FEG@wiki 内政執行部隊(T20)メンバー

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

担当省庁 名前 設定 管理する生活施設および組織
復興庁 ジャンルカ=イザイア 荒廃した世界の最前線、復興庁より来る絶望を粉砕する鉄拳のおっさん。
赤縁の眼鏡がトレードマークであり、常にかけているのにスーツの胸ポケットにもチーフ代わりに挿されている。
-
総務省 グッゲンハイム 総務省、つまり『その他全部』を取り仕切る巨大組織のほぼトップエリートである。
中央省庁すべてに出向した経験があり、いざとなればどこにでも収まることができる実力を持つ。
-
消防庁 グレン=フォールノ 代々火消しを家業としているその腕を買われて消防庁に抜擢された。「人命第一」を掲げ犠牲を抑えるためなら無茶な作戦も通す。
救急車両が変形合体するアニメが大好きなのを隠しているが、部下にはバレバレ。
FEG消防施設
法務省 ニーナ=グエルチレーナ 敏腕弁護士として法曹界に携わった後、乞われて法務省所属となった傑物。
法秩序の維持と国民の権利擁護という、場合によっては矛盾しかねない業務を奇跡的なバランス感覚でやってのける。
-
外務省 アルバート=サーストン 外務省所属の内政執行官。とにかく見た目がチャラい。結構な年齢のはずで、実際年相応の外見なのにチャラい。
その割に人から嫌われないのは、懐にもぐりこむ話術と愛嬌によるものである。
-
財務省 テトラ=ハーフェン 商人出身の銭勘定なら任せておけという大胆さがウリのおやっさん。
国の財布を預かる身となり内心びびってはいるが、商売繁盛招き猫をお守りに激務に挑む。
座右の銘は「人脈は宝」
FEGの税関
文部科学省 マオ=シヴィリア 研究には向かないが、科学者をやる気にさせて科学を発展させるということについては異常に長けた女性。
彼女に焚きつけられた学生は、例外なくひとかどの科学者になっている。
FEG国立大学
厚生労働省 アミ=アントレ 孤児から内政執行官にまでなった苦労の人。しかしそんなことはおくびにも出さず、福祉の司として日々走り続けている。
物理的に汚れる仕事もいとわないため、いつも履いているジーンズがトレードマーク。
-
農林水産省 ピアット=トロッター 食べるのが好き。おいしいものをいつでも誰でもどこでも食べられるようにしたい。ただそれだけで内政執行官に至った本物の食いしん坊。
その昔FEGで起きた食料を巡る悲劇と化け物化についても勉強しており、二度とそのようなことが起きないよう心に誓っている。
食料輸入に関しては彼女に任せておけば何の問題もない。
-
経済産業省 スマイソン=アッサー 国立大学院にて経済に関する博士号を複数取得し、以降経済産業省一筋で働いてきた仕事人間。
経済という毎年学説がひっくり返る荒波の中、地道な調査と政策実行力によってFEGの経済を切り開いてきた。
FEG電気事業施設
国土交通省 ムニ=カーペット 共和国環状線におけるFEG担当者。その他にも道路の舗装事業等、交通に関する要所で常に名前を見かける。
実はいいところのお嬢さんという噂だが、実力至上主義の中央省庁においてはまったく関係ないのだった。
FEGの国土交通省管理設備
環境省 ベルルッティ=インディゴ 環境と経済、生産、人権の狭間で綱渡りし続ける、FEGの曲芸師。
本人は「いい加減もっと楽な仕事がしたい」と言っているが、後進育成中のためまだまだがんばってもらう必要がある。
-
防衛省 クチネリ=クルチアーニ 防衛省一の臆病者。誰よりも臆病であるがゆえに誰よりも慎重で、思慮深い。
代わりに決定が遅いという欠点があるものの、そこは優秀なスタッフが支えている。
-
金融庁 フィリップ=パテック あまりに規格外の相場感を危惧した教授により、金融庁入庁を強く推されてこの立場にまでなった金融マスター。
彼が普通の投資家になっていたら、この国の富豪が10%単位で入れ替わっていたと言われる。人格はごく善人。
-
消費者庁 ミナコ=タカギリ 消費者の安心と安全を守る防人の切り込み隊長。不当不正な商品へのカンが異常に鋭く、彼女の目を欺ける企業などありはしない。
ちなみに彼女自身は怪しい通販が大好きである。
-
警察庁 カルーゾ=ベルウィッチ 警察庁に生息する心優しきゴリラとして有名な人物。見た目はいかつすぎて泣いている子供が泣き止むレベルだが、性根は賢人である。
彼が現場に出てくるだけで泣きながら投降してくる犯人がいたという噂も。
FEGの警察庁