分子整合栄養医学


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


分子整合栄養医学とは


「至適量の栄養素を補給することによって、異常な分子を正常化し、体の調節機能を整えて、病気の治療・予防をする」治療法。
正確には分子整合栄養医学。(Orthomolecular Medical Nutrition, Orthomolecular / Nutritional Medicine )
ortho=整える、矯正する
molecule=分子
medicine=医学
「分子整合」とはアメリカの科学雑誌『サイエンス』にノーベル賞科学者のライナス・ポーリング博士が投稿した「分子整合精神医学」という論文で最初に使われた語。

エネルギーの産生や体蛋白の産生、ホルモンや神経伝達物質の生成など、(後天的に)体の機能がどのように働いて生命が維持されるのかは、体の中に入ってくる栄養素によってほぼ決められる。
その体内環境のあらゆる状況を血液から探り、不足している栄養をサプリメントで補い、体の調節機能を高めて疾患の予防・治療を行う」ことを目的としている。

60項目を超える血液検査からは、栄養素の欠乏状態やそれに基づく代謝の異常を把握することが出来る。
タン白質不足、ビタミンB不足、鉄欠乏、亜鉛欠乏、低血糖、インスリンの過剰分泌、脂肪肝、肝機能低下、ストレスの度合い、などを数値から解釈することが出来る。

なお、一般に行われている血液検査の基準値=正常値ではない。


健康とは「体を作っている分子が本来あるべき正常な状態である」ことである。
細胞を作っている分子が正常な望ましい状態であれば、細胞は正常に機能し、細胞が正常に機能すれば、細胞で作られている組織(内臓などの器官)は、他に理由がなければ、正常に機能する。
ところが、様々な要因(栄養欠乏、ストレス、農薬・公害・食品添加物・煙草などの有害な化学物質、適切でない生活習慣、生まれ持った体質など)により、体を作っている分子に異常が起こると、細胞の機能が低下し、臓器の機能が低下する。
また、ホルモンや自律神経の異常を引き起こし、体の機能が円滑に働かなくなってしまう。
その結果、様々な症状や病気が起こる。


現代医学の薬剤中心の治療アプローチでは 対処療法 であり、「起きてしまった病的な変化」に対し、局所的に変化を起こして(代謝をストップさせて)その症状を取ることはできるが、そもそもその原因となった分子の異常(多くの場合は複合的に起こる)を正常化することは出来ない。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。