『あんだ~ ざ BED』

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『あんだ~ ざ BED』

Listen1

ベッドの下からこんばんわ 
今夜からお送りする ラジオ深夜便 『あんだ~ ざ BED』
週末に ベッドから半径2m四方くらいにお届けしています
DJは私 床下K子 みんなよろしくねー いぇいいぇい

えー ベッドの外では百目姉さんとデストミーさんが
怪訝な顔でこちらを見てるようですが そのうち慣れるでしょう

それでは早速最初のお葉書 ラジオネーム「稔侍エンド」さん
「K子さん こんばんわ」 はい こんばんわー
「K子さんは包丁を持ってるのに 
 何故それを武器にしないんですか?
 っていうか その包丁にこびりついてるのは
 誰の血なんですか?」

あー なるほど よいところに目をつけたねー
まぁ 第一回放送用に 
私が書いたハガキだから当然なんですけど

えっとね この包丁についた血はねー えへへ 照れるな
これは彼氏の血なんですね 
死んじゃったから元彼って言うべきなのかもだけど
私の中では 今でも彼だけがオンリーワンだからね

ちょっとした行き違いでねー 死んじゃったんですよねー
死んじゃったというか 殺しちゃったというか
なんていうか ホラ アレだ 過失致死

その後の逃亡の過程が変わってたからって
なんか私のこと「殺人鬼」って報道されてたけど
別に私 殺人鬼じゃないからね 
そういう意味でも彼だけですよ 一筋ですよ

そんなこんなでね 
今ではこの包丁についた血だけが彼との思い出だから
武器で使って 血が落ちちゃったりしたら寂しいじゃない ねー
それにホラ ベッドの方が威力あるし おっきいからね

そんなこと言いながらも 
なかなか包丁の血が乾かないところを見ると
ひょっとしたら多少使っても 
大丈夫なのかもしれないんだけどなー
あとねあとね ちょっと不思議なんだけど 
包丁から血がしたたるたびに
彼の声が聞こえる気がするの 
これって彼からのメッセージなのかな 


うああぁぁぁぁ K子おおおぉぉぉ ここは寒…


Listen2

ザッ……ザザザッ……

床下K子のー 『あんだ~ ざ BED』ぉー

♪ココンカンカン だだっだだっだだっだらたた~
     「こんな世の中があっていいものだろうか!!」

今夜もベッドの下からこんばんわ  
週末深夜 ベッドから半径2m四方くらいにお届けしています
ラジオ深夜便『あんだ~ ざ BED』
DJはお馴染み ”惨宅の女王” 床下K子ですー やふー
ジングルをね 用意してみましたよ
最後の台詞は ヤプール老人の台詞だね
懐かしいなぁ 死んだ彼が特撮好きだったんだけどね
なんかヤプール人の回はインパクトが強くてねぇ 覚えてたのよ

さて 百目姉さんとデストミーさんは早くも慣れちゃったようで
半ばシカトをきめこんでおります でも耳は傾けてるのは知ってるよ
ふふふふ 可愛いやつらめ~

それでは早速最初のお葉書 
ラジオネーム「港の“ちょっちゅね”ヨーコ」さん
「ミスユニバースに選ばれながらもまだ腹八文目なK子さんこんばんわ。」
そんな覚えは無いけど こんばんわー 
「友達の間で話題になっているのが
 『K子さんのベッドを裏返した時、K子さんは表に出てきてしまうのか
 また裏返ったベッドの下に戻るのか』という疑問です。
 どうか教えてください」
あー なるほど これまたよいところに目をつけたねー

うーんと 偶然最近仰向けにひっくりかえっちゃったんですけどね
やぁ 慌てちゃいましたよ ベッド重いんだもん
じたばたしてたら 闘技大会仲間の
タイヤキさん(Eno.583)に真似されちゃってねー
それがまた 不覚にもちょっと楽しかったりしてね うん

でまぁ 楽しんでばかりもいられないんで
どうしようか考えたんだけど
ほら 亀とか仰向けになったら 
ゆ~~~っくり落ち着いて 横になって元に戻るじゃないですか
だから 私も落ち着いて ゆ~~~っくり寝返りうってみたらね
起きられたんですねー
あんなに大っきくて重たいベッドなのにね どうにかなるもんなんだねー
物理法則なんて結構いいかげんなもんですよ 経験者は語るね

そう言えば こん時ね 闘技大会メンバーの下水子ちゃん(Eno.234)が
ベッドの下敷きになっちゃったのね
まぁ 下水子ちゃんは丈夫な子だから平気だったんだけど
あの子の体から出た下水汁が マットレスに染み込んじゃってね
これがまた落ちないの 臭いもなんかすごくてね
なんていうか 喩えるなら
魚を腐らせたモノを納豆で和えて梅雨時に一ヶ月放置したような臭い

そんな臭いが染み付いたマットレスなんだけどね
百目姉さんが洗ってくれたら 驚きの白さになっちゃったんですよ
姉さんすごいよね 普段は三白眼で誰か殺しそうな目して煙草咥えてるのに
料理も洗濯もプロ並みなんですよ あんなにツンツンしてるのに
もう 何か小声で毒づきながらマットレスをひったくっていったのに
いざ洗濯始めたら 軽く鼻歌まじりんなってね
汚れが落ち始めたら ちょっと満足そうな笑み浮かべちゃったりしてね
このツンデレめ~ 

(ガスッ! ゲスッ!)

きゃー ツンデレが蹴ったー 怖いー 

さて ツンデレに蹴られてるうちに ちょうど時間となりました
お相手は 私
”誰か殺しそうなのはお前じゃないか っていうか殺したじゃん”床下K子でした
しー ゆー ねくすと うぃーく えんど   ばいばい





あ 痛い痛い デッキブラシはちょ……    プツン


Listen3

ザッ……ザザザッ……

床下K子のー 『あんだ~ ざ BED』ぉー

♪ココンカンカン だだっだだっだだっだらたた~
     「ファイヤァァァ・ブリザァァァドッ!!」

週末深夜 ”惨宅の女王” 床下K子が
ベッドから半径2m四方くらいにお届けしています
ラジオ深夜便『あんだ~ ざ BED』
って 今夜はベッドの下からじゃないんですね~

とりあえず 今日はまずゲストから紹介したいと思います
ゲストの 闘床ヒュプノスさんです こんばんわ


ちょっと 無口な彼です
っていうかね なんと私のベッドが変形したんですねー
ビックリですよ 世の中まだまだ不思議がいっぱいです
こぅ ベッドが ガキンゴキンと開いたり裏返ったりして
ヒュプノスさんになるワケですよ 
猫背で座ってるのに 頭とか天井につかえちゃってるワケですよ

えー なんだか外野から
「ちょっと待て!もう一回変形してみろ!」とか
「なんで元よりでかくなってんだ!」とか
聞こえてきますが 気にしない方向で
あと 家主の沈痛な面持ちと 刺すような視線も
スルーしていきたく思います

しかしね これで念願の必殺技開眼ですよ
さすがにこのガタイで殴ると それだけで必殺技だね
ホントは もっと早く実戦投入したかったんだけど
まさか 上の方の設定が優先されるとは

なんか今 中の人の台詞が出ましたが 気にしない

さて 中の人の事情が垣間見えた所で ちょうど時間となりました
お相手は 私
”弱点はボディの剥き出しのK子だ”床下K子でした
しー ゆー ねくすと うぃーく えんど   ばいばい





ほんと剥き出しなんだよね……    プツン


Listen4

ザッ……ザザザッ……

床下K子のー 『あんだ~ ざ BED』ぉー

♪ココンカンカン だだっだだっだだっだらたた~
     「わからん人放っときますよ。いちいち説明しませんよ。」

二週連続でこんばんわ  
週末深夜 ベッドから半径2m四方くらいにお届けしています
ラジオ深夜便『あんだ~ ざ BED』
DJはお馴染み ”惨宅の女王” 床下K子ですー うぃうぃ
今日はちゃんとベッドの下ですよ 
正確に言えば 変形してないベッドの下ですよ
変形したベッドの下 って言ったらちょっとHだよね
うふふふ

さて それではお葉書の紹介ですー
ラジオネーム「寮長と呼ばないで」さん
「K子さん 初めまして」
はい たぶん初めまして~
「ベッド子さんのベッドは、拘置所で取り上げられても
 いつの間にやら再び現れたそうですが、どうして突然現れるのでしょうか?
 あと、ベッド子さんはどうやって拘置所から姿を消したのでしょうか?」
あー そういう設定だったよねぇ 設定とか言うな

うーんとね とりあえず私が拘置所から姿を消したってことですが
これは ちょっと違いますね
私じゃなくて 拘置所が消えたんです 不思議だよね
だから この答えは拘置所本人か カッパーフィールドにでも 聞いてください

で ベッドの方はね 
まぁ 私もベッドとは長いつきあいですけど
未だによくわかんない子でね 知らない間に変形とかするしさ
でもね 出たり消えたりの謎は なんとなく目星がついたね
これはね アレですよ
さっきまで使ってた消しゴムが 突然なくなるとか
なくしたと思ってたCDが 思いがけない所から出てくるとか
あーいうのと 同じ原理なんだと思うの

や さらにその原理が どーいうことかって言われても
それは全然わかんないけどさ ここまでわかれば充分っしょ
ほら PCの大体の仕組みはわかっても
プログラミングとか 液晶の仕組みまで わかんないのと同じさ
同じ うん 同じ たぶん これで いいのだ

さて 詭弁を弄してるうちに ちょうど時間となりました
お相手は 私
”この世には 不思議なことばかりなのだよ”床下K子でした
しー ゆー ねくすと うぃーく えんど   ばいばい





不思議なことだって 毎日続けば日常だよね……    プツン


Listen5

ザッ……ザザザッ……

床下K子のー 『あんだ~ ざ BED』ぉー

♪ココンカンカン だだっだだっだだっだらたた~
     「中に誰もいないじゃないですか……」

nice boat  
というワケで 週末深夜 ”惨宅の女王” 床下K子が
ベッドから半径2m四方くらいにお届けしています
ラジオ深夜便『あんだ~ ざ BED』
最近のアニメって怖いねぇ 私もあそこまであっさりとはいけなかったよ

怖いと言えば 前回ひょんなことから
百目さん(Eno.375)と二人旅でしたが
守り抜きましたよ 貞操を
いやぁ いつ襲われるかと ドキドキしてたんですが
何もされず終いでしたよ      ちぇ
大体 あんなエロっちぃメガネかけて 
目の前にこんな美少女がいて 何もしないなんて
いったい どういうことかと

なんてことを 部屋の中で主張する私を
不思議に思う方もおられるでしょうが 心配御無用
百目さんは 今 お料理中で部屋にいないからね
万が一に備えて ベッドにデストミー様(Eno.886)が座って 監視してくれております
ほら ベッドの下から ぶらぶらしてる足が見えるでしょ
ぶらぶら ぶれぶれ どかんどかんどかんどかんどかんどかん

って ちょっとデストミー様 ぶらぶらし過ぎ
カカトが顔に当たりそうで怖いんですけど けど あれ
百目さん いつからベッドの上におられましたんでしょうか

百目「nice boat のあたりからだな。
   君の忠実な監視役なら、お使い頼んだらあっさり動いてくれた。
   ・・・で、ラジオの続きはまだなのか?」

(カチ、シュポ)

えー あの その~ですね なんと申しますか
タバコ咥えて無言で 見つめられますと
非常に こちら落ち着かないんですが
あ 百目さん 灰が落ちますよ
というか 私に落ちてます
あ 吸殻こっち向けないで 怖いっす
タバコの火って900℃くらいなんですよ 900℃

ええ ちょうど時間となりました というか放送事故です
お相手は 私
”生きていたらまた会いましょう”床下K子でした
しー ゆー ねくすと うぃーく えんど   ばいばい





うわっちぃ あつっ あつっ……    プツン


Listen6

ザッ……ザザザッ……

床下K子のー 『あんだ~ ざ BED』ぉー
秋の総集編すぺさる~

♪ココンカンカン だだっだだっだだっだらたた~
     「いいわけはじごくできく」

今夜もベッドの下からこんばんわ  
週末深夜 ベッドから半径2m四方くらいにお届けしています
ラジオ深夜便『あんだ~ ざ BED』
DJはお馴染み ”惨宅の女王” 床下K子ですー やふー
っていうか おひさ~

えー 秋というかもう冬なんですけどね
クリスマス商戦に間に合うように 
総集編など やってみようじゃないかと思うわけですよ
っていうか 遅いよね
もう 2~3週間前にやんなきゃ 更新伸びちゃったしさ
まぁ 今思いついちゃったんだから仕方無い ということで

というワケで 総集編~
えーっと 私がアラヤ荘に来て
百目さんの部屋に デストミー様と一緒に ご厄介になって
至る 現在

    あれ 終わったちゃった

うわー 終わっちゃった
どうしよう 思った以上に何もしてないよ
ベッドがロボに変形するけど 形態も一つしか無いし
基本ステゴロだから 武器紹介もできないよ
こんなことで クリスマスにしあわせな家庭から搾取できますか
っていうか 番組の尺が余りまくりだよ

これはアレだね ロボが悪い
もう 更新も30回近くになろうってんだから
そろそろ マイナーチェンジしてくれなきゃ
二号ロボと合体だよ 新たなる武器だよ
もしくは隠された秘密のシステムが起動して パワーアップだよ

さぁ立て ヒュプノス
パワーアップのお約束と言えば
まずは君が大破しなくちゃいけない
ちょっとどっかで フルボッコになってきたまい

さて 方向性が見えたところで ちょうど時間となりました
お相手は 私
”今日も睡眠6時間 さらに二度寝で6時間”床下K子でした
しー ゆー ねくすと うぃーく えんど   ばいばい

え ロボが大破しなくても
パイロットが瀕死になる フラグもあるって
うわ ロボの謀反だ であえであえ



……    プツン


Listen7

ザッ……ザザザッ……

床下K子のー 『あんだ~ ざ BED』ぉー

♪ココンカンカン だだっだだっだだっだらたた~
     「♪ウッーウッーウマウマ(゚∀゚) 」

今夜もベッドの下からこんばんわ  
週末深夜 ベッドから半径2m四方くらいにお届けしていきます
ラジオ深夜便『あんだ~ ざ BED』 今年最初の放送
DJはお馴染み ”惨宅の女王” 床下K子ですー 2月だけどあけおめー

さて いきなりですが 皆様にお詫びせねばなりません
このラジオは 皆様ご存知の通り『あんだ~ ざ BED』で
さっきも冒頭で 「今夜もベッドの下からこんばんわ」なんて言っちゃいましたが
残念なことにですね 今現在 私は



コタツの中にいます 
(ノω= )ヌクヌク



だって しょうがないじゃない
冬将軍 容赦無いんだもん ヤツの九所封じを食らったら
とてもじゃないですが おんもで行動できません
部屋の隅っこのベッドの下なんかにいたら 死亡フラグ確定さ
まぁ 2月だものね 冬将軍も超人硬度10でブイブイ言わせてるとこですよ
本気出したら ナポレオンwithフランス兵数十万人を
フルボッコにしちゃうようなヤツですよ
そんなの 叫喚地獄Lv30になった程度じゃ勝てません

でもね コタツなら コタツならやってくれるんですよ
冬将軍の猛威もものともせず 
私たちに平穏とぬくぬくを与えてくれるのです
流石はコタツ やればできる子 

あ ちなみにベッドはちゃんと背負ってるよ
コタツとベッドのサンドイッチ状態 死角無しって感じ
っていうか 絵的にはコタツに枕置いてアゴ置いて
だらだら独り言を くっちゃべってるだけなんだよね~
あ~~~~ ぬくい(ノω= )ヌクヌク

さて コタツの魔力で眠くなってきたところで ちょうど時間となりました
お相手は 私
”コタツにはミカンよりアイス派”床下K子でした
しー ゆー ねくすと うぃーく えんど   ばいばい





あ 百目さん 私うたた寝するんで 枕もとにポカリ置いといてください……    プツン
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|