精獣

胎界に由来する存在。いわゆる精霊。
神獣より力は小さい。

精獣が生成世界に存在を確立すると妖精になる。
闇に属する精獣は妖魔と呼ばれる。
(それぞれ個別の項を参照。)
ここでは魔法則により生成世界に召喚された精獣について述べる。

召喚方法
司神の名において命じることで、胎界から精獣を引っぱりだす。
この時アカーシャ球体によって構成された体を与えられる。
与えられた任務を果たすと胎界へ還る。

『こころ』の緒に角はなく、先端が術者と繋がっている。
命令を与えると『こころ』の緒が切れ自律行動する。
術者の精神が乱れると精獣の『こころ』の緒が切れ、暴走し術者に襲いかかる。

一度に一体ずつしか召喚できない。一日の召還数には限度があり、上位精獣で99体。
上位精獣は限定短期間しか召還できない。
一般的な魔法則と同様、朝日が登ると魔法則が解除され精獣は胎界へ還る。

外見
魔法則で召喚される精獣達は、属する元素、系統に共通した特徴的な模様を胸や額に持つ。
「下位精獣」「上位精獣」に分けられる。
下位精獣は細長く、上位精獣は巨人のような姿をしている。


種類
元素 下級位 上級位
四大精獣 「地」 ノオル ティタン
「風」 シルフ ジン
「水」 ケルピ マリッド
「火」 アゼル イフリート
「光」 ヴィル 不明
「闇」 シェル 不明
「氷」 ヨルム(ヨルムンガント) ガルム
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。