※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ティルヌアン


  ティルヌアンワイレーロ・セクターの西南部、ティルヌ星系に所属する惑星、ティルヌに生息する種族である。

種族情報



原住地:ティルヌ
身長:1.6~2.0メートル
主な個体:ガーリス大公、ニューロ・ビヤス艦長

概要



 ひょろ長い体つきのティルヌアンは、惑星ティルヌを故郷とする両生類種族である。ティルヌはミッド・リムの更に外縁部に位置する惑星であり、そのため来訪者も少ない。彼らは旧共和国の時代、宇宙進出こそしていたものの、その技術レベルは銀河標準のそれと比べて著しく低く、他の種族からは発達途中の知的生物、という程度の認識しかなされていなかった。

 ティルヌアンは前述のようにひょろ長い体つきをしており、肌の色は緑から青に近い。また、体にまだら模様がある固体もおり、これは沼地の多いティルヌで、天敵から身を隠すために発達してきたカモフラージュ色だと考えられている。彼らはそれぞれ3本の指を持った2本ずつの手足を備え、また、骨格は軟骨が多いために柔軟性があり、通常の種族が骨折してしまうような強い衝撃にも耐えることが出来る。だがあまりに強い衝撃を受けると体がちぎれてしまうため、彼らは一般的に痛みに敏感である。
また、ティルヌアン達は貧弱な体の中でも首を特に大切に扱っており、彼らはほとんど常時、首にハーネスを取り付けて保護している。そのハーネスには首飾りが付けられていることが多く、ほとんどがワイレーロ神話にちなんだアクセサリーとなっている。そして、ティルヌアン達は首とその首飾りがいかに自分達にとって重要なものであるかを理解しており、なんらかの騒動になった際や喧嘩が起こった場合でも、首に攻撃を仕掛けることはなく、また行った場合は逮捕される。そのため凶悪犯罪者ですら首を狙うことはないが、一時期ティルヌに駐留していた帝国軍はそれを逆手に取り、ティルヌアン達の首を好んで切り落として虐殺していた。また、モフ・ネザルコスがティルヌアンの首切りを趣味にしていたのは、彼らの間では有名である。

 ティルヌアンは旧共和国元老院に議席を持ち、ワイレーロ・セクター代表を務めるナビッティアンと友好関係を築いていた。彼らはナビッティアンに優遇され、惑星は彼らの防衛艦隊によって守られていたが、クローン大戦へと突入すると、平和な時代は唐突に終わりを告げることとなる。惑星ティルヌは戦乱によってホノガーやカーマス程ではないものの、壊滅的な被害を受けたのだ。そのため、ティルヌの地表は現在でも墜落したCISや共和国軍の戦艦で溢れかえっており、これらはティルヌアンの心にある大きな傷跡を象徴する遺物でもある。

 だが、ティルヌは再び最悪の騒乱に見舞われることになる。旧共和国が崩壊し、銀河が帝国の闇に包まれると、元老院は解散され、ナビッティアンの議員団は解任された。そして、新しいワイレーロ・セクターの統治者モフ・ネザルコスが彼らを仕切るようになり、傲慢で腐敗したネザルコスは皇帝の人間至上主義に従ってセクター内のエイリアン達を徹底的に弾圧していったのである。彼はモフの中でも際立った功績を作るために、奴隷の供給数を大幅に増やそうと画策し、最初に惑星コリムを植民地化すると、次にティルヌアンたちが標的となった。血に飢えた冷酷な帝国艦隊は荒廃したティルヌの大地を焼き尽くすと、上陸して手当たり次第に彼らを殺戮していき、生き残った者達を奴隷として銀河各地に流していったのである。ティルヌはキャッシークに次ぐ巨大な奴隷市場となり、ティルヌアン達の尊厳は徹底的に否定されていったのだ。その象徴的事件がティルヌの大虐殺である。

 その後、エンドアの戦いかで帝国が敗北すると、モフ・ネザルコスは帝国内での覇権を失わないよう、ワイレーロ・セクターの駐留軍の大半をかつて味方だった他の軍閥との戦闘に回すようになった。軍の減少はティルヌにおいても例外ではなく、一年後、青年ガーリス率いるレジスタンス、ティルヌ解放戦線が遂に帝国を撤退させることに成功し、彼の下、帝国の介入のない、従来型の新政府が発足したのである。そして彼らは惑星中に散らばった独立星系連合の戦艦を掘り起こし、多大な努力を払って復活させると、ティルヌでだけではなくワイレーロ・セクター全土から帝国軍を追い払うため、ティルヌ解放軍を設立したのだった。

執筆中
|