Spec2.8和訳

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

言語仕様書 2.8 (The Scalar Language Specification 2.8) の試訳を公開中です。

和訳 PDFはここです。
reStructuredTextで書きました。ソースや作り方は PDF最後のページに添付ファイル(UTF-8 BOMなしテキスト)として埋め込んであります。


・この訳については、tmiya氏は関係していませんので氏を煩わせることが ないようお願いします。ご意見その他、基本的には Wiki上(このページ、下方)に 投稿してください。当方(BAREISHO)に連絡を取りたい場合、メールアドレスは和訳 PDF 中に埋め込まれた readme.txtに書いてあります。

・断り無く編集してください。

・できれば、はじめに訳者注をお読みください。

・訳に特に問題がないと思われる英文は掲載していません。 掲載した英文はPDFから抜いたものに手を加えたものなので、 英語PDFと違うことがあります。おかしいと感じたときは、 お手数ですが英語PDFと照合してみてください。

・訳者(BAREISHO)は、意味がよくわかっていないところが多々あります。 見直してはいるのですが、誤訳も多そうです。すみません。 それでも何とか、皆様の力添えで良くなればと思っています。 (何が書いてあるか概要がわかるだけでもましじゃないか、と自分を慰めてます)


序文・訳者注

第 1 章 字句構文

第 2 章 識別子・名前・スコープ

第 3 章 型

第 4 章 基本的な宣言と定義

第 5 章 クラスとオブジェクト

第 6 章 式

第 7 章 暗黙のパラメータとビュー

第 8 章 パターンマッチング

第 9 章 トップレベル定義

第 10 章 XML 式とパターン

第 11 章 ユーザー定義アノテーション

第 12 章 Scala 標準ライブラリ

Chapter A Scala 文法要約

Chapter B 変更履歴


名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。