アスカの思い出4


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(※住人の希望によりエロ接写はカット。)

―朝
気だるく身を起こして隣で寝ている最愛の人を見つめる。シンジの幼い寝顔を観察しつつ、今後を考えた。布団を少し捲ると血のついたシーツが…
マズイ、証拠隠滅をせねば。…ユイさんは研究所に行ってるから当分帰ってこないし…
シャワーも浴びたい…でも今はもう少し…シンジの横で…まどろんで…
私は二度寝を決め込むとシンジに抱きつき瞳を閉じた…

「……いま~。あれ…スカちゃん………たっの?」
(誰よ…人が気持ち良く寝てるのに…)
(……?聴いた事ある声ね……ヤバッ、ユイさんじゃない!)

「シンちゃん~。アスカちゃん。居るの?」

ユイの声はすぐドアの前で聞こえた。しまった…ユイさん帰ってきちゃったよぅ!
私は慌てて制服を…無い!無いッ無い!制服はバスルームだ…

「シンちゃん開けるわよ~」

禁断のドアが開くとそこには裸の私達を見て、にこやかに笑うユイさんが…
表情を変えずにユイさんは
「お早う。アスカちゃん」
「お早うございます…叔母様…」

怖い…
相変わらずにこやかにユイさんは部屋に入って来てベットの前に立つ。これならいきなり怒鳴られた方がましよ。

「シンジ!起きなさいッ!」


ユイさんの表情は一瞬にして鬼の様な形相に変わり…拳を振り上げシンジの頭を思いっきり叩く。
ゴツンッ
物凄い音が部屋に響いた。シンジは飛び起き頭を抱えながら周りを見渡す。

「痛ッ~!…はっ…母さん」
「シンちゃん。アスカちゃん。シャワーを浴びて着替えたらリビングに来なさい…速攻で!」

速攻で!の部分が異常に怖い…ユイさんは私にアスカちゃんの着替えは私の貸すからと優しく声をかけてくれた。

シャワーを浴び、着替えも済ませて私達はリビングに…
無言でソファーに座る私達と対象にユイさんは優雅に紅茶をすする。私の前にも紅茶はあるがとても飲む気にはならない

「で?昨日は何してたの?大体予想はつくけど」

あくまで、にこやかにユイさんは優しく語りかける。ユイさんのプレッシャーに私は何も言えずうなだれていた…が
「母さん…僕がいけないんだ…アスカは何も…」

シンジは私から誘ったのに嘘をついて自分のせいに…私はシンジの手をギュッと握り

「違うんです叔母様ッ!私からシンジ君に…」

カチャンッ
ユイさんはティーカップをテーブルに置き真剣な顔つきでシンジを睨む。

「シンジ。つけてセックスしたの?」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。