東郷

「東郷家」を中心とする集団。
西海道を本拠地とし、球体使いの力を使い、
大亜洲(アジア)全体に勢力を広げている。

成り立ち

西南戦争で斬首をまぬがれた麓郷士
東郷善が薩摩(鹿児島県)を立て直した
西海道(九州地方)を制圧し、事実上の独立主権国家とした。
大亜州の覇権をかけてヘッドと敵対状態にある。
+...
ベール派ヘッドの解体後はヘッドと協力体制をとり、大亜洲を支配している。

支配体制

西海道の子供は郷中と呼ばれる私学校で教育され、兵児という私設軍隊に入る。
西海道以外の市町村の上層部に郷士を置き、として支配している。
東郷の人間は当主をトップに、当主、城下士、麓郷士、郷士、平民という階級に分かれる。
縁故はなく実力主義を採用している。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。