eb_archives @ wiki 喋る武器


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

喋る武器

「エンドブレイカー!」の世界においては、時折、自らの意思を持ち、会話能力を有した「喋る武器」とでも呼ぶべき存在が現れる事があります。
このような武器は、半ば伝説となりかけているとされる刀鍛冶「 鋼語りの・ジュウゾウ 」によって生み出されており、「 ジュウゾウの真打ち 」と呼ばれています。
これまでに確認された真打ちの特徴や名前などは以下の通りです。

名称 形状 遭遇地 所有者 備考
嗤う剣ダイアモード
(マスカレイド)
アクスヘイム 盗賊王ゴエティア
(マスカレイド)
アクスヘイムの悪徳の街の支配者であった「 盗賊王ゴエティア 」が所持していた剣。
エンドブレイカー達は「アクスヘイムの戦い」までその存在を知らなかったが、同じマスカレイドである「 ガノッサス・アックス 」や「 ジャグランツマスカレイド 」は、その存在を認識していた。
大剣獣ゾダン 」と合体する能力を有していたらしいが、ゾダンが倒されていた為、実際にこの能力が使われる事は無かった。
→ラッドシティ →革命聖女ゼファー
(マスカレイド)
アクスヘイムの戦いの後、ラッドシティで「 鮫剣の豪商・リリアナ 」によって一度破壊されるも、非エンドブレイカーである彼女によって倒された為に復活。
その後、「 革命聖女ゼファー 」の手に渡り、万能宝石エリクシルを求める彼女と融合。
ラッドシティの戦い」で交戦し、所有者であるゼファーの死と共に消滅した。
滾る鎚ベリオルズ
(マスカレイド)
ハンマー エルフヘイム ラビシャン女王アルゴラ
(マスカレイド)
ラビシャン王国の女王である「 アルゴラ 」が所持していたハンマー。
ラビシャン王国に対して「」を与えたとされ、隠し玉と呼ぶ巨獣を従えていた模様。
「ラビシャン王宮攻略戦:ラビシャンウォーズ」において倒され消滅した。
名称不明
(マスカレイド)
大剣 エルフヘイム 不明 ラビシャン王国の地下に幽閉されていた、かつて「 ジュウゾウ 」と呼ばれる人物の武器だったと語る朽ち果てつつあった大剣。
ベリオルズに力の全てを奪われ、自らの力を取り戻す事ができない状態となっている事をエンドブレイカーに告白し、自らを倒すように懇願した。
「ラビシャン王宮攻略戦:花園は楽園か?」において倒され消滅した。
ダイアモードゼロ
(マスカレイド)
ニニギア島沖 なし ニニギア島沖海戦」で遭遇した「 嗤う剣ダイアモード 」の試作品。
強力な自我を持つが故に誰にも使役する事ができない「失敗作」として扱われていたようですが、代わりに単独で自在に動く能力を有しています。
フライングソードやリビングアーマーなどを率いた一軍の将としてエンドブレイカーと交戦し、その戦いで倒され、消滅しました。
軋る剣ガルヴァルド
(マスカレイド)
アックスソード ニニギア島沖 なし ニニギア島沖海戦」で遭遇した赤い光を放つアックスソード。
妬む杖ビュレファスト 」「 踊る盾槍ザングルム 」と共に「 担い手となる体 」を自ら生み出し、海賊の首領として君臨。
自らの役目を果たす一環として、ニニギア島に封印された「 邇邇藝天地我尊(ニニギアメツチノミコト) 」の召喚、そして叶うならばその制御を目論んでいた。
エンドブレイカーとの交戦によって「体」を失った後は、いずこかへと姿を消した。
妬む杖ビュレファスト
(マスカレイド)
ニニギア島沖 なし ニニギア島沖海戦」で遭遇した緑い光を放つ杖。
軋る剣ガルヴァルド 」に協力し、海賊の首領として君臨していた。
エンドブレイカーとの交戦によって「体」を失った後は、いずこかへと姿を消した。
踊る盾槍ザングルム
(マスカレイド)
シールドスピア ニニギア島沖 なし ニニギア島沖海戦」で遭遇した紫い光を放つシールドスピア。
軋る剣ガルヴァルド 」に協力し、海賊の首領として君臨していた。
エンドブレイカーとの交戦によって「体」を失った後は、いずこかへと姿を消した。