今日のシンジ(アスカ目線)11


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

朝。
夫婦同時出勤であたふたしているところに、シンジのお母様がご来訪。
「孫のお守りは私がしておくから、新年会、楽しんでらっしゃい」と神の声。
お言葉に甘えさせてもらい、今日はお互い、家事の一切は放棄することに。
したたかに飲むぞ~、とやる気モードのアタシを尻目に、
お酒は苦手なんだよな~、とどんよりしている。
…朝からそんな暗い顔しないでよ!
久しぶりに二人で一緒に出社するんだから、さ。
そんなことを思っていたら、
アスカ、寒くない?と言ってアタシの手を握りしめ、
自分のコートのポケットに誘導し、暖めてくれた。
か、顔が赤いのは寒さのせいなんだからね!

夜。
早めに新年会を抜け出し、一緒に帰宅する。
案の定、乾杯の挨拶の時に飲んだシャンパン一杯で酔っ払っている。
どんだけお酒に弱いんだか…
帰りを待ちわびていた娘に、かまってかまって~、と言われ、
よ~し!と何やら思案している。
…去年のボジョレーの時のことが、アタシの頭をよぎる。
まずい、また何かしでかしてくれそうだ。
『タイタイタイタイ、タイツマ~ン♪ タイタイタイタイ、タイツマ~ン♪
 バクハツ~~ バクハツ~~    化学繊維のタ~イツマ~~ン♪』
…下着姿になると、ダイナマンのテーマ音楽に合わせて不思議な踊りを踊り始めた。
はじめはキョトンとしていた娘も、喜んで一緒に踊っている。
アタシは…ごっそりMPを奪われて、お義母様と顔を見合わせてただただ苦笑いするしかなかった。
まだ踊っているシンジの襟首を掴んで寝室へと連れて行く。
アタシから奪っていったMP、後できっちりマホトラかけて取り返してやるんだから!

 

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。