※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

☆このページでは、霧雨の野望における霧雨魔理沙について詳細に解説しています。
東方Projectでの霧雨魔理沙について詳しく知りたい方は東方wikiなどの霧雨魔理沙を調べてください

霧雨魔理沙 (きりさめまりさ)(? - )


東方の、そして本動画の主人公の一人。幻想郷に住む普通の魔法使い。
ある日幻想郷に現れたスキマを通り、1555年4月以前(正確な日は不明)の飛騨国にたどり着く。
異変を解決して幻想郷に帰るため、同様にやって来た博麗霊夢と共に飛騨を統一したばかりの姉小路家へ客将として身を寄せる。

以後、持ち前の好戦性と弾幕ごっこの経験を生かし(加えて政治力がダメダメなせいもあって)常に姉小路軍の最前線で活躍。
特に姉小路が鉄砲の量産を開始してからは、鉄砲隊の中核として敵陣に鉛の弾幕を浴びせていった。
「戦争はパワーだぜ!」

通り名は「飛騨の悪魔」(Act5より)・「歩く火薬庫」(決戦編OPにて斉藤義龍の台詞より)だが、以上の名前で呼ばれることは全く無い。
ちなみに同じパワー弾幕派だからか斎藤義龍鈴木重秀とは馬が合っている様子。

尚、八卦炉でマスパを撃つには材料の調達などそれなりの準備が必要ではあるようだが、戦国現地の材料で間に合ってるのかは不明。

姉小路家への義理、武田信玄への敗北感、武田信虎の叱責などを経て、彼女自身思うところもあるようである。

決戦OP時点における鉄砲熟練度ランキング三位。

武将紹介登場:予告編

☆出生・家族構成

生年不詳。(二十歳未満だとは思われるが)

幻想郷の人里にある大手道具屋「霧雨店」の一人娘として生まれる。
魔法使いを志したせいなのか、現在実家とは絶縁状態にある。


☆官位・役職
丹後守護(1568年2月~・Act85~)

☆参加合戦



革新能力
統率85 武勇92 知略59 政治35 義理75
足軽C 騎馬A 弓C 鉄砲A 計略C
兵器B 水軍C 築城D 内政D
戦法:先駆け、早撃ち、二段撃、三段撃、罵声、鼓舞、威圧
(Act60現在)

うp主解説
ご存じマスタースパークの人。
一流の統率と武勇を誇り、騎馬・鉄砲という高攻撃力の兵種を得意とする根っからの戦争屋。
知略もそれほど低くはないが、気性が荒いためか政治は苦手。斬り込み隊長としての活躍に期待。戦争はパワーだ!!

緑の人解説
東方主人公級の一人「魔法を使う程度の能力」霊夢の友人。黒い衣服を纏い、蒐集癖からか紅魔館で本を借りて返さない。