ドッペルゲンガー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

最初は気付かなかった。僕の前を歩く後ろ姿。何処かで見た気がする、その程度だ。いつしか僕は一週間前から彼女を良く見掛ける様になった。通勤時、昼休み、帰宅時…何故か彼女は僕の瞳の端に映りこむ。
そして―

会社から電車で帰る途中、僕の目の前に『彼女』が突然現れた。いや、突然現れたは違うな…実際には、彼女は僕の乗った駅の次のホームから電車に乗ってきた。

長く綺麗な髪…少し日本人離れした顔立ち。
似ている…
似てる処じゃない。そっくりだ…

「ア、アスカ?」
「……はい?」

思わず僕は目の前の『彼女』に声をかけてしまった。うろんそうに僕を睨む『彼女』
違うのか?アスカじゃ無い?僕はしどろもどろに謝った。

「あっ、その…すいません…知り合いに似てたもので…つい…」
「…ナンパするの下手ですね」
「い、いや!ナンパなんて…その…すいません」
「ふふっ♪謝ってばっかりね♪シ・ン・ジ!」

―その後、アスカに聞いた話しだと僕の職場や日頃の行動を観たくて暇つぶしがてら覗きに来てたらしい

「言ってくれたらお昼一緒に食べたのに」
「ごめん♪驚かせたくて」「全く!一週間も前から…」

「えっ?私今日初めて来たのよ…」

終り
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。