カードリスト > 浅井朝倉家 > Ver.3.2 > 058_朝倉景健

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

武将名 あさくらかげたか 常闇の炎
朝倉家 R朝倉景健 越前の武将。朝倉親族衆の中では比較的家格
も高く、厭戦傾向の強い当主・義景にかわり、
度々総大将として軍を率いた。姉川の戦い、
志賀の陣、刀根坂の戦いなどで善戦。朝倉景
鏡の裏切りによって朝倉家が滅亡を迎える最
期の時まで、織田軍へと強く抗い続けた。

  「我が暗き炎によって、
          朝倉勝利への道を照らさん」
出身地 越前国(福井県)
コスト 2.0
兵種 槍足軽
能力 武力7 統率7
特技 防柵
計略 冥府魔道(めいふまどう) 範囲内の敵の部隊数が少ないほど敵
の武力を下げる。さらに対象の敵を
撤退させると復活時間が増えるよう
になる。
必要士気6
Illustration : タケダサナ
初登場となったバージョン1.1以来の参戦となった朝倉氏の実質的な総大将。
以前の自身から特技は変わらず柵、武力統率−1、兵種が弓から槍になった。
何気に2コスト槍足軽で柵持ちはこのカードのみである。

冥府魔道はいわゆる邪道計略。
範囲内の敵の武力を敵部隊が少ないほど下げ、効果中敵を撃破すると復活時間が+10される。
武力低下値は1部隊で-9、2部隊で-7と必要士気が6と高いためかなかなか強烈。
但し多くの部隊を入れようとすると効果がどんどん下がっていく。
3部隊では-5とかろうじて実用範囲だが4部隊では-3と復活時間増加を加味しても
消費士気に釣り合わなくなる。
基本的には相手の主力部隊にのみかけて、出来るだけ時間内に倒して相手の足並みを
乱したいところ。
1部隊時の効果ならば大抵の超絶強化の武力上昇はチャラに出来る。