※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

過去の遊戯王ゲームでもあった連勝デュエル。今回は5連勝すればクリア。
ライフポイントは回復しないため、何かしら回復手段を用意しておくとよい。
ただし、次のデュエルに持ち越せるライフは10000までであることに注意。

<オススメ回復カード>

◆神の恵み・・・・・単体での性能は良くないが永続的に回復できるのが強み。

◆素早いモモンガ・・3枚デッキに入れるだけでモンスターの場持ちとライフポイントが保てる。

◆神秘の中華なべ・・帝モンスターによる除去を回避したり、トドメ時に撃ってライフを稼ぐなど。

1戦目

ウィジャ盤デッキ。
平和の使者、悪夢の鉄檻、マシュマロン等で時間を稼いでくる。
が、所詮は脆いデッキ。サイクロンや砂塵の大竜巻、大嵐などを温存しておこう。
魔法を打ち消すホルスの黒炎竜や魔力吸収球体などに注意。

2戦目

いわゆる「帝コン」デッキ。
リクルーターや壁モンスター、デビルズ・サンクチュアリなどで生け贄を確保し、帝モンスターを次々に展開してくる。
ただ、「黄泉帝」ではないため生け贄要員の比重が多く、手札も尽きやすい。

奈落の落とし穴などで適宜除去をしつつ、首領・ザルーグなどで手札破壊をしていくと楽。


3戦目

巨大ネズミ、キラー・トマトなどのリクルーターを中心としたデッキ。
強制転移などでうまく活用してくる上、王宮の弾圧や虚無魔人でこちらの特殊召喚を封じてくる。
(ダメージステップに発動するリクルーターには王宮の弾圧は効かない)

こちらのモンスターは落とし穴などで除去してくる。こちらも負けじと除去で応戦すれば戦えるはず。


4戦目

「普通にストロング」というデッキ名のわりにギャンブルデッキである。
一撃必殺侍、モンスターBOX、ブローバック・ドラゴンなどでこちらのカードを除去してくる。
やはり除去カードの有効活用が勝利へのカギだである。

ただ、本来"一撃必殺侍"のための増援やドラゴンフライで、何故か言語道断侍などの貧弱なカードを呼んでくることがある。チャンスだ。


5戦目

ラストを飾るのは、邪神ドレッドルート、邪神イレイザー、邪神アバターを積んだ三邪神デッキ。
生け贄要員が多数投入されているが、これも除去カードで対応していけば相手はじきに手詰まりとなるはず。
|