カードリスト > 他家 > Ver.2.2 > 112_慶誾尼

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

武将名 けいぎんに 武辺の女
UC慶誾尼 龍造寺隆信の母。元亀元年、今山の戦いで居
城である佐嘉城が大友義鎮に包囲された際、
降伏しようとする隆信を薙刀をもって叱咤し
た。これに奮起した隆信は大友軍に夜襲を仕
掛け勝利。龍造寺氏は大友氏、島津氏となら
ぶ九州三強の一角にまで成長していく。
「情けない男どもじゃのう。
  わらわが手本を見せてやろう」
出身地 肥前国
コスト 2
兵種 騎馬隊
能力 武力7 統率5
特技 魅力
計略 金狐の構え? 武力と移動速度が上がり、敵を撤退さ
せるたびに敵城にダメージを与えられ
るようになる。ただし自身が撤退する
と自城にダメージを受ける。その効果
は敵陣にいると敵城に与えるダメージ
が大きくなり、自陣にいると自城に受
けるダメージが大きくなる。
必要士気5
Illustration : 音楽ナスカ

金狐の構えは武力+4、速度上昇1.8倍で効果時間は7.5C強。(ver2.22A)
疾風迅雷の消費士気が1増えた代わりに
武力上昇・効果時間増と城ダメージボーナスが付いたといったところである。
敵の槍がなく士気もないならかなり活躍できるが、そんな珍しいケースでもない限り決定打とはならない。
城ダメージボーナスは敵城に近いほど大きいが、敵をたくさん撃破しても大したダメージにならない。
それでいて、自分が撤退するとそこそこ城ダメージをくらう。ハイリスク・ローリターン。
速度アップの騎馬隊なので逃げやすいが、知っている相手が本気で落としに来るとかなり危険。

史実で戦場に出なかったのと同様、あまりお目にかからない。
決して使えないわけではないので、使うならサポート程度の運用を。



敵陣撃破で6.0、敵陣撤退で6.0のダメージ
自陣撃破で?、自陣撤退で?のダメージ