※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

トシです。
先週に引き続き、今週も釣りをしに行きました。
今回は一人で。
場所は前回と同じ山梨と神奈川の県境の小さな渓流だったけど、
今回はさらに山奥に潜入。
草や林を掻き分け進む進む。
ここで補足説明
オレが最近やってる釣りは、「テンカラ」という日本古来からの釣法。
仕掛けは、竿と糸と毛針だけ。
あとはポイントを探してひたすら毛ばりを投げまくる。
でもこの投げが難しい。毛ばりは軽いのでなかなか飛ばない。
まぁ新体操のリボンを振ってる感じかな。
あとポイントを選ぶのも若干難しいかな。
それと、山女とかイワナは非常に神経質なので、こっそりポイントに近づくのも大変だよ。
ちょっと人影が見えるとすぐ隠れて、餌を追わなくなるからさぁ。。。

まぁそんな話はさておき、釣りを始めて30分くらい。
なにやらいい感じのポイントを発見。。
こっそり近づき、毛ばりを投げ込む。
すると
「おぉ。。釣れた。。。すげーちっこい・・・・がっ、嬉しい。。」
はしゃぐこと1分。。落ち着いて記念すべき第一号の写真撮影。。
魚をリリースした後も含み笑いが。。。
しかしここで怪しい物体を発見。。
「骨。。しかもでかい。。何の骨だっ、まっまさか人じゃ・・・」
周りを確認。後方はもちろん頭上も確認。。
死体らしきものはない。。。そう、こんなとこに人がいる分けはない!!
きっと牛だ。そう牛!!そう言い聞かせ、ポイントを移動。
だが今思えば、あんなとこに牛もいるはずがない・・・
気を取り直し、その後も釣りを続けたが、強風と寒さに負けてダウン。
帰りは談合坂で爆睡してから帰宅しました。

まだまだ腕は上達しないけど、久々に趣味に熱くなっています。
参加したい人は是非。だけど過酷な釣りなのでそれなりの覚悟はしてね。
みんなの近況報告も待ってます。

  • すげぇ。テンカラ! -- サトル (2007-04-05 21:45:44)
  • 初めて観たよ、やってる人。かっちょいい。久々にバス釣りがしたい! -- サトル (2007-04-05 21:46:31)
名前:
コメント:
|