低血糖症の症状

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


症状


「偉大なる物真似師」と呼ばれるほど、からだの各部位や精神面に様々な症状があらわれます。

血糖調節障害時に分泌が亢進するホルモン、アドレナリンにより多くの症状が引き起こされます。
作用部位 症状
脳・神経 精神錯乱、幻聴、幻覚、自傷行為、自殺観念、感情のコントロールが出来ない(発作的に泣く、暴れる、気分の落ち込み、気分の揺れが激しい)、
集中力低下、神経過敏、不安感、恐怖感、朝起きられない、(食後の異常な)眠気、音に敏感、光がまぶしい、落ち着けない、失神あるいは意識消失
手足の冷え・震え、不安定な呼吸、アレルギー、蕁麻疹、頭痛、眼の奥の痛み、筋肉痛、背後痛、関節痛、腹痛、疲れやすい、疲労感、不眠、めまい、
ふらつき、慢性消化不良、筋肉の引きつりまたはけいれん、ひきつけ、皮膚のかゆみ・蟻走感
心臓 動悸
※これらの症状がひとつでも当てはまれば低血糖症であると言うわけではありません。健康な人でも病的でなくても一過性に低血糖に陥ることがあるからです。

また、血糖の調節異常により、成長ホルモンコルチゾールなどの分泌が亢進し多くの症状を引き起こします。
免疫の低下、疲労感

これらのうちいくつかの症状が顕著となり、心療内科などで以下のような精神疾患として診断される例が多くあります。
鬱(うつ)、統合失調症、パニック障害、ADHD、自律神経失調症、摂食障害、自殺願望、精神不安
栄養欠損(例えば鉄欠乏製貧血など)により、症状が憎悪している場合があります。

結果的に以下のような行動/性格/状態となっていることがあります。
登校拒否、非社会的あるいは反社会的行動、忘れっぽい、優柔不断、性衝動の欠如(女性)、甘いものへの渇望、インポテンツ(男性)、不機嫌、気が狂いそうになる感じ、
筋肉運動の協応ができない、息が切れる、発作的に息苦しくなる、ためいきとあくびが多い、夜驚、悪夢、口が渇くあるいは暑い、耳鳴り、汗のにおいや口臭、
かんしゃく、突発的な発熱
これらの症状に対して本人が、日常的な症状で、生来の性格だと思っている場合が多くあります。


※なお、精神疾患は場合によっては低血糖症の治療だけによって改善されるものではないことに注意してください。
 見極めるためには5時間糖負荷検査が有効です。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。