※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

3連戦して全てに勝たなければならない。
3連戦が終わるまでデュエルが終わってもLPを引き継ぐため回復ギミックをできるだけ仕込んでおきたい。
ドレインシールド神秘の中華なべ非常食あたりがおすすめ)
持ち越し上限は10000。それ以上まで回復しても次のデュエルでは10000ピッタリになるので注意。
倒せる体制が整ってもすぐに倒さず、できるだけ回復してから倒すと次のデュエルが楽になるだろう。


  • 1戦目
デッキ名:粘着質な守護者
バウンスをメインとしたデッキ。
門前払いはなんとかして破壊しておきたい。
もっとも注意すべきは門前払い光神機-桜火のコンボ。
だが逆に、こちらも光神機-桜火やスピリットモンスターを仕込んでおくと有利に働く
  • 2戦目
デッキ名:硬度10
D-HERO ダイヤモンドガイを使用したデッキ。
ダイヤモンドガイさえ破壊してしまえばそれほど怖いデッキではない。
幸いステータスの低さから戦闘破壊は楽。また、天罰があれば投入しておくと楽になる。
逆にダイヤモンドガイの効果発動を許すとおジャマ・デルタハリケーン!!等のやっかいな魔法を発動される可能性があるので注意。
戦闘破壊耐性を持つマシュマロン魂を削る死霊の2体で止まりやすいので効果破壊や表示形式変更カードも欲しいところ。
特に注意すべきカードはライトニング・ボルテックス王宮のお触れ
  • 3戦目
デッキ名:不死鳥がごとく
いわゆるネフロード。
敵主力に対する効果破壊が意味を成さないので、ネフティスの鳳凰神を戦闘破壊できる攻撃力2400以上のモンスターを用意したい。
奈落の落とし穴次元幽閉を3枚積みで入れておけば怖くない。
突進収縮といった戦闘補助もいいだろう。しかし相手の突進にも注意したい。
|