プリースト


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

プリースト/ハイプリースト

職概要

通称はプリ/廃プリ。
Gv時に味方の戦線を機能させるための要職。
有効な攻撃手段は持たないが、数々の支援スキルは秀逸。
基本的にあらゆる状況で必要な職業のうえ、
装備やレベルに関する敷居は低く、Gv初心者でも容易に参加できる。
転生しても基本的に求められる役割は変わらないため、
耐久力やスキルの多様さなどを除けば同じように運用できる。

立ち回り

基本的には通常狩りと同様の基本支援+マニピ。
特に進軍の早さが求められることが多いGvではIAの重要度は高い。
ニューマも非常に重要で、エンペルーム突撃時にばらまくと防衛側ADSの脅威が大幅に削がれるが、
ロキ内に置く時は雷鳥に被せないように。味方ADSでロキが落とせなくなる。
しかし、最も求められるのは敵スクリームでスタンする後衛へのリカバリー。
特にSE実装でその重要性は増している。
このほか、偵察や視野の広さを生かしてIRCやギルチャ、PTチャへの
指揮伝達などを率先して行いたい。
なお、いくらヒールがあると言ってもHP回復剤は必須。
自ヒールするくらいなら、回復を叩いて一人でも多くの味方を支援すること。

ステータス

重要視されるのはVit、Int、Dex。

プリ

狩り、対人問わずI>V>D、I>D>Vが主流。
リカバリーするべきプリが真っ先にスタンしていては話にならないので、
Vit80↑推奨だがメディタのないプリはどうしてもIntを上げるため、
Dexとの配分などは自ギルド・同盟の事情を考慮して決めるのが良い。

廃プリ

対人では、D>V>I、V>D>I、D=V>IなどIntを削る型が主流。
Vitは100推奨。最低でも80↑。
Dexはアスムのために素90↑など高めであることが多い。
Intを削るほど対人性能が上がるが狩り性能がお察しになるので、周囲の環境と相談で。

敵としてのプリースト

特徴

こちらのスクリームを無力化し、ADS・阿修羅などの即死火力を防ぎ、
ルアフでハイドを暴き、自身もそれなりの耐久力で戦線に居座る。
対した攻撃手段を持たないが故に攻撃の優先順位が落ちるが、
放置したままではいつまでも埒があかない嫌なユニットである。

対策

支援に目一杯の状況だと自身の回復がおろそかになりがち。
特にずば抜けた耐久性というわけでもないので、ADS、阿修羅などで即死させるのが楽。
装備の整っていないことも多く、BBやグリムなどで沈むことも多い。

スキル

リカバリー(リカバ)

Gv時にプリが最も多用するスキルの一つ。
効果は スタン・睡眠・凍結・石化状態 の解除でキュアとは被らない。
SE実装で重要性がさらに高まった。

ルアフ

防衛時の要。忘れちゃダメ。絶対。
7*7のサイトと比較して範囲が5*5と狭いことに注意。
サイトと異なり暴いたユニットに聖属性のダメージを与える。
状況次第では阿修羅をハイドで回避できなくなる危険が生じる。

速度増加

職を問わずに有効なスキル。
特にMAPがやたらと広いSEでは効果絶大であり、プリに求められる仕事の中では重要度はかなり高い

ブレッシング

職を問わずに有効なスキル。
とはいえ、やはりWIZ系を優先に掛けるのが基本。
クルセ、豆葱、雷鳥、プリ、モンク、BS、リンカ、忍者はブレスが無くても
それほど性能は下がらないしモンクは自力でブレスが出来る。
ステータス異常である呪い、石化状態を解除することも出来る。
ブレス状態にする為には2度掛けないといけないので注意が必要。

セイフティウォール(SW)

推奨Lv7↑。ロキ雷鳥やエンペリウムの保護、阿修羅封じなどに使用される強力なスキル。
後述のニューマとは重複できない。
逆に敵陣にSWをばら撒くことでニューマを防ぎ、味方の遠距離物理火力を通しやすくするテクニックがある。

ニューマ

設置位置を中心に3*3の遠距離攻撃を無効化。ADS、Sbr、グリム、Sppなどを防ぐために頻繁に使用される。
前述のSWとは重複できない。
エンペ周辺に撒くことで味方をADSやEDPグリムの危険から守りつつ、敵のSWを防ぐことが出来る。
詠唱がないため連打することでSWの隙間に通せるが、エンペ周辺にSWが多数撒かれているとニューマを置けるスペースがないので注意。

サンクチュアリ(サンク/聖域)

推奨Lv7↑。カイトを消す心配もなく、一度に多数の味方を回復できるのは大きなメリット。
治癒の杖に持ち変えるのもいいが、ポタ係でもなければそこまで余裕もないだろう。

キリエエレイソン(キリエ/KE)

推奨Lv9↑。通常狩りではアスムプティオに劣るが、Gvでのキリエは良スキル。カイトとも重ねがけできる。
エンペルームへの突撃時には積極的に。防衛時にはロキ雷鳥に掛けるのも良い。
SEではアスムのまま交戦できることも多いので柔軟に。
キリエでアスムを上書きできるため、アスムがかかっている敵にはキリエ1を入れておきたい。


アスムプティオ(アスム)

ガーディアンが異常に強いSE砦で特に有効。
シーズモードでは効果は1/3になるとはいえ、あるなしでは雲泥の差。
ただし、カイトとは競合し後からかけたほうが上書きされる。


アスペルシオ(アスペ/塩)

主な使用目的はエンペに張り付いた敵の無力化。
バーサクしたLKに掛けると相手は涙目。ただし、㌦服相手にはそもそもアスペが掛けられないので注意。

速度減少(DA)

Lv1でも十分な効果を発揮する。IAだけでなくARや2HQも打ち消すのでいやがらせに効果絶大。地味にいいスキル。

ホーリーライト(HL)

キリエを一発で無効化できるという特性があることは意外と忘れられている。
EMCマスターはキリエが掛かっていることも多いので、これで剥いでやろう。
ただしカイトで反射されるので、反射ダメージで硬直してしまって詠唱が止められなかった…なんてことにならないように。

グロリア

自分とPTメンバーのLukを30上げる。
Gvでは使い道が皆無に見えるが実はLuk上昇により地味ながら状態異常耐性も高まる。
スタン攻撃なら被スタン率が3%減少し、スタン時間も0.3秒減少する。が効果時間が短いのが難点

レックスエーテルナ(LA)

対象に指定した相手が次に被弾した時のダメージを2倍にする。
その性質上阿修羅、ADS、Sbr等の高威力スキルにあわせると非常に効果的。
ただし、ディレイが長いため単体で使用する場合には注意が必要。
出来ることなら、高INTブラギと一緒に行動して使いたい。

レックスディビーナ(LD)

相手を沈黙状態にする。
頭装備は人耐性やダメージの底上げに使われることが多く、ピアレスは後回しにされがち。
重量の関係上緑Pを持たなPCもいるので嫌がらせには最適。沈黙を解除できないPCは大抵戦線を離れる。
混戦だと自分が沈黙していることが分からないことも。


装備

プリの能力はスキルに大きく依存しており、装備はアンフロタラベレーイミュンがあれば十分。
ただし、最前線での支援をこなすにはそれなりの装備は必要となる。
装備を選択する際は「死なない」ことを最優先すること。

防具

それぞれの性能・効果については防具カードの項を参照のこと。

  • 頭上段
ベレーor羽ベレーorあれが基本。あれは露店では見かけなくなってきたが…。
大魔法対策は大きなハイビスカス、ADS対策は黄色頭巾。
挿すのは睡眠対策にナイトメアcで。

  • 頭中段
中段装備で破格のMdef性能を持つ赤いメガネで決まり。
これ以外装備するというならs中段くらいか。

  • 頭下段
最近実装された海賊の短剣、Def1の甘いキャンディが候補だが、特に何をつけても大きな差は無い。

基本はsシルクローブにマルクcかイビルドルイドcを挿す。
魔法対策にはシャピニハやエベシ、ゴス装備としてのV鎧もあるが重いので青石や回復剤との兼ね合いには注意。
最高を求めるならディアボロスローブ、当然どの鯖でも高額であり最終装備として考えるのがよい。

  • 肩にかけるもの
プリなら狩りの使いまわしのイミューン装備でよい。
ノクシャス挿し装備もGvにおいて汎用性が高いのでおすすめ。
廃プリならイミューンウールスカーフorアンチスナイピングウールスカーフでタイダルセットを。
大魔法対策はジャックc・マルスc挿しフードやぼろマントで。
最高を求めるならディアボロスマント、当然どの鯖でも高額であり以下略。

出来ればヴァルキリーシールドにタラフロッグc挿しで。
無理であれば狩りの使いまわしでいいのでタラc刺しのものを使おう。
タラcが用意できないのなら次点はホルンc。
プラチナシールドはプリでは使いこなせないし、そもそも役目ではない。

廃プリはタイダルシューズでセット効果を狙おう。
プリであればベリットの上位互換になるヴィダルのブーツ、あるいは高級サンダルがMdefも高くてよい。
挿すのは安価なマーターcか高価なグリーンペロスcのどちらかで。マーターcの代わりにベリットcでもよい。
最高を求めるならディアボロスシューズかバリアントシューズ、当然以下略。

  • アクセサリー
特にお金が無ければロザリー*2でも十分だが、
クイールペンリングとスモールブックペンダントのセット効果はすばらしい。
挿すのはアリゲーターc。
また、ハイドクリップは持っておいたほうがいい。
ブラストクリップもあればいいが、そもそも攻撃が役目ではないことは心に留めておくこと。
あればサイトクリップも。ルアフの範囲の狭さはSE砦では致命的。

武器

遠距離攻撃対策のロングメイスかQVロッドあるいはQDロッドで十分。
ブラストクリップが有るなら状態異常メイスを予備武器にするのもありだが、攻撃職ではないことを留めておくこと。
廃プリであればSoCも選択肢に。広範囲呪いで敵の動きを制限出来ると非常に有利になる。が、発動条件が物理攻撃被弾時なので、前線で物理攻撃に耐えうる耐久力が必要。