FEG@wiki E98 陽動

   オペレータ修正がある場合

   ≪オペレータとの連携による陽動≫
   ・オペレーターからの情報で敵の陣形が判っており、陽動により陣形を崩す
   ・オペレーターからの情報で敵の種別が判別しており、敵の防御に関する情報がある
   ・オペレーターからの情報で敵の移動ルート及び移動速度が判別しており、最適な陽動、攻撃行動が取れる
   ・オペレーターからの誘導で、火力を展開するのに適切な配置が行われている
   ・オペレーターからの誘導と地図から、最適な移動ルートがとれている
   ・地形情報のオペレートをうけることで、隠蔽がとれる地形が判っている
   ・地形情報のオペレートをうけることで、安定した攻撃姿勢が取れるポイントが判っている
   ・会話をすることで緊張をほぐし、リラックスした状態で行動を行える。

   【地形】
   ≪市街地≫
   ・道路が整備されており、速やかに部隊展開が出来る
   ・街路や建物を背景として敵の姿を確認しやすい。
   ・隠蔽や防御に使える建築物がたくさんある。
   ・放置されている車両に身を隠せる。
   ・建物の中や、屋根の上で身を隠せる。
   ・移動するときは常に建物の壁を背にして敵から見えにくい位置を取る。
   ・建物の中に敵が潜んでいることを警戒し、身をかがめながらすばやく通過する。
   ・建物が壊れているので、瓦礫の山に身を隠せる。
   ・見慣れている風景なので異質な存在である根源種族は見つけやすい
   ・市街地詳細地図の存在による敵の侵攻経路・展開等の予測
   ・大規模な軍隊(根源種族)は市街地では侵攻展開速度が比較的鈍る
   ・市外には下水など地下の通路が発達しており、歩兵には移動、伏撃、包囲、離脱など様々な局面で有利である。
   ・入り組んだ路地は大型の兵器には邪魔でしかない為、歩兵には攻防共に有利である。
   ・屋内や狭い道では素早く接近でき、また距離を離されにくい
   ・攻撃班は市街地であることを利用し、敵を狭い路地で攻撃。攻撃面を限定することで、数の不利をカバーする。

   ≪市街地・歩兵系≫
   ・下水道や建造物内部を使って敵の側面へと移動できる
   ・建物などの遮蔽物を利用した待ち伏せで近距離から魔による攻撃や奇襲を行える。
   ・市外には下水や路地など隠蔽された通路が発達しており、歩兵には移動、伏撃、包囲、離脱など様々な局面で有利である。
   ・入り組んだ路地は大型の兵器には邪魔でしかない為、歩兵には攻防共に有利である。
   ・ゲリラ戦がしやすく、奇襲や敵側面を取る事が容易
   ・少人数ゆえゲリラ戦時に相手に気取られにくく、為奇襲を掛けやすい。
   ・身振りを行う事になるので足場に気をつける

   ≪山林≫
   ・周囲の森や林、くぼ地に身を隠しながら移動し敵に所在と数をつかませない。
   ・土や枝、葉っぱをかぶせて偽装する。
   ・枝葉などを使って偽装するときはなるべく自然な模様になるようにする。
   ・偽装に使う植物はその土地の気候にあったものを選び、定期的に交換する。
   ・森林の模様をした迷彩服を着る。
   ・偽装用ネットを使う。
   ・皮膚に擬装用のペイントを施したり、どろやすすをつかって迷彩を施す。
   ・歩兵による伏撃が可能
   ・木々を遮蔽として身を隠す事が出来る
   ・密度の高い森林地の場合、大型機はつっかえるため行動の邪魔が出来る
   ・歩兵ならば小さいので、活動に支障がない
   ・木に登る事で上から攻撃することが出来る
   ・高低差、木々により入れる戦力に限りがあるため、敵戦力の選別を行える。
   ・機動力はあまりないが歩兵であれば、この地形でも踏破可能。

   ≪段々畑≫
   ・通常の滑らかな丘陵地帯と違い、段があるために彼我に高低差がある場合(ない場合でも一応)遮蔽として利用できる。
   ・畑(水田)は土が軟らかく、またはぬかるんでいるため自重で沈み動きが取りづらくなる。
   ・自重の重い敵は大幅に動きが制限される。
   ・足場の悪くなることを嫌い、あぜ道を通ってくる敵は一直線になるため射撃の的にしやすい。
   ・作物が育っている状態では茂みとなるため隠れることができる

   【装備】
   ≪全般≫
   ・閃光弾を発射。敵の目をひきつけ、陽動を図る。
   ・煙幕、閃光、迫撃砲で曳光弾を打ち上げ、光と轟音で派手に引き付ける。
   ・手榴弾などの手軽な爆弾は敵の注意を惹くのにも有効。
   ・魔による破壊で多種多様な攻撃方法を威示しより敵の注意をひきつける
   【陣形】
   ・敵の後方に回り込むように動き、攻撃する。敵が正面を向いている時は隠れるか逃げる。これを繰り返して誘導する。
   ・全体としてひとつの方向に誘い込むのだが、そうと悟られないように陣形を組む。
   ・敵に対して多数で攻撃することを前提とし、敵1体に2人以上で攻撃する事で敵に戦力を錯覚させるようにポジションをとる。
   ・敵に後ろを取られないように味方同士でお互いに背中を守る。

   【体術】
   ≪全般≫
   ・橋など目立つ建物を爆砕、敵にこちらの規模を過大評価させる。
   ・とにかく弾幕を張り、相手を拘束する。
   ・常に動きまわり、位置を特定されないこと。
   ・声を出さない事で、こちらの実際の人数を悟られないこと。(呼びかけ時は除く
   ・移動しつつ撃ち、敵を別方向に誘導するように動く
   ・撃破よりも拘束と派手に暴れることを優先。
   ・最後は可能ならば、マンホールなどで地下へ移動。包囲を抜けて離脱
   ・敵の首領たるオーマや要救助者のところへの道を開く等、戦略的な意味があるように見せられる場所とタイミングを選ぶことで攻撃に説得力を持たせ、陽動と見抜かせないようにする。
   ・命中率はあまり気にしない。沢山撃つ事を重視する。
   ・建物等の高い目立つところに爆弾を仕掛け発破させ、さも砲弾が直撃したように見せる。(複数箇所に設置)