トゲアリトゲナシトゲトゲ』2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「シンちゃん、お疲れ♪今日みたいな日だってたまにはあるから、あまり深刻に考えちゃだめよん♪」
ミサトの能天気な励ましの言葉を、シンジはこれ程恨めしく思ったことはなかった。
山のような抗議や苦情の報告書を前に、ただ溜息をつくばかりのシンジ。
半日がかりでようやくほぼ片付け終えた頃には、もう定時を過ぎていた。
背伸びをしてあたりを見回すと、アスカの姿は既にない。
すれ違いばかり。シンジはガックリとうなだれる。仕事など、もはや手につかなかった。
ふと、アスカとの昨日の「約束」を思い出す。トゲアリトゲナシトゲトゲ。
そんな虫、本当にいるのだろうか?
PCを拝借して、いるはずもないヘンテコな名前を入力し、検索してみる。
「(カタカタ、カチッ)…えっ、嘘…だろ!?」

『トゲアリトゲナシトゲトゲ の検索結果 約 647 件中 1 - 10 件目 (0.08 秒)』

シンジは目ぼしきサイトをクリックして確認してみる。
ご丁寧にも、その名の由来まで説明がなされていた。

元々、トゲのある虫として「トゲハムシ」という名前の虫がおり、その別名が「トゲトゲ」というらしい。
しかし、「トゲトゲ」の仲間であるのにトゲのない虫が発見され、
それが「トゲナシトゲハムシ」と名付けられたそうだ。
そして更に後になって、「トゲナシトゲハムシ」の仲間であるのにトゲのある亜種が見つかり、
それが「トゲアリトゲナシトゲトゲ」であるとのことであった。
ものすごく矛盾がありすぎる虫だとシンジは思ったが、現実にいるとなれば仕方がない。

呆然としているシンジにミサトが気付き、声をかける。
「…どしたの、シンジ君?」
シンジは昨日のアスカとの賭け事の内容について話す。
喧嘩の流れで「トゲアリトゲナシトゲトゲ」という虫が存在するかについて口論になったこと。
もし、存在することが明らかとなった場合、無理にでも来週の水曜は休暇をとると約束させられたこと。
そして今調べたところ、本当に存在していたこと。
概要をミサトに話し終えると、大きく溜息をつくシンジ。
「まんまとアスカの術中にハマった訳ね。」
ミサトは苦笑いを浮かべながらしばらく考えこんでいたが、シンジに提案をする。
「だったら考えがない訳でもないわ。…シンジ君、今週、もう少し頑張れる?
もし、今週中にミーティングの原稿を仕上げられるなら、他の人に代わってもらって休んでもいいわよ。」
「えっ…いいんですか、ミサトさん!?」
簡単に休暇のOKをもらい、あっけにとられるシンジ。
「その日はシンジ君達にとって特別な日でしょ。ま、代役はこっちでなんとかするから。ね、日向君?」
突然話を振られて驚く日向。
「ちょっ、待って下さい、葛城さん。あの…いえ、はい、わかりました…」
ミサトの眼力に負けて引き受けざるおえなくなった日向。
日向二尉には本当に申し訳なかったが、ミサトの粋な計らいにシンジは感謝した。
「ありがとうございます!今週中に必ず仕上げます!」
早速取り掛かろうとするシンジに、ミサトが優しく諭す。
「仕事もそうだけど…その前にするべきことがあるんじゃない?」
その言葉にハッとしたシンジは、挨拶もそこそこに、慌ててネルフを飛び出していった。

その夜。
帰宅途中のシンジは、滑り降りるように電車を降り、混みあったホームをすり抜け歩いてゆく。
改札を出ると、携帯からアスカに電話をかける。
「…もしもし。何よ、バカシンジ。」
いまだ不機嫌な様子の妻の声が耳に飛び込んでくる。
「あの…今、みどりの窓口の前にいるんだけど…昨日言ってた場所でいいんだよね?」
「…え?何よ、急に、バカシン…」
「買っておくよ、新湘南行きのグリーン車の特急券、往復二枚。約束どおりに。
――僕たちの結婚記念日の日の予約で。」

今年、唯一たった一日限りの夏休み。
その休日は、シンジとアスカの結婚記念日でもあった。
その日、二人は海へ行く。
きっと、「その日」は、二人にとってまた特別な記念日となるに違いない。

朝から降っていた雨は既にあがっており、あれだけ分厚かった雲も姿を消していた。
上弦の月が足下を明るく照らし、空には星もいくつか輝きを見せている。
そんな明るい夜空に見送られながら、シンジは歩を早める。
妻の待つ、家へと急ぐために。



~前編 『トゲアリトゲナシトゲトゲ』 Fin~
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。