アスカのお弁当戦争


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

月曜日朝5時、碇家の台所には一家の主の姿がある。

「さ~てと、今日も頑張りますか!」

アスカはいつものように鼻歌を歌いながら冷蔵庫から目当ての材料を取り出し準備を始めていく。
まずは野菜を温野菜にする準備を終えると、お弁当にご飯を入れてうちわで扇ぐ。
良い頃合いまで冷めると、出汁巻きを手際よく焼き温野菜とともに冷ましてお弁当に盛り付ける。
いつもならここでメインの準備に入るのだが、アスカは冷凍室を覗いたところである異変に気付く。

「あれ?ない・・・」

アスカは急いで冷凍室を奥まで探すが、目当てのものは見つからなかったようで、絶望の表情を浮かべている。

「ああ~・・・なんでなのよぉ~!」

アスカは、寝ている家族を起こさぬように小さく唸るように言う。
どうやらお弁当のために、下準備を済ませ冷凍しておいた高級車海老を使ったエビフライと、松○牛を使ったハンバーグが見当たらないようだ。

「まだストックはいっぱいあったはずよねぇ・・・シンジは勝手に食べたりしないし。」

(最近ウチに出入りした人間・・・)

「あっ!!!」

アスカは急いで電話を掛ける。

(この前火曜は非番だって言ってたから、今日はこの時間仕事してるはず・・・)

「もしもし!加持さん!?」

「おっアスカじゃないか、どうしたんだ?こんな朝早くから。そんな血相抱えたような声だして」

「あたしがヒカリと飲みに行ってた間に土曜にウチにミサトと遊びにに来たって言ってたわよね!」

「あ、ああ・・・それがどうしたのか?」

「そのときミサト変なことしてなかった!」

「はは、アイツが変なのはいつものことだろ!」

アスカは辛抱たまらんといった感じで一気にまくし立てる。

「そんなこと聞いてんじゃないわよ!あの女ウチで勝手に何かしてなっかったかって聞いてんのよ!さっさと答えなさい!」

加持はいつもと違うアスカの様子に驚きを隠せず、あ然としながら冷蔵庫から何か勝手に取り出してはシンジに調理させて酒の肴にしていたことを告げた。
アスカはそれを聞くと返事もせずに電話を切り時計に目を向けた。
このとき朝5時40分。シンジの起きる1時間20分前。
アスカは急いで車のキーを取ると、エプロン姿のままで愛車ポルシェ911ターボを駆りエンジンフルスロットル。
そのホイルスピンはまるで今のアスカの心情を表すよう、荒々しい走りで第三新東京市郊外から都心へ向かっていった。

「あんのクソアマァァぁぁぁあ!!!!!!!!」

第一章 終
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。