消しても平気なファイル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

4GB1.5GBぐらいでWindowsXPを運用する場合の話。けちけちばんざい。

ロックされているときはunlockerを使うか、別のXPからマウントして消す。

C:\Windows

  • C:\Windows\*.log
  • C:\Windows\*.tmp
  • C:\Windows\*.txt
  • C:\Windows\*.bmp
  • C:\Windows\Web\Wallpaper\*
  • C:\Windows\Help (winlogon.exeにロックされているものがある)
  • C:\Windows\Inf\mdm*.inf
    • モデム関係の情報。
  • C:\Windows\Fonts\mingliu.ttc(ロックされている)
  • C:\Windows\Fonts\shimhei.ttf(ロックされている)
  • C:\Windows\Fonts\gulim.ttc(ロックされている)
  • C:\Windows\Fonts\batang.ttc(ロックされている)
  • C:\Windows\Fonts\simsun.ttc(ロックされている)
  • C:\Windows\Prefetch\*.pf

C:\WINDOWS\Media (2.4MB)

サウンドを使わないのならサックリ削除。

C:\WINDOWS\Installer (100MB)

種々の情報が交錯しているけれど、修正モジュールのアンインストール用だと思う。とくにロックもされていなかったので、「現在動いているシステム」がリアルタイムで使用している可能性はないと思われる。Installerだけ残して、中身を消す。

注意
"C:\WINDOWS\Installer\{90120411-6000-11D3-8CFE-0150048383C9}\xlicons.exe" のようなファイルのアイコンを参照しているショートカットがある(Word、Excel、Adobe Reader、Virtual PC...)。これらのアイコン再設定が面倒なら消さないこと。

Windows XP ツアー

  • C:\Windows\Help\tours\*
  • C:\Windows\System32\tourstart.exe
  • スタートアップ

C:\Program Files\Windows NT\Pinball

ゲーム→ピンボール。
ロックされている。スタートメニューのショートカットと合わせて消す。

C:\Program Files\movie maker

消してもOK。スタートメニューからも忘れずに。
ただし再起動後に空のフォルダだけは作られる。

C:\Program Files\Outlook Express (4MB)

さくっと消せる。

C:\Program Files\NetMeeting (3MB)

さくっと消せる。

C:\Windows\Driver Cache\i386 (121MB)

いろいろドライバー必要そうになるのを入れてから移動。削除はせずに、ストレージドライブに保存しておいたほうが良さそう。

C:\Windows\ServicePackFiles (531MB)

消したけど問題なさそう。安定動作。

C:\Windows\SoftwareDistribution\Download (1170MB)

これも消してよさそう。ダウンロードキャッシュかな?

MS-IME

Google IMEを使うなら要らないはず。フォルダの中身がwinlogon.exeにロックされているので、削除/移動するとなるとunlockerが必要。「地域と言語」からデフォルトIMEを変更してから、コンパネでMS-IMEを削除。そのあとにフォルダを削除する。

以下、IME関連
  • C:\Windows\IME (87MB)
  • C:\Windows\System32\IME (20MB)
  • C:\Windows\System32\Config\SystemProfile\Application Data\Microsoft\IMJP8_1

C:\WINDOWS\ime\IMJP8_1\DICTS\imejpcd.dic を消すのが難航しそう。unlockerの力が必須。

HKLM:RunからMS-IME関係のものが3つ実行されているので、CCleanerとかで削除しておくべし。

C:\WINDOWS\system32\Macromed危険かも

Windows XP セキュリティ更新 (KB923789) のアンインストール用

ゲーム

コンパネから削除しても、ここは削除されないぽい。
C:\Documents and Settings\All Users\スタート メニュー\プログラム\アクセサリ\ゲーム

C:\Windows\$NtUninstallKB000000$ など

Windows Updateでのバックアップ。
消せなければ、cacls フォルダ /g everyone:f としてから、rd フォルダ /s すると消えそう。

C:\Windows\Network Diagnostic (0.6MB)

ネットワークの診断ツール。よくわかんないけど、診断しなくていいから消す。

C:\Windows\System32\dllcache (隠しフォルダ)

次のコマンドで削除できる。
sfc /cachesize=1
sfc /purgecache
上記以外だと危険かもしれない。


任意:\System Volume Information\ (隠しフォルダ、アクセスできない)

「コンピュータ」のプロパティから、復元を無効にすることで消える。

圧縮

  • C:\Windows\inf (44MB→17MB)
  • C:\Windows\Repair (11MB→5MB)

C:\Windows\System32\oobe (8MB)

Microsoft Out-of-Box Experience。
不安ながらも消しても良さそう。

C:\Windows\ie8updates\* (22MB, 圧縮されている)

セキュリティ更新のアンインストール用。安定運用できているなら削除してもOK。

C:\Documents and Settings\LocalService\

"Application Data"は要らない。
Local Settings\Application Dataも適当に消してよい。
IE用のキャッシュフォルダがあるので、さっくり消す。どっちみち、サービスはIEを使わない(はず)。

C:\Documents and Settings\All Users\Documents (1.6MB)

共有ドキュメントの中身は消してもよい。ただし、直下のフォルダは消さない方がいい。

C:\WINDOWS\system32\wbem\Logs

多分消しても平気。テキストログだし。

C:\Program Files\ie8 (25MB)(圧縮/隠しフォルダ)

多分IE7にするためのフォルダ。

C:\Program Files\Messenger (2MB)

いらないぽい。

C:\Program Files\Online Services (0.001MB)

ショートカット。要らない。

C:\Windows\System32 のなかのアプリ

  • accwiz.exe (ユーザー補助の設定ウィザード)
  • cleanmgr.exe (ディスク クリーンアップ)
  • Restore\rstrui.exe (システムの復元)
  • usmt\migwiz.exe (ファイルと設定の転送ウィザード)
  • charmap.exe (文字コード表)
  • ntbackup.exe (バックアップ)
  • calc.exe (電卓)
  • sndrec32.exe (サウンド レコーダー)
  • sndvol32.exe (ボリューム コントロール)
  • magnify.exe (拡大鏡)
  • osk.exe (スクリーンキーボード)
  • utilman.exe (ユーティリティマネージャ)


Chrome

~\Local Settings\Application Data\Google\Chrome\Application
4.0.249.30みたいなフォルダがいくつかある場合、古いバージョンのは消してもOK。その場合、chrome.oldもあるはず。
キャッシュが相当量食うので、定期的にクリアしたほうがよさそう。

Skype

C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\Skype\Pictures

画像集。いらないものは消す。

番外編:サービス

  • Help and Supports‥‥F1 Hellにならないために。
  • Remote Registory‥‥いらないんじゃね。

最終的にCCleanerなどをかける

いろいろなDLLが無効になっていたりするので、問題を検出しなくなるまで、しつこく実行する。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
取得中です。