酸のラスト・マシン・ウィルス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

酸のラスト・マシン・ウィルス:?

通常罠(TF2オリジナル)
自分フィールド上に存在する水属性モンスター1体をリリースして発動する。
相手フィールド上に存在するモンスター、相手の手札、相手のターンで数えて
3ターンの間に相手がドローしたカードを全て確認し、
機械族モンスターを破壊する。
この効果で破壊した機械族モンスター1体につき、
500ポイントダメージを相手ライフに与える。
ガジェットなど、機械族モンスターを主体にしたデッキには致命的な被害を与えることができるウィルスカード。

刺さるデッキにはかなり刺さるが通常のデッキに対しては効果は薄いため、サイドデッキ向けのカードといえる。
汎用性の高いカードとしては黄泉ガエル氷帝メビウスハイドロゲドン水晶の占い師などが媒体となる。
普通のデッキでは媒体と共にこのカードが手札に来る確率は低いので、水属性デッキで使うのが通常であろう。

ガジェットを相手にして発動した場合はサイバー・ドラゴンドリルロイドも破壊できるので魔のデッキ破壊ウイルス以上の損害を与えられる可能性があり、ガジェットメタとして重宝する。
機械族を中心としたデッキに対しては複数体破壊できる可能性が高く、500ライフダメージも馬鹿にならない。
相手の破壊カードにチェーンして発動することができれば理想の形であろう。
他のウイルスカードと同じように3ターンの間ドローした機械族を潰せるが、ドロー以外で手札に加わったカードやカードの効果でフィールド上に特殊召喚された機械族は破壊の対象にならない。
相手の墓地アドバンテージを溜めることになるのでオーバーロード・フュージョンには注意。

その他の活用法としてはDNA改造手術と組み合わせ汎用性を高める、単に3ターン持つヒーピングカードとして活用するなどだろうか。

―ちなみに死のデッキ破壊ウイルス魔のデッキ破壊ウイルスと異なり、「ウイルス」の「イ」が小文字になっている。

―原作・アニメにおいて―
アニメGXにおける「ヘルカイザー亮vsマッドドッグ犬飼」戦において犬飼が使用。
「アシッド・スライム」を生け贄にして発動し、亮のサイバー・ドラゴンを破壊してダメージを与えた。
さらに、魔法カード「成功報酬」と手札抹殺のコンボで亮の手札から4枚もの機械族モンスターを破壊して、亮の手札とライフに多大なダメージを与えた。
効果終了後も罠カード「トラップ・トリップ」を発動して再利用をたくらんだが、
亮の墓地に機械族モンスターを大量に落とさせてしまったことで、オーバーロード・フュージョンを起点とする大逆転を許してしまった。

―アニメでは、亮がドローフェイズにドローした際、本来確認すべきカードを確認する描写がなかった。
引いたのはいずれも機械族モンスターではなかったため、簡略化を図ったのであろう。

―イラストで戦車を腐食させている大量のスライムは、アニメでもリリースに使われた「アシッド・スライム」である。
  • 関連カード 
  • ゲーム別収録パック:No.無し






YOパックパック:無し

OCGパックパック:無し


ご購入はこちら
クリック!
遊戯王&トレカ販売 カード&ホビー「KeyGrip」