※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

最終更新:2007/03/12

このページは TommyP's HFSLIP の Basic howto を日本語訳してみたものです。(インデックスは勝手に追加しました。)
意訳を試みていることもあり、オリジナルの直訳とは異なると思いますが予めご了承ください。
ただし、原則、オリジナルに従った内容に留め、まとめは別に作成します。
間違いやアドバイスなど、色々指摘していただけると嬉しいです。

Extras

  • Remove obsolete source files
  • HFANSWER.INI - HFSLIP answer file
  • Application addons
  • XPize

1. 使われないソースファイルの削除 (HFSLIP 1.3.0 以降)


HFSLIPでI386フォルダのいらない必要とされないソースファイルを削除することが出来ます.
適切な除去ファイルをHFCLEANUPフォルダに置く必要があります.
ファイル名を含む除去ファイルは現在,Windows 2000(2000SP4.EXT),Windows XP SP1 (XPSP1.EXT) and Windows XP SP2 (XPSP2.EXT)が存在します.
Windows Server 2003用のファイル(まだ作られていません)は2003SP0.EXT もしくは 2003SP1.EXTというようなサービスパックレベルに左右される名前でなければなりません.
古い名前の除去ファイル(DBLBIN*.EXT)はHFSLIPによって自動的にリネームされます.

もし使われないソースファイルをHFSLIPで削除したいなら,
あなたのOSのためのファイルをダウンロードしてください:
  • 2000SP4EXT.zip [2006-06-27]
  • XPSP1EXT.zip [2007-02-13]
  • XPSP2EXT.zip [2007-02-12]
そして解凍して出てきた*.EXTファイルをHFCLEANUPフォルダに入れてください.


2. HFANSWER.INI - HFSLIP 応答ファイル(HFSLIP 1.3.0 以降)


これはHFSLIP1.3.0以上が応答ファイルから受け入れる変数に関する短い説明です。
ファイルはHFANSWER.INIと名付けられ,HFTOOLSフォルダに置かれなければなりません.

HFANSWER.zip はHFSLIPがデフォルトで使用するバージョンを含んでいます

DRIVERCOMP

有効な値: A, B, C, D, E, F もしくは "なし" (プロンプトが出る)
デフォルト: なし
このプリセットは HFLISP によって圧縮で使用されるメモリと DRIVER.CAB を更新すべきかどうかを表しています.
"なし"は標準的なプロンプトを提供します (もし,プロンプトで何も選ばなければ,Aが選択されたものとします).

SBOOTPATH

有効な値: 1 (シングルブート) もしくは "なし" (プロンプト)
デフォルト: なし
1を設定すると,HFSLIPにCDがシングルブートであることを教えます.

MBOOTPATH

有効な値: 任意の値 (ブートパス) もしくは "なし" (プロンプト)
デフォルト: なし
マルチブートCDを作るつもりなら,ここにCDのブートパスをプリセットすることが出来ます.
最後にバックスラッシュ(\)があり,パス(途中にスペースがあっても)がクオートされていないことを確認してください.
このケースではSBOOTPATHを設定する必要はありません.

DELCATS

有効な値: 0 もしくは 1
デフォルト: なし
もしHFSLIPがSFC*.DLLがあっても.CATファイルを保持することを望むのなら0をセットしてください.
1をセットするとHFSLIPは無言でそれらを削除します.

BACKUPSOURCE

有効な値: 1 (バックアップを尋ねます), 2 (バックアップします), その他もしくはなし(バックアップしません).
デフォルト: なし
これはサービスパックの事前結合のためにあります.
デフォルトでは,HFSLIPはSOURCEをバックアップしません.
もしこの振る舞いを上書きしたいのならBACKUPSOURCE変数を設定してください.
1をセットすると,HFSLIPはバックアップするかどうか尋ねます.2をセットすると
HFSLIPは確認なしでバックアップします
バックアップが作られたとき,HFSLIPの終了前にSOURCEを自動でリストアします.

XPIZESW

もしHFSLIPにSVCPACKを通してXPizeをインストールしてほしいのならば,サイレントインストールスイッチを設定してください.
もしXPizeをソースに事前統合したいのなら,この変数を設定市内でください(もしくはこのエントリを削除してください).
そして代わりにFORCEXPIZESLIP変数を設定してください.
許可されたスイッチについては4章のXPizeガイドを参照してください.
HFSLIPの現在の最終版があなたがFDVFILES、FIXまたはHFEXPERT\APPREPLACEMENTにmodded SFC*.DLLファイルを持っているかどうか検出して、彼らが存在していないと操作を中止するのに注意してください; これは将来、そうにならないでしょう。
  • 例: XPIZESW=/S
  • 例: XPIZESW=/S /norestore

FORCEXPIZESLIP

有効な値: 1 もしくはなし
デフォルト: なし
この変数に1をセットするとHFSLIPはあなたがXPizeをソースに事前統合する気であることを知ります.

ISONAME

有効な値: 任意の値
デフォルト: WINLite.ISO
これはISOファイルの名前を設定します.

ISOTITLE

デフォルト: 任意の値
Default: HFSLIPCD
これはISファイルのタイトル(CDの名前)を設定します.

FORCECDIMAGE

デフォルト: 任意の値 (CDIMAGE.EXEの使用を強制) もしくはなし(MKISOFS.EXEがないときにCDIMAGE.EXEを使用)
デフォルト: なし

CDIMGSW

有効な値: 任意の値
デフォルト: -h -j1 -m
CDIMAGE.EXEを使用するときのスイッチ.

MKISSW

有効な値: 任意の値
デフォルト: -relaxed-filenames -d -D -N -J -no-emul-boot -no-iso-translate -boot-load-size 4
MKISOFS.EXEを使用するときのスイッチ.

MAKENOISO

有効な値: 1 もしくはそれ以外
デフォルト: なし
Set this to 1 if you want to skip automatic ISO creation when the required files for that are present. This has no effect when running HFSLIP in "MAKEISO mode".

OVERWRITEISO

By specifying OVERWRITEISO=1 you can tell HFSLIP to delete an existing ISO with the same name and to not add the date and time to the name of the new ISO. Here are the four possible situations and the name of the resulting ISO:
  • neither ISONAME nor OVERWRITEISO specified: HFSLIP+version_winver_date_time.iso (default)
  • only OVERWRITEISO specified: HFSLIP+version_winver.iso
  • only ISONAME specified: basename_date_time.iso
  • both ISONAME and OVERWRITEISO specified: basename.iso
("basename" is what you specify as ISONAME without the extension)
Examples of output names (in the order shown above):
HFSLIP61111_2K_11112006_21h20m.iso
HFSLIP61111_2K.iso
MyISO_11112006_21h20m.iso
MyISO.iso

INSTALLRC

Possible values: 1 or any other value
Default: no value
Set this to 1 if you want HFSLIP to have Windows install the Recovery Console at T-13 without user interaction. Be advised that this requires the complete and original WINNTUPG folder, else the installation will fail.

INCWMPCSKIN

Possible values: 1 or any other value
Default: no value
Set this to 1 if you want HFSLIP to check if Classic.wmz exists in the SOURCE, and, if it finds it, instruct Windows setup to copy it over.

INCALLSKINS

Possible values: 1 or any other value
Default: no value
Set this to 1 if you want HFSLIP to check if any abandoned WMP skins exist in the SOURCE, and, if it finds any, instruct Windows setup to copy them over. This overrides the INCALLSKINS variable.

NOLOGCOPY

Possible values: 1 or any other value
Default: no value
Set this to 1 to prevent HFSLIP.LOG from being copied into the SOURCESS folder.

3. Application addons

Application addons are programs or utilities reworked into specially crafted CAB or 7z files which contain binaries to be placed in the Windows source, as well as a configuration file explaining what needs to be done with those files and how Windows setup should install them. These addons were originally made for other slipstreaming and integration tools such as nLite, but support was added into HFSLIP as well.

HFSLIP handles three types: those which add files into I386 of which the installation is regulated from SYSOC.INF, those which place binaries into the SVCPACK folder, and those which replace existing files in the Windows source.

Create a folder called HFAAO inside the HFSLIP folder and place the addons (cab files) in there.
For addons in CAB format, you'll need to put Microsoft's EXTRACT.EXE in the HFTOOLS folder. Windows XP users can find a copy of it on their installation CD in SUPPORT\TOOLS\SUPPORT.CAB. Users of Windows 2000 and Windows 2003 can download it free of charge from Microsoft; after you extract the Cabsdk.exe package to a temporary folder, locate the relevant file in the BIN subfolder and copy it into HFSLIP's HFTOOLS folder.
For addons in 7z format, 7za.exe is needed. You can acquire the latest 7za.exe from this page. Download the file of which the description reads "7-Zip Command Line Version", extract 7za.exe from this package and place it in HFTOOLS.

For more information on this subject and downloads of pre-made application addons, refer to the following links:
http://www.msfn.org/board/index.php?showforum=132
http://www.ryanvm.net/forum/viewforum.php?f=7

4. XPize

XPize is a "GUI enhancer" for 32-bit versions of Windows XP and 2003 and even replaces icons and images that Microsoft hasn't "updated" to their new XP/2003 GUI yet. It can also add a custom boot screen, logon screen and screensavers, and updates resources still stemming from older Windows versions. Download either the Lite or the Full version from its home page, and place it in the HF folder.

HFSLIP allows you to either slipstream XPize into your Windows source or integrate it into the SVCPACK folder to be installed at T-13. For SVCPACK integration, set the value of the XPIZESW variable in HFANSWER.INI to your desired installation switches. To force slipstreaming, configure the FORCEXPIZESLIP variable instead. Refer to the HFANSWER.INI section above for more information on these switches.