実践例

その1~4は第6世代環境を、その5は第7世代環境をベースにしていますぞwww

一流のヤケモンが揃えられたヤーティと、高速()高耐久()積み技()というスキがありまくりの異教徒ボーティとの対戦例ですなwwww

お互いにXYの新要素をふんだんに採用したパーティでの対戦ですなwww
この実践例の肝はボブの処理の仕方ですなwwww
選出時点ではヤャラの威嚇+鋼により逆鱗の回答を考え、試合中は捨ての居座りや相手の行動を読んだ技選択により処理した例ですなwww

耐性や素早さではなく、数値と回復技で受けを成立させるパーティとの対戦ですなwwww
ぶっちゃけメガヤラがガン刺さりでしたなwwwそのガン刺さりのヤケモンを不用意に削らず、丁寧な立ち回りを心がけた実践例ですぞwww

実践例1~3よりも、かなり実際の戦いに近い考え方をした実践例ですなwww
初手の出し負けの考慮、高火力ではなく釣り出しによる有利対面の確保が書かれていますなwwww
このようなサイクルの回し方はバトルビデオでは読み取れず、見せ合いまで設定された実践例だからこと学べる内容ですなwww

サンプルヤーティ(SM)のヤザングロスを使った実践例ですなwww
Zワザの温存と、相手の交代読み役割破壊を受けてからの立ち直りについて書かれていますなwww