地縛神 Cusillu


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

地縛神(じばくしん) Cusillu(クシル):Earthbound Immortal Cusillu

効果モンスター
星10/闇属性/獣族/攻2800/守2400
「地縛神」と名のついたモンスターはフィールド上に1体しか表側表示で存在できない。
フィールド上に表側表示でフィールド魔法カードが存在しない場合このカードを破壊する。
相手はこのカードを攻撃対象に選択する事はできない。
このカードは相手プレイヤーに直接攻撃する事ができる。
自分フィールド上に表側表示で存在するこのカードが戦闘によって破壊される場合、
代わりに自分フィールド上に存在するモンスター1体をリリースし、
相手のライフポイントを半分にする事ができる。
  • 解説
7種類存在する地縛神の1枚であり、「猿」の地上絵がモチーフ
豊富なサポートを受けられる獣族という利点を持ち
野性解放キャトルミューティレーションを使用したサクリファイスエスケープ
死皇帝の陵墓で召喚、巨大化して野性解放するなど、1ターンキルも可能なポテンシャルを持つ。
TAGFORCE4においてはゲームオリジナルカードエアーズロック・サンライズで蘇生させることもできる。
総じて獣族地縛神両方のサポートで活きる使いやすい地縛神である。

固有効果は戦闘破壊を回避し、相手ライフポイントを半分にする効果を持つが、この固有効果は戦闘破壊されないと発揮されない。しかし相手からは攻撃対象にできず、攻撃も高いため自爆特攻することも難しい。
元々ダイレクトアタックができるため破壊&リリースまでして相手HPを減らす効果を使う必要がないなど、
このカード特有の効果が使われることはまずなく、完全に効果が死んでいる状態になっている。


原作でも、ディマクによってカードの精霊の魂を生贄にして召喚され、
クローザー・フォレストで強化されたダイレクト・アタックを龍亞に叩き込んだが、固有効果は全く使う機会がなかった。おまけに、自身の生贄にしたエンシェント・フェアリー・ドラゴンは龍可に蘇生され、フィールド魔法を破壊され消耗、Pain to Powerで攻撃力を上げたエンシェント・フェアリー・ドラゴンに破壊された。
作中の召喚シーンすら4回しか無いエンシェント・フェアリー・ドラゴンに戦闘破壊されたモンスターは地縛神 Cusilluが最初で最後である。それゆえ、地縛神の中では最弱とまで言われ、このカードの使い手と同じく不遇なカードである。

  • 関連カード


  • ゲーム別収録パック:No.33537328









ご購入はこちら
クリック!
遊戯王&トレカ販売 カード&ホビー「KeyGrip」