アルカナハート3及び格闘ゲーム初心者向けのキャラクター解説です
まずはこのページに記載されている四つの技を主に使って動かしてみましょう
難しい連続技などは後回しでも全く問題ありません。初めはゲームに慣れること、楽しむことが大事です
各キャラクターごとに特徴をつかみやすい技をピックアップしていきますので、後々対戦する上でも役に立つことでしょう

もちろんここに挙げたものに限らず、色々な技を使ったり、コンボに挑戦してみたりするのもいいでしょう
このページはあくまで本作に初めて触れるプレイヤーのガイドとして作成されたものです
遊び方を規定するものではありませんので、ゲームに慣れてきたらこれに囚われず色々な可能性を模索してもらえればと思います
「とりあえずやってみる」を主眼にしているのでやや実戦的でない部分もありますが、より突っ込んだ内容は他の攻略ページを参考にして下さい

動画で見るキャサリン京橋解説


1.ニュートラルホーミングによる強襲
なにはなくともまずホーミング動作に慣れましょう
ここではニュートラルホーミング(レバーを倒さずにDボタン。以下NH)を主に使います
地上で出すことも可能ですが、空中に飛び上がった状態から行うのが見た目にわかりやすいでしょう
レバーを上方向に入れてジャンプ後、Dボタンを押します
すると自キャラが相手の方向へ向かって飛び始めます
この時、Dボタンを二回・三回と連続して押すと移動速度を速めることができます(以下加速ホーミング)
そして相手キャラとの距離が縮まったらおもむろに攻撃ボタン(ABCEのいずれか)を押しましょう
NH中に出る技は各キャラのジャンプ攻撃と同一のものです

  • めくりが強いジャンプCで上から攻めろ!
キャサリンは相手の上から攻める様にすると強いです。
そのため腕を振り下ろすモーションの「ジャンプC(以下JC)」でかぶせる様に攻撃するといいです。
NH中にJCを相手の頭上に重なる様に出せばお手軽なめくりとして機能します。
こちらがヒットした際には着地から5Aでコンボが繋がります。
レシピとしては
JC>5A>5B>5E
がお手軽にダメージを取れて、相手との距離を離す事が出来るのでいいんじゃないかと。


2.立ち回りの起点に使う技
お互い自由に動ける状態(「五分の状態」などと呼びます)の時に主に使用する技です
相手の出鼻をくじいたり、続く自キャラの行動を起こしやすくするための布石となります
なお、アルカナ技はこの項目にはあえて含めていません。あくまでキャラクター固有の技をピックアップしています

  • 各種ミサイルとチビ川をどんどん出せ!
相手との距離がそこそこある場合には各種ミサイル、特にA・Bミサイルを出すといいでしょう。
このゲームは上記の通りホーミングを駆使して攻める事が多いです。
そのため空中から攻めてくる事が多いので、その軌道を塞ぐ様にミサイルを出すと攻められにくくなります。
またこれに合わせてチビ川も設置しておけば地上からの攻めも困難になります。
篭城してから6Cと3Cの鉄球を投げていれば相手はかなり動きにくいはずです。
固められると崩されやすいので、そもそも近づかせなければいいわけですw


3.空中引っかけコンボの始動に使う技
本作はシステム上空中戦の発生する頻度が非常に高くなっています
当然、空中で相手に技を当てた際にしっかり連続技へ移行することができれば与えるダメージも上昇します
上記1の項では自分から攻め入る際に使用する技を挙げましたが、今度は近い位置で空中の相手と交差するような時に使う技です
このように空中からの攻めに対してこちらも空中攻撃で応戦することを「空対空」などと呼びます

  • 「ジャンプA」で空対空
通常技の項にある通り、空対空での技のぶつかり合いではかなり強いです。
発生が遅いので多少早めに出さないと負けてしまうので注意。
しかしJAにはカウンターがないので発生負けしても致命傷にはならないはず!
ジャンプ中には強気に使ってもいいかもしれません。


4.切り返しに使う技
自分が不利な状況、とくに近距離で追いつめられた際に攻守を逆転させることを目的として使う技です
無敵がついていたり、技の発生が特に速いものが多く使われます

  • アーマー付のラリアットぶんぶん!
切り返しといえば昇竜拳ですが、キャサリンの場合はちょっと変わってる技になっています。
全身無敵はないのですが、その代わりにA・Bレベルの攻撃に1発だけ耐えてくれるアーマーがあります。
相手の固めに耐えて、攻撃と攻撃のつなぎ目の好きにAラリアットを差し込んで切り返しましょう。
またラリアットは下半身無敵もあるので、下段技を使ってきた相手にカウンター!という場面も多いです。
ほかにもHGを使って4DGCから着地キャンセルでラリアットというのも使いやすいでしょう。
むしろ慣れるまではこちらの方が使い勝手はいいと思います。

|