし、遠くなら相手の暴れ等を潰せる行動をとれるようにするといいと思います。

以下は上記のセットからの行動

 →5A>シキリスorCミサイル
 下段である5Aを刺してからシキリスやミサイルで固め継続。
5Aはガード硬直が短めなのでGCもされにくいですし、4DGCされてもシキリスやミサイルで狩れます。
この行動をループしてガードを意識させると押しつぶが通りやすくなります。
ただし6DGCされると相殺から読み合いが発生するので注意。
6DGCに対してCミサイルで潰せる事もありますが、慣れている人はキッチリと対応してきます。
なのでずっとこのループを繰り返すとリズムを読まれて危険です。

 →5A>2C>シキリスorCミサイル
 こちらは上記のものを少し変えたもの。
目的はリズム崩しと6DGC狩り。
5Aで6DGCされても2Cは相殺不能なのですり抜けます。
なのでそのままチビ淀に当たって爆発という事があります。
ただし2Cに6DGCだとチビ淀爆発からの読み合いです。
多分相手は無敵ロック技かhjgくらいしかやれることはない気もしますが…。
相手が何もしなければ固め継続。
2Cやミサイルのケズリが大きいので、固めてるだけでも体力を減らせます。
あとジャンプ逃げも狩れるかな。

 →5A>2C>EFc〜
 2CのスキをEFで消して再度固め。
その後の行動が速くなるので相手に見切られにくくなります。
特に溜めE系。
ただしEFcして高速化したからといって調子にのるとGCからとか無敵技とかで反撃くらいます。

 →5A>1C>前ステップ>5A〜
5Aからドリルに繋げて固めて距離が離れたら再度5A。
一旦距離が離れるからか気を抜く相手が多いので下段が刺さりやすいです。
ヒット確認は難しいので入れこみで5B or 2Bを出すのもいいかも。
ガードされてればシキリス等でスキ消し。

 →2E>jc〜
足下無敵の2Eからjcして中下段という固め。
2E>シキリス等でもよい

 →2C>EFc>3C>3C>3C〜
アドバや無敵昇竜持ちへの固め。
あと投げを警戒のジャンプ狩り。
ただでさえ有利フレームがとれる鉄球がEFで高速化されるために、相手はGCしかできなくなる…はず。
相手と自分の間にチビ淀を挟む事で安全な位置からケズれる。

 →チビ淀の爆発に合わせて>溜め2E>2A〜 or jc〜
チビ淀の爆発をガードしてる所にガークラで殴るという連携。
EF中なら高速化するのでさらに見えにくくなる。
しかし外すとスキがでかいので使い過ぎには注意。

 →自分・チビ淀・相手という位置関係で>溜め5E>シキリス>5B>2E>jc〜
こちらもガークラ狙い。あとジャンプ逃げ狩り。
5Eの射程が広いので割と安全な位置から殴れる。
ガークラ時はシキリスで拾える。
通常ヒット時は受け身が間に合ったような…。
相手は4Dで避けて即小足等でブレーキor空中4Dからチビ淀の爆発を空中ガード

 →JCでのめくり and 中段
これは読んだそのまま。
CミサイルGCから反撃されます

 →ジャンプ>2D>5A〜
中段と見せかけての下段。
でも初見じゃない限りあまりひっかかってくれない。

 →押しつぶしったるっちゅーねん
投げの選択肢。
大抵の場合、ガードを固めるので非常に投げが通りやすい。
勿論ジャンプで避けられるけど、そのための選択肢としてこちらには5Cと2C、E系、空投げ、低空押しつぶがある。
ただし生出しだと避けられるので以下の5Aキャンセルからの方がよい。

 →5A>押しつぶ
上記に書いた5A>シキリス等の対になる選択肢。
ガードを意識させておけばすごく通る。
ヒットさせた後の状況はよいので使っていきたい。
でも押しつぶの発生が早くないので、対策出来ている相手には打撃をかなり意識させないと通らない。

 →1C重ね>即キャンセル押しつぶ
ドリルで削ると見せかけての投げという選択肢。
ちょんっと当ててから即キャンセルなので初見では見切れないと思う。
これの対になる形でドリル>前ステ>5Aとか、ドリル>2C辺りを混ぜてやればいいと思う。
しかしこれは無敵技を持ってるキャラにはやってはいけません。
リバサ昇竜とかであっさり形勢逆転です!

 →空投げ
ジャンプ狩り。
キャサリンは空投げ範囲が非常に広いのでガンガン投げよう。
投げ抜けされてもそう状況は悪くない。

 →ラリアットぶんぶん!
暴れ潰し。
小パン等で暴れるならこれで簡単に潰せます。

 →ラリアット>2D>Cセクシーキュートなヒップでドン!
上記の暴れ潰しをガードしてくるならこちら。
裏周り中段になるので見切りにくい。
EF中ならさらに見切りにくい。
しかしゲージに余裕がないと追撃しにくいのが難点。


エリアルのJC〆から以下の連携

 →〜JC>相手に重なる様にヴェルテクス
とりあえず起き上がりにガードさせる様にする感じ。
設置高さやキャラによっては寝っぱでダウン追い打ちにされるので注意。
まず食らってくれないけど、リバサで暴れる人はカウンターで当たる。

またこちらの着地Cミサイル狩り対策にもなるので例えば
おもに神依の最速受け身→閏間、
ヴァイスの最速受け身→突剣グライテン
などは狩れます

でも無敵昇竜持ちにはやめた方がいい。
よくて相打ち。下手すれば一方的に負けるかな。
これの目的は次の連携の布石なのでガードを意識させておきましょう。

 →〜JC>相手の身長ちょい上にヴェルテクス設置
上記の連携をやられているとガードを固めているはず。
しかしヴェルテクスは当たってないので投げれます。
設置高さの微調整が難しいんですが、上記のものと極端に変わらないように出来ればかなり通ります。
相手は投げ読みで2Aで暴れれば抜けられますが、そういった対策をしてくるならラリアットで暴れ潰しすればいいでしょう。

 →〜JC>着地>押しつぶ
起き上がりに重ねれば投げれます。
そのまま画面端までいけるのでウマウマ。
ただし相手のリバサ行動には注意。
やはり無敵技持ちにはやめたほうがよい。
あとA押しつぶだと寝っぱされると当たりません。

 →〜JC>着地>A押しつぶ>各種ラリアット
A押しつぶを寝っぱで拒否されて起き上がりに暴れてくるならラリアットが入ります。
押しつぶの後の硬直を殴ってやる!
馬鹿め!それを刈り取るのが目的だったのだ!
というような感じで暴れ潰ししてやりましょうw
ラリアットをキッチリガードするようなら、ミサイルを出したりして固めたり起き上がりに再度投げを入力しましょう。


その他

  • 相手が風のアルカナを使ってたり、強力な昇竜を持ってる場合はCミサイルを重ねずにBミサイルにします。
つまりCミサイルを6DGCされたくないのと、ジャンプ逃げをBミサイルで固められるためです。
この後の固めで6DGCされたら意味がないので、鉄球を投げたり溜め5Eをやったりします。
鉄球はアドバされても関係ないですからね。

  • Cミサイルを早めに出して起き上がる前にめくる様にジャンプ。
ガード方向がわからなくなるので崩しやすい。
その後は着地から2Aで拾う感じ。
JC〆からCミサイルを出す場合は密着状態だと思うので
Cミサイル発射>前ステップで相手を押して着弾点に移動>前ジャンプ
という感じにすると当たります。
でもチビキャラにはちょっとやりづらいかな。

  • 相手を飛び越える様にジャンプしてからのバックダッシュJB
上記のめくりとセットで使うと惑わしやすい。
裏と見せかけての表。
ヒットしてればいつものコンボ。

  • 起き上がりに飛び道具を出さずに5A重ね。
キャサリンのお決まりのセットプレイをやらないからか相手が混乱するようです。
その後は上記の連携でお好きな物を。
しかし今までのセットプレイがあったからこそ生きる起き攻めなので多様は禁物ですが。

|