FEG@wiki 090302 環境その5~各国との技術提携

●各国との技術提携

 他国への進出をせず、現状を乗り切る。
 理想論だけ言えば。FEGの生き延びる道は「空」です。
 FEGの国土はすでに開発されつくし、一部の地上・燃料開発地や、シオネアラダのための地下洞窟をのぞけば天然の場所は皆無といって良いかと思います。
 海上にフロートや埋め立てによる国土拡張の議論もありましたが、生態系の破壊、水質保全の考えから慎重にならざるを得ません。
 ※もちろん、天空と海上の開発の両天秤を検討して良好な方面を推進するべきです。
 これらに過度の効果を期待すると間違いなく環境破壊が付いてまいります。

 よけ藩の巨大ドッグを機軸にakiharu国の宇宙ステーション、無名騎士藩のI=D開発能力、ナニワ藩の地下&紅葉国の水中(密閉空間)での経験値、リワマヒ国の食料循環能力など、共和国各国に協力を得ることで、空=宇宙への道が残されていると考えています。

 これらの連携効果により、セプテントリオンなどの他世界組織に汚染されない経済開発を求めることも可能だと考えております。

 例:akiharu国の技術を共和国管理下におくことでセプテントリオンを除去する。
 例:無名騎士の技術を共和国管理下におくことでTLO技術拡散を除去する。

 大統領府、またはFEGの今後の伸び行く先は天空か海上。
 藩国をひとつの生命体と考え、「循環型社会」を構築することでコロニーを形成し、シップ内のみで循環できる社会を形成することが、最終的な生き残る術かと思います。


○各種の対策

 ●共存の道にもあるように、エコロジー技術の開発と普及は光の国としては急務といえます。
 また、未来的にもこれらの技術の底上げは必須といえるでしょう。
 自然エネルギー技術は光の国を代表するシステムである太陽光発電のほか、地水火風との共存により効率化を図れます。
 省エネ商品技術は来る宇宙技術開発にも大いに役立つでしょう。
 リサイクル技術は限られた土地、資源の再生に繋がります。

 唯一、追加するとすれば「森林保全」となります。
 過剰伐採を中止し、植林などでの吸収量のバランス維持がポイントとなります。

 すでにFEG単体ではこれらの問題に対応することはむずかしく、同時に資金・資源・食料・燃料・生活資源など、他国との連携にて保持する可能性が高いです。

 失ってからでは遅いので、これらの未来予測を前提に、環境の健全な循環を完成させましょう。


●FEGがアイドレスの中で果たすべき役割。

 宇宙に進行しての開発や資源確保にも期待されています。

 ただし、それらの領域に言語体系や行動理念などの意思疎通が不明な生命体などが存在した場合は即刻放棄。
 我々の文化が「ぎゃふん」を負けとするならば、他星系の文明は「ぎゃふん」は「互いが死滅するまで戦いましょう」という意味合いがある可能性もあります。
 文明の違い、予想外の悲劇を回避するためにも、無理な意思疎通は行わず、互いの領域を尊重して生きていくべきです。

 理由は単純です。
 現在我々は他世界・領域、様々な場所からの侵略を受け、それらからの防衛のため、または和解するために銃剣を手にしています。
 我々が他星系に進行した際、相手が防御手段で攻撃をしてきた場合、我々が侵略者であると認識されている結果かと思われます。
 我々が他星系に侵攻する理由はありません。
 意思疎通が可能な相手とは積極的に交流すべきですが、自己の文明を他者に押し付ける行動はしない。

 これらが宇宙開発の理念になり、各種文明との融合や歩調合せになるかと思います。