FEG@wiki 081201 労働について~その2

081201 労働について~その2


●サイボーグ対応政策

目的:
 本政策は労働基準法と同じく、国内労働者、外国籍労働者の安定した稼働を目的としている。
 FEGの発展による環境悪化の対策としてサイボーグ化をした国民、または開発特化して採用された機体などを主に対象とする。

政策:
1)ODAを含めた人材派遣。
 081028 案件:FEG経済集中の拡散について(ODA導入について) http://www.zekuu.com/field/12orip/081027ODA.html
 FEGの政策の一環として、共和国全藩国支援があり、その延長としてFEG国内での人材を派遣する。
 大型サイボーグなどは森国の植林、南国の開発、西国の治安などの社会貢献を目的とする。
 なお、治安対策のために派遣人材は登録制とし、サイボーグ、クローン技術を中心とした生体データの確保により、武力流出、および流入を阻止する。
 派遣内容、条件は変動するが、現在では上記3種の国々の支援のほか、大生産命令、大統領府の建設など。
 数年先までを視野に入れた運用を行なうことで、失業率の増加を防ぐ。

2)性能、能力の登録。
 労働基準法 2)登録証の発行。にて、登録証に登録する。

3)環境悪化の後遺症対応
 FEGの発展による環境悪化の対策としてサイボーグ化をした国民の意見調査を実地する。
 現在は 医療施設:市民病院、環境保全:空気清浄化施設および浄水場などの効力。
 また、FEG:共和国環状線安全施設などに安全基準を移した環境保全政策によって、サイボーグから生体への置換を希望する国民に対応する。
 これらの技術は081021 クローン技術対策 http://www29.atwiki.jp/feg2/pages/280.html などに準じ、クローン技術から派生するナノテク医療を応用する。
 安全面、治安面からも希望者が多い場合は抽選順位とし、最終的に全希望者に対応する方針を推進する。