※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

AKI-H8/3069F LANボードのDRAM増設

秋月で売られているこのLANボード、デフォルト(秋月が言うにおまけ)で2MバイトのDRAMが乗っているのに
いかんせんuClinuxを起動するだけでその大半を使うと言うことでuClinux使いにはDRAM増設が定石となってるようです。

実はまだuClinuxは動かしたことがないけどマイコン弄り手始めにDRAMを増設したときのメモ。

3069の仕様

3069は外部メモリ空間が8つのエリアによって分けられています。
このエリアのサイズはMD0~MD2ピンによって選ばれるモードによって左右されるんですが今回はモード5で動かします。
モード5はメモリ空間が16Mバイトで、それを8分割して一つのエリアは2Mバイトですが、
そのエリアのうちDRAMが使えるのはエリア2~5となっています
しかしこのLANボードにはエリア2に2MバイトのDRAMが既に接続されているのでこれ以上にDRAMが増設できるのは最大で6Mバイトとなります。
まぁ8Mもあれば何でも何とかなるでしょう・・・

そして、このエリア0〜7はCS0~7にそれぞれ対応していて望むエリアのCSにDRAMのをRASをつなげばいいです
あと私がはまった穴ですが、今回のように16bitアクセスのDRAMを使う場合
アドレスバスはA0からつなぐのではなく、A1からつなぐんだそうです。

ハード

デフォルトで5117800もしくは5117805のDRAMが乗ってるそうで、
これを買ってきてそのまま上に積むというのもいいんですが


私は家にあるPC98から抜いた72pinSIMMで増設を試みます。

そのSIMMがこれ
BUFFALOのEMV-P16Mというやつ。乗っているDRAMはOKI製M5118160A-60J(1Mバイトx16bit)が4つで合計8Mバイト。
これはOKIのページからデータシートがDLできるのでもらってきます
真ん中に付いているBUFFALOの石(MGA-24)が気になるけどデータシートが出てこないので無視することにします。


そしてこのDRAMとSIMMのピンとの接続をSIMMのピン表とDRAMのデータシート片手にひたすら調べてみた。
結果こんな感じ。
DRAMを上の画像のようにA~Bとすると
SIMM DRAM
CAS0 C-UCAS,D-LCAS
CAS1 C-LCAS,D-UCAS
CAS2 A-LCAS,B-UCAS
CAS3 A-UCAS,B-LCAS
RAS0 C-RAS
RAS1 D-RAS
RAS2 A-RAS
RAS3 B-RAS
WE A,B,C,D-WE
DQ1-8 C-DQ9~16,D-DQ1~8
DQ9-16 C-DQ1~8,D-DQ9~16
DQ17-24 A-DQ1~8,B-DQ9~16
DQ25-32 A-DQ9~16,B-DQ1~8
DRAMのOEはGNDにつないで常にH固定のよう
A0-9はABCD全て一緒に引き出されてます


この調べた結果から
SIMM H8/3069
CAS0,CAS2 LCAS
CAS1,CAS3 UCAS
WE WE
RAS0 CS3
RAS1 CS4
RAS2 CS5
A0-A9 A1-A10
DQ1~16,DQ17~32 DQ1~16
と接続。
そして回路図
他のSIMMでこの接続が使えるかは不明。

後はひたすら配線作業するのみ。
こんな感じ
うはー終わったーとか思ったらプルアップ抵抗入れるの忘れてて何となく空間的に配線
CS6までつないじゃってますがエリア6はDRAMが使えないというのに後で気づいたからで実際意味がないです。

メインがUEW線で気休め程度に電源だけはジュンフロン線でやりました。
まだうまくできた方。ハンダ付けを楽しめるようになってきた。

DRAMのチェック

DRAMがちゃんと接続されているか調べるためにチェックをかけます。
チェックにはH8/3069LANボードについてきたCDにも入っているH8/OSを使わせてもらうことにします
LinuxによるマイコンプログラミングのページのH8/OS ver3.51からコマンドインタプリタつきの3069F,20MHzのもの(plus3068.mot)をもらってきます
これをh8に書き込んで、適当なターミナルソフトで接続する。
設定は57600bps,データ8bit,パリティなし,ストップビット1で。

Welcome to the H8 Monitor!!

H8/OS >setbyte fee020 c7
    FF -> C7 updated.

H8/OS >setbyte fee026 b8
    3C -> B8 updated.

H8/OS >memcheck 600000 600000 
    memory checked.

memory checked.がでれば正常にチェック終了。私の場合これが出るまでかなり苦労しましてw
迫りくるはんだづけのミスにノイローゼぎみ。

あとここにDRAMの初期化をタラタラとかいてたんですが
よく考えたらuClinux使う分にはそう意識しなくてもいい気がしてきて
消すのも何かムダな時間を過ごした気がして嫌なのでこっちの方に移しておきました
よかったら参考程度に使ってみてください。

参考サイト様
  • 熊谷研究室さんAKI-H8でDRAM-SIMMを利用
  • ルネサステクノロジ3069Rハードウェアマニュアル
  • OKI電子5117800/5118160データシート
書籍
  • メモリICの実践活用法—UV‐EPROM/EEPROM/SRAM/DRAMの構造と使い方 桑野 雅彦
  • はじめる組込みLinux H8マイコン×uClinuxで学べるマイコン開発の面白さ 米田 聡 佐藤 嘉則

2008-6-15 回路図でRAS3の処理を忘れていたのでVccにつなぐように修正、他細かい所も修正
最終更新2012-07-25

  • これ普通のPCから引き抜いたDRAMでもできますか? -- 身長は直樹です。 (2012-07-25 23:53:17)
名前:
コメント: